« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月26日 (金)

野焼き中止の帰り道 vol.2

「野焼き中止の帰り道 vol.1」からの続きです。

 

牧野でも、春の兆しがあちこちに。

フキノトウを見っけ~。花が開き始めています。

  Fukinotou

苞(ほう)が開いてしまう前に、お会いしたかったなぁ。残念。

開く前なら、我が家の食卓に、天ぷらの衣を着て並ぶことになったでしょう(笑)

 

21日は黄砂がすごかった。

帰り道に通った阿蘇の産山付近も周囲に見えるはずの山々の姿が見えず。

  Kousa1

おお、この辺りは、既に野焼きが済んでいますね。

4月に入れば、芽吹きも始まり、今とは、また違う姿を見せてくれるでしょう。

 

ところで、牧野や牧場周辺では

続きを読む "野焼き中止の帰り道 vol.2"

| | コメント (10)

野焼き中止の帰り道 vol.1

前の記事でも書きましたが、

20日、21日は野焼きが中止になり、阿蘇から、とんぼ返りとなりました。

 

ま、それでも、それなりに楽しまないと(笑)

  Manju-house

ここは、阿蘇からの帰りに、時々立ち寄る「 まんじゅうハウス

久住の石原地区の主婦たちが営んでいる店です。

炭酸まんじゅう、高菜まんじゅう、ゆでもちなど、美味しくて、1個からでも買える。

カウンターに行くと、箱の蓋を全部開けてくれ、どれにするか、私は迷ってしまう。

 

この店のある交差点から、帰りは、まずは野津原を目指すことになります。

朝は「ああ、ここも咲いたな」と思いつつも通過した桜の木のそばに車を止めて camera

  Sakura

以前から、撮りたいと思っていた桜の木です。

この木は私が今まで見た桜の中でも、かなり高さのある木だったからです。

以前に比べると、花数が少なくなった気がします。

 

野津原の中心部に入ると・・・

続きを読む "野焼き中止の帰り道 vol.1"

|

2010年3月23日 (火)

ごめんね、昨日が記念日なり~(ーー;)

20日、21日と朝から阿蘇行きでしたが、現地に着いてから、野焼き中止。

強風のため、野焼きは危険との判断でした。

 

2月から天候不順。しかも週末になると雨の日が続き、延期、延期の連続でした。

だから、天気が回復すれば、多少は無理しても実施したいところでしょう。

でも、20日、車の中で静岡で起きてしまった事故のニュースを耳にしたとき、

阿蘇の野焼きの中止は、賢明な判断であったと思わずにはいられませんでした。

 

22日は行く予定ではなかったけれど、20日の分をするということで、急きょ参加。

2日間、吹き荒れた強風も収まって、まずまずの野焼き日和となりました。

 

行きすがら、給油のためにガソリンスタンドに寄ったら、近くの山に山桜。

  Yamazakura

朝6時過ぎ。まだまだ薄暗く、ぼんやりした写真となってしまいましたが、

山の斜面の白っぽい斑点は、ほとんどが山桜です。

 

 

ところで、実は、3月22日は、霄母ちゃんの記念日でありました。

雨の降る中、山中の道にて保護し、ついでに、その日を誕生日とし、

年齢不詳にて、1歳と決めたのが4年前のこと。

だから、我が家の一員になって祝4周年!そして、祝5歳!であります。

 

あの頃と比べると、随分とふくよかで、ま~るい顔になりましたねぇ。

  Kinenbi

お祝いを用意していないので、せめて、記事を昨日の内にアップしようと

思っていましたが、久々の野焼き参加で、帰宅後は、少々お疲れモード。

パソコンの画面を見ていると、瞼が落っこち~る despair なのだ。

 

ごめんね、霄ちゃん。 おめでとうの気持ちはいっぱいなのよ~ coldsweats01

 

ところが、ご自身で、記念日ディナーを計画していたらしい happy01

続きを読む "ごめんね、昨日が記念日なり~(ーー;)"

| | コメント (6)

2010年3月19日 (金)

歩くKFC?

夜中に、カサコソとビニール袋の音。

そう言えば、霄がムクッと起きて、1階へ行ったのが、この音のする少し前。

ちょっと、思い当たることがある gawk ・・・・と、私も1階に下りてみた。

 

やっぱり~~~(爆)

  Kfc1

昨日、買い物のついでに久々にケンタッキーフライドチキンに寄ったのです。

旨辛チキンを買ってきましたが、1ピース残ったので、危ないかもと、

霄ちゃん対策で袋を結んでいて、大正解だったようですね。

 

↓噛み跡あり(笑) 右側は再現写真。このようにテーブルの上に置いていたのですよ。

Kfc2 Kfc3

 

実は、その数日前の出来事を、違うタイトルで書こうとしていたのですが・・・

続きを読む "歩くKFC?"

| | コメント (8)

病院に連れて行かないで~

と言われてもね~。あごの下、早く治さないと think

 

キャリーに入れて、病院の待合室で待っていたら、ネット越しにビックリ眼の霄。

  Hospital1

理由は、大きな犬が入ってきたからでした。大丈夫ですよ、キャリーの中にいれば。

 

とにかく、車の中でも、待合室でも、大きな声で啼くので、

なだめようと中を見たら、これ以上は無理!という程、キャリーの隅にいます(笑)

  Hospital2

多分、もう1回、通院したら、病院とも薬とも、バイバイできるでしょう。

随分とあごの下の炎症は良くなってきました。ヨカッタ、ヨカッタ。

Hospital3 Hospital4

霄からは「何で、こんな所に来なきゃいけないの~?」という顔をされました coldsweats01

私も、そう度々、病院に連れて来たいわけではありませんぞ!

| | コメント (6)

2010年3月17日 (水)

動物の値段

文庫の新刊コーナーで、「 動物の値段 」というタイトルに惹かれ、思わず、

手にしました。

パラパラッと捲り、著者が動物輸入商ということを知り、棚に戻してしまいました。

密猟、違法売買、飼えなくなった野生動物を捨てるニュース・・・

というようなことが連想されて、一瞬、嫌悪感が生まれたからです。

 

それでも、やっぱり気になってしまい、結局、他の本と一緒に購入です。

 

  Doubutunonedan

  「動物の値段」 白輪 剛史 著

    book 文庫: 318ページ

    book 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) 

    book ISBN-10: 4043943164

    book ISBN-13: 978-4043943166

    book 発売日: 2010/1/23

 

例えば、↑ のぬいぐるみの動物は大体どのくらいの値段で取引されているのか。

(白デカ親子は対象外 bleah

 

この本によると、ツキノワグマは30万円くらいが相場だそうだ。

ペンギンは、皇帝ペンギンは1200万円、イワトビペンギンなら2桁違って、85万円。

アザラシなどは載っていなかったが、同じく海で生きているラッコは250万円・・・

(2年前に「うみたまご」で撮った写真を引っ張り出してみました)

  Umitamago2008-1

という具合に、日頃、目にすることのない数字、取引や輸送にまつわる話を

なんとも複雑な思いをしながら(でも、文章は面白い)読みました。

 

続きを読む "動物の値段"

| | コメント (6)

2010年3月11日 (木)

感謝デー、続く

ねこ友さんから、またまた、頂き物 shine

りりあんさんから、大好きな「 阿闍梨餅 」を始め、お菓子など色々といただいた。

届いた箱から、取り出すたびに、ワ~、ワ~と歓声です。

  Maro2

↑ 皿の上で、阿闍梨餅と並んでいるのは、「お濃茶ラングドシャ

これ、絶品!濃茶の苦味がなんともいえぬ美味しさ。これは、大人の味です delicious

ポップなマグカップも、ティータイムを楽しくしてくれそうです。

  Maro1

「うちの子一番よ」のポストカード  bleah フフフ、お互いにね~~(笑)

りりあんさん、京の味と素敵なグッズをありがとうございました~~ heart04

 

さて、りりあんさんのお宅には、ミルクちゃんという姫 cat がいますが、

我が家には、めっぽうミルク好き cat がおります(笑)

  Hoshii

| | コメント (12)

春を告げる花

帰宅したら、玄関にミモザの花。きれいです。そこだけがポッと明るくなったよう。

母に聞くと、知人にいただいたとのこと。

我が家の玄関、照明が暗く、台所に挿した花瓶ごと持っていって camera

  Mimoza1

クローズアップして撮ろうとすると、オートフォーカスって腹立つなあ。

なかなか、思うように撮れません。

  Mimoza2

先端の花咲く前の蕾。可愛いなあ。こういう緑がかった色は好きです。

 

さて、ロケーションが悪く、全体を撮ろうとすると、薬缶やら鍋やらが一緒に写るので

どこかないかしら?

flair  風呂場!いいかも!

