« たどり着いた先で知った本(1) | トップページ | 日米の動物専門家会議から提言書 »

2011年5月 8日 (日)

少々、凹んだ

空の頭、禿げてます。バリカンで毛を刈られたからです。

Kega2

5日、市の獣医師会のHPで調べた休日当番病院へ、空を連れて行きました。

Hospital110506a

病院へ行く4~5日前、窓の傍までやって来た猫と空が猫パンチの応酬。

その猫か、それとも、一緒に唸っていた白デカ親子のいずれかの爪で

空は、頭を引っ掻かれたのでした。

 

迂闊でした。

その時、一度は頭の傷を見たけど、さほどの怪我でもないように見えました。

その後、内側の傷が癒える前に、皮膚の傷口が閉じてしまったため、

数日経ってから、そこが膿んで腫れてしまったのです。

 

 

本来なら、腫れたところを穿刺、または切開して、膿を出してしまい、

内側を消毒する治療になるはずが、空はとても興奮し、ヒステリック。

ネットで包み、エンゼルカバーをしているにもかかわらず、凄い抵抗。

ここまで興奮すると、鎮静剤も効きにくいのだそうで、却下。

麻酔は使わず、ひとまず、穿刺して膿を出すことなりました。

 

途中で、(暴れて)カバーが外れ、結局、少し膿が残った状態のまま。

そこで、2種類の抗生剤の注射と、内服薬の処方で様子を見ることになる。

残った膿は、私が自宅に戻り、穿刺で開いた小さな穴から絞り出すこととなった。

Kega1

 

凹んだ~。

まず、猫の爪の傷は馬鹿に出来ないことを知っているのに、経過を見なかったこと。

 

二つ目。空は、小さい時の目の治療や手術で病院は嫌いだったけれども

ここまで、病院でヒステリックになってきたのは、霄が来てからだと思ったこと。

 

三つ目は、この先、何かの病気や怪我で治療が必要になった時、

こんなにパニックになるようでは、十分に治療ができないのではと思ったこと。

 

そして、何より、凹んだのは、膿で腫れたことを初めに気付いたのが

自分ではなく、母だったこと。 ごめんよ、空ちゃん。

 

躊躇していると、せっかくできた穴が閉じるので、何回か空の頭の膿を出した。

経過は随分いい。膿を出す時、母は「気持ち悪い~」と目を背けていた。

 

うん、私は空のために気持ち悪くてもやるよ。少し、凹んだ気持ちが戻った。

|

« たどり着いた先で知った本(1) | トップページ | 日米の動物専門家会議から提言書 »

コメント

鯉三さん☆彡
病院でのパニックには、ほとほと困りますね。
マメちゃんのパニックはどんなでしょう。
空は、もう恐怖を通り越し、攻撃的になります。
なんとか、平静にする方法があるといいのですが…

投稿: iharaja | 2011年5月30日 (月) 05時37分

空ちゃん、受難でしたね。病院でパニックになると、もうどうすることもできませんから大変です。うちもマメがそうです。幸い経過がよさそうなので安心しました。

投稿: 鯉三 | 2011年5月29日 (日) 11時15分

ミモザさん☆彡
本当に、猫の爪、恐るべしです。
私も以前から気にはなっていたのですが、今回のことで
ラティスにネットを張ったほうがいいかも知れないと思いました。
今まで、今回のように間近に来る仔がいなかったので油断していました。

何回か膿出しをしましたが、もう腫れは全くなり、傷口も乾きました。
今度こそ、傷口が閉じてしまっても大丈夫のようです。
ご心配をありがとうございました(^^♪

投稿: iharaja | 2011年5月14日 (土) 19時20分

おはようございます♪
空ちゃんが大変なことになっていたのですね。
猫の爪、恐るべしです。
うちは庭の周りにネットを張り巡らせていますが
いろんな所から猫が来てちょっかいを出します。
ケンカして爪が当たったら怖いので2枚のネットで
幅をつけて防御しています。
不安ですが不可抗力の事態もありえますよね。
iharajaさんの後悔はよく分かります。
膿み出しは違う意味で辛いことだと思いますよ。
でも逃げずにエライです。早く治癒しますように(^.^)

投稿: ミモザ | 2011年5月14日 (土) 09時55分

cyacyaさん☆彡
ありがとうございます。バリカンで剃ったところもだいぶ復活です。
外で暮らす猫と喧嘩はあり得ないと思っていましたが、
思えば、窓もラティスの仕切り。空の顔がすっぽり出ましたからねぇ(笑)
噛み傷でなかったのが幸いだったと思います。
私の右手には子供の頃に猫に引っ掻かれた傷が手術後のように残ってまして、
鉤爪、恐るべしですね(-_-;)

行きたくても遠いからなあと思っていることが多いのですが、
行動力があったら、きっとそんなこと関係なく動くのかなと自問自答。
そういう自分にももどかしくて…というところなのかもしれません。
なんもないんです、自分に根付く物って・・・(^^ゞ

投稿: iharaja | 2011年5月14日 (土) 06時51分

こんばんわです。
空ちゃん、治って良かったです。
爪の傷って、奥深く入り込むそうで化膿しやすいのですね。
今回、お母様が気づかれたということですが、iharajaさんも気づく頃だったんだと思います。
中の傷って、それこそ腫れない限りわかりませんもの^^
それにしても、iharajaさんの行動力には、ほんま脱帽です。
ご自分の考えに、しっかりと根付いた物をもっていらっしゃるので、即行動が起こせるのでしょうね。
私などには、到底出来ないことです。
尊敬の眼差しでいっぱいです^^

投稿: cyacya | 2011年5月13日 (金) 22時33分

ジェミーさん☆彡
ご心配ありがとう~。おかげ様でほぼ完治。
毛が生え揃うを待つばかり。ただ今、ちょいと間抜け顔の空であります(笑)

一番に気付かないことって、凹みますね~、ホント。
私は何を見てたんだろう?って思いましたよ。

猫同士の相性も、こちらから見ると、何故いいのか、何故良くないのか???と
いうところありますな。
空は猫1匹での暮らしをしてあげたほうが良かったのだろうなと
思ったりもします。
でも、現実には違うのだから、くよくよしても進みませんね。
レメディは効果なしでしたか。
効能を読むと、ちょっとくすぐられますデスヨー(笑)

十らちゃんも空も自分の中で団体生活の中のポジションの折り合いは
つけている気はしますね。
それは、三っくん、うなちゃん、霄、ちび平とても同じことなんだけど、
押しの強い仔、弱い仔の差は出ますなあ。

久慈、野田、普代、田野畑の北リアス線沿いは魅力ありますね~~^/^
今は写真で見るしかないできないですが、実際に見ることができたら、
圧倒される美しさに、口がポカ~~ンと開いてしまうと思います。

記事で取り上げた本など、
今は、その地に住む人にとっては辛いものだと思います。
私自身は、検証するとかの気持ちではなく、
何か、とにかく理解したくて、手に取った気がします。
支援する気持ちが空回りしないようにするには、それだけでなく、
脈々と受け継がれたことや、
そこで営まれていた日常を知ってこそ、何か見えてくるはず。
支援・復興を先頭に立ってすべき立場の機関(国)は
そこを忘れているというか、気付いていない気がして仕方がないです。

投稿: iharaja | 2011年5月13日 (金) 06時39分

mago猫さん☆彡
ご心配をありがとうございま~す。
mago猫さんちの2匹?誰と誰なのかしら~。

病院で怖がって、かたまちゃってくれた方が余程助かりますよねぇ(-_-;)
空の場合、診察台で暴れて手がつけられないというか、
こちらまで危険だったりもするんですよ~(_)

空も目の手術、避妊手術で麻酔は経験しているとはいえ、
何かある度に麻酔も考えにくいところがあって…
第一、身体には負担がかかりますもんね。

ご実家でのこと、お父様と猫の信頼関係が見えるようなお話ですね。
そうそう、昔は、刺を抜くとかいうときに、
我が家でも針を火であぶってましたっけ~。

空も小さい頃に親子や兄弟姉妹と暮らす時間があれば、
ほかの猫とのかかわりも違ったのかもしれません。
目が見えない状態で親ともはぐれ保護されてからは
人間とかかわるだけだったので、どうも、ほかの猫が苦手なようです。

一度、霄に驚いて逃げてから、優位性の逆転が起きたように思います。
今回は、外の猫(だと思うのですが)に、爪立てられて、パニックになって、
実は、おしっこ漏らしちゃったんですよ。
それも不憫でなりませんでした(/_;)

///////////////////////////////////////////////////

電話のことは、実は記事にするのは迷ったんです。
何か、手前味噌的な記事にならない?って思ったりもして。
でも、自分に他にもアクションできるんじゃないか!って
鼓舞するために書くことにしました。

それに、書くことで、次のアイデアも浮かぶかもなんて、
楽観的な思いもあったりで(^^ゞ

相変わらず、テレビなどが情報源のところが多いのですが、
2カ月も経つのに、被災した人たちは不安な毎日が報道されています。
テレビの画面の中ではコメンテーターなどがいろいろと意見を言っても、
それらが、実践に結び付いてない気がして、もどかしいです。

話は変わりますが、
ブログでボランティアのことを書かれていたので、少し情報を…。
遠い他県から、ボランティア活動する手段として
「遠野まごころネット」の活動に注目しています。
衣食住自己完結でがボランティアの心得とは思いつつ、
遠野の取り組みは、少し、敷居を低くしてくれている気がします。

投稿: iharaja | 2011年5月12日 (木) 05時43分

お久しデスー
空ちゃんも、そしてiharajaさんも大変でしたね(ノ_;)
愛するにゃんずの異変に気付けなかった時の超凹む感分かります
十らのガンを一番に気付いたのが星子だったときの気持ちを思い出しました
空ちゃんの怪我も心配ですが、空ちゃんのココロの内を思うと、空ちゃん以上にiharajaさんがお辛いですよね(;_;)
にゃんずはコチラが考えている以上に繊細だったり、そうかと思えばすっごい単純だったり。
所詮猫のことは猫にしか解らないのかもな…と思いつつも、どの子もたくさん幸せに生活させてあげたいー、と思うのがヌシ心ですよねf^_^;
十らと三っくん、結局は十らが亡くなる1ヶ月前まで三っくんのイジメは続き仲違いしてました~
レメディもなーんも効き目なしだし(^_^;)
でも、それでも十らは幸せだったんじゃないかな、と思いたい、思うようにしてマス^^

何となく、空ちゃんもきっと、白親子が来る前も、来た後も変わらず幸せなんじゃないかな、そんな気がします^^
(↑とは言うものの、今はまだそうは思えないですよね~すみません~汗)

震災前、何か落ち込むと仕事サボって(爆)田野畑村の鵜の巣断崖というところに行ってました。
その後、ま、何とかなるさ( ´ー`)と復活して田野畑の島ノ越というとこにある食堂でカツ丼食って帰る、というのがワタクシの復活の儀式(!?)みたいなもんになってましたが、今回の津波でそこも多分もう無いんだろうな…虚無です
少し気持ちが落ち着いたらワタシも、過去の津波についてや今回の震災についての書籍に目を通しておかなければ、と思ってます。

投稿: ジェミー | 2011年5月11日 (水) 17時40分

再び失礼いたします^^;
↓「ある電話」拝読させて頂きました。

iharaja殿の行動、mago猫感動致しました。

私的には、その時、その場で困っている人達をとにかく救う事も大事。でも、今の日本は未来予想図をしっかりと持ち、それに向かって進む事が急務だと感じています。
建築家の方々の素晴らしい頭脳も加えて、被災地の復興、これからの地方、都市の在り方を考えてもらいたい・・・と望みつつ、何も出来ずにいたところ・・・iharaja殿がお電話とはっ!凄いです。そのお気持ちに共感し、感動しました。
同じように思っておられる方は少なくないと思います。
どうか、その声、お気持ち、勇気が届きますよう・・・心から祈ります。

投稿: mago猫 | 2011年5月11日 (水) 17時26分

こんにちは〜^^/
おぉ、それは、それは・・・空ちゃんも、iharaja殿もお辛いですね(涙)
うんうん、うちも病院で膿み出すだけでも大変な子が2匹おりますので(と言う事は、過去にそのような事があったのでR^^;)・・・お気持ちお察し致します。

>>三つ目は、この先、何かの病気や怪我で治療が必要になった時、
こんなにパニックになるようでは、十分に治療ができないのではと思ったこと。
↑私も、サンちゃんの介助、介護の時に、サンちゃんだからここまでさせてくれるのだと痛感した次第です。
私も・・・今もって課題です^^

昔、実家で飼っていた猫の話ですが^^;
膿を出す為のチョイ切開手術はいつも父がしていて(←医者ではないけど、飼い主の責任感からでしょうか^^;)私達はその助手を強要されておりました(笑)針やメスを火で炙って消毒したり、愛猫の手足を押さえながら・・・麻酔無しでも父の想いを受けるように、さほど激しい抵抗もせず受けていた愛猫を見て・・・子供ながらに父と愛猫の関係に感動を憶えた事・・・思い出しました。
(医者でもないのにメチャクチャな話ですけどね^^;)

個々に性格や経験(トラウマ)がありますから、お世話させてもらう程度にも限界がありますが^^;それも、いつかは変わっていく事があるかもしれません・・・(と、ジブン的には思いたい(笑))

気持悪くてもやるよ♪←の、iharaja殿のお気持ちは、きっと、きっと、空くんに届きますね♪^^

投稿: mago猫 | 2011年5月11日 (水) 17時08分

takaさん☆彡
ありがとうございます。おかげ様でほぼ完治。
でも、そうですね。油断大敵、もう少し経過観察はしておかないと駄目ですね。
犬や猫に噛まれると雑菌には特に注意ですね。私も経験ありです(^^ゞ
人に噛まれた場合も、要注意なのだそうですよ(笑)

外で暮らす猫との喧嘩は、ウィルス性の病気も気になりますが、
爪の傷で、かすっただけだったように見え、
大丈夫だと思いこんだのが間違いでした。
猫の場合は、皮膚の傷は早く閉じてしまうから、注意しなくてはと、
改めて反省です。

投稿: iharaja | 2011年5月11日 (水) 04時52分

空ちゃん災難でしたね。

本当に猫の爪や歯は、危険ですね。
傷もさることながら、やっぱりばい菌がすごいんですね。
かつてレオにやられたときは、2週間足を引きずって歩いてましたし、ろくは、1晩家出して、数日後に足から膿が吹き出してきたし、チャトランは、保護したとき、首にあった傷から膿が出ていて、それが肺にまで行ってしまい2週間も入院する羽目になりましたっけ(胸膿)

でもそんな膿を出していても猫って、あまり痛そうにしないからすごいですね。(飼い主もなかなか気づいてやれない)
猫の方も飼い主の前では、気丈に振る舞っているのかも知れないですね。

あとは、治ったと思っていたら、また膿んでいたりすることがありますので、もう少し要観察ですね。

投稿: taka2930 | 2011年5月10日 (火) 11時16分

かおこさん☆彡
ご心配をありがとう。ずいぶん良くなりました~。
ほっとしました。かゆい感じも今のところはなさそうです。
白デカ親子とごくごく普通に過ごせることもあれば、やたら唸っていたり。
本当に、空の気持ちは揺れている感じ。
そうそう、レスキューレメディとか使ってみようかなと思っていたのです。
今回のことで、試してみるのもいいかなと思いました。

投稿: iharaja | 2011年5月10日 (火) 06時48分

チョコさん☆彡
ご心配いただいて、ありがとうございます。
おかげ様で、まだ、禿げてますし(笑)、傷も残っていますが、
腫れはすっかり治まりました。
そうですね、イロイロアリーナです。
初代のチャコちゃんは巨大結腸症でしたか。お世話が必要だったのですね。

今回は、ビーケーワンを利用しました。荒蝦夷の本は、
こちらの書店では、結局取り寄せになるのだろうと思ったからです。

まだ、余震も起きているし、梅雨、台風の季節も間もなく。
安心して過ごせる仮設住宅であってほしいと願わずにいられませんね。

投稿: iharaja | 2011年5月10日 (火) 06時42分

空ちゃん、痛々しいです。少しでも早く完治することを願います。自分でも触れる場所ですよね。直ってきたらカイカイになりそう(+o+)。私だったら引っ掻きます(@_@;)。
病院問題(ストレス問題?)改善方法はないかしら。。
時々耳にするレメディとやらはどうなのかしら。
最近は白い親子と以前より上手くやってる印象だったので、そっかー、やはり猫だって心が複雑だよねぇと思いました。iharajaさん、空ちゃんと癒し合って下さいね。

投稿: かおこ | 2011年5月 9日 (月) 23時37分

空ちゃん 辛かったですね~
凹まないでくださいな。ニャンも人も生きていればイロイロアリーナと思えます・・でも、快方に向かってるようで^^
初代猫のチャコが巨大結腸症(交通事故の骨盤骨折による)で、何十回も小児用浣腸剤を使って排便の手伝いをしてました。汚ねぇなんて云ってられませんでした、み~んな愛猫家ですね!

吉村昭さんのその本、わたしも探していましたが結局はありませんでした。ブックオフにも・・・

実はGWに大船渡の仮設住宅現場へ行ってきました。手狭な、壁も華奢な本当に貧弱な作りでした。そんなんでも被災者は心待ちにしてるんだなぁ、と実感せざるをえませんでしたが・・・

投稿: チョコ | 2011年5月 9日 (月) 23時18分

マイキーさん☆彡
ラティスで仕切りをしているところなので、猫パンチの応酬になりました。
現場混乱ではありましたが、やはり、外に来ていた猫の爪かな~?
病院が苦手というより、霄たちが来て、怒りっぽくなったかなと思うのです。
精いっぱいの抵抗かなと思うことが、なんだか辛いんですよね。
空は小さい頃から私が帰宅するまでは母といたので、母の膝には乗るの。
私の傍に白デカ親子がいることが多いので、それが顕著になったかな。
そういう逃げ場所があることはありがたい気もします。
おかげさまで、空の傷も随分と良くなりました(^^♪

投稿: iharaja | 2011年5月 9日 (月) 05時53分

珠琳さん☆彡
人の事や自分は、ウへ~っ(>_<)と、なることでも、
猫たちのことはなんだか色々できちゃいますね。
なんだか、必死になるというか~(^^♪

ありがとうございます。ほぼ良くなったかなと思います。
薬もあと1日半分。もうひと頑張り(*^^)v

投稿: iharaja | 2011年5月 9日 (月) 05時46分

まろさん☆彡
猫の皮膚が強く、特に頭の皮膚は伸びるらしく、傷口もすぐ塞がってしまうので
こんなことも起きるらしいです。
傷は瘡蓋になっていたので、かえって油断してしまいました。
その時に、消毒すればよかったのかも。
私がしなくて、誰がする?って感じですよね。

ありがとうございます。ほぼ、良くなってきたかなと思っていますが、
安心せず、しばらくは要観察で行こうと思います。

投稿: iharaja | 2011年5月 9日 (月) 05時37分

iharajaさん、こんにちは♪
空ちゃん、大変でしたね、原因は、外猫ちゃんとのバトルだったんですね、でも、窓越しですよね、網戸越し?
だと、外猫ちゃんの爪が刺さるのは考えにくいですよね、だとすると、一緒に唸っていた、霄ちゃんか、ちび平ちゃんの爪でという事になりますよね。(汗)
空ちゃん、仔猫の時から病院通いで苦手なんですね、霄ちゃんが原因でもあるんですね。
怪我を見られたときは、酷くなくて、先に傷口が塞がったんですねそれで、中側から膿が溜まって腫れたんですね、iharajaさんが、凹まれた理由、わからないでもないですが、お母様もちゃんと空ちゃんや、霄ちゃん、ちび平ちゃんの事見ていてくれると言う事で、安心して任せられるとわかっただけでも、プラスじゃないかなって思います♪
空ちゃん、頭の膿みだすのに大変でしたね、全部出せずに、あとはiharajaさんがお家で膿みを出されたんですね。
きっと、猫引っ掻き病ですね、人でも引っ掻かれると、腫れて膿んで熱が出ますから。(汗)
経過は順調と聞いて安心しました、空ちゃん、早く良くなって元気になってね♪
iharajaさんも、気を落とされずに、今回の事も経験ですから、今後の対策として考えられますよね♪

投稿: マイキー | 2011年5月 9日 (月) 00時24分

うんうん、母ですよね。
我が子のウンチがきたなくなかったり、鼻水を吸ったりできるって信じられなかったけど、麦の眼球が無くってお目々洗ってあげる時も気持ち悪いなんてちっとも思わなかった。
愛してる証拠です。
空ちゃん母の愛情に応えて早く良くなるといいですね。

投稿: 珠琳 | 2011年5月 8日 (日) 23時13分

空ちゃん、大変だったね。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。 ウワァーン!!
猫の皮膚は硬いから、少々の引っかき傷とかは大丈夫って思ってたけど
そういうこともあるんですね。
爪が刺さった穴からバイキン入ったのかな(>_<)
あ・・・そういえば、私も似たようなことやってたね、ビビたんの尻尾事件(笑)
膿を出すと、空ちゃんの傷が治るんなら、私も喜んでやると思う☆
空ちゃんお大事に、そして早くよくなりますように( ̄人 ̄)オ・ネ・ガ・イ

投稿: まろ | 2011年5月 8日 (日) 22時19分

この記事へのコメントは終了しました。

« たどり着いた先で知った本(1) | トップページ | 日米の動物専門家会議から提言書 »