« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月25日 (金)

眼差し

家電量販店の駐車場。

目の前を鳩が掠めたので、どこへ行ったのかと、見上げたら、巣がありました。

卵を温めているのかもしれません。(写真の左側です)

Hato

巣から少し離れた場所にいるのが雄鳥でしょう。

調べてみたら、鳩のつがいは死ぬまで同じ相手なのだそうだ。

もう、何回目の子育てだろうか。

「父ちゃんが見守っているゾ!」 そんな様子でした。

 

種を越えて、我が子を見守る親の眼差しは優しい。

霄も然り。

Mimamoru

眠かっただけかな (^^♪

Nemuidake

雨の合間の晴れ間。

穏やかです。

| | コメント (14)

消毒剤ありの立て看板 【改題】

何か薬品でもこぼれたかな? 危険はないの?

そう思ったのですが、違いました。

Shoudoku1

消毒剤が撒かれていたのです。

続きを読む "消毒剤ありの立て看板 【改題】"

| | コメント (8)

2010年6月18日 (金)

お構いなし

空にしろ、霄にしろ、ベッドや箱の中に、先に誰かが入っていれば遠慮する・・・

ことが多い。 

 

でも、ちび平は、そんなことには無頓着。

Chibiheiwarikomi2

どんな場合も 「ごーいんぐ まい うぇい」 という気がします。

 

続きを読む "お構いなし"

| | コメント (12)

2010年6月13日 (日)

それぞれに興味の対象は違う

岩手の猫友さんのあの方も、私も、今月4日に、また一つ(笑)年を重ねた。

まるで焼酎のお湯割りのようだが、64(ロクヨン)同盟である。

 

さて、私、誕生日といっても、な~んにも予定がなく、まっすぐ帰宅。

母が握り寿司を用意してくれていた。なんとなく照れるものであります。

 

私より2カ月先に○○歳になった友人からは、Welcome!というメール。

キャー、そっちの側に行きたくなかったよ~(爆)

Fromcyacyasan1

とは言いつつ、プレゼントは、いくつになっても嬉しいものです。

同じく猫友さんのcyacyaさん から、美味しいパイが届きました happy01

cyacyaさん、ありがとうございました~~ \(^o^)/

 

マロンパイ(↑)とアップルパイ(↓)、 どちらも味にコクがあって、生地は、サクサク。

Fromcyacyasan2 Kyoumiari

パイのバターの香りにつられて、皆さんも、やって来ましたが、駄目です。

あなたたちの食べ物ではありませんゾ!

 

もっとも、ちび平は箱の紐のほうが気になったようで・・・

 

続きを読む "それぞれに興味の対象は違う"

| | コメント (8)

2010年6月 3日 (木)

シートン(探偵)動物記

通りがかりの書店で、見逃していた本や知らなかった本に

出会うチャンスがあったりする。

 

シートン(探偵)動物記」も、そんな具合で見つけた本です。

Seton

 

 

「シートン(探偵)動物記」

          柳 広司 / 著

 2009年3月12日発売

 定価:600円(税込み)

 ISBN 978-4-334-74559-2

 光文社文庫

 判型:文庫判ソフト

 

 

 

博物学者の「アーネスト・トンプソン・シートン」が、新聞記者の「私」に

昔の事件(?)とその推理、結末を漂漂と語るという設定の短編集です。

 

動物や自然を観察する目で物事も捉え、事件の解決に至るという過程が

「お~、なるほど!」という具合で、とても楽しい本でした。

殺人事件や盗難事件を解決する名探偵シートン氏の言動もさることながら、

それにまつわる動物や鳥の話は、とても興味深いものがありました。

 

この本の作者、柳広司氏は、夏目漱石をはじめ、有名人が名探偵の推理小説を

発表しているようで、それらも読んでみたくなりました。

 

ところで、 pc の画面はウリ坊です (^^♪

 

続きを読む "シートン(探偵)動物記"

| | コメント (8)

2010年6月 1日 (火)

写真を並べてみると…

おや~、今日から、もう6月ですね。 4月、5月は何をしたっけ?

そうそう、4月は野焼きに2回参加。牧野との懇親会が1回。

5月のGWは引きこもり状態で、ほかの日も似たり寄ったりでした。

結局、郊外に出掛けたのは、阿蘇だけでしたね~。

 

その時に、印象に残った桜の風景のことを少し・・・。

 

↓ 日の尾の山桜。左が昨年4月12日、右が今年の4月11日。

Hinoosakura2009 Hinoosakura2010

今年、桜が咲かなかったのは、昨年、野焼きの延焼のせいでしょう。

来年は咲くといいな。

 

↓ そして、舞谷(もうたに)の桜。左は昨年、右は今年。いずれも4月18日。

この牧野の守り神、馬頭観音の祭りに併せての懇親会に参加しました。

Moutanisakura2009 Moutanisakura2010

今年は4月に入ってから寒い日が多かった。

昨年は桜も見ごろだったのに、今年は蕾の状態。

桜だけでなく、小川のほとりの野生の桜草も全く咲いていなかった。残念。

この日、一番の話題は、春の寒さのことでした。

 

さて、桜とはまったく関係ありませんが、

外に飛び散らないという触れ込みの爪とぎを買ってみました。

 

が、肝心の爪とぎより、この中に入っているだけのことが多いのだ 。

Case_of_shou Case_of_chibi

左は霄です。まだ余裕あり。右はちび平。隙間どころか、はみ出ているぞ(笑)

Sorezore

まあ、まったく使ってくれないよりは、ましと思うことにした。

ちなみに、上の写真。

空は外が気になり、霄はその空を監視していて、

ちび平は・・・と言うと、「ごーいんぐ まい うぇい」な様子(笑)

| | コメント (8)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »