« 面白がっている場合じゃなかった | トップページ | 豆腐料理、二品 »

2008年11月 2日 (日)

時間を共有する物、共に過ごす命

1台の車との付き合い、なんとなく「10年か、10万キロ」という気持ちがあって、

周囲の人に聞いても、そういったイメージを持っている人が多い気がした。

先月30日の朝、勤め先の駐車場に滑り込んだ時に、99999キロ。

その日の帰り、駐車場を出て数百メートルで、ついに100000キロ突破。

99999 100000

ちなみに、5年で10万キロを達成。もう少しすると、この車ともお別れです。

この車での一番の遠距離ドライブは長崎行きかな。

通勤に必要な足であり、運転する楽しみを味わえる車でした。ありがとう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


10万キロ達成の前日、霄の傷の治り具合を診てもらうために再び病院へ。

帰宅して夕食をとらずに出かけましたが、次の日が、休診日とあって、

待合室は満員。恐らく、1時間待ちくらいとのことでした。


この日は患犬が多く、犬の場合、キャリーに入っていることは、ごく稀。

怖がるとまずいので、キャリーの中の霄とともに処置室へ続く通路で待つことに。


ようやく、診てもらったのは2時間後。霄を押さえているのは母です。

  Hospital

待っている間に、犬の予防接種に来ていた人が、待ち時間を聞いていた。

病院スタッフの説明では、緊急を要する診察や処置が続いているとのこと。

その度に、順番が後に回るのです。これも仕方ありません。命の問題です。

そのピリピリした空気が伝染したかのように、

いつもより重苦しい雰囲気の待合室での2時間は辛かったです。


体温計で体温が測れないほどの低体温症の仔がいたり、

キャリーの中でグッタリした仔が運び込まれたり。

打ちひしがれた様子で、猫を迎えに来た人もいました。

一緒に過ごした時間を思い出しているのか、その様子は切ないものでした。


  ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○


体温の数値も測れない仔が気になって仕方がありません。

飼い主さんに手渡された仔はタオルに包まっていて猫か犬かは分かりません。

それでも、ピクとも動かないのは一目で分かりました。


飼い主さんは、先程まで、処置室の外で立ち尽くしていた妊婦さんでした。

足がとても辛そうだったから、空いている椅子があるとすすめたけれど、

弱々しく微笑んで、やはり、そのまま待ち続けていた人でした。

「明日は休診ですが、何かあれば連絡をください」のスタッフの声に

肩を落として帰っていった。

待合室でその様子を見ていた人たち全員が、各々心の中で

何とか回復して欲しいと願い、見送った気がします。


  ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○


帰宅して、猫の場合の低体温症はどんな病気が考えられるか調べてみた。

ショック、ケガ、寒さ、先天性の心臓病、ぬれる、子猫衰弱症候群、尿毒症・・・

原因は様々で、高熱になるより、より緊急治療の必要があるようです。

 ( 「猫の病気大辞典」より )

|

« 面白がっている場合じゃなかった | トップページ | 豆腐料理、二品 »

コメント

pen 空ママさん
先日の日曜日に車が変わりました。本当に運転するのが楽しい車だったので、ちょっぴりメランコリックにもなりましたよ sad

普段は、もっとのんびりムードの病院なのですが、この日は辛かったですね。待合室で待っている仔は犬も猫も可愛い仔ばかりで、母は撫でたり、舐めてもらったりしていました。
私とて、色んな仔を抱いたりしたいのは山々ですが、そこは病院。どんな病気が潜んでいるかは分からないので我慢です despair
疥癬の猫ちゃん、猫風邪の猫ちゃんもいたので、母にも車に戻ってきてから手を消毒してもらいました。

投稿: iharaja | 2008年11月12日 (水) 05時58分

iharajaさん、ご無沙汰してました~~!
愛車ともう少しでお別れですか・・。
なんにでも、別れは来るのですね。寂しいですweep
宵ちゃん、2時間も待ったのですか!
よく頑張りましたね。iharajaさんもお母さんもお疲れになったでしょう・・。
うちが行く病院はほとんど待たされることも無く、待っている人のいない時など、いろいろ先生に質問したりして、のんびりムードですcoldsweats01
でも、やはり病院て、人のも動物のも辛いことに出会う所でもありますよね・・・。
生きている限り、別れはある。
そう思うと、やはり今を大事にしたいと思いますconfident

投稿: 空ママ | 2008年11月11日 (火) 09時58分

pen ミモザさん
5年で10万キロを走るとは夢にも思っていませんでした。
勤務先が遠くなり、その結果と言ったところ。結構傷だらけです(^^ゞ
霄の再診は初診の先生ではなかったので、もう一度行くかもしれません。

なんだか、今回の記事は自分も含めてなのですけれど、
皆さんにいろいろと思い起こさせてしまったみたいで・・・。
でも、それだけ、愛すべき犬や猫たちだったということですね。
タオルにくるまれ帰って行った仔には、元気になってほしいです。
そして、あの妊婦さんを笑顔にしてほしいなぁと思います。

投稿: iharaja | 2008年11月 5日 (水) 13時19分

私は車に乗らないので分からないのですが、大切に
乗っている車は気持ちに応えてくれるのでしょうね。
霄ちゃんの傷が回復しているとか。。良かったです。
あの仔猫ちゃんが回復しているのか心配です。
読んでいて涙が止まりませんでした。
私もワンコを含めて数回同じような立場になった事があるから。。
京都の空から無事を祈ります。

投稿: ミモザ | 2008年11月 4日 (火) 12時49分

pen りりあんさん
私自身、10万キロにはビックリ eye です。
こんなに乗ったの初めてで、前の会社の時はガソリン給油がひと月に1回ということもあったのに、今は1週間に1回は必ずガソリンスタンドに寄ってますから、気付かぬ内にって感じです。

なんだか、今回は辛いことを思い出させちゃって…
私も宙や力を見送る前の病院でのやりとりを思い起こしていたんです。
周囲の様子はほとんど覚えていなくて、抱きかかえた感触がよみがえります。

投稿: iharaja | 2008年11月 4日 (火) 06時17分

pen cyacyaさん
ほんとに、よく走ってくれました。次の車検の頃には12~3万キロで、傷も直すと結構費用がかかるし…などなど色々考えて手放すことになりました。

病院の規模としてはそれほどでもないのですよ。
診察室、広い処置室、検査室、レントゲン室、各々1室です。
それでも医師は院長含めて3名、何より午前0時まで診てくれるというので、ここに来る人は多いです。

お陰様で、霄の傷も順調に治っています。何よりだと思います。

病院に行くと、色々な症状の仔がきていますが、この日ほど重症の仔が多いのは初めてで、気持ち的にしんどかったです。

ハイ、ビール派なのですね(*^^)v
来季はメチャ旨ビールを飲めるといいですね。新監督の下、秋季キャンプも始まったようですし、衝心の日々から抜け出てくださいよ~(^^♪

投稿: iharaja | 2008年11月 4日 (火) 06時15分

pen 珠琳さん
待ち時間を確認した方がいいですよね。
待つのが長くなれば長くなるほどニャンズの精神的な負担も増えるし。
次の日が休診だったと慌てて行ってしまいましたが、ほかの人も考えることは同じだなと思いました。

冷たい場所で誰にも気付かれないまま逝ってしまう仔も多いですね。
愛する人に抱かれる仔は幸せなのかもしれませんね。

投稿: iharaja | 2008年11月 4日 (火) 06時13分

pen マイキーさん
来週には新しい car になるんですよ。今の車は5台目かな。色々な所に出かけるときの良きパートナーであったと思います。
車検が近く、そのまま乗り続けることも考えてたのですが、ま、諸事情で乗り換えることにしました。
いつだったか、修理工場でブレーキパッドを交換したんですかって?聞かれたことがあります。減ってないから、そう思ったらしい。坂道ではエンブレを使う、コーナー前で十分減速、コーナー回る時にもブレーキ使わない、渋滞時もアクセルのオンオフでブレーキ使わない・・・といった運転しているからかな。
あ、これ自慢です scissors

霄の傷は順調に治っているようです。猫の皮膚は強くて表面上の傷は比較的に治りが早いのですよね。
逆に、傷が皮膚の下にまで及んでいると、化膿した部分を皮膚が治ることによってふさぐ場合がないわけではないので、経過はよく観察したいと思います。

「体温計で体温を測れないのです」という言葉が聞こえた時は本当に驚いてしまいました。とにかく体温をあげることが先決らしく、ブドウ糖のようなものも手渡していました。なんとか、回復してほしいです。

