« STRANDBEEST(砂浜生物) vol.2 | トップページ | 番熊マモル君 »

2011年8月17日 (水)

STRANDBEEST(砂浜生物) vol.3(番外編)

「STRANDBEEST(砂浜生物) vol.2」の

モデュラリウスとシアメシスのデモンストレーションの間は1時間程。

その間、一旦、会場から出て、美術館内をぶらぶら。

 

ミュージアムショップへの通路にも、beestが1体展示されていました。

 

アニマリス・ペルシピエーレ・レクタス」(Animaris Percipiere Rectus)

Animaris11081309

恐竜の骨格標本を彷彿させます。

 

2階に上がって、1階の図書コーナーを見下ろす。

(丘陵の斜面を利用した建物なので2階が入口)

Bijutukan11081301

 

友人同士が窓の外の森を眺めている・・・という風情。

でも、背の高い御方は、ブロンズ像「Ashley」(朝倉響子 作)

Bijutukan11081306

(御二方、無断で後ろ姿を撮影して、すみません)

 

 

<番外編の、更に番外編>

2つ目のデモンストレーションも見て、帰ろうと思ったら、激しい雷雨。

美術館に隣接しているレストランで遅い昼食をとることにしました。

Bijutukan11081303

自宅から大分市美術館までは車で数分。

運動不足なので、この日は往復歩くことにしたものの、消費するカロリーより

この食事のカロリーの方が上回っているような気がしてきました(笑)

 

公園の象は、雨が降って、なんだか嬉しそうな様子に見えてきます (^^♪

Bijutukan11081302

そうこうする内に、雨も上がりました。墓地公園の中を通って帰ります。

短時間でしたが、かなりの雨量だったので、道も冷やされ気持ちがいいです。

Bochikouen1108132

ついでに母校へ寄ってみました。

桜のトンネルは、濃い緑の葉に覆われ、蝉達のマンションと化しておりました。

Tunnel110813

 

<更に更に、番外編>

ミュージアムショップで、何故か、この日観た展覧会とは関係の無いものばかり

買ってしまいました。

スタンランの猫、見つけちゃったらね~、仕方ないです!ということで… (^^ゞ

Bijutukan11081305

|

« STRANDBEEST(砂浜生物) vol.2 | トップページ | 番熊マモル君 »

コメント

鯉三さん☆彡
フフ、今回は辛いものではなく、デミグラスソースがベースです。
出てきたときは、ボリュームありすぎと思いましたが、ペロリでした(^^ゞ

ツクツク法師、秋の虫の音が混じってきましたが、本日は暑いです(~_~;)
二つの台風の動きも気になりますね。

投稿: iharaja | 2011年8月28日 (日) 14時50分

また何か辛そう(そしておいしそう)なものを召し上がったのかと思ったら、そうではなかったのですね。
セミの鳴き声も減ってきました。暑さだけがしつこく残っていますが。

投稿: 鯉三 | 2011年8月27日 (土) 20時11分

union-jackさん☆彡
長い記事にお付き合いいただいて~(^^ゞ
動くときの音、面白いです。
緻密な計算の上に創造された、ある意味で精密機械に近いものがありますが、
雰囲気が、とてもアナログなんです。足の動きも微妙に揃わないのもいいです。
寸分たがわずの動きなら、見ている方が緊張するかもしれません。

そうなんですよね~。もっと広い空間の中で見てみたかったです。
可能であれば、上からも見たいくらい。
そういう空間を持っている美術館があっていいなと思いますね。

いやあ~、図録でも見てみるか~のつもりだったんですが、
まさか、スタンランの猫にこれほど会えるなんて思わずで~(^^ゞ
そうそう、目付きの悪~い猫の絵がありますね。
カレンダーを買ったんですが、その中にもあるようです。何月かな~(^^♪

象は、まるで故郷のスコールを思い出したかのように思えたのでした。

投稿: iharaja | 2011年8月21日 (日) 11時00分

空ママさん☆彡
ハイ、「テオ・ヤンセン展」に行ってきました。
ハイ、夏休みの土曜日、子供たちでいっぱいでした。
砂場では、砂遊びに興じている子の方が多いと言った方が正解かも(笑)
そうですね。ジブリとか、スターウォーズとかをイメージすることが多いみたい。
「たけしアートビート」で紹介されたそうですね。
その時は、この展覧会のことも知らなくて見逃して残念です。

図録を買おうかとミュージアムショップに行ったのですが~(^^ゞ
思わぬスタンランの猫のカレンダーやクリアファイルがあって、
そちらに走ってしましましたよ(笑)
でもね、買ったあとに、いつも思うんです。
展覧会やショップで買ったクリアファイル、使えないんです。
日常使いができないステーショナリーを買ってどうする?と自問自答(爆)

投稿: iharaja | 2011年8月21日 (日) 10時36分

3回分まとめて拝見しました。
なんとも原始的でもあり、そして幻想的でもあり、宇宙的でもあって、不思議なモノ達(生き物達というべきかな?)ですねー!!
自分で勝手に動いてるように感じました。動く時の音も良いですね、なんとも謎めいていて…。
海外と比べると、国内はこういう建物の天井の高さが低いな、って思えます。あちらは規模が違う!って感じますよね。でも切って大丈夫なのがスゴイ(笑)
お土産、見事に猫(笑)! スタンランのポストカード、私も持っているんですが、すっごく猫相悪いのがあるのです。でも何故か買ってしまった…。
見覚えのある象の像(?)、確かに雨で喜んで見えます。

投稿: union-jack  | 2011年8月20日 (土) 23時38分

「テオ・ヤンセン展」行かれたのですね!!
私も行きたいんですよ♪
夏休みは混んでるだろうから、9月にと思っていました。
テレビで見た時に、なんて不思議な生き物!!!
と思ってしまうほど、良くできていますよね。
最初に見た時は、なんだか風の谷のナウシカに出てきたオームを思い出しました。
ミュージアムショップで買ったのは猫ちゃんのもの
ばかりですね ^^
私も猫のグッズがあると目がいってしまいます。
あっ最近は、犬ものにも目がいくんですよ ^m^

投稿: 空ママ | 2011年8月20日 (土) 16時13分

マイキーさん☆彡
大分市美術館は歩いても20分程度です。暑くて、途中からは木陰といえども
着いたときは滝の汗でした。
STRANDBEEST(砂浜生物)という架空の生物が
現実世界に姿を現したというところでしょうか。
だから、これらは、模型ではなくて、生物そのものという位置づけかな。
それぞれが、風を食べて動く…生物ということだと思います(^^♪
老若男女、楽しめる展覧会でした。
実際に、その動きを見たときは、思わず「お~!」と声を上げてしまいましたよ(笑)

グランメール・チキンという料理を食べました。とても美味しかったです(^^♪
象も暑さをしのげて気持ちよさそうにみえました。
本当、水浴びを楽しんでいるように見えますね(*^^)v

来年のカレンダーを二つも買ってしまいました(^^ゞ

投稿: iharaja | 2011年8月18日 (木) 07時24分

ミモザさん☆彡
とても近いのに、美術館内に入ったのは今回が初めてでした(^^ゞ

歩いたのは、健康のためというより、
下半身が重くて…という方が当たってるかも知れません(笑)

とても楽しい展覧会でした。
大きくなった少年たちも喜びそうです。プラモデルも売っていました。
作品は、オランダで手近にある材料を使っているらしく、
また、作り直すことが可能なので、作ったご本人も許可されたのでしょうが、
こうして、生物となって登場しているので、なんだか、複雑な思いもしました。

美術館隣接のレストランは、元々、大分で昔から営んでいた洋食屋です。
ここに移転してからは一度行ったきりで、久しぶりの食事となりました。

件の料理は「グランメール・チキン」です。
チキンカツにデミグラスソースとチーズがたっぷりかかった逸品です。
見た目よりは、さっぱりしています。美味しいです(^^♪
でも、歩いた分以上にカロリーを摂取しましたね~、きっと!(爆)

投稿: iharaja | 2011年8月18日 (木) 07時12分

iharajaさん、こんにちは♪
大分美術館に行かれたんですね、お家から近いんですね♪
砂浜生物、NO1~NO3まで見ましたが、良くわかりませんでしたが、ビーストと言うのは生物?昆虫?と言ういもなのかな、それを模型にして動かしてるという事なのかな、砂浜は素足で歩くと気持ち良さそうですね♪
そう言えは、砂浜と言えば、鳥取砂丘で、昔の人骨が出たそうで、どうも昔そこに埋葬されていたらしいですね(^_^;)
話がそれちゃいました、動画見ましたがホントに大きなものが動くの見ると感動ですね♪
どの模型も、完成度が高くて、子供さんとか、大人でも楽しめますね♪
番外編、大雨で雷が、それでこの場所で昼食を食べられたんですね、美味しそうですね♪
象さんのブロンズ像、雨が降って、水浴びしてるみたいに見えますよね♪
ミュージアムショップで、猫グッズたくさん買われたんですね、どれも可愛いですね、私も同じだと思います♪(笑)

投稿: マイキー | 2011年8月17日 (水) 23時54分

お家から美術館が近いなんていいですね。
それも徒歩で行かれたなんて羨ましいです。
健康の為に歩かれるお年頃になられたのかな(^O^)
この展覧会は少年たちが喜びそうですね。
でも私も砂浜生物ときくと見たくなると思います。
それにしても羽の骨格を切ってまでの展示だなんて
よく許可がおりましたね。
う~ん、この昼食は何でしょう?目を皿のようにして
見ましたが分かりませんでした。

投稿: ミモザ。 | 2011年8月17日 (水) 19時58分

この記事へのコメントは終了しました。

« STRANDBEEST(砂浜生物) vol.2 | トップページ | 番熊マモル君 »