« 導入! | トップページ | 昔ながらのおやつ »

2008年10月24日 (金)

のどかな秋の1日をお裾分け♪

Shorror Slope

いきなりの大鎌の写真。のどか~どころか、ホラー映画もどきだったかな bleah

19日に参加した輪地切りでは、この大鎌を持っての草寄せ係です。
刈払い機部隊の後方について、刈った草を両脇に寄せていく作業です。

結構、体力がいる作業なのですよ。
『ウヘェ~、今日は体力が持つかしら?』なんて考えも浮かびます happy01

作業も終わりに近づいた頃に、すこぶる急な斜面が待っていましたよ bleah

↑ 左は、その斜面を下っている写真。降りるだけで精一杯の場所もありました (^^ゞ
下り終えて、急だったなぁと撮影していると、ほかのメンバーも同じ思い?(笑)

でも、しっかりと防火帯ができました。これで安全な野焼きができます good

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Houboku Leader

↑(左)丘の斜面で、牛たちが草を食んでおりました。頂上に孤高の1頭?
 (右)その頂上の taurus 、リーダー格でしょうか。見張っているような雰囲気です。


↓ リンドウの花。どうしても、見たままの紫色に撮れないんです。何故?

Rindou

↓ またまた、ピンボケの山辣韭(ヤマラッキョウ;左)と吾亦紅(ワレモコウ;右)

Yamarakkyou Waremokou


↓ 可憐な紫千振(ムラサキセンブリ) ※生薬として用いられるセンブリの仲間

Murasakisennburi

「湯で千回振り出してもまだ苦い」というのが、「千振(センブリ)」の名の由来らしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

↓ 右側の丘の頂上に牛の群れがいるのがわかりますか?
(マウスオンで、牛の群れのズーム写真になります)

南阿蘇村にある下碩牧野(しもぜきぼくや)は思ったよりも草の丈が低い。
それは、周年にわたり、牛の放牧をしているからだそうです。

牛達は草を食べるために、牧野の斜面をものともせずに移動します。
その移動が作り出す「牛の道」があるのです。ご存知ですか?

この時季は、草が深くて見えませんが、春には斜面にくっきりと現れます。

(もう一つのブログで、春に別の牧野で撮った「牛の道」の写真をアップしました。
興味のある方は、ご覧になってみてください。)

Susuki

さあ、少しは秋の牧野の様子を楽しんでいただけたでしょうか?


私自身、そんな爽やかな秋の余韻と、筋肉痛の予感を抱えて、
我が家に戻りますと・・・

とても、のどか~どころではなかった(笑)


 ○
 ○
 ○
 ○

空とちび平、追い詰めたり、追い詰められたり。

バッファローの大移動・・・?と思うほどにnoisyな輩です。

Oitumeru

Oitumeru2

|

« 導入! | トップページ | 昔ながらのおやつ »

コメント

pen 鯉三さん
夏の間に体力作りと思っている間に(=なにもせず)秋を迎えてしまいました(笑)
秋の牧野に入り、野の花がこんなにも豊かで感激すること、しばしです。
私も紫千振は初めて見ました。なかなか、きりりとした花だと思います。ボランティアの誰かが「センブリ」と言っていたのを小耳に挟み、名前が分かった次第(笑)
春に咲くリンドウも可愛いのですよ。

投稿: iharaja | 2008年11月 2日 (日) 18時06分

秋の青空の下、こうやって少し汗を流すのもいいですね。野の花を見たら少し疲れもとれそう。リンドウはもう花屋でしか見たことがないので、野生のものをみたら感動するでしょうね。紫千振も初めて見ました。

投稿: 鯉三 | 2008年11月 2日 (日) 10時24分

pen union-jackさん
あ~ん、分かってくれてありがとう。
どんなに急勾配でも写真にすると、そんな風には見えないのよね。
「14」の人、同じように急だったなぁとカメラを抱えてましたが、こんな姿を撮って申し訳なかったかしら(笑)
私も面白いなと思って、敢えて「14」番さんを入れてパチリです。

私もコッツウォルズに出かけたときに、そういえば見かけた風景だな。
確かに、ariesariesariesaries ばかりでした happy01

すすきを撮る時、若干シャッタースピードを遅くしてみたのですが、
野を渡る風を感じていただけて嬉しいです。

投稿: iharaja | 2008年10月27日 (月) 11時24分

写真で見てこの角度・・・って事は、実際は相当急勾配でしょうね。
私は、右側の写真の「14」のゼッケン(?)の人が気になりました(笑)。
牛が草を食んでいるところを見ると、イギリスの郊外を思い出します。
まあ、あちらでは牛より羊を見る方が多いですけどね。のどかですよね。
すすき・・・でしょうか、風にたなびく写真がとてもキレイで、まるで
「サヤサヤ」という音が聞こえてくるかのようです。

空ちゃんの手が・・・隙あらば「猫パンチ!」って構えてるのかな(笑)。

投稿: union-jack | 2008年10月25日 (土) 23時47分

pen genzoさん
少しは落ち着かれたようですね。安心しました。
ゲンゲン君の姿を探す…というのは、わかる気がします。
宙が旅立ったときの私がそうでしたから。
マイちゃんやクーちゃんが、いろんな意味で気持ちを和ませてくれますね。
こういうときは、いつも以上にありがたい存在なのではないでしょうか。

旅行の記事など、長い文章を書き連ねてしまったので、
全部読んで頂いてかえって恐縮で~す(笑)
今から思っても、よく、あれだけの人数のオフ会になったものです。心に残るオフ会となりました。

そうそう、何かにつけて、大阪って独自の路線を行くという気がしますね smile

日本の中で、北海道の景色を一番彷彿させるのは阿蘇の周辺だと思います。
冬でも緑が残るのはやはり九州の位置ならではでしょうね。

あ、このボランティアは全員ゼッケンをつけるんですよ。
地元の牧野の人の区別、班分け、人数の把握が目的でしょう。
広くて起伏もある阿蘇の牧野で班に分かれて作業をします。その班ごとに持ち場もかなり離れる場合もあるので、やはり、万一を考えてのことだと思います。

空とちび平は、それなりに遊びが入っている気がします happy01
目の前をちびが空を追いかけて行ったなぁ dash と思うと、しばらくして、今度は反対側から空が追いかけて dash 通り過ぎます (^^♪

でも、空と霄は、genzoさんちのパターンとおそらく一緒(笑) 空が行きたい方向に霄がド~ンと横になっていると、なかなか通れないということもあるし…。
でも、マイちゃんは落ち着いているから、あまり手を出したりしないでしょうね。
空と霄は年も近いから、張り合う気持ちが強いのかなぁ despair

投稿: iharaja | 2008年10月25日 (土) 21時22分

こんにちは、大変ご無沙汰しております。
先日は温かいコメントをありがとうございました。
すっかりとは書けませんが、だいぶ立ち直りましたよconfident
家族でゲンゲンをまだ探しております。
でも、それくらい存在が大きかったんだと思います。
過去の記事も読みました。全てコメントを書きたかったけどそれはあまりにも嫌がらせ?のような気がしまして(笑)ストップしました。
皆さんの京都での待ち合わせ記事がとても楽しかったです。
大阪って本当に不思議な看板などが多いですよね。私も以前旅行した時に感じました。牛さんが作ったあぜ道もなんともいえない味わいのある風景でほのぼのしてしまいました。こちらと同じような風景ですが何か雰囲気が違うと感じました。それは色彩かしらと思いました。やはり温かい地方だと自然の色あいが綺麗ですよね。我が家ではお水の飲み場所を三箇所にしています。どこで飲むか分からないから一応沢山設置してみました。
形が決まっている商品は専用カートリッジが必要だったりして中々大変かと思います、でも飼い主としては沢山お水を飲んで欲しいですよね。
ボランティアの皆さんは、全て背中にゼッケンで番号を管理しているんですか?ちょっと気になりましたhappy01
空ちゃんとちび平君の追い詰めごっこは楽しんでいるように見えますけどひょっとして我が家と同じ状況なのかしらcoldsweats01
我が家の場合、高い場所にいて優勢なはずなのに、耳が寝ててへっぴり腰で逃げます(笑)それはそれは逃げる時は、早いですよ~。

投稿: genzo | 2008年10月25日 (土) 12時23分

pen マイキーさん
写真の紫センブリはセンブリ茶のセンブリの仲間です。
多分、これもセンブリ茶にはできると思いますが、どこかのブログで阿蘇の希少植物と紹介していたので、使えませんね(笑)
生薬として用いるセンブリは白い花が咲くようです。
私は飲んだことはないですが、とても苦いらしいね happy01
そうか、マイキーさんにとっては、こんな大鎌も珍しくないですね。私は初めて見たときは「デカッ eye 」とビックリでしたよ。

ここの牧野の草は今までに参加したところより草丈は低い方ですが、それでも刈った草は嵩張り重いので、腰をかがめての作業は正直、しんどかったです。

ちび平に追いかけられ、箱の中の空はこれ以上退却は無理。そうなると猫パンチしかないみたいでしたよ。

ウォーターファウンテンの音は、それほど気にならなくなりました。ドームの水もきれいに流れ落ちています。
でも、やはりモーターの力は弱い方かなと思います。
コンセントの入り切りで強くなる?試してみます scissors
私が行くホームセンターでフィルターを見かけたことってないのですよ coldsweats01
結局は取り寄せか、ネットで購入になりそうです。

投稿: iharaja | 2008年10月25日 (土) 06時10分

iharajaさん、こんにちは♪
野焼きをする為に、草寄せををされたんですね、ご苦労様でした、草刈とか、大変ですよね、筋肉痛になるの判りますよcoldsweats02
大きな草刈鎌ですね、それに年季も入ってそうな感じですねcoldsweats01
家は、お店で鎌類も取り扱っているので、そんなに驚きませんでしたが、家の母も実家では、田んぼや、畑の手伝いしてましたから詳しいんですよhappy01
リンドウの花、ラッキョウの花、ワレモコウ花、センブリの花も綺麗ですね、センブリって、センブリ茶のセンブリでしょうかsign02
牛も沢山いて、放牧されてて、草を食べて草むしりに1役かってるんですねhappy01
あれっ、空ちゃんが、ちび平ちゃんに、攻撃しようとしてますね、目面しい光景の写真じゃないですかcoldsweats01
空ちゃん、チビ平ちゃんを覗いてますねhappy01
↓ウォーターファウンテン、結構音が大きいですよね、あれって、モーターの部分の、編み目になっているところに、埃がついてるとなるみたいです、うちのも音がうるさくて、そこの埃取ったら音が静かになりました、それとドームのお水上手く循環しますか、1部分お水か流れなかったりありせんか、うちのも、水をくみ上げるモータの勢いがないときがありますが、コンセントを入れたり切ったりすると直りますよhappy01
お掃除確かに面倒ですよね、うちのも、中見たら蚊の卵みたいなのが沢山あって、すぐに洗いました、フィルターは、良く行くホームセンターに売ってるのでそこで買ってます、3個1セットで630円ですhappy01
家は、モーターも掃除してますよhappy01

投稿: マイキ- | 2008年10月24日 (金) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 導入! | トップページ | 昔ながらのおやつ »