« キスミレ咲く・・・ | トップページ | 記憶にとどめる vol.2 »

2012年5月 4日 (金)

記憶にとどめる vol.1

楽しかっただけでは、やはり、3月の東北の旅は済まされない気がします。

移動の最中で、話の中で、否応なく、目にし、耳にする「震災」のこと。

本当は、このことから書くべきなのかも知れなかったのですが、
旅の思い出を綴れない気がして、最後になってしまいました。

 

今回の旅で、一番辛かったのは石巻でした。

 

鉄骨だけ残る。多分、門脇地区にあった書店の跡です。

Ishinomaki1203183

 

石巻市立病院。数年後、別の土地での開業が決まったようです。

Ishinomaki1203171

遠目だと破壊を免れたように見えますが、津波で1階は壊滅、医療器具も壊滅。

取り残された患者・病院スタッフは3階・4階で救助を待っていました。

ようやく、14日にドクターヘリ5機のピストン輸送によって救出された数150人。
救出までに亡くなった方が数名いらっしゃったそうです。

 

震災直後とは比べられないほど、瓦礫はなくなっていると思います。
(瓦礫と呼ぶのも申し訳ない気がします)

それでも、まだ、生活を感じさせる品々が、あちらこちらに散乱しています。

Ishinomaki1203182

この辺りは、港から600~700mの位置。

 

信号機だけが新しい。

Ishinomaki1203184

左手奥にあるのが、門脇小学校。ここを目当てに避難した人も多かったそうですが、
ここにも津波は容赦なく押し寄せ、その後、流れ着いた車両などの引火により火災。
数日間燃えたそうです。

 

座礁したままの船。

Zashou

偶然に、1年ほど前に同じ船を撮った写真をネットで見つけました。
その写真と違っているのは、川沿いに簡易の低い堤防が作られていることだけ。

 

網地島ラインの船の上から撮った瓦礫の集積場。

Gareki1

いくつもパイプが立っています。

Gareki2

メタンガスが発生するので、火災が起きないようにガス抜きをしています。
匂いや埃・・・、この付近で暮らす人は大変でしょう。

 

こんな瓦礫の集積場が何か所もあります。手前は沈下した堤防です。

Gareki3

石巻の町の中を車で通り、時に歩いて目にした光景。

震災から1年経っていたから、心を痛めながらも直視できたのかも知れません。

更地になった場所、感じる空虚感。

|

« キスミレ咲く・・・ | トップページ | 記憶にとどめる vol.2 »