« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月24日 (木)

気配あり。

何やら、気配を感じます。

Manof429

うん、このシルエットは・・・

続きを読む "気配あり。"

| | コメント (6)

2011年3月22日 (火)

霄が来て5年、そして、6歳

霄が我が家に来て、5年がたちました。

連れ帰った時、霄はすでに母ちゃんの自覚ができていたのか、

家に来てからは、さほど怯えもせず。

Shou20060325

↑家に来て数日後の写真。あれ、私の膝に前足を置いているよ。

 

推定1歳ということで、来た日を「誕生日」にしたから、

来た年の前年が、「誕生年」ということになります。

だから、6歳です。早いねぇ。

 

この方、潜り込むのと、一人運動会と、宅配が趣味です。

Shou_nemuno

数日前の届け物は、チキンナゲットなり。どうも、ありがとう。

Chickennugget

どこのお家の猫たちも犬たちも、家族をくすっと笑わせてくれるのよね。

一つでも、多くの命が助かりますように。

| | コメント (14)

しばしの憩い

街に買い物に出かけたついでに、花でも飾りたい気分だなと花屋を覗いた。

ミニブーケなどあったが、なんとなく、ピンと来なくて、店を出ようとしたら、

隅のほうに、都忘れの鉢植え。これは、ピンと来た。

Miyakowasure2

私は、都忘れの花が好きで、昨年、友人から株分けしてもらった。

でも、見事に(?)虫の害に合い、花が咲く前に葉が全滅。

多年草で、強いはずなんだけどな。(友よ、ごめん!)

 

ともかく、小さな鉢を2鉢買った。花言葉は何だろうとネットで調べたら、

幾つかあったが、その中の一つが、「しばしの憩い」

そうだね、この言葉だね。今は、無理でも、いつか・・・・

続きを読む "しばしの憩い"

| | コメント (6)

2011年3月21日 (月)

1982年5月、北へ vol.5(乳頭温泉~)

●乳頭温泉→<バス>→田沢湖→<田沢湖線>→角館→<奥羽本線>

→米沢→<奥羽本線・東北本線>→東京

 

翌日は、前日の天気と打って変わった青空が広がり、

田沢湖駅に向かうバスの中から見えた白樺林に歓声を上げた。

根元は雪が残り、白樺は可愛い芽を吹き、

それは、それは素晴らしい景色だったのです。

その時、乗客は私一人。

運転手さんが、その林を通り過ぎるまで徐行してくれ、景色を堪能させてもらった。

思えば、この旅は、そんな心遣いをいたるところでしてもらった気がします。 

 

田沢湖線で、角館へ向かいます。

続きを読む "1982年5月、北へ vol.5(乳頭温泉~)"

| | コメント (4)

1982年5月、北へ vol.4(遠野~乳頭温泉)

●遠野→<釜石線>→花巻→<東北本線>→盛岡→<田沢湖線>

→田沢湖→<バス>→乳頭温泉

 

盛岡からはさらに北上し、青森に入る予定でした。

ところが、大雨で青森県内は列車が不通。水害も出ていたらしい。

さて、どうしよう、である。

続きを読む "1982年5月、北へ vol.4(遠野~乳頭温泉)"

|

1982年5月、北へ vol.3(平泉~遠野)

●平泉→<東北本線>→花巻→<釜石線>→遠野

 

平泉から花巻へ向かい、花巻で釜石線に乗り換える、という

この間のルートの記憶がほとんどない。

花巻と言えば、宮沢賢治なのに、この時は全く思い浮かばなかった。

家に戻ってから、立ち寄ればよかった、もったいないことをしたと思ったものです。

 

釜石線は、花巻から釜石へ行く路線です。

続きを読む "1982年5月、北へ vol.3(平泉~遠野)"

|

1982年5月、北へ vol.2(羽黒~平泉)

●羽黒町(門前町手向)→<バス>→山形→<仙山線>→仙台

→<東北本線>→平泉

 

翌日は、まず、バスで山形市へ移動です。

手向を出ると、月山まで行く道が見えてきましたが、雪のため通行止め。

道路が本当に雪に埋まっていた。両側の法面と道路の雪が同じ高さ。凄すぎる。

 

バスの車窓から、また、来ることができるかなと、出羽の山々を振り返る。

 

続きを読む "1982年5月、北へ vol.2(羽黒~平泉)"

|

1982年5月、北へ vol.1(大阪~羽黒)

●大阪→<急行「きたぐに」車中泊>→鶴岡(または酒田)

→<バス>→羽黒町(門前町手向)

 

大阪駅を出た途端、どこかの席から、東北弁の会話(どの地方の言葉かは

わかりませんでした)が聞こえてきた。「北へ向かっているなあ」と実感。

 

向かい合わせの普通座席ボックスに一人。

夜の間、鉄道公安官が列車内を巡回していたので、不安はなかった。

続きを読む "1982年5月、北へ vol.1(大阪~羽黒)"

|

1982年5月、北へ ~プロローグ~

1982年5月のこと。ふらりと、北を目指したのでした。

森敦の「月山」を読んだのがきっかけでした。

小説は全く理解できなかったけれども、何故か月山を見たくなったのでした。

 

大阪発、青森行き(当時)の急行「きたぐに」に乗りました。

列車が動き出したのは、夜10時を廻っていたと思います。

GWが終わり、東北新幹線の開業(大宮-盛岡 間)までには、

まだ一か月以上ある時期だったせいか、比較的に人の流れも緩慢で、

ゆったりとした旅でした。

 

分かりづらいかもしれませんが、簡単な地図を作ってみました。

黄色の線が鉄道、青い線がバスで回ったルートです。

1982b

 

こうして、地図に、旅したルートを重ねてみると、

鶴岡(または酒田)を離れてからは、内陸の旅だったことがわかる。

 

今まで何度か、この旅行を振り返ってみようと思いつつ、そのまま。

写真は驚くほど少なくて、40枚ほどしか撮っていない。

また、記録を取っているわけでもなかったので、記憶も随分と曖昧で・・・

それでも、段々と記憶の隙間が、少しは埋まっていくから驚きました。

 

今、こういう記録を残すことが、何になるだろうと思いながらも、

30年も前の記憶の旅を書き綴っています。

 

北の暮らしを知っているわけではありませんが、

少なくとも、春を迎え、緑に輝く頃の東北の美しさを見ることが出来た旅でした。

|

2011年3月20日 (日)

日本動物愛護協会の取り組み

http://www.jspca.or.jp/  (財)日本動物愛護協会

http://www.jaws.or.jp/  (社)日本動物福祉協会

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

以下は、日本動物愛護協会のインフォメーションの転載(抜粋)です。

 

『動物救援物資の拠点となる場所を確保できましたので、

現在ペットフード・ペット用品の輸送の手配を行なっています。

それぞれの拠点から県内・市内の必要な場所に配布することになっています。』

続きを読む "日本動物愛護協会の取り組み"

|

2011年3月12日 (土)

ありがとう

岩手の猫友さんの無事を確認。

無事でいてくれて、ありがとう。

連絡をくれた猫友さん、ありがとう。

 

初めて登録したTwitter で手助けしてくれた人、ありがとう。

行政の連絡網やメディアの情報より、生な情報がありました。

勿論、うのみにできない情報もあるにはあったけど。

 

今、この時もまだ安心できない夜を過ごしている人もいます。

無事を祈ります。

 

ここに来て、緊急地震速報が頻繁になっています。

どうか、どうか、気を付けてください。

 

【追記】

そうだ、まだ、感謝したい人たちがいました。

被災しながら、怖い思いをしながら、色々な形で安否を発信してくれた方。

あなたたちの存在で、望みをつなぐことができました。

本当にありがとう。

|

どうか、どうか・・・

大変な地震が起きてしまった。 安否の気になる人もいる。

 

現地の情報がなかなか入ってこないだけに、不安が募ります。

どうか、どうか、無事であれ。あの津波の映像とは無縁であれ。

 

今は、落ち着かない状況でしょう。

まずは、ご自身、ご家族の安全を確保してください。

それさえ出来ていれば、大丈夫。

それを信じて、私は待ちます。

待つことができます。

落ち着いて、余裕ができて、連絡を取り合うことができるまで。

 

ちび平が、膝の上に来た。ゴロゴロとのどを鳴らしています。

ぎゅっと抱きしめたら、逃げちゃった。

でも、少~し、気持が落ちつくよ。ちびちゃん、ありがとう。

Chibi110312

 

続きを読む "どうか、どうか・・・"

| | コメント (7)

2011年3月10日 (木)

ぽっかり時間が空いたから、温泉だな!

6日は野焼きの予定だった。

降水確率が高いから中止になるかも・・・と、前日に連絡がありました。

最終的には、6日の朝7時頃に実施か中止か決まるとのこと。

 

ひとまず、現地へ向かったものの、野津原辺りから小雨模様。

瀬の本高原まで辿り着き、事務局に電話を入れたら、案の定、野焼き中止。

 

さあて、時間が空いてしまいました。温泉にでも寄りますか~。

前記事の変な標識群(笑)を後にして向かったのは、長湯温泉

今回は、その中の「長生湯」(町営)を選んでみました。

Chouseiyu110306a

続きを読む "ぽっかり時間が空いたから、温泉だな!"

| | コメント (5)

2011年3月 9日 (水)

「なんだ、こりゃ?」vol.7

某テレビ局の「ナニコレ珍百景」の投稿写真にありがちだけど・・・

0306whatisthis1b

久住を車で走っている途中、林の中の、とあるカーブで、「何、これ?」

続きを読む "「なんだ、こりゃ?」vol.7"

| | コメント (1)

2011年3月 3日 (木)

ひな祭り、そして宙の日

1月の末に友人たちと行った日田の豆田町で可愛い雛人形を見つけました。

Nekobina

猫のお内裏様にお雛様。手の親指、第一関節程の大きさです。

表情が優しくて、一目ぼれ。

顔の部分は素焼きで、着物の部分は釉薬がかかっています。

雑貨の店には冷やかしに入っただけなのに、店を出るときは手に抱えてました(笑)

 

 

その雛人形が飾られる桃の節句が近付くと、宙のことに思いを馳せます。

日頃は思い出すことも、ほとんど無くなり、3猫様に振り回されていますが…

 

空たちの仕草など目にしたときに、以前は、宙と比べたりしていたけれど、

今は、空はこうで、霄はこう。ちび平はこんな感じ・・・と比べることが多いです。

 

それでも、やはり、桃の節句は「宙の日」です。

Sora110303_new2

宙と出会ったのは1982年の5月。女の子だからと決めた誕生日が3月3日。

そして、旅立ったのが、21年後の2003年3月3日のことでした。

空、霄、ちび平と過ごす時間も、宙との21年間には、まだまだ及びません。

| | コメント (8)

2011年3月 2日 (水)

「なんだ、こりゃ?」vol.6

阿蘇の野焼きからの帰り道、温泉に入り、大分へ戻る途中、

以前、「工事中、通行止め」となっている道が通行可能になっていたので、

回り道することにしました。

その先には、稲葉ダムがあります。

ダム堤(車で通ることができる)からの景色です。

Inabadam

湛水面積は、サッカーのフィールド58面分だそうです。

 

来た道を戻るのも面倒で、そのまま、ダムの堤を通過して進むことにしました。

しばらくすると、大分方面へ向かう道へ出ました。初めて通る道です。

 

すると、前方に、何やら、カラフルな物体が見えてきまして・・・

 

「何、あれは~?」

Nandakorya110226a

続きを読む "「なんだ、こりゃ?」vol.6"

| | コメント (4)

午前中はwonderful 午後は・・・

先月の26日に、阿蘇で野焼きに参加。ほぼ1年ぶりです。

 

ずっと運動不足で、体力に自信が持てませんが、天気も良く爽やかな気分。

Noyaki110226a

この日は、テレビ局や新聞社の取材陣も多くて、少々びっくり。

Noyaki110226b

気になっていた風も収まり、午前中の野焼きが始まりました。

Noyaki110226c

これまでに、幾度も野焼きに参加してきましたが、

これほど、むらなく焼けるのは珍しいのではと感じるほど、順調です。

 

昼食の時間となり、下っているときに、根子岳を背景に。

Noyaki110226d

弁当を広げ、午前中の成果を眺めます。

Noyaki110226e

続きを読む "午前中はwonderful 午後は・・・"

| | コメント (4)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »