video&slideshow

2010年5月 5日 (水)

「台湾に行きたいわ~ん」成就せり! vol.6 - 2

龍山寺を後にして向かったのは、現代建築技術の粋を集めた台北101ビル

地上101階、地下5階、高さ508メートル。

何しろ凄いことですわ~。

89階の展望台へは、5階からのエレベーターを利用し、わずか40秒足らずで到着。

何しろ、凄いことです。 (追記:89階の展望台の高度は382.2m)

 

さらに上にある、91階の屋外展望台へは、階段を上って行きます。

階段の隙間から下を覗き込んでみましたが、底が見えないよ~(笑)

091205-7

↓ は、89階の展望台での光景。 

091205-8  一体、何をしているところでしょう(笑)

 正解は、ブルーバックで写真を撮って、

 101ビルの写真と合成するわけです。

 101に登っている写真ができちゃうのだ。

 私もやってみるべきだったか・・・。

 

↓ 台北旅行3日目のスライドショー(HD)です。4分という長さになっています(^^ゞ

(BGMの音量にご注意ください。ちなみにHDなので、フルスクリーンでもOKです)


ああ、なんとか、これで台北旅行の全貌(?)をご紹介いたしました。

あ、食事については、まだですなぁ。またの機会にねー(笑)

| | コメント (6)

2010年5月 3日 (月)

「台湾に行きたいわ~ん」成就せり! vol.5

二泊三日って、あっという間ですね。

今回の往復の移動時間を考えると、正味2日間。睡眠時間を引けば、もっと短い。

台北の旅も最終日を向かえた12月5日。

この日は、ホテル出発も遅く、ゆっくりできるということで、MRT雙連駅付近へ

行ってみることにしました。駅の付近が有名な朝市ということでした。

 

ホテルから歩くこと10数分。雙連朝市に着きました。

ガイドさんが薦めてくれたのですが、大正解!

市場が大好きな私としては、まさにワンダーランドです。

 

091205-1

活気があって、さまざまな食材や惣菜が並んでいます。

こんなことなら、朝食を抜いて来れば良かったな~と思わずにいられませんでした。

 

これは何?と思ったら、台湾グアバ。前日に飲んだジュース(右側↓)の正体だった。

091205-2 091204-11

結局、この旅で写真を一番多く撮ったのが、この市場かもしれない。

それに、こういう場所をそぞろ歩いているときこそ、異国を旅している実感が湧くようだ。

 

雙連朝市のスライドショー(HD)です。台北3日目とは別にしました。

(BGMの音量にご注意ください)

| | コメント (2)

「台湾に行きたいわ~ん」成就せり! vol.4

もう何カ月前のことでしょう~!?と言われそうです。 事実です(笑)

台湾(台北)旅行の2日目をようやくアップします。2009年12月4日のことです。

(記事の最後にスライドショーがあります)

 

この日は前日の寒さから一転、昼間は上着も要らない程。過ごしやすい一日でした。

忠烈祠故宮博物館關渡宮を巡った後に、郊外の淡水へ出かけました。

 

忠烈祠は、過去の厳しい戦いで戦死した軍人達の英霊が眠っている場所。

午前中の衛兵の交代式に観光客が押し寄せ、終わると波が引くように人がいなくなる。

戦争で命を落とした人達のこと、戦争のこと、考えないとねなどと独りごちつつ、

大殿の裏手に行ってみると、回廊がありました。

人の姿はほとんどなかったのですが、思わぬものを見つけました。

091204-3 091204-1

革命家の胸像、戦争の過程を解説したパネルが並んでいます。

↓忠烈祠の全容のジオラマもありました。ジオラマ好きな私としては得した気分です。

091204-2

 

続きを読む "「台湾に行きたいわ~ん」成就せり! vol.4"

| | コメント (2)

3月の出来事から ~野焼き~

いやいやいや~、もう5月になってしまいましたね。

慌てて、ブログのタイトルバナーを変えました。

更新滞りで、3月に紹介したかったこともそのまま状態。(それ以前も控えてるけど)

ま、このところ、私的イベントらしきものも少ないので、記事は遡って書いていきます。

 

天候不順で延び延びだった野焼きが3月22日にありました。

この日は、私の参加した牧野だけでなく、阿蘇の各地でも行われました。

天候も穏やかだったので、これなら安心。

でも、さすがは火が舞うと称される牧野だけあります。

100322-1

まるで火の鳥のような炎です。龍の手の鍵爪にも見えてきます。

ちなみに私は燃料運びなので、移動の合間に写真を撮っておりますが、

実は「作業中の写真撮影はご遠慮ください」なんです、本当のところ・・・(^^ゞ

 

動画(スライドショー)にしてみました。

2分ほどの長さです。(BGMの音量にご注意ください。)

 

続きを読む "3月の出来事から ~野焼き~"

| | コメント (2)

2010年2月11日 (木)

氷結の滝~番外編~ 

古閑の滝女滝の下は、小さな段になっていました。

滝つぼと言っていいのかしら。

そこの水が、小川となって流れていきます。

表面は凍っていましたが、氷の下はきれいな水がわりと勢いよく流れています。

  Kooruogawa2

  Kooruogawa1

母が小川を見て「魚が泳いでいるように見える」と言います。

覗いて見ました。

 

  Kooruogawa3

続きを読む "氷結の滝~番外編~ "

| | コメント (10)

2010年1月27日 (水)

「台湾に行きたいわ~ん」成就せり! vol.3

「台湾に行きたいわ~ん」成就せり! vol.2 の記事より時間が遡ります。

 

福岡空港から、2時間半のフライトの後、台湾桃園国際空港へ。

空港ビルの前に待機していた専用車に乗り込み、いよいよ台湾旅行の始まりです。

 

Taipei3 Taipei4
 

台北市街地にある土産店に行き、台湾のお茶を試飲した後、一路「九?」へ。

↓ 高速道路のゲートを通過中。

   Kanji2 

 

九?は、台北から東へ約30kmの「基隆」から、更に山間部へ10km程の場所。

私達が訪れたのは12月3日。

数日前から寒くなり、この日は、今年一番の寒さかもとは、ガイドさんの話。

風も強く、余計に寒さを感じた日でした。曇っていて、展望台からの景色もぼんやり。

   Kyufun10

 

続きを読む "「台湾に行きたいわ~ん」成就せり! vol.3"

| | コメント (8)

2009年10月25日 (日)

到達!チャイハナ・海花

お待たせしました。チャイハナ・海花(KAIKA)

ハイ、あのサールナートの瀬口さんの新たなお店のご紹介です scissors

まだ残っている夏季休暇を利用して、22日に行って来ました。

同じく、サールナートの大ファンの友人と国東半島へ、レッツゴー car

豊後高田市に入ってからは、周防灘を見ながらのドライブでした。
 
 
海辺にある親戚の家にでも遊びに来たような…。そんな気持ちにさせる佇まい。

    Kaika1

瀬口さんご夫妻が笑顔で迎えてくれました。

カリーのメニューは1種類だけだそうです。その日のおまかせになります。

    Kaika2
 
 
食材庫の中は探検したくなりますね。寛ぐことのできるスペースにするそうですよ。

    Kaika3
 
 
  
(ブハ~。↑のスライドショーで、お任せリーってなってましたよ。
 「お任せカリー」です、ハイ。ご愛嬌ってことでご勘弁を・・・(^^ゞ )
 
 
昭和(終戦前後の建築のようです)の家のご自宅がチャイハナ・海花です。

ゆるやかな時間と食欲をそそるかリーの香りが満ちていました。
 
 
    
 
 
