« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月30日 (金)

【お知らせ】システムが変わったみたいです

朝、ログインしたら、新しいシステムに移行となりました。

まだ、概要をチェックできていないので、今晩から検証します。

コメント欄はしばらく絵文字が使えません。

|

2009年10月25日 (日)

落ち着かないなぁ

昼寝場所も、陽だまりが人気になってきました。

最初は空だけだったのですが、ちび平もいつの間にか来て sleepy

そうなると、どうも落ち着かなくなるのは空の方。

    Hidamari2

あっちへ行ってくれないかなぁ catface という気持ちでしょう。

          Hidamari3

その内に、少々不穏な空気が流れてきました。


| | コメント (10)

白デカ親子、満足気

空気が乾燥してきて、静電気の季節も近いみたい。

↓ 霄(左側)を撫でていたら、背中の毛が畝々状態 happy01

  Senakanoune

猫たちの背中を撫でていると、気持ちいいと、くすぐったいの境界があるらしい。

ちょっと、度を越すと、がぶってくることもあったりする。

でも、このときは、ご満足いただいたようでした。目がウットリしていました。

Iikimochi1 Iikimochi2

猫たちを撫でていると、こちらもすこぶる精神状態が良くなります。

| | コメント (10)

到達!チャイハナ・海花

お待たせしました。チャイハナ・海花(KAIKA)

ハイ、あのサールナートの瀬口さんの新たなお店のご紹介です scissors

まだ残っている夏季休暇を利用して、22日に行って来ました。

同じく、サールナートの大ファンの友人と国東半島へ、レッツゴー car

豊後高田市に入ってからは、周防灘を見ながらのドライブでした。
 
 
海辺にある親戚の家にでも遊びに来たような…。そんな気持ちにさせる佇まい。

    Kaika1

瀬口さんご夫妻が笑顔で迎えてくれました。

カリーのメニューは1種類だけだそうです。その日のおまかせになります。

    Kaika2
 
 
食材庫の中は探検したくなりますね。寛ぐことのできるスペースにするそうですよ。

    Kaika3
 
 
  
(ブハ~。↑のスライドショーで、お任せリーってなってましたよ。
 「お任せカリー」です、ハイ。ご愛嬌ってことでご勘弁を・・・(^^ゞ )
 
 
昭和(終戦前後の建築のようです)の家のご自宅がチャイハナ・海花です。

ゆるやかな時間と食欲をそそるかリーの香りが満ちていました。
 
 
    
 
 
↓ 霄でも、ちび平でもありませんよ。

海花のマスコット(と言っても御年13歳)のミーちゃんです。ちょっと警戒してる。

    Miichan

友人も私も大分に戻ってから別々の用事があったのですが、

結局、食事の時間も含めて、2時間ほど居座っておりました。

用がなければ、もっと、ゆっくりしてしまったかもしれません(笑)

ご馳走様でした happy01

| | コメント (16)

阿蘇の秋空高く

10月は、10日、12日、18日と阿蘇へ行って来ました。

もう、住居を構えたいという感じ。

明日、あら、もう今日のことだわ。25日も行きます。晴れますように!
 
  
    ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○
 
 
今の季節、阿蘇周辺は、とても気持ちがいい。ツーリングの人も多く見かけます。
 
 
まずは、10日の様子から。この日は、輪地切りでした。

↓ 3つのピークのある妻子ヶ鼻。伸びやかな雲が秋を物語ります。

  Saishigahana

続きを読む "阿蘇の秋空高く"

|

6人で守る200町歩

200町歩の牧野と言っても、どのくらいのスケールなのか、ぴんと来ませんが、

広いことは確か。そこを6人の牧野組合員だけで守るのは苦労があると思います。

12日は、この牧野の輪地焼きでした。

  Wachiyaki3

↓ 輪地焼きの作業中と、その成果(右)。綺麗に焼けました。

Wachiyaki1 Wachiyaki2

作業をしながらも、秋を満喫です。


続きを読む "6人で守る200町歩"

|

「なんだ、こりゃ?」vol.3 ~そりゃ、見れば分かるけど~

    Keihoukidakedo

これが、踏み切りにある警報機だってことは、私にも分かります good

    Nanndakore

でもね、場所が、違うでしょ eye って感じかしらね(笑)

線路も踏み切りも無いし、昔、鉄道があったという話も聞かないし。

門柱代わりでしょうか~?

|

2009年10月20日 (火)

この匂いは・・・?

この匂いは、どうでしょう?

鯉三さんからいただいた白花油。メンソールのような匂いです。

    Nioi

好きではない匂いの部類に入っていることは、十分承知しております、実は。
 
 
そして、予想通りのちび平君の反応。どういう反応か想像のつく人もいるかも happy01

続きを読む "この匂いは・・・?"

| | コメント (18)

枝豆はどんな匂い?

