« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月29日 (木)

あら、ビックリ

のんびり、ヒーターの前。外で鳥が鳴きながら飛んでいった。

Heater1211231

何かしら?と外を見る空。

Heater1211232

興味を持ったものの、窓辺に行くまでの魅力はなかったようです。

 

1階に降りたら、一斉にこちらを見る白デカ親子。

Keikai

太平の眠りを覚ます・・・だったかな(笑)

 

空ちゃん、ごめん。ついて来ちゃったよ、霄が・・・

Heater1211233

またまた小競り合いでも起きるのかと思いきや、あら、びっくり。

 

続きを読む "あら、ビックリ"

| | コメント (8)

2012年11月23日 (金)

ヒーターを巡る攻防

「だから、白デカ達って嫌いなのよ」

( ごめん空ちゃん。あなたを撮ったつもりが霄にピントが合っている(^^ゞ )

Heater1211171

然もありなん。

ヒーターの前にまったりと陣取っていた空だったのですが、
いつの間にやら 端っこに追いやられてしまいました。

Heater1211172

しかも、その内に・・・

 

続きを読む "ヒーターを巡る攻防"

| | コメント (6)

藁は何になる?

稲わらを集めて、何やら作っている光景に出くわしました。

Shimenawa121118

神社の新年用の注連縄づくりでしょうか。

皆さん、力を合わせて藁を束ねています。

 

続きを読む "藁は何になる?"

| | コメント (6)

2012年11月14日 (水)

コラボ

熊本の高校生の企画したメロンパン(多分、10月末までの販売だっと思う)。
熊本県内のローソンのみの販売らしく、先月、あそ千年祭の帰りに寄って購入。

地元のメロン、米粉を使ったメロンパン。中にメロンジャムも入っています。
惜しむらくは、袋に入っているため、時間が経つと、ベタッとしてしまったこと。
コンビニなので、袋入りでの販売は仕方ないかな。

Collaboration

一緒に映っているのは、阿蘇草原再生募金とのコラボのくまモンクオカード。
1枚につき、5円が阿蘇草原再生募金への寄付されるそうです。

 

霄とメロンパン。これも、コラボ?そんなわけない(笑)

Melonpanshou

「あ、駄目~!」の声に、諦めたけど・・・

Kozeriai

その鬱憤かしら。空に喧嘩をふっかける。空ちゃんこそ、いい迷惑だ。

 

ところで、11月に入ってからの記事で我が家の猫様たちが登場するのは初。
みんなで布団にもぐっているのだ、私も含めて。で、写真が乏しい(笑)

| | コメント (8)

秋の野の花

4日、10日と輪地切りに参加した。
作業中は写真が撮れず、秋の花を見かけては後ろ髪を引かれる思いで離れます。
時には、輪地を作る場所なので、ごめんね~と思いながら刈払機で刈ったり・・・

休憩中に、ようやく、じっくり対面です。

ウメバチソウ

Umebachisou121104

山ラッキョウ。撮った時は気付かなかったけれど、蟻がいた。

Yamarakkyou

山ラッキョウ、カワラナデシコ、秋リンドウ、ウメバチソウ

Yasou121104

刈払機の燃料持ちを担当した方が、刈られてしまった花を集めたもの。
この日、見かけたリンドウは丈のあるものが多かった。

秋スミレ。春に咲く花が秋にも咲くことを「返り咲き」というようだ。

Akisumire121110

何年か、輪地切りに参加して、秋のスミレを見たのは初めてだったので得した気分。

そのスミレの横にある草に目立つ虫。1cm位の大きさ。

Yamaimohamushi121110

調べてみたら、ヤマイモハムシ。名の由来は、ヤマノイモの葉などを食べるから。
ヤマノイモを採ったり栽培する人には害虫らしいが、ちょっとモダンな配色。

春の牧野は格別ですが、秋は秋ならではの魅力があり、また来年と思うのだろうな。

| | コメント (6)

また、食べた

10日の輪地切りの帰り、波野の道の駅に寄る。目的は、またまた、ソフト!

山ももソフト

Yamamomo121110

受け取って、「わ、結構、ピンク、きつっ」と思いましたが、味はグッド。
甘酸っぱくて、ベリー系の味。そして、どっしり重い。底までたっぷりです(*^^)v

 

話変わって、4日、10日の輪地切りに持って行ったお弁当。( ↓ 10日の分)

初トライ。沖縄のコンビニにはどこでもあるというスパムおにぎり。今回は海苔巻き風。
スパム入りは、おかずなくてもOKだわ~。欲張って詰めたおかずが余り気味。

Spamonigiri121104

ジェミーさんに、沖縄土産ならスパムもいいよと伝えたら、我が家にもスパム缶が届く。
なんだか、自分にも~と催促したみたいで、申し訳なく候 (^^ゞ

かめせんもいただいたし、鯉三さんにも水なすの糠漬けをいただきましたが
アップする前に食べて候。ご馳走様でしたm(__)m

| | コメント (6)

2012年11月 9日 (金)

あそ千年祭に行ってきた(の”可愛い”)

「あそ千年祭」の会場となった月廻り公園。芝生広場は1万坪だとか。

野焼きや輪地切りへ行くときに何度もそばを通っていましたが、
広場に足を踏み入れのは初めてです。

以前から、この広場に放されているヤギ達も気になっていた存在。

そう言えば、まじまじとヤギの顔を見たことがないぞと近寄るも
皆さん、草を食むのに忙しく、顔を上げてくれません(笑)

Yagi1210271_2

歩きながら食べていて、夢中になると歩くスピードがダウン。
後ろ足が若干止まり気味になって、また前進・・・を繰り返しています。

が、この日、見かけた一番のちびっこ。
夢中になり過ぎて、後ろの両足とも伸びきってます(笑) その姿がとても可愛かった。

Yagi1210275

これから、歩く加減を覚えてね (^_-)-☆

 

そして、こちらも So Cute!

Asosennen1210278

全国の副知事の中で最も若い熊本県副知事の後ろに見え隠れする、この方~
今や、その人気、全国区のくまモン

Kumamon1210272

いやあ、本物(笑)を見るのは初めて。やっぱり、可愛いわ。

 

”可愛い”の番外編。くまモンのお辞儀。別人、いえいえ、別熊で、ちょっと笑える。

Kumamon1210274

因みに、くまモンを少々引き立てた感もある、ほかの3体のゆるキャラは・・・

ブルーベリーが特産の山都(やまと)町のベリーちゃん
阿蘇市のあか牛くん、産山村のうぶちゃん(ヒゴタイの花がモチーフ)。

 

午後からは、くまモン体操もあるようでしたが、
残念ながら、ほかの用事があり、会場を後にしたのでした。

 

ところで、熊本県のHPには、くまモンの特設ページがあって、
出張スケジュールまで掲載されていました(笑)

| | コメント (8)

2012年11月 8日 (木)

あそ千年祭に行ってきた(の2)

「あそ千年祭」へは、お手伝いしている人への陣中見舞いが目的でしたが
草わら( 主にススキ )で作られたオブジェを見たかったことも目的の一つでした。

グリーンストックのブースを訪ねてから、広場の方へ移動。

が、オブジェより先に目を奪われたのは、これ ↓

Asosennen1210271

竹を組んで作られた巨大ブランコ。思わず、「お~~~!」

晴れていたら、根子岳に向かって飛んでいく感覚になれそうです。
乗ってみたかったけれど、お子さん連ればかりで、ちょいと恥ずかしく断念(笑)

 

草わらのオブジェ。大きくて、しかも、良くできていました。

美大の教授の監修の元、ボランティアさんたちが1週間がかりで制作しました。
くまモン( 似ているような、似てないような~ ; 笑 )。そして、ラクダ。

Asosennen1210273 Asosennen1210272

威風堂々の機関車。細かいディティールです。煙やレールまであります。

Asosennen1210274

素晴らしい!迫力満点。

 

さて、オブジェのテーマの一つに、何故ラクダが選ばれたか、わかりますか?

