« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月24日 (月)

髭の毛穴

猫たちの顔の中で、髭の付け根の毛穴は、けっこう目立ちます。

    Higenoana1

ちび平の毛穴は、なんだか、運針の糸目を彷彿させます(笑)


空の毛穴は周囲が黒っぽい毛なので、霄やちび平の毛穴より大きく見えます。

そして、もう一つ特徴があります。

    ↓ 写真の矢印の先が、問題 ( 大袈裟 ^m^ ) の毛穴です。

    Higenoana2

正面から見ると search 一目瞭然です。右目の下にはないでしょう?

    Higenoana3

というより、髭の毛穴が左側に一つ余分にあるという方が正しいですね happy01

ここから髭は伸びることはないようです。だから、まるで「ほくろ」のようです。


    cat 「チャームポイントにゃ!」

    shadow 「あら、そうなんですね (^^♪」


| | コメント (16)

ぐっすり空ちゃん

みんな、ぐっすり眠っていたのに、私の動きを察知したようで、

霄とちび平が起きてきました。ごはんは、まだ先なんだけどね。

    あ、霄ちゃん、空ちゃんにチョッカイ出さないでね~。

    あ、ちびちゃん、カメラのストラップは狙わないように!

    Gussuri1

    空は起きる気配もなく、ちび平の尻尾も全く気にならないみたいです。

    Gussuri2

気持ち良さそうにぐっすりだから、寒くないとは思うけど、陽も傾いてきました。

なんとなく、布団か何かを上に掛けてあげたくなりますね happy01

    Gussiri3

| | コメント (10)

2008年11月21日 (金)

大江戸定年組シリーズ 1~7

その本は、数か月に1冊の割合で出版されます。
もう、そろそろ出る頃かなと先日探したら、出てましたよ、7巻目!

「そんな気がしたんだよね~」と予感的中の嬉しさもあり(*^^)v

さて、その本とは、風野真知雄さんの短編集「大江戸定年組」です。
初めて目にしたのは1年ほど前。確か、シリーズの3作目だったと思います。

未知の作家の作品の場合、帯のキャッチやカバーの短い作品紹介、
表紙の絵などが決め手になることが多く、この時もそうでした。

それに、"定年"という言葉も気持ちのどこかに引っかかったのかも。

シリーズ物だし、第1巻「初秋の剣」から読み始めることにしたのでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Ooedoteinengumi pen 風野 真知雄 著

 book 大江戸定年組シリーズ
       (二見時代小説文庫)


 one 初秋の剣

 two 菩薩の船

 three 起死の矢

 four 下郎の月

 five 金狐の首

 six 善鬼の面

 seven 神奥の山
 
 
舞台は、江戸。

定町回り同心の藤村慎三郎、三千五百国の旗本の夏木権之助

そして、小間物屋の七福仁左衛門、何の接点もなさそうな3人ですが、

実は、10代の頃に通った大川(墨田川)の水練の仲間だったのです。


しかし、生活の基盤そのものが異なるため、すっかり疎遠になっていたところ、

ある水練仲間の死をきっかけに久方ぶりに顔を合わせることになります。

幼馴染ともいえる間柄には、過ぎた日々の埋め草は必要ないようです。

それに、各々が息子に家督を譲り、何やら複雑な思いの共感もあって、

また昔のようにつるもうではないか…。


日常から少し離れたい気持もあって、3人だけの隠居所を探し、

いくつか事件を解決したこともあり、

自分たちでできる範囲の「よろず相談」を引き受けるようになります。

それぞれの持ち味を生かして隠居3人組が大活躍、人情にほろり。

それが「大江戸定年組」シリーズです。


難事件、珍事件を柱に、3人の人柄、それを取り巻く人々に魅力を感じ、

また、江戸ならではの世界にも引き込まれてグングンと読んでしまいます。

各巻とも、引き受けた「よろず相談」の短い話が、5話ずつ収録されています。

事件の合間に・・・・というよりは、

こまごました留守番や猫探しなどの依頼の合間に事件があると見るべきか(笑)


