« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月27日 (日)

弾ける霄

霄は単独で盛り上がることが結構あって、そんな姿を見ているのは、とても楽しい。

Hajikeru1

この時は、そのテンションを持続したまま、耳かきを襲撃。

Hajikeru4

折れると危ないから、素早く奪い取るも、霄はまだあきらめておりません。

Hajikeru2

こちらも、それを楽しんでいる節が無いでもありません(笑)

 

続きを読む "弾ける霄"

| | コメント (8)

ギャラリー

欠伸しているところを正面から撮ると、すごい形相になるねー。
ちび平、まるで、グラボイズ( 映画「トレマーズ」で大暴れする地底生物 )だ(笑)

Tremors

あんまりなので、男前に写してあげようと思ったら、今度はマジ顔(いつもの顔) (笑)

Gallery1

キャットフードを小分けしているときは、白デカ親子が必ず登場です (ーー;)
「さっき食べたばかりでしょう?」と言いたくなります。

下の写真↓は、「カリカリがこぼれるのをお待ちしております」…の霄ちゃん(笑)

Gallery2

勿論、フードがこぼれたら、霄、ちび平、そして、私で競争です ≡≡≡ヘ(* - -)ノ

この小分け作業中に、ギャラリーはいらない(笑)

| | コメント (6)

2013年1月22日 (火)

久々、別府温泉

温泉にしばらく行っていないなあ。そう思い始めたら、無性に温泉に入りたくなって
先週土曜日に、母を誘って出かけました。

食事をすると温泉に無料で入浴できる「ホテル清海」を選んでみました。
別府の市街地から少し離れた上人ヶ浜(しょうにんがはま)にあるホテルです。

レストラン(2階)からの景色。大分市が別府湾を挟んで霞んで見えています。

Harunoumi130119

何だか船の上で食事しているみたい(^^♪ (レストランの人に撮ってもらいました)

Lunch130119

天ぷらと刺身のセットは私。母は蟹と根菜のおこわとはったい麺のセット。

Lunch1301192 Lunch1301191_2

はったい麺は、はったい粉を使った麺。お初なので、私も一口味見をしましたが
つるっとして、韓国冷麺の食感にもちょっと似た麺でした。美味しいです。

さて、ごはんをいただいた後は、メインイベントの温泉です。

今回、「ホテル清海」を選んだのは、絶景温泉だったからなのですが
どんな景色かは、レストランからの眺めで推測できるかも知れませんね (^_-)-☆

 

続きを読む "久々、別府温泉"

| | コメント (6)

2013年1月19日 (土)

つい、しちゃうこと

ちび平が好きだから・・・というわけでもないのですが。

目の前にいると、ついね、毛づくろいをしてしまう。猫の性分というやつでしょうね (笑)

Tui

前々記事の三猫集合の後の一コマ。

 

それを見守る(=見張る?)霄。

Kiniiranai

目つき、怖いんですけど~ (笑)

| | コメント (6)

2013年1月16日 (水)

仲良きことは美しき哉

見ているだけで幸せな気分になります。

Nakayokikoto

おでこをくっつけて寝ている霄とちび平です。

 

尤も、ちび平の鼻の頭には、直前に霄と喧嘩した時の傷があるのだけどね (笑)

Hananokega

| | コメント (6)

集合写真

石油ファンヒーターがあればこその三猫集合。

思いのほか接近して寝ていたので、大急ぎでカメラを取りに行き、戻ったみたら

Sanneko1301131

すでに、空は起き上がっていた。残念。

カメラを構える私の後ろで母が手を動かして気を引こうとすると、空と霄が反応。

Sanneko1301132

空と霄は、手の動きを目で追っています。

Sanneko1301133

が、その間、この方だけは微動だにせず(笑)

Ugokazu

正面に回っても、薄目を開けるのみ。

| | コメント (6)

2013年1月13日 (日)

咎める目つき

ちび平、ちょっぴり非難の眼差し。

Hinannome2

で、ちび平が見ているのは私。

Hinannome3

これには理由がありまして・・・。

この数分前、カボスの果汁に蜂蜜を入れ、炭酸で割ったものを飲んでおりました。

ちび平が通りかかったので、「いかが?」とコップを差し出したら
それまで、ご機嫌だったのに、途端に迷惑そうな表情になりました。

Hinannome

柑橘系の匂いはノーサンキューのちび平。すっ飛んで、窓辺に避難した次第です。

嫌がるのは、わかっているのですが、反応が見たくて、つい・・・  (^^ゞ
この後、窓辺に行ったまま、しばらく寄り付いてくれませんでした(笑)

| | コメント (8)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »