« 写真を並べてみると… | トップページ | それぞれに興味の対象は違う »

2010年6月 3日 (木)

シートン(探偵)動物記

通りがかりの書店で、見逃していた本や知らなかった本に

出会うチャンスがあったりする。

 

シートン(探偵)動物記」も、そんな具合で見つけた本です。

Seton

 

 

「シートン(探偵)動物記」

          柳 広司 / 著

 2009年3月12日発売

 定価:600円(税込み)

 ISBN 978-4-334-74559-2

 光文社文庫

 判型:文庫判ソフト

 

 

 

博物学者の「アーネスト・トンプソン・シートン」が、新聞記者の「私」に

昔の事件(?)とその推理、結末を漂漂と語るという設定の短編集です。

 

動物や自然を観察する目で物事も捉え、事件の解決に至るという過程が

「お~、なるほど!」という具合で、とても楽しい本でした。

殺人事件や盗難事件を解決する名探偵シートン氏の言動もさることながら、

それにまつわる動物や鳥の話は、とても興味深いものがありました。

 

この本の作者、柳広司氏は、夏目漱石をはじめ、有名人が名探偵の推理小説を

発表しているようで、それらも読んでみたくなりました。

 

ところで、 pc の画面はウリ坊です (^^♪

 

 

昨年の7月、猪の子を職場近くのカラオケ店の店主が保護したらしいという話を

聞き込み、見に行ったときの写真です。膝に抱いています。

Uribou1

豪雨の後、山間の道路脇にある溝に落ちていたのを保護したのだとか。

Uribou2

ウリ坊と言われる所以の筋もくっきり出てますね。

その後、どこかに引き取られたということでしたが、今も元気かな。

この時の可愛さは消え、武骨なイノシシ君になっていることだろう。

//////////////////////////////////////////////////////////

ところで、「シートン動物記」というのは、海外には存在しないらしい。

それぞれ、独立した読み物として世に出ているようで、

日本では、それらの作品をまとめて「動物記」として出版したそうだ。

|

« 写真を並べてみると… | トップページ | それぞれに興味の対象は違う »

コメント

空ママさん☆彡
そうなのです。動物記という形でまとまったものは日本だけのようです。
小さい頃、「狼王ロボ」を読みましたし、
映画でも見た気がしているのです。
気高いロボが死んでしまうのが辛かった記憶があります。
ウリ坊はかわいかったですよ。チョコチョコ走り回っていました。
今も元気に暮らしていると信じています(^^♪

投稿: iharaja | 2010年6月15日 (火) 06時24分

「シートン動物記」は、海外には存在しないのですね。
そうかぁ。iharajaさんのブログを読ませてもらっていると、いろいろ知ることが出来て、ためになります ^^
面白そうな本も教えてもらえるし♪
ウリ坊がとっても可愛いですね。
優しい方に見つけてもらってよかったね。
私も抱っこしたいなぁ~(^.^)

投稿: 空ママ | 2010年6月14日 (月) 12時06分

union-jackさん☆彡
私も目は~~(笑)
でも、本はやめられないんですよ~。
私も夏目漱石の本は今度チェックかも。猫など出てきそうですし^m^

ウリ坊、ほ~んと、可愛かったです。毛はごわごわした感じでした。
多分、今頃はデッカクなっているだろうなあ。
可愛がられているといいなあと願っています。

GREEN SAFARIの音は癒されますよね。
サバンナの音や動物の鳴き声はアニマルプラネットが協力しているそうです。
水の音が聞こえたら、カバ登場。
鳥や虫の音に耳を澄ましつつ、そのまま寝てしまうこともあります(爆)

投稿: iharaja | 2010年6月 5日 (土) 22時40分

まろさん☆彡
フフ、ありがとうございます。また、年取っちゃいました~~(笑)

ウリ坊、かわいいでしょ(^^♪
もう1年も前のことなので、感触もあやふやですが、やはり剛毛でした。
見た目はふわふわなんですけどね~。

投稿: iharaja | 2010年6月 5日 (土) 22時20分

マイキーさん☆彡
明日の昼ごはんのときに読む本がない^^;という時は近場で済ますことに。
そうすると、置いている数も少なくてガッカリなんですよ。
私は本がド~~ンとある書店のほうが好きです(笑)
小さい頃に、シートン動物記は読みませんでしたか?
「狼王ロボ」とかなら記憶にあるかしら。
シートン氏は実在の博物学者。名探偵というのはフィクションなんですよ。

保護されたウリ坊はとっても可愛かったです。2匹いたんですよ。
いろいろと取りざたされますが、畑を荒らすのも山が過ごしやすい環境でなくなってるので しょう。こちらでも鹿や猪による植林地や農作物の被害も多いようです。
もう1年も前の音なので、しっかりと覚えているわけではありませんが、
見た目より毛はごわごわしてました。
本当にめったにできない経験でした。

投稿: iharaja | 2010年6月 5日 (土) 22時14分

わぁ~、面白そうな本ですね!
amazonで買おうかな。ただ、最近「遠視」とやらになり始め(早い話が…ろーがん、デス)、本を読むのがなかなか…(笑)
でも気になりますね。夏目漱石が探偵、というのも気になります。

えーーー! ウリ坊、抱っこしたんですかー!!
うらやましい~~~♪ めちゃめちゃ可愛いじゃないですか!!
この頭…丸こくても~こねくり回したくなります(笑)
元気で立派な、イノシシになっているといいですね。
間違っても民家でイタズラして捕獲されるような目には遭いませんように…。

ところで、この「GREEN SAFARI」のサウンド(と言うのかしら)、非常に癒されます。なんでだろう??
iharajaさんのページに来るたび、コメントを入力しつつこの音に耳を傾けてしまうので、時間かかっちゃう(笑)
あ、うちの方、雷が鳴り始めました。この音と相まって、とっても臨場感あるサファリになってます(笑)

投稿: union-jack | 2010年6月 4日 (金) 21時22分

綺麗なウリ坊ですね。
子豚は触った事あるけど、ウリ坊は触った事ないな。
写真で見ると柔らかそうな毛だけど、やっぱ硬いのかな?
子豚の毛はめちゃ硬かった(>_<)
Happy Birthday to You~♪

投稿: まろ | 2010年6月 4日 (金) 13時06分

iharajaさん、こんにちは♪
通りがかりの書店で、あまり文庫本がなかったんですね、そう言う所って色々と探しやすいですよね、多いと途中で嫌になってきませんか♪(汗)
シートン動物記という本が面白かったんですね、シートンと言うと有名な名探偵なのかな、ウリ坊気がつきましたよさっき見たんですが、ウリ坊の子供が何処かに落ちてしまってってニュースになってました。
iharajaさん、保護されたウリ坊ちゃん膝に抱っこされたんですね、いいな~滅多に出来ない体験ですよね♪
母の実家や、私の通っていた高校では、猪が出てよく追い掛け回されたって聞いたことありますが、子供だと大人しいんですね、母の実家だと、畑を荒らす動物として嫌がられてます、先日も行ったら、鹿まで出るって聞いて驚きでした♪(汗)
ウリ坊ちゃん、触り心地は如何でしたか、私も触ってみたいです♪

投稿: マイキー | 2010年6月 3日 (木) 23時54分

この記事へのコメントは終了しました。

« 写真を並べてみると… | トップページ | それぞれに興味の対象は違う »