« 田代島へ vol.1 | トップページ | 田代島へ vol.3 »

2012年4月17日 (火)

田代島へ vol.2

仁斗田港の船の発着所は、今は港の堤防に移動しています。

話を仁斗田港に着いたときに戻します。

////////////////////////////////////////////////////////

 

旅行の前に、田代島にゃんこざ・プロジェクトの方にメールで問い合わせたら
キャットフード支援も可能で専用のボックスに入れてくださいとのことでした。

そこで、前日にドラッグストアで購入したフードを手にしての上陸です。
田代島へはtakaさんと二人旅。ジェミーさんは、体調不良で無念のリタイア。

 

船を下り、堤防に沿って歩いていると、瓦礫の山が目に飛び込んできます。

Tashirojima12031824

ここも大変だったのだと実感していると、どこからとも猫たちが走り寄って来ます。

 

島への歓迎は、猫たちの役目なのかな。この仔が一番乗り(^^♪

Tashirojima12031822

持っていたキャットフードの袋を一つ開け、おすそ分け。

 

実は、『 むやみにフードを与えないで下さい 』という注意書きがありました。
島を離れる間際に気が付いたのです。プロジェクトの皆様、すみません m(__)m

 

とは言え、この時はそんなこととは露知らず (^^ゞ
猫たちがむしゃむしゃ食べる姿を見ていると、顔がにんまりするのでした。

Tashirojima12031823

 

港周辺を歩いてみます。

黒、キジ、牛柄といった色や模様の似た猫同士のグループがいくつかあるようで
家族、親戚単位で暮らしているのかもしれません。

見えない壁でもあるのか、途中までついて来る猫も、ある地点で立ち止まる。

(ここからは、猫達をできるだけ見てもらいたいから、小さいサイズで。
写真をクリックすると、大きいサイズで見ることができますよ (*^^)v )

Tashirojima12031825 Tashirojima12031829

ある民家。猫たちのために雨除けの板が立てかけています。ありがたいね。

Tashirojima1203184 Tashirojima12031830

長毛の猫も意外に多かったなあ。

Tashirojima1203186 Tashirojima12031826

みんな、おっとりしています。

Tashirojima12031812 Tashirojima12031827

近づいてくる仔、遠巻きにこちらを観察する仔、様々です。

Tashirojima12031832 Tashirojima12031831

今回は、仁斗田港周辺の猫たちに会っただけですが、
島の北にある大泊港周辺にも猫たちがいます。

そこでも、きっと悠然と闊歩しているのだろうな。

 

港の近くに、猫たちの家が数か所あって、立派な爪とぎ付きの家も (^^♪

Tashirojima1203188 Tashirojima1203189

やんちゃもします。遠ざかる猫に「遊ぼうよ」の声をかけそびれる仔もいます。

Tashirojima12031810 Tashirojima1203187

その昔、島へは犬の持ち込みは禁止だったとか。今もかな。全く姿を見ませんでした。

|

« 田代島へ vol.1 | トップページ | 田代島へ vol.3 »

コメント

空ママさん☆彡
そうなんです。ワンちゃんはいません(のはず)。
田代島に限っては、その方が良さそうでした。
猫たちがウロウロしてますからね(^^♪

よその地域の外猫たちに比べると、ごはんも思った以上に食べることができ、
おおむね好意的に扱われている気がします。
それでも、外に住む猫たちですから、寿命は短いのではと思いますが、
自由に生きている感があります。
なんの心配もなく歩き回っている様子を見ると、
我が家の猫たちには羨ましい姿かもなあなんて思いました(^_-)-☆

投稿: iharaja | 2012年5月 4日 (金) 15時33分

やっぱりワンコはいないのですね。
私の勝手な気持ちですが、ワンコ(人に飼われている子)と猫ちゃんが仲良く暮らせたらいいな~~と思ってしまいます(^-^)
猫ちゃんの写真、とっても可愛くて、一枚一枚大きくして見ました。
みんな力強く生きているのが伝わってきます。

