« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月20日 (木)

Why? ~寝場所を選ぶ基準~

何かにつけ、彼らが何を基準に選ぶのか、わからないことがあります。

例えば、猫ベッド。

 

ちび平に聞いてみたいけれど、寝ぼけていて、頭が回ってませんね(笑)

Why2

霄の身体も、決して小さな方ではありませんが、

より大きいちび平が小さいベッドを選ぶ理由は何かなと、ふと思う。

↓ ちび平は、身体がベッドからはみ出している(笑)

Why

この場合、霄が大きい方のベッドに先に寝ていたので、

ちび平は(霄にうるさがられて)仕方なく小さいベッドで寝ていると推測。

 

でも、別の日。

大きい方のベッドが空いているのに、小さいベッドでお寛ぎ(?)のちび平。

Why3

大きい方が伸び伸びできるようにも思えるのだが…。

わざわざ、小さいベッドを選ぶ理由は、ちびちゃんのみぞ知る、だ。

それとも、猫は本能から狭い場所や隅っこを好む傾向が有るから、

「あなたは、何故に広いほうを選ぶの?」と霄に聞くべきか・・・

| | コメント (10)

2010年5月16日 (日)

最初だけ

キャットニップの入ったオモチャに夢中~~の ちび平です。

Yopparai1

スリスリ、ゴロゴロ。

気に入ってくれたようです。

 

霄も、この通り。

Yopparai2

二つを独占状態。

 

 

続きを読む "最初だけ"

| | コメント (10)

白水の滝

5月も半分過ぎましたが、今回もまた、遡っての記事になります。

3月27日、波野の牧野での野焼きが早く終わり、久しぶりに竹田回りで帰ることに。

 

荻町の白水の滝(しらみずのたき)へ寄ってみました。初めてです。

Shiramizu1

高さは、40mほどと、さほど高さのある滝ではないのですが、

なんと言っても、水が断崖の岩間から流れ出ているのが特徴的。

Shiramizu2

今は、この滝の手前で農業用水路などへ水を取り込んでいるため、

水量は昔ほどではないと説明板に書かれていました。

 

↓ 少し下流にある母滝です。

Shiramizu3

案内図ののあたりが、白水の滝で、は母滝。

Map

本滝の水量は昔とは違うという説明があったとは言え、水量は豊富だと思います。

 

続きを読む "白水の滝"

| | コメント (2)

2010年5月13日 (木)

ある朝、玄関にて

玄関の戸を開けて、風を通そうとすると、皆さん、大集合となりました。

霄は、何かが気になったようです。 ちび平は・・・、床に転がっています happy01

Genkan2 Genkan1

 

散歩したいの!と訴えているようにも見える空ですが、その内に、耳がアンテナ状態。

Genkan3 Genkan4

そう、いつだって、空に話しかけてると、邪魔しに来る気がしますね。

 

 

続きを読む "ある朝、玄関にて"

| | コメント (6)

2010年5月11日 (火)

ちび平、ちょびっと災難

ちび平、オシッコの潜血は相変わらず続いています。

s/dの療法食の影響もあるのか、pHは安定。石も出ていない状態。

 

抗生剤もあまり続くとね~ despair ということで、少し前にエコーの検査を受けました。

腎臓も膀胱もエコーで見る限りは異常なし。ひと安心ではありますが・・・

 

お腹がピンク禿げ~~。タプン、タプ~ンなところが、かえって目立ちますな。

Onaka

ちび平のためとはいえ、彼にとっては迷惑な話。とんだ災難というところでしょう。

毛を刈られている最中に、フーッと唸ったりもしていましたが、所詮、迫力なし smile

 

抗生剤に加え、ステロイド剤も試すことに。ステロイド剤はちょっと不安が残る。

が、短期間のみということで、飲ませることにしました。

あと数日飲ませたら、ステロイド剤はストップして様子を見ることになっています。 

 

さて、GWもはるか昔のことのように思えるこの頃ですが、

連休前後から、暑い日が続いたので、勝手口の戸も網戸仕様になりました。

植木に水やりをしていたら、皆さん、ニャーニャー note とうるさいのなんのって(笑)

Kenbutu1

続きを読む "ちび平、ちょびっと災難"

| | コメント (6)

2010年5月 5日 (水)

「台湾に行きたいわ~ん」成就せり! vol.6 - 2

龍山寺を後にして向かったのは、現代建築技術の粋を集めた台北101ビル

地上101階、地下5階、高さ508メートル。

何しろ凄いことですわ~。

89階の展望台へは、5階からのエレベーターを利用し、わずか40秒足らずで到着。

何しろ、凄いことです。 (追記:89階の展望台の高度は382.2m)

 

さらに上にある、91階の屋外展望台へは、階段を上って行きます。

階段の隙間から下を覗き込んでみましたが、底が見えないよ~(笑)

091205-7

↓ は、89階の展望台での光景。 

091205-8  一体、何をしているところでしょう(笑)

 正解は、ブルーバックで写真を撮って、

 101ビルの写真と合成するわけです。

 101に登っている写真ができちゃうのだ。

 私もやってみるべきだったか・・・。

 

↓ 台北旅行3日目のスライドショー(HD)です。4分という長さになっています(^^ゞ

(BGMの音量にご注意ください。ちなみにHDなので、フルスクリーンでもOKです)


ああ、なんとか、これで台北旅行の全貌(?)をご紹介いたしました。

あ、食事については、まだですなぁ。またの機会にねー(笑)

| | コメント (6)

「台湾に行きたいわ~ん」成就せり! vol.6 - 1

2009年12月5日、台北二泊三日の旅の3日目。記事がようやく完結です(笑)

朝食後、雙連朝市(vol.5の記事)へ行き、ホテルへ戻り、チェックアウト。

中正紀念堂龍山寺を訪ねた後、台北101ビルへ行き、空港へ向かう・・・

というのが、この日のスケジュール。

 

国立 中正紀念堂は、故 蒋介石総統への哀悼の意を表す建物ということでした。

青い瑠璃瓦と大理石の白い壁が実に印象的。

瑠璃瓦は釉薬瓦のことで、表面を釉薬で化粧した粘土瓦です(調べました(^^)v)。

瑠璃とは元々青い色を意味しますが、ほかの色の瓦でも瑠璃瓦と言うそうだ。

091205-2

でも、ここは、正真正銘、瑠璃色の瑠璃瓦ですね。

八角形の屋根は「忠、孝、仁、愛、信、義、和、平」の八德を象徴しているとのこと。

 

続きを読む "「台湾に行きたいわ~ん」成就せり! vol.6 - 1"

|

2010年5月 3日 (月)

「台湾に行きたいわ~ん」成就せり! vol.5

二泊三日って、あっという間ですね。

今回の往復の移動時間を考えると、正味2日間。睡眠時間を引けば、もっと短い。

台北の旅も最終日を向かえた12月5日。

この日は、ホテル出発も遅く、ゆっくりできるということで、MRT雙連駅付近へ

行ってみることにしました。駅の付近が有名な朝市ということでした。

 

ホテルから歩くこと10数分。雙連朝市に着きました。

ガイドさんが薦めてくれたのですが、大正解!

市場が大好きな私としては、まさにワンダーランドです。

 

091205-1

活気があって、さまざまな食材や惣菜が並んでいます。

こんなことなら、朝食を抜いて来れば良かったな~と思わずにいられませんでした。

 

これは何?と思ったら、台湾グアバ。前日に飲んだジュース(右側↓)の正体だった。

091205-2 091204-11

結局、この旅で写真を一番多く撮ったのが、この市場かもしれない。

それに、こういう場所をそぞろ歩いているときこそ、異国を旅している実感が湧くようだ。

 

雙連朝市のスライドショー(HD)です。台北3日目とは別にしました。

(BGMの音量にご注意ください)

| | コメント (2)

「台湾に行きたいわ~ん」成就せり! vol.4

もう何カ月前のことでしょう~!?と言われそうです。 事実です(笑)

台湾(台北)旅行の2日目をようやくアップします。2009年12月4日のことです。

(記事の最後にスライドショーがあります)

 

この日は前日の寒さから一転、昼間は上着も要らない程。過ごしやすい一日でした。

忠烈祠故宮博物館關渡宮を巡った後に、郊外の淡水へ出かけました。

 

忠烈祠は、過去の厳しい戦いで戦死した軍人達の英霊が眠っている場所。

午前中の衛兵の交代式に観光客が押し寄せ、終わると波が引くように人がいなくなる。

戦争で命を落とした人達のこと、戦争のこと、考えないとねなどと独りごちつつ、

大殿の裏手に行ってみると、回廊がありました。

人の姿はほとんどなかったのですが、思わぬものを見つけました。

091204-3 091204-1

革命家の胸像、戦争の過程を解説したパネルが並んでいます。

↓忠烈祠の全容のジオラマもありました。ジオラマ好きな私としては得した気分です。

091204-2

 

続きを読む "「台湾に行きたいわ~ん」成就せり! vol.4"

| | コメント (2)

3月の出来事から ~野焼き~

いやいやいや~、もう5月になってしまいましたね。

慌てて、ブログのタイトルバナーを変えました。

更新滞りで、3月に紹介したかったこともそのまま状態。(それ以前も控えてるけど)

ま、このところ、私的イベントらしきものも少ないので、記事は遡って書いていきます。

 

天候不順で延び延びだった野焼きが3月22日にありました。

この日は、私の参加した牧野だけでなく、阿蘇の各地でも行われました。

天候も穏やかだったので、これなら安心。

でも、さすがは火が舞うと称される牧野だけあります。

100322-1

まるで火の鳥のような炎です。龍の手の鍵爪にも見えてきます。

ちなみに私は燃料運びなので、移動の合間に写真を撮っておりますが、

実は「作業中の写真撮影はご遠慮ください」なんです、本当のところ・・・(^^ゞ

 

動画(スライドショー)にしてみました。

2分ほどの長さです。(BGMの音量にご注意ください。)

 

続きを読む "3月の出来事から ~野焼き~"

| | コメント (2)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »