« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月30日 (土)

スーパーモデル空ちゃん

空は、平日、私がいない時は、ほとんど1階で過ごしているようです。


先週末は佐賀関にちょっと出かけた以外は、外出もなく、私も家でのんびり。

そういう時は、少しは空も2階の私の部屋で寛げるのかもしれません。

本を読んでいる傍らで、空もゆったりしていました。


3月の大阪行きの際に、IKEAで買ったクッションを背にしています。

お、空ちゃん、な~んか、カッコいい!まるで、モデル猫みたいじゃん good
(とは、まるで、親バカの台詞なり~~だね bleah

Supermodel

IKEAのカタログに使わせてほしいです・・・なんて、言ってこないかしら happy01


それにしても、このクッション、面白い配色です。

国や文化が異なると色に対する感覚も違ったりする。

ほかにも素敵なクッションがありましたが、この配色が私には新鮮でした。
 
 
 
さて、その内に眠ってしまった空。その姿を見て、華奢な体型だと思います。

白デカ親子とのギャップもありすぎで、尚更、そう思うのかもしれませんが。


 Sweetkuu


そして、この寝姿を見ている内に、ずいぶん前の或る写真を思い出しました。

下の写真です。

撮影日は2003年10月20日。我が家に来て、2日目の空です。

    031020kuu

なんだか、そのままの姿で時を重ねてきたみたいです。


| | コメント (14)

昼ごはんを佐賀関で

このところ、1週間、2週間遅れの記事をUPすることが多いぞ~ coldsweats01

ま、結局、今回もそういうことに相成り候 bleah

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先週土曜日の23日、ちょっと足を延ばして、佐賀関で昼ごはん。

Umi1 Umi2


食べた場所は、海沿いにある関あじ関さば館です。

といっても食べたのは、関あじや関さばではなく、クロメ丼でございます。

今頃、生のクロメが食べられるの~?と思いましたが、冷凍クロメのようです。

      Donburi1


鉢には、クロメのほかに、卵、ブリの刺身、出汁が入っておりました。

箸で、かき混ぜ混ぜ note かき混ぜ混ぜ note を楽しんおります (笑)

元々、クロメは粘りがありますが、卵も加わり、さらにトロトロ~ッと粘っております。

Donburi2 Donburi3


ごはんに乗せて、ハイ、クロメ丼の出来上がり。

   Kuromedon

磯の味。クロメのおいしさも然ることながら、ブリが新鮮でコリコリ。

これは、なかなかにいける味。家でも試してみたいと思います。


   ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○


まっすぐ帰るはずでしたが、せっかくなので一か所だけ寄り道。


早吸日女神社(はやすいひめじんじゃ)です。↓は拝殿。

   Hayasuihimejinja


技巧的な装飾瓦の屋根に目が行きます。

   Haidenyane


当地に浦島太郎の伝説はありませんが、籠宮城や亀にまたがる太郎氏もいました(笑)

Ryugujou Urashimatarou


絵馬の模様が蛸の姿とは珍しいと思ったので、写真に撮りましたが、

この神社の御神体が、大蛸が海の底で守護していた神剣ということからでしょう。

      Takonoema


ところで、神社のHPによると、「蛸断祈願(たこたちきがん)」があるそうです。


「蛸の絵」を奉納して、蛸を自分で定めた期間(最低でも半年)食べずに願い事をすると

必ず成就するといわれる、全国的にも珍しい祈願とのことです。


確かに、酒を断つ、お茶を断つ・・・などといった話を聞くことはありますが、

蛸を断つというのは、面白いですね。ユニークだと思います。

蛸は、例えば、半年の間に食べなくてくても我慢できそうな気もするけれどねぇ。

でも、いざ、食べるのはご法度 paper となると、無性に食べたくなるかもしれません happy01


何かを断つというのは成就するまで苦しい思いをすることに意味があるのですよね。

酒断ちはいつでもOKだわ( ハハ、下戸の私は意味が無いですね~ bleah

珈琲とか香辛料とかを断つというのは、ウ~ン、これは、きっと辛いだろうなぁ。


|

2009年5月21日 (木)

ドキッとさせられたり、邪魔されたり・・・

暑くなってきて、空たちが直接、床に横になっている姿を見ることが多くなりました。

このときも、ちび平がゴロリンしていたので、写真を撮ろうと近づきました。

でも、当のちび平は、階段を上ってくる空の様子が気になるようです happy01

   Nanimiterunokana

ちび平がご機嫌な時、寝転がったままの状態でゴロリン、ゴロリンと移動しながら、

「ねぇ、遊ぼうよ~ heart04 」と霄や空に近づいていく姿を、時々見かけます。

大体において、どちらからも嫌がられる punch のですが・・・(笑)。

このときも、空に「遊ぼうよ~~」と、ちょっかい出しそうな雰囲気。


でも、ここは階段の上ですからねぇ。落っこちると大変。

「まさか、ここで、いつものゴロリは、いくらなんでもないよね~』と思いつつ、

ちび平に、「こっち向いて、いい顔してよ~~~」などと呼びかけていたら・・・・・・


ワーッ wobbly 、ゴロ~~ンと下の段へ~~ shock

   Gororin

もうー、ちび平ったらぁーーーー bearing

ドキッとさせられましたが、無事に下の段にゴロリン着地成功だった。

いやはや、落っこちなくて、良かったです( フゥ~ coldsweats01


空も、まさか、ちび平がここでゴロリンするとは思ってもみなかったのでしょうね。

「ゲッ、何なの annoy 」というような表情で、再び1階へ下りて行ってしまった(笑)


取り残されたちび平君(↓ 左)、空ちゃんに遊んでもらえずに、残念そうですね。

Bokuhitori Kaachan_2

「何の騒ぎなの?」と、2階で遊んでいた霄(↑右)も気になるのか、階段へお出まし。


   Sekisho

親子一緒にくっついている姿はとても微笑ましいです。

しかし、この後、私は1階に行くのに彼らを跨ぐ羽目になりましたよ(笑)

| | コメント (18)

2009年5月20日 (水)

ごはんへの熱意には敬服します

第1段階

   Gohandesuyo1

第2段階

   Gohandesuyo2

ニャーニャーというBGMは、うるさいといより、可愛い~のです(キャハッ bleah


「まだ、早いです~ paperpaperpaper 」と抵抗を続けていると、敵(=ちび平)も一旦小休止。

私が寝ている時は私の上で不貞寝。起きている時は、見える範囲で不貞寝。

Gohandesuyo3 Gohandesuyo4

↑ こんな顔で寝ています。右側の写真は、そろそろ次の行動に移る頃の顔つき(笑)

鼻息が荒くなり、ゴロゴロの音量が upupup

再び、痛い視線を感じてきますよ ↓ (7キロ強の体重も武器として活用中 catface

   Gohandesuyo6


ちび平、おもむろに起き上がり・・・・

   Gohandesuyo7


グ~~ンと顔が近づけてきます。(最終段階に入る兆候ですな)

   Gohandesuyo8

これ以上、撮影は不可。近づきすぎて焦点が合わないこともあるのですが、

何よりも、舐める、啼く、頭の周辺を砂掻きされる、時にはガブッと噛まれることも。


まあ、大体、これを2~3セット繰り返して、ごはんタイムになっていきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この間、空や霄はどうしているのでしょうか。何もしない!というのではありません。


空は、自分の皿やその周りのものを手でチョイチョイと down 落っことしたりします。

霄は、寝ている私の上を何度か横切ります。(この時、計12キロの重さ sad

挙句に、 pc のキーボードに乗ったりもします。

実は、ちび平の行動よりも、空と霄の行動の方が、ごはん催促の効果あり coldsweats01

| | コメント (14)

2009年5月15日 (金)

懲りない我が家

暑い季節になると、少々寂しくなることがあります。

夜、空が2階で寝なくなるからです。

寒い時期は、布団の中に入っているので、白デカ親子も気にならないようですが、

もう寒くないしねぇ。


でも、この日は、昼にもかかわらず、前日より若干温度が下がったのか、

空も2階で昼寝。しかも、毛布にもぐりこんでいます。

      Gosui

霄は、皮下脂肪も厚そうだし、窓際で寝ていても布団など必要が無いかな。

こういう風に、まったりしている姿を見ていると、こちらまで眠くなってしまいそう。


あ~、しかし、のどかだなぁ~なんて言ってる場合じゃなかった(笑)


大体、我が家は危機管理意識が低いのかしら。

Yarareta1 Yarareta2

焼き魚は皿から落ち(=落とされ)、食卓覆いも床に転がっております coldsweats01

またまた、犯罪を未然に防ぐことが出来なかったというお粗末な顛末でありました。


【追記】

今朝、階段の下に、豚肉が1枚落ちていました。昨夜のおかずの残りなり~。

そして、つい今しがた、母からも別途報告あり。食卓の上にも豚肉、1枚!

まったく、懲りていない我が家でありますな(爆)


| | コメント (12)

ぶらり国東半島 vol.1(不定期)

先週の土曜日のドライブは、予期していなかったサールナート閉店事件で、

途中からセンチメンタル・ジャーニーとなってしまった感がありましたが、

国東路そのものは、実に魅力的でした。

訪ねた場所は、田染荘(たしぶのしょう)と、天念寺の川中不動尊です。


田染荘は、千年以上の昔、絶大な権力を持っていた宇佐神宮の荘園でした。

小崎(おさき)地区は、当時の水田の形を今も留めているそうです。

Osaki_panorama2

田圃、一枚一枚の形が違います。

耶馬溪の奇岩奇峰にも似た周囲の低い山と少々歪な形の田圃の不思議な風景。

田圃は、山の裾野の形そのままをトレースしているみたい。

Osaki


6月になると御田植祭があり、飛び入りで田植えに参加も出来るらしい。

Osaki_panorama1b


↓は、道路沿いに立っていた田染荘の絵地図です。

近隣には、六郷満山の歴史を物語る寺や史跡が数多くあります。

Tashibunoshou


 
 
     ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○


サールナートのカレーを食べることが叶わず、それに、時間も下がってきたので、

豊後高田の昭和の町をぶらぶらした後は、このまま帰ろうかなとも思いました。

でも、せっかくなので、当初の予定通り、川中不動尊も行くことにしました。


天念寺の前を流れる長岩屋川の中の巨岩に刻まれた不動三尊です。
(国東半島に点在する、多彩な石像文化財の一つです。)

Kawanakafudou2


Kawanakafudou1


Kawanakafudou6 Kawanakafudou5


天念寺の周囲の山も、耶馬溪のような地形で、天念寺耶馬と呼ばれています。

水墨画に出てくるような風景です。

で、↓の写真をよ~く見て下さいよー search 橋がありますよー eye

Tennenjiyaba2

橋の名は無明橋。修験の道にかかる、天空の橋ですね。

いつか、歩いてみるか~。欄干が無いらしいので、メチャ怖そうですが・・・(爆)

う~~ん、こうして行ってみると、国東半島って、やっぱり面白い。

自動車の免許を取ったばかりの頃は、よく出掛けていたのになぁ。

最近は、すっかりご無沙汰でした。また、行ってみようと思います。

「ぶらり国東半島」と題して、また紹介できればと思います。

あ、あくまで、不定期ですからね~(爆)


     ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○


ところで、田染荘には、田染荘という酒屋があり、私、実は数年前からメルマガ会員。

下戸なのに何故にと自分でも思いますが(笑)、お酒を贈りたいときに重宝しています。


店内は、酒が好きな人なら、きっと垂涎だろうと思う品揃え。私は梅酒をゲットしました。

注文はメールでしているので、実際に、店に寄ったのは初めてです。


和歌山の雑賀黒糖梅酒(日本酒仕込み)です。

一般的な梅酒とは味が違い、面白い味です。ラベルには、ロックでどうぞとありました。

      Umeshu
      兼八四ッ谷酒造の前掛けも買ってしまった私です(笑)

|

2009年5月12日 (火)

小ビックリ!と大ショック!!!

まずは、小(=霄)ビックリのお話から。


8日の早朝、「ごはんの時間だよ~」の4時にはまだ時間があるのに、

目が覚めました。何やら食べ物の匂いがしているのです。

何だろうと、鼻をクンクンクン。すると、足元の床を見て、あ~ら、ビックリ eye

から揚げ 発見。かじった跡がありますね(笑)

   Karaagene2

   ベッドの傍まで銜えて来たということは、お土産の意味もあるのかしらね~ sign02

   ねぇ~、霄ちゃん。

 Watashidehanai

   09shou 「なんで、私が犯ニャンなのよ annoy 」(カジカジ…)

   (あなたしかいないと思うけど。お土産だったなら、一応 Thanks!ね wink


GW中に食卓から強奪されながらも無事だったから揚げ。

余ったものを母が温めなおし、うっかり、食卓に出したままだったのでした。

皿には一応は蓋をしていたのですが、役に立たなかったようですね(笑)


    ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○


続いて、大ショックなお話・・・・ shock


続きを読む "小ビックリ!と大ショック!!!"

| | コメント (10)

2009年5月 3日 (日)

連休最中のミニ事件簿

世の中はGWだ。一応、私もね。

ニュースで高速道路渋滞 carcarbuscarrvcar の様子を見て、へへ~ん、家が一番 good

なんて言ってみる(笑)

さて、今朝、起きてみると廊下に何やらビニール袋が落ちていた。

数秒間の頭ぼんやり状態から脱して、「あ~、これは~~~ coldsweats02

Rakkabutu1 Rakkabutu2

ウ~ム、 search 穴も開いているぞ。

     Genba2


袋の中に入っていたのは、中津から揚げ(鶏のから揚げです)。

袋に穴が開いていたにもかかわらず、中味は無事でありました。(ホッ)

     Nakatukaraage


    ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○


さて、この中津から揚げ。

母が大阪に行くので、昨日の昼に土産を買いに出かけたデパ地下で売っていたもの。

レジ待ちしているときに、その香ばしさに釣られて買ったものです。


ともあれ、母は昨晩、ship で大阪へ出発しちゃいました。

・・・ということは、連休中は私は留守番(=父とcatcatcat の食事係だにゃ)


そして、今朝は「から揚げ廊下に落下事件」があったわけですね~(笑)

事件も一段落してから、しばらくすると、月に一度のお寺さんが来たるでありました。


空、ちび平、玄関でお寺さんを歓迎の後は、殊勝にお経を聞くかと思いきや…

     Zatunen1

ちび平君、少々、お行儀が悪いですよ。お経をあげていただいているのに・・・。

空も今日ばかりは、お経よりオモチャの方が気になる様子です。


お寺さんも、よもや背後がこんな具合とは思っていらっしゃいませんね(笑)

Zatunen2


その頃、霄はというと、

       Hayakukaettehoshiiwa

「早く帰ってくれないかしら~」と、階段下で隠れてお待ちです。

来客があると、霄ちゃんはこんな感じ。

日頃は、押しの強い彼女ですが、どうも、よその人が苦手なようです happy01

| | コメント (17)

2009年5月 1日 (金)

トラちゃん、大活躍?

4兄妹の三番目、長女のトラちゃんは、Fパパさんメイちゃんと暮らしています。

トラちゃんの写真がFパパさんから届きました。Fパパさん、ありがとう~\(^o^)/

トラちゃんの写真を見て、霄ファミリーはみんな体格いいかも~と思いましたよ。


ところで、Fパパさんからのメールを読んで、早とちりの私は、

「エッ、トラちゃんも脱走事件あり~~?」と思ってしまったのですが、

読み直してみますと、先住猫のメイちゃんの脱走事件でした。


そして、トラちゃんは、大活躍だったみたいですよ。

Torachan


鍵をかけられずにつっかえ棒をしている窓があるそうで、その棒がはずれてしまい、

そこから、何気なく出ちゃったメイちゃん。

トラちゃんは、ニャーニャー啼いて、Fパパさんに異変を知らせたみたい。


さて、色々と重なり、メイちゃんはパニックを起こして、高い木に登ってしまったそうです。

夜中でどうしようもなく、次の朝に救出と思っていたFパパさん。

一夜明けて、トラちゃんの傍にメイちゃんがいるを見てビックリ eye


2階に上がって調べてみると、トラちゃんまで外に出たら大変と再び閉めていた

つっかえ棒が外れていたとのこと。

どうやら、枝伝いに窓まで戻ったメイちゃんのために、トラちゃんが棒を外したのでは…と

Fパパさんは推理されたようです。


トラちゃん、なんて賢いの!そして、なんとメイちゃん思いなの~。

↓ あ、実際にメイちゃんに「オ・モ・イ」を伝えている状態?(爆)

Storachanmaychan


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

我が家の体格一番君は、キャットフードの宅配の箱が気に入り、私は箱を捨てられず、

ついには、毛布まで敷いてしまったよ。箱の中は安心かな~、ちび平君?

トラちゃんも元気そうだね。いつか、会いに行くかい?

    Hakoneko


    ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○


本文とは、全く関係ありませんが・・・・・、

takaさんからいただいて、以前紹介したカレーきしめん

そのままでも十分美味しいのに、そこは、私たる所以と申しましょうか・・・(笑)

結局、何種類もの香辛料をドバドバと加え、激辛カレーきしめんと相成りました。

ちょっと前の写真ですが、ついでにアップ。具は、挽肉、セロリ、ピーマン、玉ねぎ。

Kishimen1 Kishimen2


    Kishimen3

腰があって、すこぶる美味しい麺でした。

ところで、きし麺は、お気に入りの長さに切って・・・と説明にありましたので、

一瞬、切らずに長いままで作ったらどうだろうとも考えた。

が、何しろ、麺の長さは160170センチくらいあるらしい。

椅子の上に立って食べる羽目になるかもなぁ~と思い、やめました bleah 

| | コメント (14)

「牛の道」という道があります

26日の日曜日、またまた阿蘇へ。

先日とは別の牧野でやはり親睦会があり、この日は朝からお邪魔しておりました。

牧野に入らせてもらい、わらび狩り。昼から、バーベキュー大会でありました。

大分の焼酎をお土産に持っていったら、とても喜んでもらえました。

ちなみに、私は、バーベキューを食べながら、お茶・・・でしたが(笑)


    ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○


牧野の先に霞む山々は、宮崎県です。

牧野のある高森町からは、国道325号線で高千穂へ行けるのです。
Murayamabokuya

ところで、上の写真。斜面に網目のように筋が幾つもあるのがわかるでしょうか?

望遠で撮った↓の写真の方が分かりやすいですね。筋がはっきりと見えます。

       Ushinomichi

これは、牛たちが幾世代もかけて造ってきた「牛の道」です。

阿蘇の牧野はどこも起伏が激しいので、牛たちは斜面を下りたり、上ったり。

そうして、長い年月をかけて、牛たちが歩いて、できた道なのです。


↓ 上から覗き見ると、こんな感じです。
(マウスオン画像です。歩きやすくなっている場所に色をつけてみました)

見た目は階段のようですが、段そのものが緩やかなスロープの綴れ折りです。

歩きやすいので、野焼きや輪地切りの際には私達もこの道を利用させてもらいます。

大雨の時などは、この牛の道の段によって、斜面を流れる水の勢いが衰えるので、

土砂崩れを防ぐ役目を果たすとも聞きます。


    ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○

この牧野で感激したのが、オキナグサ(翁草)がたくさん生えていたことでした。

以前から、名前は聞いたことがあったのですが、実際に目にしたのは初めてです。

長い髭を風になびかせていました。(髭になる前の姿はマウスオンでどうぞ)

帰宅してから調べたら、もう少し早い時期だと鮮やかだな赤で、六つ星の形の花。

その花が閉じながら、茎が曲がり、その内に髭が伸びていく。

そして、綿帽子のようになるそうです。曲がっていた茎が再び真っ直ぐなるのも面白い。

↓左はヒメハギ、右はミツバツチグリ ( と思われます(^^ゞ )
Himehagi Mitubachiguri

で、↓はオカオグルマ ( と思われます(^^ゞ )

      Okaguruma

| | コメント (8)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »