« 「地獄極楽」(桂昌寺跡)へ | トップページ | 或るシンポジウム (1) »

2011年9月11日 (日)

お土産とは違うらしい

ウニャウニャウニャと啼きながら、霄がやって来る。

私の前で、ポトリとネズミのおもちゃを落っことす。

Souvenir1

お土産なら、ありがたく頂くとしようかと手に取ろうとしたら、

すばやく、ネズミを動かした。

Souvenir2

「見せただけ~」

どうやら、お土産ではなかったらしい。

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

タイトルとは全く関係ない空とちび平の写真もついでにアップ。

腕白、いえいえ、お転婆空ちゃん。(ロケーション悪し)

Beyondmygaze1

夢の中?の ちび平。

Warekansezu2

|

« 「地獄極楽」(桂昌寺跡)へ | トップページ | 或るシンポジウム (1) »

コメント

マイキーさん☆彡
なかなかに興味深い「地獄極楽」でした。
洞窟の中は照明で結構明るいのですが、やはり一人だと、ちょっと不気味かも(笑)
葡萄はとても美味しかったです。
葡萄の種類で毎に1kgの値段が決まっていて、採った分を買い取るシステムなんですよ。
初めはいる分だけ切るぞと思うんだけど、途中で面白くなって、採りすぎてしまいます。
ツバメの群れは圧巻でした。
う~ん、ネズミの捕り方を教えられてのか。丁寧にお断りしておこう(笑)
空も、ちび平も、わぁ、キュート!と親ばか写真です(^^ゞ

投稿: iharaja | 2011年9月25日 (日) 00時22分

iharajaさん、こんにちは♪
地獄極楽って、この世にあったんですね、驚きました、そうなんですね、わかりやすくするために、江戸時代後半に、作られたんですね♪
ブドウも美味しそうですね、取っちゃうと、後で買いとりなんですね、ちゃっかりされてますね♪
燕さん、こんなにたくさん、私も見たの初めてです、こちらだと2~3羽飛んでるのみかけても、珍しいですから(@_@;)
霄ちゃん、鳴きながらネズミの玩具持って、iharajaさんの所に、取ろうとすると、あげないと自分の手元に、iharajaさん、霄ちゃんに遊ばれてますね(笑)
きっと、これは、こうして、ネズミさんは取るんだよって、霄ちゃんが、iharajaさんに教えてるつもりなのかな♪
iharajaさんの、お気に入りの空ちゃんのお写真、可愛いですね、何を見てるのかな♪
ちび平ちゃんのお写真、熟睡しますね、可愛い寝顔ですね♪
ちょっと、薄暗くて、ホラー的な要素もありますね♪

投稿: マイキー | 2011年9月24日 (土) 23時21分

mago猫さん☆彡
霄は、物を移動するのが趣味なようで、取りに行っても戻って来ないかも(笑)
テンちゃんのように遊ぶのはちび平の方かな~(そう言えば、最近、しないなあ…)
ちび平の場合は、チョコやキャンディの包み紙を丸めたボールが好みなんです。
そして、やはり、途中でやめる。
でも、テンちゃんみたいに「気付く」のではなく、「どえん疲れ」なのですわ(爆)

空は、そう、なんだか勇ましい(笑)

ちび平、おばけ手ですなあ。夢見るは、ごはんでちっ(^^♪

投稿: iharaja | 2011年9月22日 (木) 05時00分

霄ちゃんからのお土産をサッ!と貰って投げたら取りに行くかもっ!
・・・ないかな?^^;(笑)
あ、お土産じゃなかったんですよね(笑)
うちはテンちゃんがモケモケボールを持ってきて目の前に落としてくるので、取って投げたら取りに行ってまた戻ってきます。
でも、続けてたら自分のものにならないと気が付くみたいで^^;
数回したら持ってくるのを止めて自分のものにしています〜。
空ちゃん勇ましい〜♪
背景はともかく(笑)良いお顔だなぁ〜♪^^
んっ、そのお手ては・・・ちび平ちゃん?
怪談話してくれるのかしら〜♪
(違うってばっ^^;爆)
うっとりお目目と幻想的なブルーが、ちび平ちゃんの幸せな気持を映し出しているようですね^^

投稿: mago猫 | 2011年9月21日 (水) 18時21分

union-jackさん☆彡
お返事が遅くなりましたm(__)m

フフ、色がリアルですかね。本物だったら、ギョエ~って感じかも(笑)
睨んでいるよな目付きの時もありますが、ひょうきんなことが結構ある霄です。
空は、なんか、やんちゃしそうな表情です。実際、そうですが~(^^♪
テレビの画面の色がちび平を染めていました。
こういうときも、つい触りたくなったりして…(笑)

週末はずっと台風の影響があり、警報も出はじめてきたので、
これから風雨がひどくなるかも。いやだなあ。
関東に接近するかもしれません。気をつけてくださいね。

投稿: iharaja | 2011年9月20日 (火) 07時36分

ミモザさん☆彡
お返事が遅くなりましたm(__)m

皆それぞれに個性がありますね。
猫は表情が分からないなどとよく言われますが、なんのなんの(笑)
空、ちび平よりも、霄って確かに多面性があると申しますか、
やってることが、結構笑いを誘うことが多いです。

私も気になる猫達がいても、やはり今後のことを考えると、
これ以上は難しいなあと思います。
三猫の生涯を看取るまでが責任かなとも思えます。

200~300羽でも圧巻でしたから、京都のねぐらの規模は凄いですよね。
本当に、みんな元気に帰って来て欲しいです。
そうそう、置き物はカバだったのですね。
おっしゃる通り、鼻の穴を目と思ってしまいました(笑)

また、台風ですね。九州も警報が出ていますが、
そちらも被害がないように祈ります。

投稿: iharaja | 2011年9月20日 (火) 07時29分

一瞬「ネズミ本物?!」って思っちゃいました…まさかね。
霄ちゃん、「あげようか…なーんちゃってねー」なんて思いながら遊んでたのかしら。やる事がお茶目で可愛いなぁ♪
空ちゃん、いつもウインクしてるから、よけいにお転婆っぽく見えちゃうかな(笑)
ちび平ちゃんのは、いつものちび平ちゃんとはまた違う趣がありますね。
オルゴールの音が似合いそうな、そんなちび平ちゃんの写真です。

ツバメ…あれ、数えたんですか?! ひょえーーー(゚∀゚)
やっぱり極楽の方がいいです(笑)

投稿: union-jack  | 2011年9月18日 (日) 12時49分

こんばんは!
お三方ともに個性があって楽しい猫ちゃんですが
なぜか特に霄ちゃんは面白いなあと思います。
お土産を引き寄せるなんて・・爆笑ですね(^O^)
うちは一人っ子になってしまいましたが沢山の
猫ちゃんがいると楽しいだろうなと思ってしまいます。
責任が持てない年頃になってしまったので(私が)
ク~が最後の猫になるかもしれません。
↓ではツバメが沢山結集していましたね。こちらの
ネグラでもツバメはもう居なくなったようです。
無事に旅して欲しいですね。来年も会いたいです。

投稿: ミモザ。 | 2011年9月17日 (土) 19時35分

空ママさん☆彡
明りがついていないと、おもちゃでも「何、これ?」となってしまいます(笑)
時々、記事にもしますが、霄は本当に色々と持って来て、その度に楽しいです(^^♪

ちび平を撮った時はちょうどテレビの画面が青い映像だったので、
白いちび平は青く染まって、綺麗でした。
少し、やせて見えるかも(笑)

投稿: iharaja | 2011年9月17日 (土) 09時38分

本物のネズミのお土産だったら、遠慮したいところですね ^^;
でも、見せただけ~も可愛いな♪
見せに来てくれただけでも、なんだか嬉しいもんですよね ^^
空ちゃんとちび平ちゃんの写真、表情がとてもいいですねぇ。
なんとも可愛くて。。
ちび平ちゃんは白いから、ブルーの光が幻想的に見えますよ!

投稿: 空ママ | 2011年9月16日 (金) 15時43分

ジェミーさん☆彡
我が家の物体移動は99%は霄の仕業。
ウニャウニャ啼きながらなんで面白いです(^^♪
猫又城でもしっぽ無しネズミですか~。
なんだか、いつの間にか無くなってるんですよねぇ。
そちらは、黒いお方の仕業らしいのですな。
我が家は誰かな?一番激しく転がしているのは、ちび平なんだけど~。

「お、これ、いい感じの表情だね~」と見せたくなるけど、♪ちょっと、待って♪
素の太股が写ってたり~、洗濯ものの下着が一緒だったり~がありますのさ(爆)

このちび平の写真は、メールの写真と同じ時に撮ったもので、
何枚も同じような写真を撮っちまいました(^^ゞ

例のヤツの前に、東京行きの荷物に、忘れ物ないようにして下さいデスヨー(笑)
気をつけて、行ってらっしゃい(^o^)/

投稿: iharaja | 2011年9月12日 (月) 06時55分

霄ちゃん、まだまだ遊び盛りなんデスネ~♪
おっ!iharaja家のねじゅみサンもウチと同様、しっぽ無しデスカ~!?
とゆーのもウチのネコマタちゃん達(てか黒っこだけか 笑)、皮製だろうがビニールだろーが紐ダローが、しっぽってのは食べるモンらしく、9割のねじゅみはしっぽ無しでアリマ~ス(汗)

ハイ♪ニャンズが良い表情な写真ほどロケーション悪し、なコト多し、もウンウン納得~~(笑)
でも、空ちゃん可愛い~からビニ袋が写っててもいいのだ~~~(爆)

お♪ちび平ちゃんのさしん、メールのと別バージョンですねっ♪
ちび平ちゃ~ん、例のヤツ、も少し待っててクダサイネ~ん♪

投稿: ジェミー | 2011年9月12日 (月) 00時23分

この記事へのコメントは終了しました。

« 「地獄極楽」(桂昌寺跡)へ | トップページ | 或るシンポジウム (1) »