« ある電話 | トップページ | たどり着いた先で知った本(2) »

2011年5月 8日 (日)

たどり着いた先で知った本(3)

話のさかな」は、朝日新聞(宮城県版・福島県版)に、2008年4月から

2010年2月まで掲載されたコラム。

それを1冊にまとめたのが、

話のさかな ~ コラムで読む三陸さかな歳時記~」(発行:荒蝦夷)です。

Books2

掲載当時の、朝日新聞の石巻支局長、気仙沼支局長、前・気仙沼支局長、

塩釜支局長の4名で編成された ” 三陸おさかな探検隊 ” の共著です。

 

これらの支局がある町は被害を受け、この本に出てくる海産物店、飲食店、

水産物の加工所、水族館なども、被災したところが多いと思われます。

 

軽妙洒脱に紹介された記事に、今は、悲しみさえ覚えてしまうけれど、

また、この本の中に溢れる元気や産業が戻って来て欲しいと思います。

そして、登場する方々が無事でありますように。

///////////////////////////////////////////////////////////////////

ところで、これも、今回初めて知ったことなのですが、

塩釜市の市役所にHPによると、本来は「塩竈市」という文字なのだそうです。

|

« ある電話 | トップページ | たどり着いた先で知った本(2) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。