« メジャーな猫じゃらし | トップページ | ホテルの売店で買ったもの »

2013年2月22日 (金)

一人のジャーナリストの取材が映画になった

映画館の水曜レディースデーを利用して「ストロベリーナイト」を観に行った。

元々は、誉田哲也の原作(文庫化されてからですが)を読んでいて
テレビドラマも、原作の味を損ねない仕上がりだし、役者揃いなので、観ていた。

それが映画化されたということで観ることにした次第。

しかし、記事にしたいのは、その映画ではありません。

上映時間まで間があったので、今後の上映予定の映画はどういうものがあるのかと
パンフレットの並ぶ棚をつらつら見ていたら、あるパンフレットが目にとまりました。

それに書かれている「彼らには、悲しむ時間もなかった」という言葉と
棺が並ぶ写真を見て、一瞬で何の映画かわかった。目の奥がギュッとなる。

映画になったんだ、あの本が・・・
以前、このブログでも紹介した「遺体―震災、津波の果てに」(石井  光太 著)

Eigapamphlet

あの民生委員さんを西田敏行さんが演じるのだなあ。

パンフレットに彼のインタビューの抜粋が書かれています。
映画化のオファーに『正直なところ、劇化することが正しいのか悩んだ』とありました。

然もありなんと思います。

試写会を観た人の中には、最初は席を立とうと思ったと感想を寄せた人もいます。

然もありなんと思います。

その映画は 「 遺体~明日への10日間 」(脚本・監督 君塚良一)

明日、2月23日から全国公開されます。( http://www.reunion-movie.jp/ )

涙流しながら読んだ本でしたから、この映画も全編、辛くて辛くて涙するでしょうが
観に行きたいと思います。

 

ところで、この映画のパンフレットを見つけた時、少しばかりショックを覚えました。

本を読んでいたのに、映画化の話題すら知らなかったことにでした。
半年前なら、こういう話題でも必ずキャッチしていたんじゃないかな。

もうすぐ、あの日から2年。
感度が鈍ってきていないか、アンテナが錆びてきていないか?

そんな思いの中、ちょっと嬉しい話題を知ることができて良かった。

全線不通だった釜石-盛を結ぶ三鉄南リアス線が、4月に盛-吉浜間が開通。
そして来年4月、北リアス線の田野畑―小本駅間、南リアス線の吉浜-釜石間が
開通する見込みだそうで、三陸鉄道全線が復旧することになります。

ただ、北リアス線と南リアス線を結ぶJR山田線の復旧はなかなか厳しそう。
どうなるのかな。

|

« メジャーな猫じゃらし | トップページ | ホテルの売店で買ったもの »

コメント

union-jackさん☆彡
この映画、私も本を事前に読んでいるから、内容を知っているから、
最後まで映画館の中にいられたのかもしれません。
早いのか、まだなのか、あの日から2年。
流石に、いつもよりは、とても多くの特集記事や番組が組まれていますが、
私たちが知らないことも、まだまだあると思います。

君塚監督は役者さんたちに演じている最中に迷ったり
無理だと思ったときは演技しないでくださいと言ってたそうです。
型にはまった演技は必要ではなく、それはモデルになった人達、
亡くなった方への冒涜になるとお考えになったのではないでしょうか。
何度も何度も、本に登場した人たちからも話を聞いたそうです。
こういう人たちがいる限り大丈夫、まだ何とかなる…そう思いたいですね。
映画の公式サイトに出演した人たちの思いが掲載されていました。

投稿: iharaja | 2013年3月 3日 (日) 11時55分

あの日からもうじき2年になりますね。
TVニュースは、「震災から今日で1年3ヶ月です」「震災から今日で1年半です」「各仮設住宅では云々」「仮設住宅で餅つきがあり云々」他にも伝える事はあるのでは?などと心の隅で思いつつ、やはり客観的な視線で「そうなんだ」と流している自分に気付く時、自分も含め人間は薄情だよなと思ってしまいます。
こういう映画が上映されるという事、iharajaさんのブログを見なかったら知らなかったかもしれません。メディアで紹介しているのかしら?なぜしないのかしら?被災地の方々の気持ちを察して、メディアを使っていないのかしら・・・等等、いろいろ考えてしまいました。
正直、私は、あの大きなスクリーンで観る勇気がありません。
日本人として、観た方がいいとは思うのですが…。
この映画に出演した役者さん達の、想いや声を聞いてみたい気がします。

投稿: union-jack | 2013年3月 2日 (土) 18時58分

ジェミーさん☆彡
私も上映初日に観に行きました。
ジェミーさん、最後まで観ることができたでしょうか。
実際にあの時を迎えなかった私でさえ、映画が始まってしばらくは
最後まで観ることができるだろうかなどと思いました。

あまりに辛いせいで感情が失われていく、心が折れていく…
役者さん達は見事なまでに事実を伝えてくれました。
三鉄南リアス線のガード下のトンネルが隔てた世界。
それが、釜石だけではなく、いたる所にあった真実を
一人でも多くの人に知ってもらいたいと、おこがましくも思います。

感情を押し殺さないと自分が崩れてしまう。
何故、自分がこの役目を担わないといけないのか。
その葛藤は観ている我々にも伝染して来ます。

山田線はJRはBRTでの復旧を提案しているようですが、
地元では鉄路での復旧を望んでいると聞きます。
私はどちらがいいと言える立場でもありませんが、
そこに生きる人達の思いを大切にしてほしいと願います。

投稿: iharaja | 2013年2月26日 (火) 05時09分

かおこさん☆彡
大分市にもマニアックな映画を上映するシネマ5という映画館があります。
今月初めに、友人から映画を観に行かない?と呼び出しがあり、
そこで「二郎は鮨の夢を見る」を観てきました。
予告編で紹介された春に上映される洋画2作品をチェックです。
「マリーゴールドホテルで会いましょう」(英)と「シェフ」(仏)。
映画や本の情報は、やはりネットで得るのが最近は多い気がします。

・・・・・・・・・・・・・
この映画の原作自体、読んでいて辛かったのですが、
結局は震災を体験していない者だったです。
思い浮かべていた映像もオブラートに包まれていたんだと思い知らされました。
こうして、映像化されると、あまりにその場面が鮮烈です。
こういう光景の中に取り残された人たちにとっては、
これからも、その目の奥に焼きついているのでしょうね。
私たちは、そのことを忘れてはいけないのかも知れません。

投稿: iharaja | 2013年2月26日 (火) 03時43分

マイキーさん☆彡
ストロベリーナイトのサブタイトルがインビジブルレインとあり、
オリジナルの映画ではなく、最近読んだ本の内容でした。
だから、犯人ものっけからわかってしまいましたが、楽しめました。

そうですね。
映画に行かなかったら「遺体」のことも知らずにいたかもしれないですね。

上映初日に観てきました。
事実を綴ったルポルタージュそのままの映画でした。
あの瞬間まで、そこには穏やかな時間が流れていた。
町のそこここに笑顔がありました。
そして、あの瞬間から人々の顔から表情が消えていく様子が如実でした。
体育館の遺体安置所の場面をはじめとして、
あの震災を体験した人には辛すぎる光景が続きます。
演じた俳優さん達も、時に辛くて演じられなかったのではと思うほどです。
内陸側と港のあるマチ側の明暗を象徴した南リアス線のガード下のトンネル。
悲しい、辛いを通り越して心が痛くなってしまうような映画でした。
段々何を書いているかわからなくなってきています。

投稿: iharaja | 2013年2月26日 (火) 03時39分

先日、のぼうの城を観に行った時、オープニングで「遺体」の近日公開の映像が流れたんです。
ワタシの街も、映画館のある街も、津波被害のあった町でしたから、遺体の作品紹介の時には館内の空気が変わりました。
以前、iharajaさんがこの本を紹介されたあたりはまだとても観れないな、と思っていましたが、震災からどんどん時間が流れ、気持ちが落ち着いてきたのか、ワタシの心の在り方の良し悪しはわかりませんが、この映画を観ようと思えるようになりました。

三鉄は日に日に明るいニュースが流れていますが、山田町はいまも行く度に、あまり変わらない震災の痕が残る景色に悲しくなります。

iharajaさん、いつも三陸の被災地に思いを寄せてくださってありがとうございます。
あの日から1年11ヶ月、同じような天気の日や、長めの地震があったりすると、今も気持ちがザワザワします。
特に、震災のあった曜日(金曜)の午後になるとあの日から数日間のことが昨日の様に思い出されて、悲しみが心を覆います。

今日これから「遺体」を観に行ってきます。
ちゃんと観ることが出来るといいな。

投稿: ジェミー | 2013年2月23日 (土) 15時11分

iharajaさん、こんばんわ。
日記にはまったく書いてないのですが、私も子供のころよりの映画好きでして、今は名古屋のマニアック映画館の会員です。名古屋シネマテークとゆう、ドキュメンタリーやリバイバルもの中心の劇場です。
そこでは、震災や原発関係の映画が続々と上映されています。ほとんど世間に注目されないビデオレンタルには並ばないような作品で、そういったものにこそお金を払って観に行こうじゃないか!と思っております。
こうゆう映画こそメジャーな劇場で上映して注目を浴びてほしいのですが。。震災映画はなかなかシネコンには登場しませんね。
この「遺体」は、私は精神的にやられそうで怖いですが、それでも是非観たいです。
西田さん効果で多くの人が興味をもつと良いです。

アンテナ、はり続けるのは難しいですよね、私は以前日記に書いたビッグイシューとゆう雑誌と、映画館からの会報、ネットなどで情報を得ていますがiharajaさんの情報源て何ですか?

投稿: かおこ | 2013年2月22日 (金) 21時00分

ihrajaさん、おはようございます♪
ストロベリーナイトという名前のドラマ聞いた事ありますが、見てないです(^_^;)
その映画を見に行かれて、「遺体―震災、津波の果てに」という以前紹介された震災の本が、映画化される事に気が付かれたんですね♪
きっと、アンテナがさびてるとかじゃなくて、ここで知ったと言う事が、何か不思議な感じがしますね♪
映画のタイトルは「 遺体~明日への10日間 」なんですね♪
民生委員さんを、西田敏行さんがされるんですね、なんかイメージがわきますね♪
悲しい映画だと思いますが、この震災の映画を通して、私達が忘れていたものが沢山、見つかるような気がしますね♪
iharajaさんは、現地に行かれてるから、もっと深く映画に入れそうですね♪

投稿: マイキー | 2013年2月22日 (金) 08時50分

この記事へのコメントは終了しました。

« メジャーな猫じゃらし | トップページ | ホテルの売店で買ったもの »