自然(空・風景etc.)

2013年5月30日 (木)

天空の道

25日に、内牧温泉の近くに出かける用がありました。

阿蘇盆地と北外輪山の標高差は300~500m。しかも急な崖ですから
カルデラの壁に沿う道は、どれもワインディングロード(Winding road)です。

今回は初めての道を通ってみました。
ライダーやサイクリストの間では、「天空の道」として知る人ぞ知る道らしいです。

Laputa130525

目の前に広がる景色に思わず歓声。素晴らしいです。
なるほど、「天空の道」、「阿蘇ラピュタ」と呼ばれる所以に納得です。

 

こんな道↓を下って行きます。なかなかスリルがあります。

農道です。この辺りは牧野が連なっていて、牧野の人たちが利用する道でしょう。
現に下っている時、大型のトラクターが上ってきて、離合に一苦労しました。

昨年の豪雨被害で、この道も最近まで通行止めになっていたようです。

Laputa130525f

 

上空は青空なのですが、阿蘇五岳も阿蘇盆地も霞んでいて残念。

Laputa130525c

また、来ようと思います。その時は空気が澄んでいるといいなあ。

 

用事を終えて、帰りは坂梨の方を通ってみました。
豪雨被害の酷かった地域です。まだまだ復興には時間がかかりそうです。
それでも、鯉のぼりが天高く元気に泳いでいました。

Kumamotoshiki130525a

熊本式鯉のぼりは、柱の天辺に名前旗を飾るそうです。

Kumamotoshiki130525b

名前旗の下には、杉の穂、バレン(竹籠)。見事な飾りです。

 

【追加画像】
冒頭の写真だけでなく、この外輪山の壁の様子もラピュタと呼ばれる理由の一つかな。

Laputa130525d

| | コメント (12)

2012年12月13日 (木)

呼んでいる

“山道”が呼んでいるよ。「雪用タイヤ履いて、おいでよ~」

10日の朝。真ん中が高崎山628m。
その左奥が由布岳1583m。右奥は1374mの鶴見岳。

Sannzan121210

11日の朝。由布岳はすっぽり雲の中。

Sannzan121211

12日の朝。10日より、若干、雪が解けているかな。

Sannzan121212

大分市内では、冬の間も雪用タイヤは、ほぼ必要ないんだよね。
スタッドレスを履くかどうか、悩みどころ。

| | コメント (4)

2012年10月 6日 (土)

更待月

寝待月の次の夜の月は、更待月(ふけまちづき)というのだそうだ。

5日の大分の月の出は21時1分。夜更けというには早い気がしますが、
昔は周囲が漆黒に包まれ、空に煌々と光る月・・・という風情だったのでしょう。

立待月からは、我が家の2階から北北東に上る月を撮っていたのですが、
ほぼ同じ角度ながら、撮る時間は小一時間ずつ遅くなっています。

こうなったら、更待月も撮るぞ~と窓からカメラを付き出すと、あら~、雲。

それでもと、雲間に姿を現す瞬間になんとか焦点を合わせようとしましたが

Fukemachiduki121005

寝待月より確実に欠けている月なのに、昨夜より太った月になった(笑)

それでもラッキーだったのは、木星と一緒に撮れたこと。左下の白い点が木星。

| | コメント (2)

2012年10月 5日 (金)

寝待月

前夜より更に40分程遅く月の出を待つ。寝待月。
寝て待っていると、そのまま寝てしまうので起きていた(笑)

尤も、4日の月の出、大分では午後8時17分。
現代の日本では、お楽しみはこれからだ~という時間かも知れない。

臥待月(ふしまちづき)とも言われるそうだ。

Nemachiduki121004

昔の人も、寝入ってしまうのではなく、少し横になって月を待とうだったとは思う。

いずれにしても、こうも色々な呼び名がある月。
昔から、日本人にとって、月は数ある天体の中でも別格なのだと思う。

| | コメント (4)

2012年10月 4日 (木)

居待月

座って待っていれば月が出る。居待月。

立待月より40分ほど遅いお出ましだ。

Simachiduki1210041

影の部分が前夜より大きくなっています。

 

夏休み子ども科学電話相談での「どうして、月はついてくるの?」という質問。

『電車に乗っていると、窓から見える近くの風景はどんどん変わって(離れて)
いきますが、ずーっと遠くの山の位置はなかなか変わらない。
月は、その山よりもっともっと遠くにあり、自分から見た月の位置と方向が
変わらないので、ついてくるように見えるんですよ』

というような説明だったような~ (^^ゞ

 

学研の「科学なぜなぜ110番」でも似たような説明がありました。

『地球と月の距離は38万Kmもあるので、数Km地球上で移動しても
月の見える方角や大きさにはほとんど影響がないのです。
だから、ついてくるように錯覚します。』

| | コメント (2)

2012年10月 3日 (水)

立待月

満月から一夜目の月は十六夜の月。
そして、二夜目の月は立待月。

Tachimachiduki1210021

ちょっと、感動。クレーターも撮れている ↓

Tachimachiduki1210022

夏の朝、放送していたNHKラジオの夏休み子ども科学電話相談で
「どうして、月はついてくるの?」という質問があった。

そうそう、月夜に歩いていると、自分の後をついてくるように私も思う (笑)

| | コメント (2)

2012年10月 1日 (月)

名月に間に合う

台風で中秋の名月を観ることができないと思っていたら、
昨日は、昼からは警報、注意報が次々に解除され、晴れてきた。

ようし、夜には観るぞと思っていたのに、寝てしまった。
夜中に目が覚め、あら、あら、見ずじまいと慌てて玄関を出た。

日付は変われども、天空には、まだ中秋の名月が御座しました。

Fullmoon121001

思わぬ時間に起き出したものだから、玄関で猫たちも大騒ぎ。

| | コメント (4)

2012年3月26日 (月)

straight line

腕時計の電池交換をしようと、ショッピングモールに寄った。

駐車場へ入ろうとするとき、ラジオでは天気予報を放送していた。

 

「今夜は東の空に、金星・月・木星が、ほぼ等間隔で、縦一直線に並びます」

Sandwich1203261

車から降り、空を見上げると、まさに、その状態。

暮れようとする雲一つない空に、金星、月、木星が見事に一直線に並んでいます。

木星、わかるかな。(写真をクリックすると、若干大きい画面になります(*^^)v)
肉眼では、良く見えたのですが、この写真では、木星はわかりにくいですね。

 

太陽系の惑星で最大の木星も、この地球からは宵の明星の輝きに負ける。

Sandwich1203262b

 

続きを読む "straight line"

| | コメント (10)

2012年2月 8日 (水)

寒中、大分の山も白くなる

大分の市街地から、西を望むと高崎山。その向こうに由布や鶴見山系の山々。

同じ高さに見えますが、実際は、高崎山は由布や鶴見の半分以下の高さ。

Kanchunoyama1

冬季になると、高崎山の緑と由布・鶴見の雪の色の対比がきれい。

山間部の雪が収まり、青く澄みきった空が広がる朝は一際美しく
遅刻するぞと思いつつ、車を止めてカメラを取り出したりします。

1月17日の写真。鶴見岳は高崎山に隠れ、頂上付近がちらりと見えるのみ。

Kanchunoyama2

1月26日には、由布山がさらに白くなっていました。
中腹まで、これ程、白くなるのは滅多にない気がします。

Kanchunoyama5

今冬は、雪化粧をした山の姿を見る機会がいつもより多い気がするなあ。
勿論、北国の雪深さとは比べようもありませんが…。

| | コメント (4)

2011年8月23日 (火)

天気目まぐるしく・・・

傘が手放せない日が続きます。

晴れたかと思えば、しばらくすると雨。それも激しく。

帰宅途中、ワイパーを作動する、止めるを繰り返すことも多いこの頃です。

Niwakaame110816

ある日の夕空。雲から、地上に簾でも掛けているような。あの下は、きっと大雨。

 

そんな天気の続く毎日ですが、久しぶりに阿蘇へ行く機会がありました。

集合場所の傍の牧野で、草を食む牛の姿。

Akaushi11082001

手前の赤牛のお腹の下に細い足が見えています。分かるかな?

こんな可愛い仔がおりました。

Akaushi11082002

この日は、刈払機(草刈り機)の簡単な講習会があったので参加。

実際に、刈払機を使って草を刈っていたら、バケツをひっくり返したような雨になり

全身ずぶぬれになってしまいました。

雷が近く、刈払機など持っての作業はかなり危険。早めの終了となりました。

 

温泉に入って、さっぱりして、大分へ。

でも、まっすぐ自宅ではなく、この日、もう一つの目的があり、寄り道。

NTT大分支店で、鉄道のファンクラブが写真展を開いていたのです。

三陸鉄道復興応援を兼ねた写真展ということをニュースで知ったのでした。

Sanrikutetudou04

展示されている三陸鉄道の写真は17点と決して数は多くはありませんでしたが、

震災後の写真が10点、震災前の美しい景色の写真が7点。

Sanrikutetudou01

Sanrikutetudou02

写真の前に立つと、改めて、その被害の凄まじさに圧倒されてしまう。

そして、震災前の写真の平安な様子に胸が詰まる。

Sanrikutetudou03

がんばれ!三陸鉄道。

| | コメント (9)