« 緊急災害時動物救援本部のウェブサイト【4月28日改訂】 | トップページ | 笑わせてもらいました »

2011年5月 1日 (日)

市民の力は温かい

少し、シワシワッとなったパン。でも、フワッとして、千切ってみると弾力あり。

Pan2 Pan3

それに、美味しい!

匂いに釣られ、やって来た我が家の「利き酒師」ならぬ「利きパン師」の霄も太鼓判。

Ajimi1 Ajimi2

これは、缶詰のパン。

 

栃木県の企業、パン・アキモトの商品です。

Pan1

最近、NHKなどのテレビでも取り上げていたから、ご存じの方もいるでしょう。

震災後にネットで知り、購入した頃は、どこのサイトでも売り切れ寸前だった。

手元に一缶ずつ残した抹茶のパンとイチゴのパンを試食してみたのでした。

 

パンの缶詰は、パン・アキモトが、阪神淡路大震災を教訓にして開発した商品。

その後、備蓄用として販売するだけでなく、

災害が起きた時には、被災地へ無償で、このパンを送っていた。

しかし、それは、経営を圧迫する。そこに登場したのが、Civic Force だった。

 

募金で集めたお金を企業に支払い、その商品は被災地へと届けられる。

勿論、東日本震災の避難所などへも送られています。

今、パン・アキモトでは、独自の東日本大震災支援プロジェクトも立ち上げている。

 

鹿児島・宮崎県境の新燃岳は、今年1月に爆発的噴火をしました。

まだ噴火が治まったわけではなく、ここもまた、被災地です。

そこで生まれた東北を支援する運動があります。

 

市民団体が義援金を集めて、降灰で売れなくなった野菜を農家から買い取り、

その野菜を炊き出しなどに使うべく、東北へ送る支援をしているのです。

なんと、素晴らしい仕組みなのだろう。凄い!としか言いようがありません。

 

噴火後、全国から支援があり、今度は自分達の野菜が役立つといううことを

地元の方も喜んでいらっしゃるそうです。

 

乱立して、その実、何をやっているのか全く見えてこない国の対策会議より、

市民の支援の方が、余程、迅速で、そして、温かい。

そして、その成果が見えています。

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////

 

Image001

トラックに割り込まれ

ムッとしたけど

北への荷があるかもと

安全に

確実に届けてと願う

|

« 緊急災害時動物救援本部のウェブサイト【4月28日改訂】 | トップページ | 笑わせてもらいました »

コメント

マイキーさん☆彡
マイキーさんはウニに見えましたか(笑)
ハイ、多分、ご覧になったニュースのパンの缶詰でしょうね。
阪神淡路の震災の時にパンを送ったら賞味期限を過ぎて処分されたり、
乾パンは高齢の人には硬すぎてということで1年を掛けて開発したと聞きます。
保存できるだけでなく、味が良いのが本当に素晴らしい技術だと思うのです。
政府の支援が皆までなかなか回らない様子にイライラするやら
悲しいやらの日が続きますね。
あ、野菜を送っているのは、宮崎や鹿児島の方なんですよ。
素晴らしい支援方法だと思います。

トラックの話は、これに近いことがあったのですが、少し膨らませているんですよ。
五行歌という詩にしてみたものです。

投稿: iharaja | 2011年5月 2日 (月) 07時35分

ジェミーさん☆彡
これ、お世辞抜きに美味しいですね。私も食べてみて、びっくりです。
このパンのことを書いたら、ジェミーさん、きっとお礼のコメントになると、
それなら申し訳ないと載せるのは迷ったんデスヨー。
でも、やはり、この企業の、そう、心意気を伝えたくて書くことにしました。
「私達がやらなくて、誰が行動を起こすの?」という人達に
本当に頭が下がる思いです。
誰かに助けてもらったから、今度は誰かに役立ちたいという気持ちにも
凄いなあ、素晴らしいなあと思います。

