« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

良いお年を

2012年もあとわずかとなりました。

 

来年が皆様にとって

Kuu2012

良いお年で

Kawaii_chibihei

ありますように!

Shou2012

 

ところで、某ステキ王子の寝姿で有名な「すまん寝」
我が家では見たことないなあと思っていたけれど・・・

Sumanne20121

ちび平の「すまん寝」、発見。

Sumanne20122

ちびちゃん、来年もこの調子で楽しませてほしいなあ!

| | コメント (12)

2012年12月13日 (木)

あくまでも・・・

クッションの上に座りたいらしい(笑)

Kuu_on_cushion

でも、横になるには、ちょっと狭かろう。ね、空ちゃん(^^♪

| | コメント (6)

カボス&柚胡椒

カボスがまだまだあるので、カボス胡椒を作ってみようと思った。

柚胡椒のレシピを探したら、結構危険なようで・・・(笑)
青唐辛子を下ごしらえする時は、ゴーグル、ゴム手袋が必須らしい。

ところが、作ろうと思いついたのが遅く、時期的に青唐辛子の生が手に入らない。

・・・と思ったときに救世主。小倉の唐辛子専門店に、赤ごしょう、青ごしょうあり。
擦った皮とこれを混ぜれば、いいんじゃない~?(ちょっと、安易だけれど(^^ゞ)

写真の下にある小さな瓶の中身が青ごしょう。

Kabosugoshou1

 

続きを読む "カボス&柚胡椒"

| | コメント (4)

呼んでいる

“山道”が呼んでいるよ。「雪用タイヤ履いて、おいでよ~」

10日の朝。真ん中が高崎山628m。
その左奥が由布岳1583m。右奥は1374mの鶴見岳。

Sannzan121210

11日の朝。由布岳はすっぽり雲の中。

Sannzan121211

12日の朝。10日より、若干、雪が解けているかな。

Sannzan121212

大分市内では、冬の間も雪用タイヤは、ほぼ必要ないんだよね。
スタッドレスを履くかどうか、悩みどころ。

| | コメント (4)

2012年12月10日 (月)

遠慮?

多分、ヒーター前の写真がこれからも続くと思う。
我が家の猫様方だけでなく、私もここから動かないから(笑)

 

私たちも「ヒーターの前がいいのだけど・・・」と白デカ親子。

Ayaushi

この後、空が唸る、唸る(^_^;)

 

「かあさん・・・」

Kuu_unaru

「空ちゃん、なんだか怒ってますね。」 「ええ」

Okottemasune

霄とちび平が毛布の上に踏み出さないので、笑ってしまった(^^♪

| | コメント (8)

おじゃったもんせ かごんまへ(ほぼ日帰り)の5

仙巌園を見学し終わったのが正午。

どこかを周るには時間もないし、冷たい雨だし、お腹も空いたし。
再びシティービューに乗って、天文館に戻ることにします。

さ~て、何を食べようかなー。名物にしたいですね!ってことで、黒豚にします。

Kurobuta1212021

黒福多(くろぶた)で昼ご飯。ちょっとばかり張りこんで、特上黒豚黒カツヒレ膳。

Kurobuta1212023

黒豚はわかるけど、黒カツって何?と思いますよね。

ジャ~~ン

 

続きを読む "おじゃったもんせ かごんまへ(ほぼ日帰り)の5"

| | コメント (8)

おじゃったもんせ かごんまへ(ほぼ日帰り)の4

仙巌園入口を入ってすぐの場所にある歓迎の看板。

Senganen1212027_2

「ゆくさ おさいじゃったもした」は、「ようこそ、いらっしゃいました」の意味です。

 

それはさておき、仙巌園を訪れた一番の目的は、猫神神社~でごあんさぁー!

仙巌園のHPによると

島津義弘(第17代)が朝鮮出兵の際、時計代わりに猫7匹を朝鮮に連れて行き、
猫の目の瞳孔の開き具合によって時刻を推察したと伝えられ、
その7匹のうち生還した2匹を猫神として祀ったものです。

とあります。

でも、でも、あれ、あれ?
以前、ネットで見た風景と、ちょっちごど~!?(ちょっと違うよ~!?)

Nekogamijinja121202_2

気を取り直して、我が家の猫達の健康祈願。
猫友さん達のニャンズや新しい家族を待つ仔達のこともお祈りしました (*^^)v

Nekogamijinja1212025

思いが込められた絵馬がたくさん。

Nekogamijinja1212022

隣接の店で絵馬を買い、私も願い事を書きましょう。

 

続きを読む "おじゃったもんせ かごんまへ(ほぼ日帰り)の4"

| | コメント (6)

おじゃったもんせ かごんまへ(ほぼ日帰り)の3

鹿児島市中心街に到着してから2時間半。ようやく、シティービューに乗車。

Cityview1212021

レトロな車内です。

写真は城山を下っているところ。西郷隆盛銅像の後方に見えた小高い丘。
城山で途中下車もありだったのですが、雨だし、時間も限られているのでパス。

仙巌園を目指します。

 

入場料プラス300円で30分ほどのガイドをしてくれるということで、それに参加。

Senganen121202

江戸時代は薩摩藩別邸、維新後は本邸となった仙巌園。

幕末には、敷地内に大砲を製作した製鉄所やガラス工場があったほどだから、
薩摩藩が本州にあったなら、維新後の日本が違うものになったかも知れない。
そう思うのは私だけだろうか。
尤も、都や江戸から遠いので制約を受けにくかったとも言えそう。

それにしても、桜島と錦江湾を借景にしているなんて、なんともダイナミック。

晴れていれば・・・

 

続きを読む "おじゃったもんせ かごんまへ(ほぼ日帰り)の3"

| | コメント (4)

2012年12月 5日 (水)

おじゃったもんせ かごんまへ(ほぼ日帰り)の2

ザビエル記念公園前のバス停を利用するつもりだったので、まず場所を確認。

Xavier121202

この写真を見せ、ヨーロッパに行ってきましたと言ったら信じてもらえるかも(笑)

シティービューに乗るまで、この辺をウロウロ。

 

続きを読む "おじゃったもんせ かごんまへ(ほぼ日帰り)の2"

| | コメント (8)

おじゃったもんせ かごんまへ(ほぼ日帰り)の1

思い立って、鹿児島へ行ってきました。

初めての深夜バス体験。車中泊ながら、感覚的には日帰り旅。
大分23時発、鹿児島には翌日の朝6時30分着。
ちゃちゃっと観光。その日の15時30分のバスに乗り、21時に帰り着く強行軍(笑)

 

この季節、着いたときは真っ暗。目星をつけていたホテルのレストランにて朝食。

Keihan121202

奄美の鶏飯(けいはん)定食。右手の急須に入っている出汁をかけて食べます。
ドリンクバー、サラダバーOKで800円也。

ホテルの化粧室でちゃちゃっと化粧をして、外へ出ると明るくなっている。
曇天。今にも雨が降って来そうな気配です。

Yamagataya121202

市電の向こうに見える堂々とした建物は、老舗デパートの山形屋。

宝暦元年(1751年)創業の呉服店がルーツとか。
創業者は近江商人の血を受け継ぐ、庄内地方(山形県)の北前船商人らしい。
鹿児島なのに山形屋とはこれ如何に?でしたが、納得。

ともあれ、観光の要所を周るシティビュー(バス)が走り出すのは9時。
それまで、近辺の観光スポットを歩いてみますか~。

 

続きを読む "おじゃったもんせ かごんまへ(ほぼ日帰り)の1"

| | コメント (6)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »