« 氷結の滝~番外編~  | トップページ | 母のぼやきも聞こえてくるか・・・ »

2010年2月13日 (土)

右も左も分かりません

右も左も分からない 」は、その土地の地理に詳しくない時に使うことがある。

それが転じて、理解・判断する能力や知識がない場合にも使ったりする。

 

でも、これ ↓ は、文字通りです sad

      Right&left

標識の通りに、左右確認したいのは山々なのですが・・・という状態 gawk

 

これは、10日の朝のこと。気温は12~13度。

前日からの小雨が上がり、湿度も高かったので、ミラーが曇ったのでしょう。

 

8日~10日と、大分は気温が20度近くで、厚いコートを着ていると汗ばむほど。

ところが、翌日の11日は、最高気温が13度で、終日 rain 

そんなに低い温度でもないのですが、前日との差が大きく、とても寒く感じます。

 

それでも、彼らの視線は

 

それはそれは、熱いのです(笑)

 

ちび平も

  Gohan-saisoku2

空も

  Gohan-saisoku1

黙っていても分かりますねー。ごはんですねー。目ヂカラに負けますわ happy01

 

さて、先日、アップした古閑の滝。

今朝、 ライブカメラ で見たら、すっかり氷はなくなっていました。

|

« 氷結の滝~番外編~  | トップページ | 母のぼやきも聞こえてくるか・・・ »

コメント

cyacyaさん☆彡
見えないミラーがあるのは困りますよね。
そうそう、ミラーで確認することに慣れていると余計に怖い(ーー;)

この目ヂカラを無視していると、ニャーニャー作戦、スリスリ作戦・・・と
攻撃も多様です(笑)
空に至ってはお皿を落としたりで・・・
結局、負けちゃいますね、こちらが(^^♪

投稿: iharaja | 2010年2月16日 (火) 06時43分

union-jackさん☆彡
ミラーがないと、狭いT路路、離合しづらい、通り過ぎる自動車も自転車もこちらをあまり注意しない、と危険だらけの曲がり角なのですよ。
そういえば、曇りにくいミラーもあるようなので変えて欲しいものです。

ま、とにかく、要望を伝える術はすべて出し尽くすって感じですね(笑)
メチカラ、出し尽くした後は、啼き声作戦になります(笑)
ヒーターの前の霄、確かに耳がこちらに(^^♪
空やちび平の技やいかにとでも思っているのかしら^m^

投稿: iharaja | 2010年2月16日 (火) 06時31分

あっ、そうそう。
私が通勤する道でも、時々曇って見えないミラーがあります。
右だけのミラーだけど、ミラーを見慣れているので、見えないと用心深くなりますね。

あはは、ご飯催促の目ヂカラですか!?
この真剣なのにかわいい眼差しには勝てません。

投稿: cyacya | 2010年2月14日 (日) 14時28分

こりゃ怖い~。
ちっちゃいワイパーでも付けてみましょうか(笑)
よく考えてみたら、こういう鏡が曇っているのって、見た事ないかも。
というより、私の目がよく見えてないっていうのが原因かな(笑)

自分の意思を伝えようとする時のメヂカラって、強力ですね。
私も霄ちゃんに目が行っちゃった(笑)
ヒーターにくっつきつつも、耳はコッチ向いてる~♪

投稿: union-jack | 2010年2月14日 (日) 11時37分

マイキーさん☆彡
家のすぐ傍にあるT路路。坂道発進、両側は道の際までブロック塀。
以前は、このミラーさえ無くて、もっと曲がりにくかったのですよ。
天候に左右されない(ちょっと、洒落になってしまいましたね^m^)、曇りにくいミラーに変えて欲しいものです。
空とちび平、真剣でしょ(笑)
ごはんには、まだ早すぎるのでしばらく無視しておりました。
そうすると、ちび平は啼きながら抱きつき、空はお皿を落とす。
霄もこの後に、早くごはんを!行動に参加です(笑)

投稿: iharaja | 2010年2月13日 (土) 18時24分

iharajaさん、こんにちは♪
右も左もわからないって、道に迷った時に使いますよね♪
確かに、この標識通り、左右確認、鏡が曇ってると確認したくても、右も左もわからないですよね♪(笑)
こちらでも、こういう状況の時がありますよ、雨が降った日とか、私はこういう時は、車の窓を開けて左右確認して曲がってます、見えにくいですが♪(汗)
空ちゃんと、ちび平ちゃん、真剣な眼差しでじっと見つめてますね、ご飯が欲しいんですね♪
霄ちゃんは、パネルヒーターのところで、寛いでるのかな♪(笑)

投稿: マイキー | 2010年2月13日 (土) 14時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 氷結の滝~番外編~  | トップページ | 母のぼやきも聞こえてくるか・・・ »