ああ、そうなんですよね。
こちらも紙まで食べてしまいそうな勢いに没シュート(笑)
白デカのパン評論家も抹茶味の方に軍配でした(笑)

投稿: iharaja | 2011年5月 2日 (月) 07時26分

union-jackさん☆彡
茶トラ~~、ま、見えないでもないか~(笑)
それに、なんだか分からない物は好きなものに見えてしまうことはありますよ。

union-jackさんと私、大体、ニュース見ている時間もニュース番組そのものも
同じような気がするな~(*^^)v
さすがに、九州ローカル枠では新燃岳のニュースはしょっちゅうなんですよ。
観光も大打撃だそうです。

記事の最後は五行歌もどき。本来は縦書きが決まりらしいです。
でも、本格的にやってるわけでもないから、まあ、いいかなあ(^^ゞ
ちょっと照れますが、ふと感じたことを膨らませて、詠んでみました。

投稿: iharaja | 2011年5月 2日 (月) 07時15分

iharajaさん、こんにちは♪
パンだったんですね、最初の写真見たとき、ウニかと思っちゃいました♪
パンの缶詰だったんですね、この会社、テレビで私も見たかも、会社名は忘れましたが、独自が開発された、阪神大震災の時のことを教訓に、社長さん自らが何とか自分が作る会社のパンが役に立たないかと、美味しさをそのままに、カンズメに詰める事を考えて作られたんですよね、違ったかな。(汗)
食べた事はないですが、テレビ見てて、美味しそうだなって思ってました♪
支援する、国民の助け合い、政治家なんか頼りに出来ないですよね♪
国は、国民に負担させることしか考えてませんから、それよりも、天皇陛下や皇后さんの方が被災者側、国民側にたって考えていてくれるなって思います、政治家や大臣閣僚、官僚は自分の保身ばかりですから。
iharajaさんの地元でも、お野菜などを震災地に送られてるんですね、家の方でも、隣の県と合同で、被災地に瓦礫の撤去等に行かれてます♪
トラックの割り込み、怖いですね、大きいから、大事に至らなくてよかったですね♪(ホッ)

投稿: マイキー | 2011年5月 2日 (月) 00時54分

iharajaさん、抹茶味さんイチゴ味さん、その節はお世話になりました(感涙)これ、非常食の域を越えてメチャ美味なパンですよねっ(*゜▽゜ノノ゛
手軽に食べれて尚且つ旨い!
会社の理念、取り組みを伺ってその心意気に美味しさ200%増!デス^^
このパンを頂くまでに、また同じ立場にありながらも何か!と行動を起こして下さっている新燃岳の方々…
色々な団体や民間の方々の誠意と努力
どんなに感謝しても賞賛してもし尽くせません…
何か…皆さん本当に本当に有難うございます(ワタシガイウノモナンデスガ)

南の白いパン評論家に対抗して…♪
ウチの黒いパン愛好家は抹茶の方が好みの様子でした~
パラフィン紙にくっ付いたパンを一生懸命食べてましたが、紙ごと食うのであえなく没シュート、となりましたケド~(^o^;)

投稿: ジェミー | 2011年5月 1日 (日) 20時33分

私、一番上・左の写真を、茶トラの寝姿と見間違えました!
私の視力も悪くなるばかりだわ(笑)

このパン、一度は被災地への発送を諦めようと思ったという、あれですか?
そして、被災地へ送る際は手書きのメッセージを入れてるという…。
そして、新燃岳付近の野菜を被災地へというニュースも見ました。
新燃岳の報道がすっかりなくなってしまったけど、あちらだって被災地なわけで…被災地が被災地を応援するなんて、本当に涙が出ますよ。
なんか、掛け声ばかりの東京が、一番応援してない気がします…。
情けないですね。

最後の5行に、目頭が熱くなりました。あたたかい心。

投稿: union-jack  | 2011年5月 1日 (日) 15時12分

この記事へのコメントは終了しました。

« 緊急災害時動物救援本部のウェブサイト【4月28日改訂】 | トップページ | 笑わせてもらいました »