« 視線の先5 | トップページ | 時間がゆっくり、湯平(ゆのひら)温泉 »

2009年9月13日 (日)

秋の牧野で出会った花

5日(土)の輪地切りで見かけた花々。(写真はクリックすると大きい画像になります)

春の花とは、またひと味違う風情があります。

↓(左)ヤマアジサイかノリウツギの仲間(?)  (右)フシグロセンノウ

Ajisaikana Fushigurosennounanoka
 
↓ハガクレツリフネ(左)とその群生(右)

Hagakureturifunesou1 Hagakureturifunesou2
 
↓(左)キセワタ(シソ科の仲間です)      (右)ツルボ(これでもユリ科だそうです)

Kisewata Turubo
 
↓秋の七草のハギは至る所で咲いていた。  (右)ゲンノショウコ(ピント合わず)

Hagi Gennoshouko
 
 
↓ 刈払い機で刈られてしまっていましたが、最初、萩かなと思いました。

茎や葉の細かい毛がなんとも可愛くて、帰宅して調べたら、「ネコハギ(猫萩)」。

目に付いたはずです(笑)

    Nekohagi
 
 
赤トンボが沢山飛んでいました。

さて、↓右側の写真には、何やら怪しげな虫がおりますが、わかりますか。

ザトウムシというそうです。一見、クモのようですが、ダニに近い種類だとか。

英語圏では「足長おじさん(Daddy Long Legs)」という愛称があるそうです。

Tonbo2 Nanimono

 
この日の作業は、阿蘇の外輪山にある牧野でした。

ボランティアも予定人数を超え、昼過ぎには作業が終了し、早々と解散。


ありゃりゃ、弁当を食べ損ねたぞ。どこで食べようかしら?でも、まずは汗も流したい。

今日は、どの温泉にしようかと帰途に着いたのでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
植物の名前は、ネット検索、図鑑、知人にヘルプで調べました。
もし、間違っている場合は、コメントにてご一報ください。m(__)m


 

 


|

« 視線の先5 | トップページ | 時間がゆっくり、湯平(ゆのひら)温泉 »

コメント

pencil にゃーにゃさん
やったー scissors なんだか、お墨付きをもらった気分 bleah
「ほぼ」って言葉付きで全然かまわな~い(爆)

そうなんですよね。花だけの写真では調べても区別のつかないことも多かったので、以前よりは、葉や茎を撮るようには心がけているんだけど。
作業中、移動中はゆっくり撮れなくて、残念!ということが多いです。
ハガクレツリフネは、一緒に作業したボランティアの方から教えてもらったので、
ほぼ(笑)間違いないと思います。
そうそう、ネット検索していたら、ヤマアジサイ(熊本周辺)を紹介したHPを見つけたのだけど、色々な種類があってビックリしました。

ザトウムシで卒倒するの~?それが、わかんないなぁ(笑)
にゃーにゃさんが調べたりする生物にも凄いのがいっぱいいるでしょうに~ bleah

猪の死体 eye しかも、踏んだ~~ sign02 凄すぎです(爆)
あ、私、少し前に保護されたウリ坊を抱っこしました。可愛かったですよ。

投稿: iharaja | 2009年9月15日 (火) 23時41分

うちの生物チームの植物専門の人に聞いてみた所、ほぼ全部合ってるみたいですよ!
ヤマアジサイかどうかは葉の出方がよく見えんなぁ~って言ってて、ツルフネソウは、ハガクレ?かどうかそんなの見たこと無いから分からん~って言ってて、ハギはツクシハギだそうです。
赤トンボは、胴の部分の模様が羽でかぶっててよく見えないから種まで分からないそうです。まぁ、赤トンボは『赤トンボ』でいいよって思いますけど、私たちは名前付けるのが仕事なので・・・cancer
ザトウムシは、動いているのを見たら気を失うかもっ!
私たち、この前イノシシの死体を足で踏んでfootしまいましたcrying

投稿: にゃーにゃ | 2009年9月15日 (火) 22時23分

pencil union-jackさん
るつぼって読んじゃいましたか~。
でも、ツルボというのもなんか変な名前ですよ~(笑)
ゲンノショウコ!実物はもっと綺麗な色だったのですよ。実は私も名前は知ってはいたが~でした。ボランティアの方から教えてもらいました。

ザトウムシは、足は8本です。クモのように体がくびれていないです。
モソモソ、ユラユラと動く気配で気付きました。
最初に見つけたときは、もう1匹いたのだけど。もしかして、デートだったのかな。
足長おじさんって感じではないですよね wink

投稿: iharaja | 2009年9月15日 (火) 03時07分

pencil マイキーさん
秋の牧野は花盛りでした happy01
まだまだ、いろんな花が咲いていたのですが、如何せん、作業中なので、これ以上撮影していると、きっと注意されるな~ bleah

猫萩、細かい毛が猫という名前の由来のようです。
「見つけてよ~」とテレパシーを発信してたんですよ(^^♪
ザトウムシ、ダニの仲間ではあるようですが、
ダニと言い切っていいのかは詳しくないので、わかりませ~ん(^^ゞ

投稿: iharaja | 2009年9月15日 (火) 02時53分

お馬鹿な私、「ツルボ」という植物を「るつぼ?すごい名前…」なんて思ってしまったcoldsweats01
ゲンノショウコって名前は聞いたことありますが、花を見たのは初めてです。
名前と違って(?)カワイイ花なんですねー。

ザトウムシと「足長おじさん」・・・・・あまりに違いすぎる(笑)
欧米の人はこ洒落た愛称を付けますね。ザトウムシも嬉しいだろうな。
思わず写真拡大して見ちゃいました。
足は7本?8本?どんな動きをするか、想像は出来ますね。

投稿: union-jack | 2009年9月14日 (月) 22時37分

iharajaさん、こんにちは♪
輪地切りで、生えてた花こんなに沢山あるんですねhappy01
どれも綺麗ですが、ツルボが一番綺麗かなhappy01
刈払い機で刈られたお花、気になって調べられたんですねなんと、猫萩という、猫ちゃんの漢字の入った花だったんですね、偶然とはいえ、iharajaさんが惹かれたのはなんとなくわかりますねhappy01
ザトウムシというんですね、私も写真見て、蜘蛛かと思っちゃいました、こんな大きいダニがいるんですねcoldsweats01

投稿: マイキー | 2009年9月13日 (日) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 視線の先5 | トップページ | 時間がゆっくり、湯平(ゆのひら)温泉 »