« 今年参加できた野焼きは2回だけだったが… | トップページ | ごはん盗人~ 成功の秘訣は押しの強さ ~ »

2009年4月25日 (土)

花盗人 ~ 写真でネ ( -_[◎]o ~

先日、阿蘇のある牧野で親睦会がありました。

昨年、その牧野の野焼き・輪地切りに参加したので、声をかけてもらいました。

会場となった作業小屋(以前は、飼料小屋だったようです)の傍らに桜の木が2本。

並んで立っているということは、かって誰かが植えたのでしょうね。

放牧が盛んであった頃のことでしょう。

Pict8868

放牧も途絶えて、今は、人が訪れることも滅多にありません。

そう思うと少し寂しいですが、穏やかな時が流れる桜のある風景でした。

 

小川の水が集まる堰があり、数人が釣りを始めたので、

何が釣れるのかと覗きに行くと、何やら、小さな魚が集まっています。

Pict8897 Pict8894

ご飯粒を餌に釣っているとか。収獲を見せてもらったら、表面がヌルヌルです。

Pict8896

アブラメだそうです。タカハヤのことをそう呼ぶみたいです。

堰の土手に咲いていたヒメオドリコソウ(マウスオンでアップになります)

盗掘ですっかり姿を消しつつある自生のサクラソウ(これもマウスオン画像)

↓別の牧野で撮ったスミレです。スミレ科スミレ属。

P1020589

    ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○

花の季節に、同じの木の傍を通りかかるというのも縁があるのかな。

大分県南の佐伯市の市街地をはずれたあたりに聳え立つ桐の木です。

一昨年は、花が終わりかけの頃で、昨年は花が咲き始めた頃でした。

Kiri2

今年は、ちょうど満開でした。

「桐」は言葉の響きも、その用途も日本的な気がしますが、

花そのものは、洋風な気がしないでもありません。(↓もマウスオン画像)

|

« 今年参加できた野焼きは2回だけだったが… | トップページ | ごはん盗人~ 成功の秘訣は押しの強さ ~ »