投稿: 空ママ | 2012年5月 4日 (金) 10時10分

ジェミーさん☆彡
少なくとも、あの日の田代島、人よりも出逢った猫の数が多かった。
田代島の様子は、残念ながらお見送り部隊だったジェミーさんに
一番見てもらいたかったから、ちょ~っとたくさん書きました。
って、短くまとめられなかったこともあるんだけど(笑)
民宿やマンガアイランドが震災前のように宿泊できるようになったら
田代島で一泊もいいなあ~。

投稿: iharaja | 2012年4月29日 (日) 02時00分

ネコいっぱい~~~
改めて、猫の島なんだなぁ~、と(* ̄ω ̄*)
今回は無念のリタイア(情けなや~)デシタので~
いつか必ず行くど~~っ!(但し暖かい季節に 笑)

投稿: ジェミー | 2012年4月28日 (土) 12時33分

union-jackさん☆彡
そうそう、結構、体格がいいでしょう(笑)
目やにがついている仔、目のあたりをけがしている仔などもいましたが、
大方はまずまず健康そうです。室内で暮らすことは比べようはありませんが。
朝の内だから、まだごはんもらってなかったかな。
ま、おやつ代わりということで勘弁してもらおう(^^ゞ

一番下の左の写真。牛柄の仔が遊ぼうって飛び込んできたんだけど、
キジ柄の仔が驚いて、若干怒っちゃったみたい(笑)
そういえば、夢ちゃんのようなサビ柄の仔は見かけなかったんですよ。

投稿: iharaja | 2012年4月22日 (日) 12時41分

みんな体型が……(笑)
ご飯に困る子はいないんだろうな、幸せだなって思いました。
iharajaさん、ほら「むやみに」だから。ちょっとならOKじゃない?
って、皆がそう思ってあげたら、塵も積もっちゃいますね(笑)
猫には駄目だよ、という食べ物をあげる人も多いそうですね。
一番下の左側の猫、何やってんだか(笑)

投稿: union-jack | 2012年4月21日 (土) 16時32分

マイキーさん☆彡
猫たちをできるだけ紹介したかったので、別の記事にしました。
さらに、続きます(笑)
似たものグループではありますが、完全に分かれているということでもないんですよ。
段々、ミックスの仔も増えてくるんでしょうね。
長毛種だけのグループというのはなく、それぞれの縄張りにちらほらいるという感じ。
詳しくはわかりませんが、猫を手厚く面倒を見るというような逸話が昔あったようで
犬を持ち込まないようになったらしいです。
今もそうなのかはわかりませんが、
少なくとも行ったときには外をウロウロしている犬は見かけませんでした。
興味がある時は検索などすると見つかると思いますよ。

投稿: iharaja | 2012年4月18日 (水) 03時54分

iharajaさん、こんにちは♪
田代島の猫ちゃん、NO,2で紹介予定だったんですね♪
田代島へは、takaさんと一緒に行かれたんですね、猫ちゃんにご飯あげられたんですね、でも、あげてはだめだったんですね、でも、知らなかったんなら仕方ないですよね、見たらあげたくなっちゃいますから、もっとわかりやすい所に書いてないと、わからないですよね(^_^;)
お出迎えは、黒猫ちゃんだったんですね、iharajaさんと、takaさんが、ニヤッと笑いながらご飯あげてる姿想像しちゃいました♪
猫ちゃん、それぞれにテリトリーがあるんですね、牛猫ちゃんグループ、キジ猫ちゃんグループ、長毛種猫ちゃんグループと、分かれてるんですね、どの子も可愛いですね♪
驚いたのが、こう言う島での猫ちゃんって、テレビとか見てると、短毛種が多いですが、長毛種もいるんですね、当然と言えば当然ですが♪
この島の人たちは猫ちゃん達には、とても寛大で、優しいんですね、土地柄と言うか、島柄って言うのかな♪
でも犬は持ち込み禁止なんですね、猫ちゃんが怖がるからかな、喧嘩とかしたりしたら大変だし、犬の場合は、野生化すると人まで襲いますから、危険は危険ですよね(^_^;)

投稿: マイキー | 2012年4月17日 (火) 23時08分

この記事へのコメントは終了しました。

« 田代島へ vol.1 | トップページ | 田代島へ vol.3 »