« 日照不足の夏、なんとなく実感 | トップページ | 空って、やっぱり男の子っぽい? »

2009年8月23日 (日)

グランドのニワトリ、その後

先日、記事で紹介した母校の高校のグランドに住むニワトリの、その後です。


散歩途中の老婦人から、「以前は黒いのもいたのだけど・・・」と聞いた数日後のこと。

白いニワトリに近づくと、なんとなく警戒を知らせるような声になり、

それに呼応するように、生垣の中からも鳴き声。

もしかすると~~~~

   Kuroinomoita

矢印のところに、黒いニワトリが2羽います。もう、びっくりです。


ご近所の方がやって来ました。何をしているのか不審に思ったらしいです(爆)

写真を撮っていることを説明したら、色々と教えてくださいました。

数ヶ月前からここに住んでいる。

黒いニワトリたちは夜は生垣の中で寝て、白い方は地面に寝ている。などなど


ところが、別の日に、少し早い時間に行ってみたら

   Nedoko

白いニワトリも、やはり、木の上で寝ていました。この方が、安全ですよね。
 

   ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○
 

そして、事件です。

それから、しばらくした或る日、生垣の中を覗いたら、1羽が怪我をしています。

   Osowareta

分かりづらいと思いますが、左側のニワトリの背中に傷口。

心配していたら、再び、色々と教えてくれた近所の人がやって来て、

真相を教えてくれました。


この前日、激しい鳴き声がし、見に行ったら、鷹(?)に襲撃されていたそうです。

その方が、大きな声を出して近づいて、何とか無事だったそうです。


夏だし、傷が化膿しないか、このまま、命を落とすのではないかと危惧しましたが、

ご安心ください。治癒力って凄いですね。

   Kuroinomoita2

今は、すっかり元気になって、明るくなると、皆で木から降りて活動しています。

近くに住む人が、餌を与えているところも見かけました。だから、生きていられるのね。


その後も気になり、ここは散歩の途中に立ち寄るようになりましたが、

未だに、慣れてくれなくて、近づくと隠れてしまいます。

まあ、人にも慣れず、警戒心が強い方がいいのかも知れません。


|

« 日照不足の夏、なんとなく実感 | トップページ | 空って、やっぱり男の子っぽい? »