青物の匂いは一応は嗅がないと気がすまないらしい。

ちび平も空もスタンバイOK。

Edamame3 Waiting

お局様もやって来て、枝豆を茎から外す作業が全くはかどりません。

    Edamame1

何やら、霄が一番熱心です。


続きを読む "枝豆はどんな匂い?"

| | コメント (12)

2009年10月19日 (月)

お知らせ

私が利用しているブログのシステム変更が、10月中に実施されます。
案内では、コメントの絵文字が一時的に使えないなどの影響があるそうです。
不具合がないことを願いますが、閲覧等に支障があった場合はご容赦ください。
 
【追記】
 業務連絡 one
  カボスのネットに「B」とあるのは規格外ですとメールでお知らせしましたが、
  紙の入っていないほうが、規格外だったかも~~ (^^ゞ
 業務連絡 two
  10月1日に、チャイハナ・海花オープン shineshineshine
  (お知らせのハガキをいただきました。近日中に伺いたいと思っています)

|

2009年10月 8日 (木)

スリランカのカレーを食べました(*^^)v

3日(土)の朝、外出の準備をしながら、 tv を見ていたら、地元のテレビ局が、

府内町(ふないちょう)で開催中の「府内大友フェスタ」を中継していました。
 
その内に、レポーターが特設の南蛮屋台村の様子の紹介をし始め、

しか~も、画面に登場したのが、スリランカのカレーの屋台 lovely

食料品の買出しに出かけるついでに、寄ってみることにしました。
  
 
  ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○
 
 
府内町に着いてからは、買い物そっちのけで、五番街の屋台村へまっしぐら run
 
 
母国の味を披露しているのは 立命館アジア太平洋大学(APU) の留学生さん。

爽やかで、とてもフレンドリー note  写真撮影も快くOKしてくれました。

   091003funai1
(追記:すっちーさんと、APU、大分大学、別府大学、それに下関の学生さんたちが
 集まって、スリランカカレーの屋台をなさったそうです。)

異郷で学ぶ苦労もあると思いますが、とても晴れやかな顔をしていました。

母国の料理を紹介する姿に誇りさえ感じます。素敵ですよね。

日本のいいところ、悪いところも含めて見聞し、学生生活を満喫して欲しいと思います。
 
 
さて、メニューは、チキンカレーとダール豆のカレーのダブルトッピングだったのですが、

私は、ダール豆のカレーが大好き scissors しかも、辛めの味に仕上げているということで、

わがままを言って、ダール豆オンリーにしてもらいました。
(チキンも味見をしましたが、マイルドでこくがあって美味しかったですよ (*^^)v )

   Mamecurry

激辛というわけではなく、ジワッと来る辛さ。いい具合に香辛料が効いています good

カレーと一緒にご飯の上に乗っかっている付け合せは、名前を聞きそびれました。

漬物と言ってましたが、唐辛子等を炒めたもので、ピリ辛。これも美味しかった good
 
  
一緒に写っている緑色の飲み物は、別の屋台で売っていた野菜ジュース。

8種類の野菜が入っているそうで、サッパリとしていて、とても飲みやすかった。
 
 
          091003funai2

通りでは、イベントの一環で鶴崎踊りを行っていたので、それを見ながらの昼食です。

 

続きを読む "スリランカのカレーを食べました(*^^)v"

| | コメント (24)

2009年10月 4日 (日)

猫ベッドは耐えねばならぬのだ!

上から見ると楕円の猫ベッド。うん、確かに楕円です。

   Hengenjizai1

でもねー、元の形とは、90度違う楕円なんだ。
 
 
あるときは、クッションだしね。

   Hengenjizai2

 
それに~、これはちょっと無理でしょ。って、ちゃんと収まってるか(爆)

Hengenjizai3

ぎゅうぎゅう詰めというシチュエーションを具現化する白デカ親子なり~ happy01

猫ベッドよ、耐えてくれ!
 
 
   ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○
 
 
そして、ある時は、甲羅?(笑) 中に潜むは、霄ママです。

   Sp1030982


| | コメント (16)

一粒のこだわり?

今日も今日とて、空ちゃんは、不思議なのであります。

   Fushigi1

ハイー、いつものように、ちび平君がお皿を隠しちゃったんですねー。

何で、いつも、こうなっているのかな eye と、空ちゃんには不思議ですよね。

   Fushigi2

ま、ま、気を取り直して、お食べください。

   Tabemashou

でもね、私としましては、↓ の方がよっぽど不思議なんですわ~。

   Fushigi3

燦然と輝く(?)、残り一粒のドライフード!

一粒くらいなら、残さずに食べちゃえば~?と思うのですよ。
 
 
    ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○
 
  
   とある別の日の光景。

   Fushigi4

なんだか、残し方に意味さえあるようで・・・。キャットフード占い?(笑)

| | コメント (8)

2009年10月 3日 (土)

輪地焼きのあとは温泉。で、筋湯温泉!

先週、9月最後の日曜日は、南小国町の牧野の輪地焼き作業に行きました。

阿蘇の外輪山の方にあります。

野焼きのために萱などを刈って作る防火帯を輪地(わち)と言いますが、

輪地焼きとは、輪地切り(草を刈り、刈った草を寄せておく)の後に行う作業です。

輪地に刈った草を放置したままだと、野焼きの際に飛び火で延焼する場合もあり、

輪地の役目を果たさないことになりかねないので、その草を燃やすのです。
(場所によっては、草寄せ、輪地焼きの無い場合もあるようです。)

      Wachiyaki

この日まではずっと雨がなく、刈った草だけでなく、表面の土も乾燥していました。

しかし、写真の場所は北向き、しかも若干湿っているので、スパッと燃えません。

それでも、ほかの場所は順調に進み、昼前には終了。皆でお弁当を食べて解散。

 
さあ、そうなれば、なんだか定番になりましたが、今日はどこの spa にしようかなです。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
  
九重(ここのえ)町もまた、温泉地がいたるところにあります。

今日は、その中で筋湯(すじゆ)温泉に寄ってみました。ここも久しぶりです。

   Utaseyu2
 
 
共同温泉の前の雑貨店の店頭でも、入浴用品を売っています。

タオルなどを持っていなくても、ここで買えば温泉にすぐに入れるわけです。

   Sujiyuspa1

シャワーキャップも売っていますが、その訳は・・・・
 
 

続きを読む "輪地焼きのあとは温泉。で、筋湯温泉!"

| | コメント (8)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »