« あっち向いてホイ! | トップページ | 鼻が利く輩 »

2013年3月11日 (月)

何らかの形で…

「震災で消えた小さな命展」、どこかで見聞きした記憶はあったのですが
くるねこさんのブログで紹介されていて、今回、初めて詳細を知りました。

 

以下は、絵本作家うささんを代表とする、このプロジェクトのHPからの引用です。

『 2011年3月11日の大震災で、たくさんの命が犠牲になった中に
 様々な動物の命も失われました。

 家族同様のイヌやネコ、ウサギやハムスター、金魚や虫たち。
 福島の原子力発電所事故で町に残らざるを得ず、命を終えた動物たち…。

 絵本作家・画家・イラストレーターが、
 被災者の方から描いてほしい動物を伺い
 その『小さな命』を絵の中によみがえらせたいと思います。

 描いた絵は、被災地など各地にて展覧会を開催し、
 展覧会終了後は、お申し込みいただいた被災者の方に贈ります。』

 

こういう寄り添い方もあったのですね。感銘を受けました。

全国各地を巡回するとのことで、九州では、福岡、鹿児島、そして沖縄で
開催されることを知り、是非行こうと思いました。

HPをよく読んでみると、各地の会場でのボランティアを募集しています。
1日のみのお手伝いですが、名乗りを上げました。

 

ブログで紹介をして良いかをお尋ねしたら、快く承諾していただきました。

詳しくは、以下に記載のHPをご覧ください。

「震災で消えた小さな命展」 (後期展示のページにリンクしています)

 

120318tashirojima

( ↑ 1年前に訪問した田代島。沈下した仁斗田港。猫たちが戯れていました。 )

|

« あっち向いてホイ! | トップページ | 鼻が利く輩 »

コメント

ジェミーさん☆彡
本当に優しい気持ちが作った企画ですね。
大分では開催が無いので動員が難しくても、
こういう企画があるんだということを何とか知ってもらいたいです。
お手伝いも勿論ですが、早く、愛された仔達の絵を見たいです。

投稿: iharaja | 2013年3月18日 (月) 07時35分

本当に、こんな寄り添い方があったのですね。
暖かい、心のこもった企画だななぁと思います。
前期日程では岩手の数箇所にも巡回されていたようですが、その頃はバタバタしていたのでぜんぜん知らなかったなぁ・・・
後期の最後が宮古市のようですので、ワタシも是非何らかの形で関わらせてもらおうと思いました。
良い情報、ありがとうございました^^

投稿: ジェミー | 2013年3月14日 (木) 23時25分

マイキーさん☆彡
大震災から2年が経つのに、今更、そうだったのか…、
こんなことがあったのか…と気づくことの多いこと(>_<)
それほど、私たちが耳や目にすることなく埋もれてしまっていることが
まだまだ沢山あるのだと思います。
ボランティア参加するのを書くのは手前味噌のようで気が引けますが、
こういう活動を紹介できればと思うことにしました(^^♪
会場係のお手伝いをする予定です。
この展覧会は、マイキーさんのお宅からは遠いですが、
神戸、大阪でも開催さるようですよ。

投稿: iharaja | 2013年3月13日 (水) 05時40分

ihrajaさん、おはようございます♪
震災からもう2年経つんですね(-_-;)
「絵本作家・画家・イラストレーターが、
 被災者の方から描いてほしい動物を伺い
 その『小さな命』を絵の中によみがえらせたいと思います。」
私も、このコメント読ませて頂いて、なるほどって思いました。
こう言う、寄り添い方もあるんですね、私も同じく感銘を受けました♪
ボランティアも募集されているんですね、iharajaさん、名乗りを上げられたんですね、1日でも、することに意義があるんですよね、素晴らしい事だと思います♪

投稿: マイキー | 2013年3月12日 (火) 07時14分

この記事へのコメントは終了しました。

« あっち向いてホイ! | トップページ | 鼻が利く輩 »