« ありがとう | トップページ | 1982年5月、北へ ~プロローグ~ »

2011年3月20日 (日)

日本動物愛護協会の取り組み

http://www.jspca.or.jp/  (財)日本動物愛護協会

http://www.jaws.or.jp/  (社)日本動物福祉協会

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

以下は、日本動物愛護協会のインフォメーションの転載(抜粋)です。

 

『動物救援物資の拠点となる場所を確保できましたので、

現在ペットフード・ペット用品の輸送の手配を行なっています。

それぞれの拠点から県内・市内の必要な場所に配布することになっています。』

 

『今般の東北地方太平洋沖地震における被災地救援活動の一環として

動物を救済すべく、緊急災害時動物救援本部(平成8年の阪神大震災を

契機に政府の仲介で設立)では、東北地方太平洋沖地震の被災動物への

支援をしております。』

///////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

日本動物福祉協会では、被災地域の動物の一時預かり先の紹介も担当する

とのことです。電話はつながりにくい状態だそうです。

 

Hinankunren2005

(↑ 2005年にあった避難訓練に空をキャリーに入れて参加した時の写真)

このような未曾有の大災害時、被災動物達の救助のことはジレンマだ。

 

実際に、被災している人達の中には、家に残してきたペット達、

行方の分からないペット達のことが気になりつつも、

話すことさえ憚られることもあると聞く。

 

そんな方達の負担や気持の軽減をすべく、

また、何よりも被災動物の救援のために

日本動物愛護協会が活動を開始していることを知りましたので、

情報として、記事にすることにしました。

ところで、数日前、テレビである避難所の様子が紹介されていました。

その時、カメラの前を一匹の白い猫が横切りました。

震災を伝える放送で、初めて見た生きている猫だったように思います。

 

避難している方たちが、その猫の存在を認めてくれているのか、

それとも、気付く余裕がないのかは分かりません。

それでも、よくぞ、助かったねと安堵します。

その猫が、軽やかに歩いていることが嬉しかったのです。

|

« ありがとう | トップページ | 1982年5月、北へ ~プロローグ~ »