お知らせ・ひと言

2017年3月29日 (水)

「災害で消えた小さな命展 パート4 」クラウドファンディング 3/30まで

「災害で消えた小さな命展 パート4(旧 震災で消えた小さな命展)」

(代表 うささん)のクラウドファンディングが残り2日1日となりました。
3月30日が期限です。

https://camp-fire.jp/projects/view/19812

このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額に関わらず、2017/03/30 23:59までに集まった金額が
ファンディングされます。

↓ 代表のうささんのブログから…

6月末より、「災害で消えた小さな命展 パート4
(旧 震災で消えた小さな命展)」が始まります。
約1年間を通して全国各地を巡回します。.
現在、開催に向けて準備をしています。
しかし、開催するための資金が大きく足りません。
そのためクラウドファンディングを始め、皆様からの
ご支援を募ることにしました。

 

追記

このクラウドファンディングは目標を達成しました。

小さな命展がこれからも誰かの心を癒してくれますように。

|

2013年3月11日 (月)

何らかの形で…

「震災で消えた小さな命展」、どこかで見聞きした記憶はあったのですが
くるねこさんのブログで紹介されていて、今回、初めて詳細を知りました。

 

以下は、絵本作家うささんを代表とする、このプロジェクトのHPからの引用です。

『 2011年3月11日の大震災で、たくさんの命が犠牲になった中に
 様々な動物の命も失われました。

 家族同様のイヌやネコ、ウサギやハムスター、金魚や虫たち。
 福島の原子力発電所事故で町に残らざるを得ず、命を終えた動物たち…。

 絵本作家・画家・イラストレーターが、
 被災者の方から描いてほしい動物を伺い
 その『小さな命』を絵の中によみがえらせたいと思います。

 描いた絵は、被災地など各地にて展覧会を開催し、
 展覧会終了後は、お申し込みいただいた被災者の方に贈ります。』

 

こういう寄り添い方もあったのですね。感銘を受けました。

全国各地を巡回するとのことで、九州では、福岡、鹿児島、そして沖縄で
開催されることを知り、是非行こうと思いました。

HPをよく読んでみると、各地の会場でのボランティアを募集しています。
1日のみのお手伝いですが、名乗りを上げました。

 

ブログで紹介をして良いかをお尋ねしたら、快く承諾していただきました。

詳しくは、以下に記載のHPをご覧ください。

「震災で消えた小さな命展」 (後期展示のページにリンクしています)

 

120318tashirojima

( ↑ 1年前に訪問した田代島。沈下した仁斗田港。猫たちが戯れていました。 )

| | コメント (4)

2012年7月 8日 (日)

ブログの引っ越し

2006年から始めたTypePadのブログ。思うところあって、引っ越しです。

そっくりそのまま移行しようと思ったので、色々と大変。

ひとまず、記事とコメントは引っ越しが済んだので、公開することにしました。

Memoryclip001london

今しばらくは、旧ブログにリンク状態の写真をアップし直したり、

リンクバナー再設置などなど、諸々の作業が残っています。

旧ブログと記事数、コメント数が若干違うのが気になるところですが・・・(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初期の記事の引っ越し作業の最中に、各記事を確認してみたところ、
「私って、コメントの返事をしていない失礼な奴だったのか」と冷や汗の事態。

実は、各記事ともラストのコメントが反映されない症状が出ていたのでした。
良かった~。コントの返事をしていないわけではなかったようです。

そこで、過去コメントをアップし直すという強硬手段に出ましたので、
最近のコメントの欄には2006年の頃のコメントが表示されています(^^ゞ

このコメントも加えて、やっぱり、旧ブログとコメント数が違うのはWhy?

|

2011年3月12日 (土)

ありがとう

岩手の猫友さんの無事を確認。

無事でいてくれて、ありがとう。

連絡をくれた猫友さん、ありがとう。

 

初めて登録したTwitter で手助けしてくれた人、ありがとう。

行政の連絡網やメディアの情報より、生な情報がありました。

勿論、うのみにできない情報もあるにはあったけど。

 

今、この時もまだ安心できない夜を過ごしている人もいます。

無事を祈ります。

 

ここに来て、緊急地震速報が頻繁になっています。

どうか、どうか、気を付けてください。

 

【追記】

そうだ、まだ、感謝したい人たちがいました。

被災しながら、怖い思いをしながら、色々な形で安否を発信してくれた方。

あなたたちの存在で、望みをつなぐことができました。

本当にありがとう。

|