投稿: iharaja | 2008年11月 4日 (火) 06時11分

pen union-jackさん
検索で調べてみたら東京ー大阪は直線距離で400キロらしいです。ということは125回往復したことになるのかな。
この数字だと「あら、たったそれだけ?」って気になるのは何故?(笑)
面白くなって、地球1周はと調べたら、4万キロくらいですって。2周半したことになる。これなら凄いって思えたりもします。

待合室の話、色々と思い出させてしまいましたね。ごめんね。
重症の宙や力を病院に連れて行った時の待合室もこんな感じだったのかな。断片的なシーンは覚えているのだけど、なんとなく繋がりがない感じなのですよ。

サビちゃんと宙や力、どこかで出会っているかな。
私たちのことを見て、人間って感傷的なのねなんて思ってるかしら。

投稿: iharaja | 2008年11月 4日 (火) 06時07分

pen ジェミーさん
ハルオ君も7年頑張ったのですね。ところで、今の車の名前は何かな sign02

そうなんですよね。どこへ行くにも一緒という感じの車です。我が家の3ニャンも好むと好まざるとに関係なく乗りました^m^
まだ十分に乗れる状態とは思うのですが、いろんなことを検討して、買い替えということになりました。
今週末、多分阿蘇に行くことになるので、それがラストドライブになるでしょう。どこかで記念写真 camera でも撮ろうかな。

いつもはもっと明るい雰囲気ですが、この日は重症の仔が次々という感じでした。
体温計は一体何度から計れるのだろう。そんなこともふと思いながら、霄に触れ、その温かさに安心しました。

投稿: iharaja | 2008年11月 4日 (火) 05時59分

10万キロ、すごいですshine
私ってそこまで乗った事ないbearing
もちろん10年も乗った事ないですsweat01
ま、うちの場合は子供の成長とかにも左右されたし仕方ないけど(言い訳coldsweats01
なにより、飽きちゃうんですよね・・・だめですねぇ(反省)

動物病院の待合・・・思い出しました。
私も「もう長くないです」って言われた時は、涙が勝手にボロボロ出ちゃってsweat02
待合室のみんなが静かになって・・・だから私が泣くのが余計目立っちゃった。
家まで車で20分くらいなんだけど、涙で前がよく見えなかったです。
そのときカーラジオでなってた曲聞くと、今でも涙が出てきます。

投稿: りりあん | 2008年11月 4日 (火) 00時06分

iharajaさん、こんばんわ~(*^。^*)
10万キロ達成おめでとうございま~~す♡
愛車ちゃん、よく走ってくれましたね、お疲れ様でした。。

iharajaさんの行かれる病院は大きな病院なんですね。
沢山の患者さんがいると、症状もいろいろだとは思っても
重苦しい雰囲気には、心が辛いです。
みんな元気になってほしいと願います。
霄ちゃんは傷の具合は順調に治っているのですね、良かったです。

あっ、焼酎の件ですが、普段はあまり飲まないんですよ。
今回はたくさんのかぼすを頂いて、いろいろとお料理や保存や沢山考えて、せっかくなのでかぼすハイも作って飲ませてもらいました。ビール派なので、そんなに飲みませんので、お心だけ有難く頂戴いたします。お気づかい本当にありがとうございました。

投稿: cyacya | 2008年11月 2日 (日) 22時04分

pen 鯉三さん
1台の車で10万キロを超したのは初めてで、ちょっと感激です。
まだ乗れないことはないのですが、色々なファクターが重なり、これも替えどきかなと心を決めました。
乗っていて楽しい車だったので、ここにきて少々感傷的です。

動物病院の待合室って、その居合わせた瞬間、ある種の連帯感が生まれます。
本当にどの仔も元気になれ!と思います。

そうなんです。4日に北九州で講演をされるそうです。明日なら行けたのに残念です。体調も悪かったと何かの報道で目にしたのですが、大切な来日なのですね。

投稿: iharaja | 2008年11月 2日 (日) 20時11分

以前は1時間ぐらい待った時もあったので前もって電話して混み具合を聞いてから行ってましたが、最近は周辺でも動物病院が増えたせいかそれほど待たされることがなくなりました。
が、やはり緊急で来ているとほんの数分でも長く感じるものですよね。
やはり見た目にもわかる位具合が悪い仔がいると切なくなりますよね。
でもそうやって思ってくれる暖かい人の手に抱かれる仔はとても幸せな仔なのだと思います。

投稿: 珠琳 | 2008年11月 2日 (日) 18時56分

iharajaさん、こんにちは♪
車、10万キロですか5年でそれだけ乗られたという事は、かなりの距離走られたんですねhappy01
おっ、乗り換え考えられてるんですね、でも、これだけ愛着がわくと、ちょっと複雑な気分になるんでしょうね、この車での色んな思い出とかもありますよねcoldsweats01
私は、車は今ので3台目なんですが、1代目は中古で、5年ぐらいで、以前乗っておられたのが5年でしたので丁度10年で距離は10万キロ行ってなかったです、2台目は一昨年に右折しようとした所に、トラックが追い越そうと後ろから接触されて、前のヘッドライトと、ボンネットところがぐしゃっとなって、今の車に買い換えました、以前の車は8年乗って、5万キロくらいでした、でも、買う目的での車選びは楽しいですが、私の場合、買い替えか、修理しか選択がなくて、修理して乗って、また故障だと嫌なので、結局それを頭金の一部にして買いました、ホントに痛い出費で、今もローン払ってますcoldsweats02
霄ちゃん、傷どうでしたか、大分良くなってきてるみたいですが、その他にも、怪我してたんですね。
動物病院、次の日休みだと、患者さん多いんでしょうね、急患が多いということは、そこの動物病院はお上手なんでしょうね、でも、妊婦さんが、愛犬か愛猫の為に旦那さんと身重で病院って泣けますね、それに、動かなかったんですね、病院としては、最善を尽くしたので様子を見てくださいとのことだったのかな、私も、そういう場面で、ワンちゃんだったんですが、ご夫婦で、来られていて、老犬だったらしく、かなり衰弱していて、その後が心配だったんですが、どうなったのかが気になってました。
出来れば、沢山の動物が助かってほしいって言う気持ちは、ありますよね。
低体温症と言う事は、体温が下がるから、大事な臓器とかの働きも低下しちゃって、抵抗力も落ちちゃうんでしょうね。

投稿: マイキ- | 2008年11月 2日 (日) 18時00分

おーっ 見事な数字! 私は運転しないのでわからないのですが
10万キロっていうと、東京-大阪間を何往復だ?なんて計算したりして。
長年乗った車とお別れするにも、やはり色んな思い出が交差するのでしょうね。

霄ちゃん、良くなっているようでこちらも安心しました。
獣医さんでの待ち時間・・・不思議な事に、自分の診察までの待ち時間は長くて長くて大嫌いなのに、獣医さんでの待ち時間は結構平気。
「お先に」「お大事に」・・・初対面でも、こういう言葉が自然と出る、獣医さんでの待合室。「命」の重さを知っている人ばかりだからでしょうか。
今回のiharajaさんの記事、泣けてしまいました・・・(スイマセン泣き虫で)
サビさんを失ってから、以前よりダメですね~。
みんな元気になってほしいです。時間がかかっても、元気になってほしいです。

投稿: union-jack | 2008年11月 2日 (日) 16時16分

ワタシも~car乗れるだけ乗り続けるぞ!と一目惚れして購入して7年乗った車「ハルオ(←車に名付け 笑)」が10万キロになることもなく動かなくなってしまい、今の車に買い換えたのが昨年でした~weep
車ってジブンの持ち物の中でもしかしたら一番思い出を共有してるモノかもしれません。。。shine
iharajaさんcar、お疲れ様でしたrvcarshine

病院の張り詰めた空気が伝わってきます。
知らないものどおしなのに皆で『頑張ったねぇ』と声を掛け合ったり、声をかけられない状態のコにはココロの中で『頑張るんだよ!』と祈ってる。
低体温の仔、頑張って、元気になりますように!

投稿: ジェミー | 2008年11月 2日 (日) 13時52分

10万キロですか!きっと車も満足しているでしょうね。まさに愛車とはこのことです。

病院は動物も人も行きたくない場所ですね。偶然居合わせた名も知らない猫や犬たちが、みんな元気になってくれることを願わずにいられません。

ダライ・ラマ14世の講演会が北九州で行われるそうですね。

投稿: 鯉三 | 2008年11月 2日 (日) 10時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 面白がっている場合じゃなかった | トップページ | 豆腐料理、二品 »