それぞれの話は短編で完結しますが、

大きな流れは時間とともに順を追うので、やはり1巻から読みたいところです。


文庫書き下ろしということもあってか、「え、そこで終わるの?」という塩梅で、

その先が気になって、次の本を、再び何か月か待つというシリーズとなりました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ところで、隠居所を「初秋亭」と名付けます。

ある商人が建てた仕舞屋を借り受けたわけですが、

建物自体が凝った造りで面白く、ロケーションもとても魅力に溢れています。

ああ、こういうアジトが私も欲しいと思うほどなのです。


しかも、この家屋には、猫ドアがあるのだ~ eye


藤村慎三郎が、襖や壁にある穴を何の穴かと不思議に思っていた矢先、

野良猫が自由に出入りする光景を見て、

「猫の出入り口であったか」と合点する。まさに猫ドアなんですね~ bleah

今のところ、この猫穴や出入りする野良猫が話題になることはないので、

いつか、この穴が絡むエピソードでも書いてもらいたいものです。

もし、そうなったら小躍りしてしまうでしょう。リクエストしようかしらね(笑)


  ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○


3人という組み合わせに、なぜか安心感も覚えます。

私の場合がまさにそうなのです。

高校からの親友3人組しかり(↓左)、東京時代の親友3人組しかり(↓右)。

Highschool3 Tokio3
(左:H19年3月・九重町宝泉寺温泉にて)  (右:H19年10月・那覇空港にて)


些細ではあるけれども、何か気持ちのすれ違うことがあっても、

その内の一人が何となく緩衝材の役目を担うことがあります。

その一人が自分のこともあれば、ほかの二人のいずれかの時もある。

めぐり合わせで、なんとなくそうなる。


勿論、人柄が好き、気が合うからと付き合いが続いているわけですが、

「3人」という組み合わせも、多少は長続きの由縁かなと思うのです。


で、その「」という数字。

空、霄、ちび平達には、効力があるのか、ないのか…?

    Thethree


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつものように長い文になってしまいましたが、もう少しお付き合いを m(__)m

全シリーズにまたがった、大変気がかりで、どうなるのだろうと思っていた事件が

7巻「神奥の山」では、ある意味、解決を見ます。

ここで終わっても(不満は残るだろうけれども)、不思議ではない気がします。


いやいや、主人公3人の各々の奥方が色々な悩みを経て共同で商売を創め、

7巻の終わりには、ついに工房を持つまでに。(しかも、隠居所の目と鼻の先)

まだまだ、これから紆余曲折を願い(笑)、 cat 登場の話を夢見て

次を待つことにしましょう。

ちなみに夫たちの隠居所は「初秋亭」、対して、妻たちの工房は「早春工房」(笑)

| | コメント (6)

2008年11月16日 (日)

「グーグーだって猫である」1・2(文庫版)

book 「グーグーだって猫である 1」 (角川文庫 お 25-1) (文庫)

  ■ 文庫: 126ページ
  ■ 出版社: 角川グループパブリッシング
  ■ ISBN-10: 4044348022
  ■ ISBN-13: 978-4044348021
  ■ 発売日: 2008/6/25


book 「グーグーだって猫である 2」 (角川文庫 お 25-2) (文庫)

  ■ 文庫: 124ページ
  ■ 出版社: 角川グループパブリッシング (2008/7/25)
  ■ ISBN-10: 4044348030
  ■ ISBN-13: 978-4044348038
  ■ 発売日: 2008/7/25

    Googoo


十数年間、一緒に暮らした猫「サバ」を病気で失った大島弓子さん。

ただただ癒されたいがために通っていたペットショップで、

ある時、アメリカンショートヘアーの子猫に出会います。

あまりにも幼く、あまりにも元気がない様子に、連れ帰ることになります。

そして、その子猫は「グーグー」と名付けられました。

この漫画エッセイは、それからの日々を書き(描き?)綴った本です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


