« 「いつもの」が嬉しい。「嬉しい」はもっと嬉しい。 | トップページ | 視線の先5 »

2009年9月 6日 (日)

ミョウガがメインディッシュになるとき

我が家では、ミョウガを、生のまま、薬味としての利用しかしていないかも。

味噌汁に、刻んだミョウガを入れたりすることはありましたが・・・。


今回、ジェミーさんから、ミョウガをたくさんいただいたので、レシピを検索。
(薬味だけでは使いきれませんから~;笑)

今まで、思ってもみなかったレシピもありで、色々と試してみました。

  Myougaryouri1

↑左側は「茗荷と胡瓜の刻み漬け」で、右は「茗荷とおかかのかき揚げ」。

刻み漬けはサッパリしていて、茗荷の香りや味が活かされています。

かき揚げは、塩をつけて食べましたが、とても美味しくて、ご飯にあいます。

きっと、酒の肴にもしても、美味しいだろうと思います。


続きましては、

↓ 「ころころ肉巻きみょうが爆弾」。ネーミングが面白いですね。

甘辛く煮ても、フライでもOKと書いていましたが、

お弁当のおかずにも入れようと思ったので、醤油、みりん、酒、砂糖で煮てみました。

これは、冷めてもおいしかったです。

  Myougaryouri2


  ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○


昨日は、阿蘇へ輪地切りに行って来ました。お弁当も楽しみの一つ。

↑ で紹介した、茗荷料理3点をおかずにした「茗荷三昧弁当」でございます。

  Lunchbox


  ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○

 
上の3点は、いずれも「COOKPAD」で見つけたレシピでしたが、

下の2点は、レシピ無しで作ってみました。


まずは、「茗荷と砂ずりの冷やし中華だれ漬け」。

生のままの茗荷と茹でた砂ずりを、唐辛子味噌と

「きょうの料理(NHK)」で紹介していた冷やし中華のタレでからめてみました。

  Myougaryouri3

さあ、お次は、「試してカレー sign02 」 こうなりゃ、カレーもありでしょう(笑)

ナス、茗荷、チキンのカレー」です。

冷蔵庫にあった、屑野菜も色々と入っています。香辛料?そりゃぁ、たっぷり impact

  Myougaryouri4

ナスと茗荷は具材を煮込んだ後から加えています。ハマる味でありました good

【追記】
ナスと茗荷は別々に軽くソテーし、味が馴染む程度に他の材料と一緒に煮ています。


  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


熱を加えると、全般的に、茗荷独特の香り、味が弱まる気がしますが、

そこは個性の強い茗荷のこと。茗荷の味は、しっかり出ていました。

どちらかというと、添える食材がメインに大変身した気がします。

これも新鮮で、ぎっしり詰まった花蕾だから、その美味しさが生きたのでしょう。


|

« 「いつもの」が嬉しい。「嬉しい」はもっと嬉しい。 | トップページ | 視線の先5 »