 

と、浴室へ持って行ったら・・・・

続きを読む "春を告げる花"

| | コメント (10)

2010年3月 9日 (火)

甘く危険な香り 再び

箱を開けると、香り高いデコポンが「こんにちは~」と行儀よく並んでいます。

cyacyaさん から、届いた不知火デコポンです。

  S-P1050192

綺麗です。春の色と香り。それに、柑橘系の色は、元気をくれる色ですね。

とっても美味しくて、ジューシーです heart04

「いやぁ~、今年もいただいて、申し訳ないわ~」などと言いつつも、

即行、いただきました(笑) cyacyaさん、ありがとうございました~\(^o^)/

 

さて、ちび平に「でこぽん、いかがですか?」とたずねると・・・

  S-P1050199

背を向けられた(笑)

表情が何をか言わん・・・ですね。

彼にとっては、やはり危険な香りの一つなのでしょう bleah

 

ところで、3月1日は「デコポンの日」なのだそうだ。

なんでも、1991年の3月1日に東京の青果市場で初取引されたことによるらしい。

| | コメント (10)

1 minute later - 2 -

ただいま~。

 

賑やかにお出迎えありがとう。でも、まずは、家に上がりたいんだけど。

で、何、この黒い紐は・・・。

  Tadaima1

どうやら、服の紐らしい。誰が持ってきたのかなぁ。

 

さて、靴を脱いで廊下を進むと、今度は、大慌てで、2階に行こうとする。

ごはんにありつけるぞ~~という訳です。

  Tadaima2

ちょっと、フェイントで台所に直行すると、皆さん右往左往。

その内に、興奮したのか、運動会 dash dash dash dash になってしまいました happy01

 

その1分後。

続きを読む "1 minute later - 2 -"

| | コメント (8)

2010年3月 5日 (金)

桃の節句にちらし寿司

去る3月3日、桃の節句。ちらし寿司を作りました。

とは言っても、瓶詰めの五目寿司のたねをご飯に混ぜ込んだだけ。

トッピングの錦糸卵も出来合いのもの。

吸い物にいたっては、ごまだしにお湯を注ぎ、水菜を浮かべて~の手抜き料理。

時短と弁解しますかね(笑)

  Chirashizushi3

しか~し、いつもならこれで終わりですが、今回のちらしは味付け蛸入り。 

 

この味付け蛸も、ジェミーさん・星子さん姉妹から、いただいていたもの。

甘酢の味付けのようで、ちらし寿司にも相性抜群でした good

      Chirashizushi2

 

小さい頃は、ちらし寿司といえば、具を混ぜ込んだ五目ちらしのことでした。

握り寿司用のネタが寿司飯に乗せた、ちらし寿司を知ったのは大人になってから。

乗せ寿司、海鮮丼とも言われるようです。

初めて食べる機会があったときに、随分とビックリした記憶があります。

 

五目ちらしにしても、五目ちらし、五目すし、ばら寿司、ばらちらし・・・

地域によって、呼び方も色々あるようで面白い。

 

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

 

ところで、桃の節句が近づくと、

やはり、の誕生日と命日であるということを思い出さずにはいられません。

Sora1

 

それでも、時とともに、触れた感覚は薄れてしまいました。

仕方がないことだとは思いつつも、一抹の寂しさはあります。

 

半年以上も前に、ネガやスライドをスキャンできる機器を手に入れていたのですが、

箱から出さずに、そのままでした。

 

今と違って、宙の写真は、何かのついでに残ったフィルムで撮ったものがほとんど。

良い機会なので、試しに昔のネガから、宙の写真を数点、スキャンしてみました。

↑ の写真もその一枚です。日付が書いていなかったけど、1983~84年頃。

 

続きを読む "桃の節句にちらし寿司"

| | コメント (12)

比べてみると…

128 114 113

これは何の数字かというと、久々に行ったボウリングのスコアです。

何とか、3ゲームとも100を超えました。

 

27日(日)に、母がCSのチャンネルで放送していたボウリング番組を観ていた。

私が「しばらくしてないな~」と言うと、母は「行く?3時からなら行けるよ。」

そこで、ボウリングに行くことに相成りました。

 

何故に、彼女が、このように気軽にボウリングに行くと言うのか・・・

答えは、下の数字をご覧あれ!

168 151 196

これが、今回の母のスコア。私のしょぼいスコアと比べると、天晴れな数字です。

 

↓ おん年、80歳の母であります。マイボウル、マイシュースをお持ちです bleah

  Bowling

ちなみに私は、スペアがなかなか取れないので、点数が伸びません。

 

ボウリングと言えば、以前の記事に、

霄とちび平の、まるでボウリングのピンのような写真をアップしていましたよ(笑)

 (「 夜の訪問者 」という2007年5月27日の記事でした)

 

さて、来月には4歳になるちび平。 ↓ 気持ちよく眠っております。

その寝顔を見ている内に、小さい頃もこんな寝顔だったような気がしてきました。

  After

生まれた頃の写真と比べてみよう。

↓ これなんかどうでしょう。

     Before 

面影があるような、ないような・・・(笑)

| | コメント (14)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »