« 九博へ(番外編) | トップページ | 石畳に竹灯り »

2012年9月13日 (木)

こんなこともあった…

昨日9月12日は力(リキ)の命日。早いもので、七回忌を迎えました。

2006年9月14日が13歳の誕生日でしたが、その2日前に旅立ちました。

Imakarasanpo

先日、引出しの中を整理していたら、思いがけず、リキの写真が出てきました。

かなり前の写真です。15~6年前のものかもしれません。

Bikkuri1

ハウスの中から外をのぞいて、困惑気味の表情。

何故ならば・・・。

 

「朝起きたら、こんなになってました~」

Bikkuri2

滅多に雪が積もることがないから、リキもさぞかしびっくりしたでしょう(笑)

それでも 「 犬は喜び、庭かけまわり~ 」 の歌通りに

Yukiasobi1

散歩で行った近所の公園をかけまわっていました。懐かしい姿です。

|

« 九博へ(番外編) | トップページ | 石畳に竹灯り »

コメント

union-jackさん☆彡
疲れているときなど、散歩もおっくうになることもありましたが、
いざ、一緒に出掛けると楽しくてね。
今でこそ、犬たちも屋内住まいが多いですが、我が家は外の犬小屋だった。
散歩もごはんも済んで「おやすみ」とドアを閉めるとき、ちょっぴり寂しげで…
そんなことも思い出しました。

力も小さい頃は耳が立ってたのに、段々垂れてきた(笑)
猫たちの耳と違ってふにゃりとしてたなぁ。

投稿: iharaja | 2012年9月17日 (月) 19時03分

ジェミーさん☆彡
我が家も記憶にある限り、家にいたのは圧倒的に犬達でした。
そうそう、1歳頃の私が乳母車に乗っている写真(大昔;笑)があるのですが、
一緒に猫が乗ってるので、母に「飼ってたの?」と聞くと「野良猫」という答え(爆)
それでも、やはり、宙からですね~、猫と暮らす生活に大きく傾いたのは…。
宙より後からやって来た力。宙が死んだ半年後に空がやってきて、
結局いつも二番手みたいな存在にしてしまった。
花火と雷に超ビビリの力とまた散歩に行きたいなあ~なんて思います。

9月に入っても暑いですね。九州より関東以北の方が気温が高いって時も
結構ありましたよね~\(◎o◎)/!

このところ、秋の虫の音にほっとしていましたが、
台風が遠ざかると、今日は再び気温急上昇。日中は蝉の声が戻ってきました。

投稿: iharaja | 2012年9月17日 (月) 19時02分

マイキーさん☆彡
ネットでもお稲荷さんに犬は禁物というような話がたくさんありました(^^♪
猫が神様の神社があれば、
やっぱり、ワンちゃんには遠慮してもらいたいでしょうね(^_-)-☆

3歳頃から小学校に入学するまで、大家さんが農家のお宅の貸家にいたのですが、
敷地の中には納屋もあったのですよ。
一度、大家さんが馬に乗って帰ってきたことがありました。
その大きさに目が点になった記憶があります(笑)

投稿: iharaja | 2012年9月17日 (月) 18時57分

こんにちは。
力ちゃんの表情が可笑しくて・・・「なんじゃこりゃ?!」って。
耳もなんだか垂れちゃって、がっかり度が出てます。
でも、雪の中で遊ぶ力ちゃん、尻尾だ喜んでいますね。
もう7回忌でしたか。長生きして、幸せでしたね。
写真を見ると、その時間・その空気に触れることが出来る。
その時の力ちゃんの声や息遣いなど思い出せたでしょうか。

ワンコ、可愛いです。猫とは別の可愛さがありますね(当たり前か)。
昔・・・私が小学生の頃、団地に暮らしていたんですけど、団地内になぜかたくさん野良犬がいました。追いかけられたり追いかけたり(笑)、お小遣い出し合ってハム買って、食べさせてみたり・・・。抱っこして(子犬じゃありません)家に連れ帰って、すっごい怒られたり(笑)
ちなみに、個人的には耳の立ってる犬種が好きです。エヘヘ

投稿: union-jack | 2012年9月15日 (土) 13時04分

ワタシんちはどちらかというと犬派だったので、ケンという柴犬を飼っていたところ、盛岡で働いていた星子がケラという猫を連れて実家に帰って来て、そこから我が家の『ねごっきり(←猫バカ、みたいな意)』ヒストリーが始まりました(笑)
が、ケラがきてからケンはどんどん老け込んでしまって・・ケンには晩年、寂しい思いをさせてしまったと、今でも家族皆で後悔しています。
コメ返しを拝見して、以前にもiharajaさんが力くんの晩年に色々な想い抱いていることを書かれていたのを覚えています。
力くんとケンのことを考え・・いつまでたっても、この後悔の念は続くんでしょうし、忘れてはいけないなぁ、と。
この一件から生きものと暮らすことに対して考え方がガラッと変わり「ペットを飼う」じゃないんだ、命あるものと一緒に生きていく、責任の重い行為なのだ、と、ケンにたくさん教わりました。

↑久しぶりのコメントと、お盆過ぎても異常な暑さで脳みそオーバーヒート状態だからでショーカ?
長々ととりとめのない文になってしまいマシタ~お許しを~(笑)

投稿: ジェミー | 2012年9月15日 (土) 11時05分

iharajaさん、こんにちは♪
お稲荷さんが祀ってると、犬を飼ってはいけないと言う事はないんですが、うちの母の父が元警察官で、その後、京都の伏見稲荷大社のお山の警護(警備)をしてたそうで、私から言うと祖父ちゃんですねが、そう言っていたそうです、なので根拠はないんですが(^_^;)
うちの母の実家にも、お稲荷さんが祀られていますが、2階なので、1階の庭では、犬も猫も鶏も馬も牛も飼っていたそうです、牛と馬は田んぼや、畑を耕す為に、なんせ昭和の初めの事ですから(^_^;)
うちの場合は、お稲荷さんが裏庭に祀っていて、以前兄の弟さんが、表で犬を飼われていたそうです(^_^;)
なので、京都の伏見稲荷大社のHPを見ても、犬の事は書かれてないんですよね(^_^;)
もしかしたら、家だけの事なのかな(^_^;)

投稿: マイキー | 2012年9月14日 (金) 21時50分

まろさん☆彡
リキはお母さんが黒い犬で、その犬が脱走したときに逢瀬を過ごしたようで(笑)
きっと、父ちゃんは茶色いデカい犬だったと思います(^^♪
私は今でこそ周囲からは猫派一筋と思われるかもしれませんが、
小さい頃は、犬もいて猫もいて~でした。
いつか、あの世に行ったとき、
一緒に過ごしたい犬や猫たちが出迎えてくれたら嬉しいな。

投稿: iharaja | 2012年9月14日 (金) 07時24分

マイキーさん☆彡
お稲荷様を祀っていると犬を飼ってはいけないのですか?
犬が狐を追いかけるからかしら。
地方によっても色々と解釈の違いがあるかもしれませんね。
でも、まあ、犬がいないことは、
タマちゃんやベルちゃんの平和な暮らしに繋がりますね(^^♪
阿蘇などに行く機会も増えたので、私にも積雪は珍しい光景ではなくなりましたが、
やはり、私の住む辺りでは滅多にないこと。犬もびっくりです(笑)
リキが死んだときは、空に加え、霄、4兄妹が家の中にいる状態だったので、
晩年に寂しい思いをさせてしまった後悔が残っています。

投稿: iharaja | 2012年9月14日 (金) 07時16分

takaさん☆彡
リキは褒めてもらって空の上で恥ずかしがっているかな。
いつもは、もう何年などと思うことも少なく、指折り数えて七回忌と気づきました。
本当に、月日の経つのが早いです。

猫屋敷に犬が登場したら、大パニックでしょうねぇ(^^♪
一昨年は周囲が真っ白になるほど雪の積もったこともありましたが、
私の住む辺りでは、大抵は、雪が降っても積もるほどではないです。
だから、積もると、今度は街中、パニック(笑)
確かに小さい頃は、年に何回かは1~2cm程度でしたが、雪が積もった気がします。

投稿: iharaja | 2012年9月14日 (金) 06時41分

力君、お耳の先がちょっと折れててカワイイheart02
結婚当初飼ってた犬に似てます。
実家の柴犬が産んだ子(柴系雑種)で、力君と同じ毛色だったな~。
そう、何を隠そう私は犬派だったのです(笑)
どの子も思い出の中で今も生きてますねshine

投稿: まろ | 2012年9月13日 (木) 23時11分

iharajaさん、こんにちは♪
リキちゃん、覚えてますよ、もう亡くなって7年になるんですね(@_@;)
とても、しっかりした顔つきの、男前さんだったんですね♪
犬、家も飼いたいですが、お稲荷様を祀ってるので飼えないんですよね、でも、京都の伏見稲荷大社に行くと、普通に犬連れて来てる人もいますが(^_^;)
お狐様が、犬が苦手と言う事らしいです(^_^;)
うちの兄夫婦の所は、チワワを3匹飼ってます♪
リキちゃん、出て来て、白い塊があって、寒いし、驚いたんでしょうね、でもやはり、本能ですね、雪見て、元気にお散歩に出かけられたんですね♪
リキちゃん、今頃、虹の橋から、iharajaさんご家族を、ニャンちゃんを見守ってくれてるんでしょうね♪
こちらは雪が結構降るので、珍しくはないですが、去年から今年にかけては、多かった気がします、その前の年までは、私が小さいころよりも少なかった気がします(^_^;)

投稿: マイキー | 2012年9月13日 (木) 22時40分

リキちゃん 凛々しいですね。

本当は犬も飼いたいんだけど、無理だよなぁ。
名古屋は、年に数回は、雪が積もります。
昔犬を飼っていたころ(小学校1年生の頃)は、もっと雪が降ったような記憶があります。

大分では、これだけ積もるのは、やはり珍しいですよね。

もう7回忌 月日の経つのは、本当に早いですね。

投稿: taka | 2012年9月13日 (木) 09時55分

この記事へのコメントは終了しました。

« 九博へ(番外編) | トップページ | 石畳に竹灯り »