グーグーが大島家に来た当初、

つい、「サバ!」と先代猫の名前で呼び、自己嫌悪する場面がありました。

「空は空。決して、宙の代わりじゃないよ!」と言っていた頃を思い出しました。


大島さんが癌治療で入院・手術という事態に、万一を考え遺言を作る場面では、

今、私がそのような状況になったら…と考えてしまうこともありました。

本の中で、闘病生活の様子は実にさらりと書かれています。

でも、実際はそんな生易しいものではなかったでしょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そんな辛い話も含まれているものの、全体的にほのぼのとして、

そこかしこに、ユーモアもちりばめられています。

グーグーは可愛いし、その後に増えた仔たちも興味深いです。

1巻では、ビー、2巻では、クロ、タマが、大島さんとグーグーの家族になりました。

あっという間に読んでしまったという感じです。(本の薄さのせいもあるかな)

単行本では既に4巻まで出ていますが、

文庫本派としては、いずれ、そのサイズで出るまで待ちましょう。


(実は、ここまで書いた後に前記事のジレンマに陥ったのですけどね)


  ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○


ブログ記事を書いているとき、一気に書くこともありますが、
煮詰まったりすると、一時保存して、ちょっとよそへ遊びに行くことがあります。

そんな折、takaさんの猫屋敷で「ねねちゃんのワクチン」の動画を見ていたら、
その啼き声に、布団にもぐりこんでいた空たちが一斉に飛び出しました。

       Dokoniirunya1

あらぬ方向を見てますわ。あら、耳はこちらを向いていますね。

shadow 「お~い、声の主は、このパソコンの中だよ~。」

cat 「うん?こっちにゃか?」 と空が振り向きました(笑)

    Dokoniirunya2


| | コメント (14)

「グーグーだって猫である」を紹介する前に

大島弓子さんの漫画エッセイ「グーグーだって猫である」の1・2巻を読みました。

雑誌に連載され、数年前に単行本が出ていたようですが、
私が目にしたのは、文庫版が初めて。

かって読んだのは「綿の国星」と「ミモザ館でつかまえて」。
ふわっとしていて、繊細で。
大島ワールドとでも言いたくなる、その独特の雰囲気が好きでした。

    Mimosa1


記事にするからには、3・4巻の内容も少しは知っておこうと、軽い気持ちで
Amazonを開き、紹介記事を読んだのですが・・・。


少々戸惑ってしまいました。
ブックレビューを読んでみたのです。

レビューを書いた人たちは、大島弓子のファンであり、
その大半が猫好きという印象を受けました。

それはそれで、何の変哲もないことだと思います。

驚いたのは、一部のブックレビューの内容でした。

3・4巻は共感しつつも、大島さんの猫たちへのスタンスに違和感を覚え
切ない気持ちになるかも知れない。

そんな思いが、ちらりとよぎるコメントがあったからでした。

    Mimosa2

う~ん。

ともあれ、読んでもいない3・4巻のことで、モヤモヤしても仕方ないしね。

「グーグーだって猫である」1・2巻は愉しむことができたのですから、
紹介記事はアップしようと思います。


それに、この本が気に入った一番の理由は、
グーグーのイラストが空に似ている気がするからかも。

グーグーは、口がいつも「への字」に描かれているのです(笑)

Henojinokuchi


  ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○


Mimosanonamiki
ミモザの写真は、
今年の3月に撮ったものです。

ミモザは本来、オジギソウのこと。
でも、今では
フサアカシアやギンヨウアカシアを
ミモザと呼んでいます。

この花が満開になると
優しい黄色の光に包まれます。

|

2008年11月14日 (金)

空が初乗客でございます

Joshuseki10日は振替休日。

空の予防接種に行きました。

傷の治り具合によっては

霄も一緒にと思いましたが、

大丈夫のようなので留守番。

新しい car の初の乗客、

空ちゃんとあいなりました。


  ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○


さて、その空ちゃんですが、

案の定、診察台の上で、唸る annoy 、パンチが出る punch

かくして、バスタオルで羽交い絞めにされての注射となりました。

私も押さえ役に回ったので、 camera の出番もありません bleah


  ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○


本当は危ないのだけど、帰りはキャリーから出ております。

外を見たり、車内を動いたり。

ちょっと落ち着くまで駐車場で待ちましょうね。

Joshuseki3 Joshuseki2

その内に、空も助手席で寛いできたようなので、駐車場を出ました。

お客さま、新しい車はお気に召したでしょうか?

| | コメント (12)

納車当日

輪地切りの翌日9日は納車の日。↓ この車とも、いよいよお別れです。

前日の泥汚れを落として、玄関前で camera いざとなると名残り惜しい!


