« 3月22日は霄ちゃんの日 | トップページ | ちび平、13歳 »

2019年3月23日 (土)

三鉄が一つにつながる

今日は三陸鉄道がひとつにつながる日。

震災から1年後の2012年3月20日、久慈駅から乗車した三陸鉄道北リアス線。
陸中野田駅のホームから見えたのは車止め。
そこには、これから先には行けないという事実がありました。

Nodaeki1203201

その年の4月には、陸中野田駅から田野畑駅までの運転が再開され、
2014年4月6日に全線が復旧した。

全線運行再開から5年。三鉄が一つにつながる。嬉しいね!

(岩手日報HPより引用)
東日本大震災の津波で不通となっていたJR山田線宮古-釜石間が第三セクター三陸鉄道(宮古市)に移管され、南北で接続する路線と合わせた「リアス線」として23日、開通する。
バス高速輸送システム(BRT)による復旧を含め、本県での震災による不通区間はすべて解消する。
三鉄は山田線を挟み、県内で北リアス線(久慈-宮古)と南リアス線(釜石-盛)を運行。山田線の移管で、久慈-盛の163キロが一本で結ばれ、三セクの鉄道では日本最長となる。

いつか、久慈-盛の163kmを旅したいものです。

|

« 3月22日は霄ちゃんの日 | トップページ | ちび平、13歳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月22日は霄ちゃんの日 | トップページ | ちび平、13歳 »