« 番熊マモル君 | トップページ | 首輪の修理 »

2011年8月23日 (火)

天気目まぐるしく・・・

傘が手放せない日が続きます。

晴れたかと思えば、しばらくすると雨。それも激しく。

帰宅途中、ワイパーを作動する、止めるを繰り返すことも多いこの頃です。

Niwakaame110816

ある日の夕空。雲から、地上に簾でも掛けているような。あの下は、きっと大雨。

 

そんな天気の続く毎日ですが、久しぶりに阿蘇へ行く機会がありました。

集合場所の傍の牧野で、草を食む牛の姿。

Akaushi11082001

手前の赤牛のお腹の下に細い足が見えています。分かるかな?

こんな可愛い仔がおりました。

Akaushi11082002

この日は、刈払機(草刈り機)の簡単な講習会があったので参加。

実際に、刈払機を使って草を刈っていたら、バケツをひっくり返したような雨になり

全身ずぶぬれになってしまいました。

雷が近く、刈払機など持っての作業はかなり危険。早めの終了となりました。

 

温泉に入って、さっぱりして、大分へ。

でも、まっすぐ自宅ではなく、この日、もう一つの目的があり、寄り道。

NTT大分支店で、鉄道のファンクラブが写真展を開いていたのです。

三陸鉄道復興応援を兼ねた写真展ということをニュースで知ったのでした。

Sanrikutetudou04

展示されている三陸鉄道の写真は17点と決して数は多くはありませんでしたが、

震災後の写真が10点、震災前の美しい景色の写真が7点。

Sanrikutetudou01

Sanrikutetudou02

写真の前に立つと、改めて、その被害の凄まじさに圧倒されてしまう。

そして、震災前の写真の平安な様子に胸が詰まる。

Sanrikutetudou03

がんばれ!三陸鉄道。

|

« 番熊マモル君 | トップページ | 首輪の修理 »

コメント

ジェミーさん☆彡
子牛、可愛かったですよ。
パヤパヤ?と、はじめ思ったんですが、何となくまとまらないとか、パサパサしてる感じ?
今までも少しだけ刈払機を扱ったことがあるんですが、
きちんと使えるようになろうと思いまして…。雨で、実地は短くなりましたが。
そうそう、草に隠れている石や諸々、気をつかないと危ないデスヨー。

こちらも同じで、ローカル線は乗る人が少なくなる、本数減る、料金割高と、
益々、鉄道離れです。
三鉄、きっと維持費だって大変だったろうなと思うのに、甚大な被害ですものね。
地震、津波が襲った線路の写真は絶句でした。
復興は本当に大変だと思います。震災前の風光明媚な写真の姿に戻って欲しいと願うのみ。

投稿: iharaja | 2011年8月29日 (月) 07時02分

子牛めんこい。。。♪
牛もヒトも猫も、子どもはみーんな毛がパヤパヤしてるんだな~~~(ハッケン)

ワダス、刈払機大好き~~~
前の仕事で、畑作業の際はみんなで刈払機の取り合いだったデス(←皆、地道に草刈鎌はいやなモンで 笑)
でも、小石とか気をつけないと、結構危ないんですよね
毎年、必ず誰かが飛び石やっちゃって車の窓破損ジケンがあるんですわーウチの職場(汗)

こちらは都会のように公共の乗り物の便利がよくないため、子供、学生、お年寄り以外はほぼマイカー移動ですので、三鉄(じもてぃーもこう言います)なんてこれまで2~3回程度しか乗ったことがなかったのですが。。。
無くなって初めて、我々にとって三鉄ってこんなに大きな存在だったんだ、と思い知らされました。
途中でぶっつりと無くなった、曲がった線路跡は何度見ても本当に悲しいです。
でも、こうやって、色んな皆さんが応援してくれているんですね、ありがたいです^^

投稿: ジェミー | 2011年8月29日 (月) 00時14分

鯉三さん☆彡
私も、この三鉄(鉄道ファンはそう呼ぶそうな…)に乗り、三陸海岸を旅したい。
北リアス線は一部開通したものの、南リアス線は全線不通なのだそうです。
これから、莫大な費用と時間が必要なのではないでしょうか。
寄せ書きには、皆さん、それぞれの思いを言葉に託されていました。

投稿: iharaja | 2011年8月28日 (日) 15時04分

そうそう、この三陸鉄道に乗ってみたいのです。
色紙の寄せ書きが素晴らしいですね。

投稿: 鯉三 | 2011年8月27日 (土) 20時15分

ミモザさん☆彡
最初の写真は、暮れる前になんとか撮れないかと車を止められる場所まで
やきもきしました(^^♪
子牛を見かけた頃は雲間に太陽も覗いて、
「日頃の行いがいいからかな~」とか、「誰が晴れ男?」などと言っていたのですが
行いが悪かったようで土砂降りになりました(爆)
小屋に戻ったときは牛たちはどこかに避難していました。

ラストの写真は、おっしゃる通り、寄せ書きです。
私も一言書かせていただきました(^^♪
わずかではありましょうが、この写真展で集まった募金と一緒に三陸鉄道に
届けられるのではないでしょうか。

投稿: iharaja | 2011年8月27日 (土) 10時51分

一番上の写真はすごいですね。こんな風になって
いるのですね。素晴らしい写真です(^^)v
子牛ちゃんも場所は違えども土砂降りの雨に
打たれてビックリしたことでしょう(^^)
下の色紙?は寄せ書きになっているのですか。
本当に頑張って欲しいですね。

投稿: ミモザ。 | 2011年8月26日 (金) 19時56分

union-jackさん☆彡
遠くから、何か雲からぶら下がっているよねと近づく内に
きっと雨が降ってるんだと思いました。
他にも何箇所もこんな感じでしたが、角度の関係で撮れませんでした。

子牛、腕白そうでしょ。大きな牛に守られて、元気いっぱい。
この後、ひとり遊びしていました(^^♪

東北はその地形から、幹線(道路も鉄道も)が中央部を走っていて、
日本海側もそうなんですよね。
それに比べると、三陸海岸沿いは地形も厳しくて…(だから、風光明媚なのね~)
その町と町を結ぶ大切な路線が三陸鉄道なのではないかなあと思います。
来月11日には、もう半年を迎えるんですねえ…

投稿: iharaja | 2011年8月26日 (金) 07時37分

うわ、すごいですねこの写真。
なかなか撮れるもんじゃないと思います、貴重ですねー。
iharajaさんは、こうした自然の写真を撮るの上手です。
子牛の顔が…(笑)、なんだかきかん坊そうな感じ~。
元気に大きくなれよーって、声掛けたくなっちゃうな。

大都市部に住む人間から見たら、三陸鉄道は小さなローカル線というイメージしかないけど、その土地の人々には大事な足であり、普段の生活の一部であり、景色の一部であるわけですよね。
こういう場へ足を運ぶ事も復興支援の一部と思います。
震災から半年近く経つけれど、負けず折れず前向きな東北魂には、心底頭が下がります。
それゆえに、ずっと応援していきたいと思いますね。

投稿: union-jack  | 2011年8月25日 (木) 20時24分

iharajaさん、こんにちは♪
ホントにお天気最近雨が多いですね、今日も晴れてると思ったら、雨降っていて、スカパーe2入ってるんですが、大雨が降ると、アンテナが受信しなくなって、テレビが見れなくなるんですよね、それで大雨と分かって・・・、地デジはケーブルテレビなので見れます、なんとアナログもまだ見れるんですよね(笑)
阿蘇に行かれたんですね、1枚目の写真、雨が降ってるんですね、暖簾みたいな雲の下は、見たとき竜巻かと思っちゃいました、竜巻も多いですよね(^_^;)
子牛さん可愛いですね♪
芝刈り機の講習会だったんですね、その途中に大雨ですか、大変でしたね、風邪ひかれませんでしたか、その後温泉に行かれて一息つかれたんですね♪
鉄道のファンクラブの写真展ですか、震災後の写真と震災前の美しい写真が飾られていたんですね。
ホントに、今回の地震はすごかったですよね(@_@;)
写真や、動画で見るとそのすさまじさが、改めてわかりますよね、これを教訓に今後どうすればいいのか考えさせられますよね(^_^;)-----
COMMENT:
AUTHOR: iharaja
EMAIL:
IP:
URL:
DATE: 08/24/2011 07:37:14 AM
マイキーさん☆彡
我が家もパラボラアンテナ、相当に古くて、いきなり「受信できません」と
なることがありますよ。
1枚目の写真、ちょっと見、竜巻みたいですよね。

阿蘇へは、マイキーさん、芝刈り機の講習ではなくて、刈払機の講習ですよ~。
全然、違うんですよ。道路の沿線や田畑・林などで、草刈しているのを見たことあるかな。
そういうときに使っているものです(^_-)-☆

三陸鉄道には一度乗りたいと常常思っていたので、現状を見て言葉をなくし、
そして震災前の列車の走る姿が美しすぎて、余計に悲しくなる気がしました。

投稿: マイキー | 2011年8月23日 (火) 22時21分

この記事へのコメントは終了しました。

« 番熊マモル君 | トップページ | 首輪の修理 »