« また、食べた | トップページ | コラボ »

2012年11月14日 (水)

秋の野の花

4日、10日と輪地切りに参加した。
作業中は写真が撮れず、秋の花を見かけては後ろ髪を引かれる思いで離れます。
時には、輪地を作る場所なので、ごめんね~と思いながら刈払機で刈ったり・・・

休憩中に、ようやく、じっくり対面です。

ウメバチソウ

Umebachisou121104

山ラッキョウ。撮った時は気付かなかったけれど、蟻がいた。

Yamarakkyou

山ラッキョウ、カワラナデシコ、秋リンドウ、ウメバチソウ

Yasou121104

刈払機の燃料持ちを担当した方が、刈られてしまった花を集めたもの。
この日、見かけたリンドウは丈のあるものが多かった。

秋スミレ。春に咲く花が秋にも咲くことを「返り咲き」というようだ。

Akisumire121110

何年か、輪地切りに参加して、秋のスミレを見たのは初めてだったので得した気分。

そのスミレの横にある草に目立つ虫。1cm位の大きさ。

Yamaimohamushi121110

調べてみたら、ヤマイモハムシ。名の由来は、ヤマノイモの葉などを食べるから。
ヤマノイモを採ったり栽培する人には害虫らしいが、ちょっとモダンな配色。

春の牧野は格別ですが、秋は秋ならではの魅力があり、また来年と思うのだろうな。

|

« また、食べた | トップページ | コラボ »

コメント

union-jackさん☆彡
凄~い、ほんとだ、オバQだわ~。実は、これね、光の反射なんですよ。
でも、見事にオバQだ~~。もう、オバケのQちゃんにしか見えない(笑)

確かに、山の花、特に夏から秋にかけては青系の花が多い気がしますよ。
何か法則でもあるのかな?
ウメバチソウ、可愛いでしょう。花茎には一つの花、一枚の葉がつくのだそうです。
フフ、一緒にボランティアに参加している人達から教えてもらって、
ようやく草花が少しは見分けがつくようになりました(*^^)v

投稿: iharaja | 2012年11月18日 (日) 13時10分

ジェミーさん☆彡
りんどう、可愛いですよね。
背の低いりんどうは、地面からいきなり咲いて、
可憐な中にエネルギーを感じます。
霜注意報も何度か出ていますが、出かけた時は花真っ盛りでした。
来月早々に用があって、阿蘇に行きますが、
その頃は、さすがに花は見れないかな~。

投稿: iharaja | 2012年11月18日 (日) 12時59分

ヤマイモハムシが可愛いと思ったのは、私だけではないはず(笑)
背中の柄が、どーしてもオバケのQ太郎に見えて…(笑)
私は、青い色の花がなんとなーく好きです。
山の植物には、青い色や紫色が多いような気がします。
なんか意味があるのかな。
でも、可憐なウメバチソウも、すてきです。
iharajaさんは色々な植物の名前をご存知で、感心しちゃうわ。

投稿: union-jack | 2012年11月17日 (土) 20時00分

りんどう大好き~(´∀`人)
丈が短いりんどう、また可愛いデスネ~♪
花言葉は『あなたの悲しみに寄り添う』だったべが~?(←多分^^;)
そちらは山々にまだこんなにお花が咲いているんですね~ヽ(◎Д◎)ノ

投稿: ジェミー | 2012年11月16日 (金) 12時01分

マイキーさん☆彡
秋は花が気温の変化に合わせて次々に色々な種類の花が咲き、
とても楽しいです。
霜が降ったり、急に寒くなった後の小春日和に
春と間違えて花が咲くことがあるようです。
春咲き、秋咲きがある花は、長い年月の間に、これが習慣化したのでしょうね。
この自然の営みの現象を表す言葉と日常使われる「返り咲く」という言葉、
どっちが先なんでしょうね?

投稿: iharaja | 2012年11月16日 (金) 07時30分

iharajaさん、おはようございます♪
4日と10日に、輪地切りに参加されたんですね♪
その時に撮られたお花の写真ですね♪
ウメバチソウ、山ラッキョウ、カワラナデシコ、秋リンドウ、ウメバチソウ、秋スミレどれも綺麗ですね♪
返り咲きって、この花から来てるんでしょうか?
ヤマイモハ虫、初めて見ました(@_@;)

投稿: マイキー | 2012年11月14日 (水) 08時51分

この記事へのコメントは終了しました。

« また、食べた | トップページ | コラボ »