↓ 霄でも、ちび平でもありませんよ。

海花のマスコット(と言っても御年13歳)のミーちゃんです。ちょっと警戒してる。

    Miichan

友人も私も大分に戻ってから別々の用事があったのですが、

結局、食事の時間も含めて、2時間ほど居座っておりました。

用がなければ、もっと、ゆっくりしてしまったかもしれません(笑)

ご馳走様でした happy01

| | コメント (16)

2009年6月21日 (日)

田植えの頃 ~ 田染荘 ・ 内成棚田 ~

5月に「ぶらり国東半島 vol.1(不定期)」で、豊後高田市の田染荘を紹介しました。

あの時、是非、この小崎地区の田圃に水が引かれた頃の様子も見たいと思いました。

14日に御田植祭があるので、その前の日、13日(土)に行ってみました。

そして、その帰りに、別府市の内成棚田へも寄ってみようとも思ったのでした。

 
     ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○


まず、田染荘、小崎地区の水田です。中世の荘園の姿を残しているそうです。

   Osaki1


水が入った田圃は綺麗です。家々や山々、そして、空を水面に映し出していました。


Osaki2 Osaki3

 
 
続いて、内成棚田です。

   Uchinari1


内成には、稲刈りの頃や初冬に訪ね、ここも水が入った頃に来てみたかったのでした。
 
 
内成では、車を置いて、かなりの時間、歩いて回りました。

車で移動しながらでは、気付かなかった風景にも出会えた気がします。


Uchinari2 Uchinari3

 
田染荘と、内成棚田のスライドショーを作りました。

<3分13秒><4分17秒>と、どちらも長くなってしまったので、

興味を持たれ、お時間の許す時があれば、ご覧になってください。

(通信環境が許せば、YouTube画面下の「HQ」をクリックすると高画質で見られます。
 ボタンが赤色の時が高画質です。
 再生のクリックをすると、音量マークの右側に「HQ」マークが出るようです。)


田植えの頃 ~田染荘~

 
 
田植えの頃 ~内成棚田~


 
 
(↑ 一時的に再生ができない設定にしていました。申し訳ありませでした) 
 
     ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○


内成棚田の写真に、作業をしている方と軽トラックの写真を載せていますが、

この日、見かけた方はほとんどが老人でした。

田染でも内成でも、幾度となくすれ違った軽トラックも「もみじマーク」が付いていました。

田植えをはじめ、農作業を担われている人の年齢が分かるというものです。


皆さん、気さくに挨拶を返してくれます。


歩いて回りながら、なんだか申し訳ない気持ちになってきたのでした。

物見遊山の私。

高齢の人達が作業をされている傍らで、「わ~、素敵な風景!」と写真を撮っている。

なんだか、失礼なことをしているのではないかと思ってみたり。


この日は、美しい稲田の風景だったという喜びの気持ちと、

歩きまわって感じた爽やかな疲労感(少々バテタ感はありますが)と、

そして、少し複雑な思いもした1日でした。


| | コメント (14)

2009年4月24日 (金)

今年参加できた野焼きは2回だけだったが…

季節の変わり目は、天気もなかなか安定しないのは承知していますが、

とにかく、この2月末~3月末、週末になると天気がぐずつき気味でした。

おかげで、その天気に振り回されて、私も参加予定の野焼きが都合7回も延期。

結局、参加できたのは、夜峰山(よみねさん)、日の尾牧野の2か所のみでした。

    ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○

3月29日、南阿蘇の夜峰山の野焼き。

広大で急斜面。地元の消防団も参加します。本焼きの前に輪地(防火帯)から火入れ。

Yomine

夜峰は数年前に野焼きが再開された場所で、クマザサが多いせいか、煙が凄い。

ここの野焼きは、昨年に引き続き2回目。斜面を下るばかりなので足も疲れます。

    ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○

4月12日、日の尾牧野の野焼き。昨年、10数年ぶりに野焼きが復活した牧野です。

かなりの急斜面を登り、担当場所に到着。息も絶え絶え。

それでも、山桜の前で記念写真などという余裕もあったのです。

Hinoo1

ところが、初めは順調だっものの、途中、風の向きが絶えず変わり、

その内に、防火帯の輪地に火が燃え移りはじめたのです。

そして、舐めるように輪地を焼いた火が近くの林に入ってしまいました。

延焼という事態です。

「ボランティアはその場から離れなさい」という指示を受けました。

野焼きに参加して、初めてのことです。

最終的に消防の出動を要請ということになってしまいました。

地元消防団、阿蘇広域消防本部、そして、防災ヘリまで出動。

消化活動が始まりました。(防災ヘリは宮崎県から飛んできました。)

自分たちの目の前の場所だけが延焼していると私は思い込んでいたのですが、

登ってきた消防の人から、実は反対側の方が延焼規模が大きいことを聞きました。

皆に怪我もなく安堵しましたが、山野での火の恐ろしさを身近で感じた1日でした。

    ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○

そんなこんなの野焼きのシーズンも終わり、先週の土曜日、ある牧野で親睦会。

やはり、メインは、肥後牛のバーベキュー。

Pict8890

秋には、防火帯である輪地の草苅りがあります。今回の輪地への飛び火を見て、

安全な野焼きにするには、輪地切りこそ重要なのだと思いました。

|

2009年4月 5日 (日)

思いついて、奈良

大慌てのアップ記事第2弾です(笑)

    ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○

3月21日夜遅くに、昨年秋にも世話になった大阪の叔母の家に到着。

さて、翌日22日は朝から rain
早々に甲子園の試合の順延が決まり、一番恐れていた事態です。キャ~ wobbly
帰るべきか、(三連休の後にも拘らず coldsweats01 )留まるべきか・・・

ひとまず、(試合は無いけれど)23日は予定通りに有休を取ることに決め、
我が家で留守番中の空たちを思いつつ、叔母の家のチーちゃんと遊びます。

    Chiichan

IKEA鶴浜店にも行ってみた。広さと家のリフォームをしたくなる品揃えにビックリ eye

無料シャトルバスがあり、私は大正駅から利用。なんば駅からのバスもあります。
(大正駅ルートは間もなく終了する模様です)

店内では、鯉三さんのブログで拝見した黒猫ベッドにも、ご対面。

Ikea1 Ikea2

確かに、迫力あり sign03 です(笑)

    Ikea5

    ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○


3月23日、まだ迷いつつの朝の目覚め。このときは、まだ結論を出せず。

夕方、bullettrain に乗れば、この日の夜には、大分に帰り着くわけで…。

このまま帰るにしても、少しは観光気分も味わいたいと奈良へ向かいます。
叔母の家は今里なので、近鉄奈良線に乗れば奈良までは直ぐです。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

久しぶりの奈良。丁度この日に桜の開花宣言も出たようですが、
寒の戻りか、相当に寒かったです。

行き先の目的も無いまま、猿沢の池にたどり着きました。

池の亀たちののんびりした様子を見ながら、ついに心は決まる。
あと1日、こちらに留まり応援に行くぞ!と、池のほとりで会社に電話の巻でした。

    Nonbirine

心決まれば、後は奈良観光あるのみ(爆)

町家を改造した店で昼食の後、ならまちをそぞろ歩き。

資料館などが軒並み、月曜日の休館で残念でしたが、またの機会もあるでしょう。
元興寺にも行ってみました。格子戸と屋根瓦が印象的でした。

Koushido Genkouji

ささやきの小径を経由して春日大社へ。いつか、万燈籠の頃に来たいものです。

Sasayakinokomichi Kasugataishanoshika

ならまちにある元興寺や春日大社の様子をスライドにしてみました。
(3分少々あります)

     

従姉妹が私に会いに来ると言っていたので、タイムリミットで大阪へ戻ります。
ああ、明日24日は待ちに待った甲子園だと思いながら、奈良を後にしました。

| | コメント (10)