それは、この月廻り公園と道路を挟んで、らくだ山があるから(だと思う)。
シンクロするシルエットを撮ってみました。

Asosennen1210275

Asosennen1210276

ラクダを作る時も、山と重なるように、立てる場所を選んだそうです。

 

阿蘇の外輪は、このように面白い地形や風光明媚な場所が数ありますが、
豪雨で無残な姿になっている所も多く、この会場までの道沿いもそうでした。

緑輝く姿に蘇ってほしいと切に思います。

| | コメント (4)

2012年11月 7日 (水)

あそ千年祭に行ってきた

先月末の土日に「あそ千年祭」というイベントがあり、出かけました。
阿蘇の高森町にある月廻り公園が会場。

「7.12豪雨からの阿蘇地域の復興と、千年にわたる阿蘇の草原を次世代へ継承」
が、テーマということでした。

野焼きボランティアの有志が開催までの会場づくり、当日の草原再生募金に
参加していますが、私は単なる観光客として、27日(土)に会場に出現。

到着して、すぐに、グリーンストックのブースに行くつもりでしたが
入口にあった新米の米すくい大会に吸い込まれた(笑)

Komesukui121027

制限時間内に空のペットボトルに入った分だけ、新米をいただけるということで
これは参加するしかありません(笑)

新米ゲットの後、降雨体験ができるということで、こちらにも引き寄せられ…

Kouutaiken121027

中に入って、透明の傘の中で雨量の差を体験します。

30mm 180mm

↑ 左は30mm、右は180mm。

180mm、ほんの数十秒なので、思ったほど激しさを感じなかったですが、
これが降り続けば、大災害に通じる量であることは実感しました。

この会場に降雨体験車両が持ち込まれたのは、
やはり、7.12豪雨を意識したからなのでしょう。

| | コメント (2)

2012年11月 1日 (木)

秋の名残りを今の内に(の3)

所用で有休をとった10月25日。
思いのほか、母の用事が早く済み、連れ立って寄り道(かなり遠距離)(笑)

県北の中津市三光(さんこう)にあるコスモス園。
…と言ってもレジャー施設ではなく、約16haの休耕田を利用したコスモス畑です。

Cosmos121025_2

一面のコスモスの数、1600万本だとか。何だかピンとこないけど、びっくりです。

Cosmos1210252

平日というのに人出も多く、観光バスで団体さんが来ていたことにもびっくり。

Cosmos1210253

写真はほんの一角といったところ。このコスモス園の広さが表現できずに残念。

 

白いコスモスを集めた畑にピンクの花が紛れ込み、戸惑っているかな(笑)

Cosmos1210254

シーシェルという品種を初めて見ました。

Cosmos121025seashell

花弁が筒状になっています。一重なのに八重のようで、華やかです。

 

切り花のコーナーがあって、200円を支払うと、持ち帰ることができます。
もらった紐、新聞と、貸してくれたハサミを持って、いざコスモス畑に入ります。

が、これが結構大変。背も高いし、茎、葉、花のすべてが絡みつく~。
まるで、藪漕ぎの如くでした(笑)

 

持ち帰ったコスモスです。

Cosmos1210255

1週間が過ぎ、次第にひ弱になりつつも、水揚げが良いのでしょう。
次々に、蕾が開いています。

コスモスは、見た目の可憐さとは違って意外に強い花。

茎が藪漕ぎの如くの状態で繁茂するから風にも負けないし、寒さにも強い。
そして、水揚げの良さも、花が長持ちする理由の一つなのだろうと思います。

| | コメント (6)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »