« 尻尾が二つ? | トップページ | いつもこうなら・・・ »

2008年9月26日 (金)

種を繋ぐということ

9月14日に阿蘇の舞谷(もうたに)牧野の輪地切りがありました。
私は、今回も燃料運び。

ハイ、アップしそびれ記事の第2弾です。

Wachikiri

作業が終わり、牧場小屋に戻ってから、ボランティアリーダーの一人が
刈払い機の使い方を教えてくれましたが、なかなか大変。

それでも、「刈払い機マイスター good iharaja」としてのデビューも間近いか~(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、輪地切り作業のポイントに移動中のこと。

斜面の上に松が数本並んでいて、そのせいか、足元に松ぼっくりが落ちていました。
その様子を撮ろうとしたら、その傍らにある小さな実生の松。

Matunoko

この場所は平らな段になっていて、土もむき出しの状態。
比較的に実生しやすいかとも思いますが、激しく水の流れた跡もあります。
雨が降れば、おそらく川のような状態になる場所でしょう。

そんなところに、しっかりと根付いている実生の松。
なんだか、すごいことだなと感心してしまいました。

   *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***

舞谷牧野の牧場小屋の上を横切る電線に鳥の群れが停まっています。
何の鳥だか、わかりますか?

Birds

ツバメです。

Tubame2

夏の間に集まりはじめ、だんだん群れが大きくなると牧野の人が言っていた。

もう、親鳥か今年生まれたツバメかは、私には区別がつきません。

ツバメにとって、夏場の牧野は格好のえさ場でしょう。

南へ旅立つために、しっかり食べて体力をつける。
そして、群れとして移動する方が生き残れるチャンスが多くなる。

   *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***

実生の松にしろ、これから渡りをするツバメにしろ、
種を繋ぐためには私たちの想像を超えた困難があるでしょう。

思わず、エールを送りたくなりますね。


|

« 尻尾が二つ? | トップページ | いつもこうなら・・・ »

コメント

pen 鯉三さん
間もなく、このツバメたちも東シナ海を渡り、鯉三さんの住む台湾やさらに南のタイ辺りに行くのでしょう。
そう思うと、ただただ感服するのみです。
野焼きのボランティアに行くことで、こういう自然に出会える機会が増えました。

投稿: iharaja | 2008年10月 1日 (水) 05時55分

すごいですね、自然の生命力って。ツバメもりりしく見えます。
普段都会の生活だけでは気づかないことばかり。
台風が去ったら、わたしもたまには山や川へ行って、自然の息吹を感じたいと思いました。

投稿: 鯉三 | 2008年9月29日 (月) 17時19分

pen union-jackさん
我が家の玄関に誰が集めたか、松ぼっくりがあります(笑)
ほんと、なんで松ぼっくりなのでしょう。可愛い響きですよね。
燕って、夏の頃に見かけなくなるから、どこにいるのか、不思議だったのです。
こういう風に集まっていくとは知りませんでした。
ネットで調べてみたら、数千羽の単位になる群れもあるらしく、ビックリです。
もうすぐ、数千キロ先を目指して東シナ海を渡っていくのだなぁと思うと、彼らを見ていて愛おしくなりました。

あ、Maukie君、可愛いでしょ。
頭と胸の辺りをマウスのポインターでスリスリしてみました?まだなら、是非!
それぞれに可愛いことが…(*^^)v(あ、音量ミュートだと聞こえません。)

投稿: iharaja | 2008年9月28日 (日) 13時33分

pen マイキーさん
ハイ、刈り払い機の名人を目指します(笑)
けっこう楽しいですね。でも、安全には十分注意しないと駄目だなと思いました。

松のある風景もずいぶん少なくなってきましたね。
私は松林というと小さい頃の海水浴が連想されます。

燕は幸福を呼ぶ鳥だそうですよ。
巣の下に板を設置するとか、傘を広げるとかで、糞害は防げるかも。

我が家の周りを飛ぶのは梅雨の時期かな。
夏の頃からどこの行ったのだろうと思っていたら、こういう草原などに集まって旅の準備をしているのだなぁと思いました。

投稿: iharaja | 2008年9月28日 (日) 13時11分

小学生のころ、松ぼっくりを集めていた事があります。
なぜ集めていたのかは不明・・・なんで「松ぼっくり」って言うんですか?
都内でもツバメは比較的たくさん見る事ができる鳥ですが
ここまでたくさん見た事はないですよ~!
さすがに今の時期にはツバメもいなくなりました。
会社の近くのビルでは、巣だけがあちこちに残っています。

こういう動植物の「生き残りを賭けた戦い」みたいな部分を見ると
人間って楽ちんだよな~って思いますねぇ。

全然関係ないんですけど、iharajaさんのページにいる猫のMaukieちゃん、
マウスのポインターで動いたり、じゃれたりするんですね(笑)
ついつい遊んでしまいます・・・。

投稿: union-jack | 2008年9月27日 (土) 15時56分

iharajaさん、こんにちは♪
阿蘇山に、輪地切りに行かれたんですね、今回も燃料運びですか、でも、今回は、刈払い機、させて頂く事ができたんですねhappy01
ヤッパリはじめてだと、難しいですよねcoldsweats01
刈払い機、名人目指して頑張ってくださいねhappy02
松ぼっくり、懐かしいですね、昔よく、家の近くのお寺で松の木があって、(多分今もあると思うんですが)よく遊んでましたhappy01
うちの裏庭にも、松の木生えてますよhappy01
燕さんが、沢山くるんですね、うちの家の前にも、燕が良く来て、巣を作りますが、家は作られると、フン害があるので、うちの父は追っ払ってますcoldsweats02
うちの母方のお家に、燕の巣があって、よく小さいとき見てましたhappy01
1度、うちの家の前を飛んでる時に、タマに見せてたら、カッカッカッって言ってましたcoldsweats01

投稿: マイキ- | 2008年9月26日 (金) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 尻尾が二つ? | トップページ | いつもこうなら・・・ »