            Thanks

(納車といっても取りに行きます。その分の費用が浮きますもんね。)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


販売店に着いたとき、その前の道路で「車いすマラソン」が行われていました。

写真を撮っている場所から2.5キロ程先の市営競技場がゴールです。

この時間帯には、既に、ほとんどの選手がフィニッシュしているはず。

だから、目の前を行く選手は、最後尾に近い選手たちです。

気力、体力を振り絞って前進しています。

Race2 Race3

車の通行が規制され、また、沿道の観客も少なくなっているので、

静寂の中で、車いすの車輪の音、選手の息づかいだけが耳に届きます。

そうこうしている内に、後方の緊急車両数台が一斉に動き始めました。

↓ このレースの一番ラストの選手です。

外国人選手のようでしたが、「頑張れ」という言葉が届いたでしょうか。

     Race


    ○  ○  ○  ○  ○  ○  ○  ○  ○  ○  ○  ○  ○


さて、納車も無事に終わり、担当の営業ウーマンに別れを告げると・・・。

記念写真を撮られ、営業所の人たち皆から見送られ、赤面する思いでした。


ところで、車のサイズもほぼ一緒なのに、すんなりと車庫入れができない。

なんだか、いつも以上に慎重になっていますね。

|

最後のドライブは阿蘇

7日の夜からの雨は降り止まず、8日の輪地切りは中止と思いきや…、

当日の朝、電話で確認したら「しま~す!」だって coldsweats01

ともかく、雨具を準備して、阿蘇までGO!


次の日の9日が新車の納車日だから、5年間乗った車のラスト・ドライブとなりました。

この日の阿蘇路は、木々の紅葉がアクセント。

霧や雨で空気がしっとりとして、とても気持ちのいいドライブとなりました。


そして、牧野の色彩には、もっと魅せられてしまいました。

霧に煙ってはいますが、草や灌木が様々な色に紅葉しています。

多様な草が育っているからこそ、多彩な秋の色になるのでしょう。

     Naganobokuya

作業が終わり、軽トラの荷台に乗って戻っていたら、霧の中にのっそりと赤牛。

     Akaushi

「こいつら、何者だ?」と思われたような気がします(笑)

|

2008年11月 5日 (水)

豆腐料理、二品

先日来、食べたかった「麻婆豆腐」、そして、

鯉三さんがブログで紹介されていた「皮蛋(ピータン)豆腐」を作ってみよ~~ delicious

(平日は母に任せきりで食事の用意などしないから、休日は、たま~~に頑張る)

ピータンが手に入らないときは、どうしようかなあ。

試しに「ピータンもどき」で検索したら、煮玉子がヒット happy01

これもありかもね scissors と、タレ(醤油、酒、水、みりん、ニンニクを煮る)に、

ゆで卵を入れ、数日間、冷蔵庫で漬け込んだものを使うことにしました。

    Tamago

麻婆豆腐用の甜麺醤と豆鼓を切らしていたので、スーパーに行くと、

なんと、ピータン発見 eye

エスニックな食材も以前に比べると手に入るようになったものですね。

(う~む、中国製か despair 台湾製は地方都市では手に入らないかな。)

   ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○

さて、「麻婆豆腐」と、「皮蛋豆腐もどき」(右奥)です。

(↓ マウスオン画像です。皮蛋豆腐は、ピータンを調味料感覚で食べる料理と

 いう文を見かけたので、潰しながら、他の具材も混ぜて食べております。)

激辛「麻婆豆腐」、HOT impactimpactimpact 鼻の頭には汗 sweat01  ご飯、モリモリ。

「皮蛋豆腐もどき」、サッパリしていて、

そのくせ、ピータンと煮玉子のまったり感がいい感じです。

我が家では、ご飯のお供になりますが、酒の肴にもぴったりだと思います good

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の「皮蛋豆腐もどき」
(料理店で食べたことがなくて、材料・分量も適当なので “もどき” ということで…)

タレは、醤油、黒酢、酒、ごま油、にんにく。鯉三さんをまねて、柚胡椒も加えています。

2~3センチ角に切った豆腐(冷奴状態)の上のトッピングは、

ピータン、煮玉子、ワサビ菜(本来は香菜やネギなど)、ザーサイ、生姜です。

   ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○

本文とは一切関係のない、我が家のHOTな御三方です。

** なんと言っても、ホットに暴れるちび平君。今日は踊ってますね bleah **

    Chibi

****** 意外にひょうきん、霄ママ。熱き心で息子を愛し、叱ります ******

    Shou

** あら、空ちゃん、今日はクールな感じ?それとも、アンニュイな感じかな? **

    Kuu

| | コメント (13)

2008年11月 2日 (日)

時間を共有する物、共に過ごす命

1台の車との付き合い、なんとなく「10年か、10万キロ」という気持ちがあって、

周囲の人に聞いても、そういったイメージを持っている人が多い気がした。

先月30日の朝、勤め先の駐車場に滑り込んだ時に、99999キロ。

その日の帰り、駐車場を出て数百メートルで、ついに100000キロ突破。

99999 100000

ちなみに、5年で10万キロを達成。もう少しすると、この車ともお別れです。

この車での一番の遠距離ドライブは長崎行きかな。

通勤に必要な足であり、運転する楽しみを味わえる車でした。ありがとう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


10万キロ達成の前日、霄の傷の治り具合を診てもらうために再び病院へ。

帰宅して夕食をとらずに出かけましたが、次の日が、休診日とあって、

待合室は満員。恐らく、1時間待ちくらいとのことでした。


この日は患犬が多く、犬の場合、キャリーに入っていることは、ごく稀。

怖がるとまずいので、キャリーの中の霄とともに処置室へ続く通路で待つことに。


ようやく、診てもらったのは2時間後。霄を押さえているのは母です。

  Hospital

待っている間に、犬の予防接種に来ていた人が、待ち時間を聞いていた。

病院スタッフの説明では、緊急を要する診察や処置が続いているとのこと。

その度に、順番が後に回るのです。これも仕方ありません。命の問題です。

そのピリピリした空気が伝染したかのように、

いつもより重苦しい雰囲気の待合室での2時間は辛かったです。


体温計で体温が測れないほどの低体温症の仔がいたり、

キャリーの中でグッタリした仔が運び込まれたり。

打ちひしがれた様子で、猫を迎えに来た人もいました。

一緒に過ごした時間を思い出しているのか、その様子は切ないものでした。


  ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○


体温の数値も測れない仔が気になって仕方がありません。

飼い主さんに手渡された仔はタオルに包まっていて猫か犬かは分かりません。

それでも、ピクとも動かないのは一目で分かりました。


飼い主さんは、先程まで、処置室の外で立ち尽くしていた妊婦さんでした。

足がとても辛そうだったから、空いている椅子があるとすすめたけれど、

弱々しく微笑んで、やはり、そのまま待ち続けていた人でした。

「明日は休診ですが、何かあれば連絡をください」のスタッフの声に

肩を落として帰っていった。

待合室でその様子を見ていた人たち全員が、各々心の中で

何とか回復して欲しいと願い、見送った気がします。


  ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○


帰宅して、猫の場合の低体温症はどんな病気が考えられるか調べてみた。

ショック、ケガ、寒さ、先天性の心臓病、ぬれる、子猫衰弱症候群、尿毒症・・・

原因は様々で、高熱になるより、より緊急治療の必要があるようです。

 ( 「猫の病気大辞典」より )

| | コメント (18)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »