« 行けなかった写真展 | トップページ | 端午の節句 »

2013年5月 3日 (金)

山の神の春祭り

熊本県畜産協会HPの「熊本赤うし物語」によると…

馬の頭をいただいた馬頭観音さんは牛馬の守護神として民間に信仰されています。
放牧場の多い阿蘇地方には、この馬頭観音さんを祀った小さな堂や石の祠が
各所にあります。
馬頭観音の護符をうまやの前に貼り、牛馬の無病息災を祈りました。

 

ここ数年、野焼き・輪地切りに参加している牧野の一番高い丘の上にも
馬頭観音が祀られていて、毎年4月18日は春のお祭り。

「My春の恒例」の1 の野焼きの記事で紹介した牧野のお祭りです。

Kannonsamanoyama130420

皆が集まれるようにと、今年は20日に行われました。
小雨の中、丘に登って、お参りしました。

Batoukannon130420

阿蘇外輪の北側に位置する、この牧野周辺は阿蘇の中でも桜の開花が遅い。
お祭りの日に蕾固くという年もありましたが、今年は満開。

Meotozakura1304201

いつもの年なら、この桜の下でバーベキューなのですが、あいにくの雨模様。
旧監視小屋(もう、牛はいないのです)の中での宴会となりました。

Harumaturi130420

200町歩の牧野を守るのは6軒の家。(この日は、お一人は所用で欠席)

Harumaturi1304202

阿蘇は牧野同士が隣接している場所も多く、手入れをしなくなる牧野があると
山は荒れ、一旦火災などが起きると、一つの牧野だけに被害が留まらないのです。

だから、牛飼いを止めた後も牧野の保全に努力をする人達です。
いつまで自分たちが係われるか・・・。そんな思いも伺うことができました。

私達、外部からやって来るボランティアを仲間として迎えてくれます。
微力ながら、これからも野焼きや輪地切りをお手伝いしようと思い新た。

 

いつの間にか、霧が出てきました。
馬頭観音を祀る丘も、あっという間に見えなくなりました。

Kannonsamanoyama1304202

2本の桜の木の間を霧が流れます。

Meotozakura1304203

冷たい雨に桜も寒そうです。

Meotozakura1304202

この日、丘にはキスミレも咲き始めていましたが、
寒く、風も強く写真に収めるどころではありません。実に残念でした。

|

« 行けなかった写真展 | トップページ | 端午の節句 »

コメント

ジェミーさん☆彡
いつもは青空の下でのバーベキューですが、
今回は部屋の中、しかも狭いので、腰を落ち着けての懇親会。
これがいつもよりじっくり話をする機会を作ったような気がします。
M牧野の皆さんの悩みや不安を垣間見た気がしました。
確かに私も牧野の保全という活動に意義を感じて参加しているとは言っても
何処か、レジャー気分のところはあります。
自然と触れ合う、運動不足解消だとか、自然の写真を撮れるとか…ね。
でもまあ、気軽な気持ちでの参加が長続きの秘訣かもとも思っています^m^

あまちゃんの始まりのタイトル映像はいつもワクワクしてみます。
元気が出ます。音楽もぴったりで。
そうそう、その音楽は「プロジェクトFUKUSHIMA!」の代表の一人の
大友良英さんだったことを最近知りました。

海女センターも津波の被害があったのですよね。
復活して、海女の文化、技術の伝承が途絶えることなく良かったです。
あまちゃん効果がいつまでも続くといいです。
というより、これからが正念場かも知れませんね。

ジェミーさんの母校への通学路や制服がモデルですか~。
なんだか、ますます親しみがわいてきますデスヨー。

そうそう、NHKのあまちゃんHPでヒロシ君制作の北三陸観光協会HP発見!
http://www1.nhk.or.jp/amachan/kitasanriku/index.html

投稿: iharaja | 2013年5月 5日 (日) 13時30分

この、阿蘇の活動といい、古くからある自然や文化風習など、守り続けるのはとてもエネルギーのいることだなぁ、と思います。
特に地方は若いマンパワーや後継者不足で本当に大変ですから…(´ー`)
阿蘇の活動は、iharajaさん方のようなボランティアさんに広く門を開き、牧野の保全安全への理解や協力も得る活動も兼ねていて良いですよね^^
(とは言ってもまだまだご苦労が多いでしょうが…)

我が北三陸の海女文化も後継者不足が深刻な問題のようですが、今年はあまちゃんのお陰で海女センターまで行く道はマイカー規制になるほど賑わっています~(街中はまだまだ閑古鳥鳴き状態ですが^^;)
この調子で、アキちゃんのよーな可愛い海女さん希望の若者が出てくれるといいんだけどな~(笑)
ところで~^^
アキちゃんの通うガッコーはワタクシの母校と、隣町の潜水土木科がある高校との架空コラボガッコーみたいデス^^
通学路と制服は我が母校が主モデルみたいなんで毎日懐かしく観てマス~^^

投稿: ジェミー | 2013年5月 4日 (土) 17時16分

マイキーさん☆彡
小高い丘の頂上の馬頭観音さんにお参りしてから、麓に降りて懇親会です。
お祭りに行ったので野焼きに行ったのではないんですよ。
野焼きをしたのは3月のことです。
6軒の家の方は野焼きは勿論のこと、草刈りや色々な作業して牧野を守っています♪

霧が出てきて幻想的な感じになりました。
馬頭観音の祠は丘の上にあるので登った人だけが見えます(*^^)v
その祠のある丘や周囲が霧であっという間に霞んでしまいました。
ここはいつも桜の開花が遅く、今年は満開でバンザイ、雨で残念(笑)

投稿: iharaja | 2013年5月 4日 (土) 06時38分

iharajaさん、こんにちは♪
野焼きに行かれたんですね♪
馬頭観音様が、祀られてるんでしたね、覚えてますよ~♪
雨模様で、宴会は元牛の牛舎でされたんですね♪
6軒の家の方が、野焼きをされて、この周辺の土地を守られてるんですね♪
霧が出てきたんですね、馬頭観音様の祠も見えなくなっちゃったんですね(^_^;)
あいにくの雨で、でも野焼きしてもこれなら、火災にはなりませんねって、野焼きも出来ないですよね(^_^;)
サクラ寒そうですが、綺麗ですね♪

投稿: マイキー | 2013年5月 3日 (金) 22時00分

この記事へのコメントは終了しました。

« 行けなかった写真展 | トップページ | 端午の節句 »