« 田代島へ vol.2 | トップページ | 田代島へ vol.4 »

2012年4月18日 (水)

田代島へ vol.3

帰り際に、ようやく気付いたキャットフードのお預かりボックス。

Tashirojima12031833

注意書きの内容は↓の通り。石巻で買ったフードを入れました。

Tashirojima12031835 Tashirojima12031834

 

ベンチに座った乙女(高校生かな?)と猫の間で会話が交わされているよう・・・。

絵になる光景でした。(takaさんも同じアングルの写真をブログにアップしています)

Tashirojima12031828

沖に見えるのは牡鹿半島。ここもまた、被害の大きかったところです。

 

最も印象に残った猫…というより、連れて帰りたいと思った仔。可愛かった。

Tashirojima12031811

ブロック塀は、地震で壊れたのでしょう。

 

↓ 発着所へ戻る時に、takaさんと「ここは何だったのかな?」と話した場所。

Tashirojima12031837

1週間程前、テレビで田代島の猫達を撮った番組(’09年)を見る機会があり、
牡蠣の作業小屋だったことがわかりました。

その入り口近くには、猫たちの住みかもありました。

小屋は、津波で屋根も壁も失い、今は、作業台だけが残っている。

テレビで見た、あの猫たちは無事だったのだろうか。

|

« 田代島へ vol.2 | トップページ | 田代島へ vol.4 »

コメント

union-jackさん☆彡
定かではありませんが、島で亡くなった方(行く不明?)はお一人だそうです。
港近くに住む猫たちが、どれだけ被害にあったのかはわからないのですが、
何度も通う人たちの情報(ブログ等)で無事を確認した猫の話題も有りました。

滅多に車も通りませんが、定期船が着いたり、漁船が帰ってきたときは
軽トラの姿を数台見かけました。島の人口は100人を切るそうです。

3月18日は、私たちのようにカメラを抱えた人は数人程度。
船の運航も次第に元に戻りつつあるので、暖かくなれば猫目的の人も
増えるのではないでしょうか。

投稿: iharaja | 2012年4月22日 (日) 13時17分

この島はお年寄りが多いと聞いていましたが、津波の犠牲になった方々がいないといいんですけどね。
もちろん、ニャンコ達も…1匹残らず、というわけにはいかなかったかもしれないけど、みんな無事に逃げた事を祈ります。

ihajaraさんが行った時は、観光客少なかったのかな?
震災前の夏などは、相当な観光客が訪れていたようですが。
以前読んだ雑誌には、「車もほとんど走っていない。せいぜい自転車程度」という記事があったけど、それも年月と共に変わったのかしら。

投稿: union-jack | 2012年4月21日 (土) 16時41分

マイキーさん☆彡
ほかの方もついフードや人間の食べるものを与えるかもしれませんから、
実際、朝から、猫たちがどのくらい食べたのかもわかりませんものね。
迂闊でした。
道路での撮影って気を付けないといけないのは何処でも一緒だと思うのですが
車も滅多に通らないし、これだけ猫たちに遭遇すると夢中になってしまいます。
島を訪れる者してのマナーは守らないとと今更ながらに気付くなり(^^ゞ
可愛い猫たち、心に残る風景、田代島に行くことができて良かったなと思います。
牡蠣小屋の猫たちの安否はわかりませんが、
ほかの方のブログでちらほらと無事な猫たちの報告もあっているようです。

投稿: iharaja | 2012年4月21日 (土) 07時23分

iharajaさん、こんにちは♪
書いてますね、むやみにえさをあげないでくださいって、お腹を壊しちゃうんですね(^_^;)
道路の真ん中での写真の撮影もダメって当然ですよね♪
ご飯を入れるボックスの横に、ちょこんと1ニャンいますね、看板猫ちゃんかな♪
ベンチに座った、女子高生と猫ちゃん、この微妙な距離がまたいいですね、会話が聞こえてきそうですね♪
iharajaさんが、連れて帰りたいと思った猫ちゃん、確かに可愛いですね♪
確かにこれだとなんだったかは想像できないですよね、カキの作業小屋だっったんですね、それに猫ちゃんの住み家もあったんですね、無事を祈るばかりですね(^_^;)

投稿: マイキー | 2012年4月21日 (土) 00時08分

この記事へのコメントは終了しました。

« 田代島へ vol.2 | トップページ | 田代島へ vol.4 »