« 大半の荷物は空ちゃん用! | トップページ | 灯台下暗し »

2008年7月17日 (木)

百選に選ばれただけあって

Sunset1


夕食も終わり、コテージで
ゆっくりしようと思ったら・・・
(もう少しヴィラ・ネタに
 お付き合いくださいね)

窓の外が異様なほど赤い。

驚いて窓辺によると
西の空が真っ赤。
 
 
 
 
Sunset2慌ててカメラを持って外へ。

夕陽が怖いほどの赤い色で
西の空を染め上げています。

気付くと管理人さんも
写真を撮っていました。


この夏、初の光景かもと
仰っていた。


 

Sunset3

ヴィラ・フロレスタから西に向かうと真玉(またま)海岸があり、
そこは「日本の夕陽百選」に選ばれています。
干潟と夕陽のコラボレーションがすごいらしいのです。

翌日、サールナートのご主人の瀬口さんに話したら、
「夕陽を見に海岸まで行ってみたら・・・」と薦めようかなと思っていたようです。

でも、食事のときに、私が「空を部屋で待たせて心配だ」と話していたので、
あえて薦めなかったようです。そんな心遣いも嬉しかった。

それに、しっかりと夕景の素晴らしさは堪能できましたから。

|

« 大半の荷物は空ちゃん用! | トップページ | 灯台下暗し »

コメント

pen 鯉三さん
なんだか、夕焼けの見本のような夕焼けで、ちょっと感動ものでした。

国東半島のほぼ海岸に沿って一周する道路があります。ヴィラからは車で15分ほどでいけるのではないでしょうか。

話は変わりますが、国東半島の道はこの半島を一周する道から内陸へと向かう道がいくつもあり、そのほとんどが、六郷満山の中心である両子山、両子寺にたどり着くのではないかと思っています。

帰りに、海岸へは向かわずに山の方を目指したら、やっぱり、両子寺へのルートへと繋がっていました。
国東半島を地図で見ると丸い形をしていて、その円のほぼ中心が両子山なのですよ。

投稿: iharaja | 2008年7月27日 (日) 20時41分

ああ、すごい夕日ですね。
実際に見たらどんなに感動することでしょう。
干潟まではどのくらいの距離があるのでしょうか。

投稿: 鯉三 | 2008年7月27日 (日) 13時05分

pen genzoさん
私、カラオケでこの頃のユーミンの時代の歌しか歌えません。今どきの歌は全部同じに聞こえます(ーー;)

こんな素晴らしい夕焼けを見ることができて、これだけでもいい旅になりました。
デジカメの夕焼けモードに助けられましたよ。でも、そんなモードがあるってことは、
やっぱり夕焼けって、多くの人が撮りたくなる景色なのでしょうね。

優しい気持ちがヴィラやサールナートの一番の魅力かもしれません。

投稿: iharaja | 2008年7月27日 (日) 09時24分

素敵な写真です。
流石です・・・ホレボレしちゃいます。
takaさんがコメントで書かれているように、ユーミンの世界にピッタリです・・・あ~なんだかカラオケに行きたくなりましたよ(笑)
管理人の方のココロ遣いも素敵ですね。

投稿: genzo | 2008年7月26日 (土) 12時01分

pen けいぴんさん
この日の夕焼けは本当にすごい光景でした。
あまりの赤さに唖然というか・・・。
天頂に残る青さもまた綺麗でした。

ダブルの虹ですか~?
そういえば、楽天の方だったかな、虹のかかった写真がありましたね。
こうなると、そういうときを求めて、また行かなくては(笑)

あ、もしよければ、サールナートのマスターにお伝えください。
「ダヒ、なんとか作り続けております♪」と・・・。

投稿: iharaja | 2008年7月25日 (金) 05時27分

綺麗な夕陽でしたね。
ホント、今シーズン最高の夕陽でした。

ここのところあまりの暑さにたまに夕立があるのですが、
このときに運よくあらわれるのが虹です。

昨日はダブルの虹がうっすらと見えていました、ちょうど西に日が傾き東の空(尻付山山頂付近)に現れるのです。
サールナートのマスターと奥さんと3人で眺めながら、シャッターを切ったのですが上手く写真が撮影できませんでした。

そして、前々日にも見ることが出来ましたよ。

自然の神秘ですね、刻一刻と変わっていきます。

投稿: けいぴん(ヴィラ管理人) | 2008年7月23日 (水) 10時22分

pen takaさん
これから、どんどん違う色の夕焼けが見えるようになるのでしょうか。
なんだか将来の夕焼け空、怖いような、見たいような…ですねぇ。
でも、ここの夕焼け空は綺麗な空気であって欲しいです(笑)

takaさんとは同世代ですものね(^^♪
好きなんですよ、「晩夏」。そして、その光景が目の前で繰り広げられるのも…。

投稿: iharaja | 2008年7月23日 (水) 05時43分

すごい写真ですね。
雄大、幻想的、神秘的 言葉は必要ないですね。
ずっと眺めていたいです。
でも夕焼けって大気が汚れている方がきれいになるらしいです。
大気中の塵に反射するんですね。

ユーミンの歌知ってますよ。ぴったり来ますね。
この景色を眺めながら、あの歌を聴いたら、なんだか涙が出そうですね。

投稿: taka2930 | 2008年7月22日 (火) 15時43分

pen ミモザさん
色が重なり合った夕焼けには本当にビックリし、感動しました。
この夕焼けを目にすることができただけでも行った甲斐がありました。

私に住む所からは由布山という1000m級の山に連なる場所に夕日が沈むので夕焼けもオレンジ色で終わるのかなと考えてるのですが、どうでしょう?

いつか、海岸まで出掛けて干潟の向こうに沈む夕日を見たいものです。

ちなみに京都は網野の夕日ヶ浦(ゆうひがうら)海岸が夕日百選の一つだそうです。

投稿: iharaja | 2008年7月21日 (月) 18時56分

pen ジェミーさん
小茶六くんの里親さん決まってよかったですね。ご苦労様でした shine

夕焼けの写真、なんかすごい色でしょ eye
私の住む所でも、こんな色は見ることができないかも知れません。
ここは夕日が比較的に高度の低い所に沈む気がしています。だから、いつまでも赤い色が残るのでしょうかぁ。
このような写真も撮れたし、帰る頃には、空も慣れたようだし(笑)、まずまずの旅行だったかなぁと思います。
その代わり、帰ってから、空も私も爆睡 sleepysleepysleepy それなりに疲れもしたようですわ coldsweats01

白デカ親子は比較的落ち着いていたようですよ。母が私のベッドで寝たようで、朝は早くからごはんの催促をされたとか(笑)
でも、ちび平が飛び乗ったり、噛み付いたりがなかったようで、やっぱりいつもとは違ったみたいです。

投稿: iharaja | 2008年7月21日 (月) 18時44分

pen union-jackさん
撮影はね、デジカメの夕焼けモードってのが効いたかも(笑)
窓の外が驚くくらい真っ赤でした。
空ちゃんはこの時間、まだまだコテージ内をウロウロ偵察中でしたぁ。
本にゃんは、とてもロマンチックどころではなかったようです(笑)

そうですね、次の機会があればこそ、また出かける楽しみもありますね。
翌朝、瀬口さんの話では、この日、海岸は夕日を見にきていたのか、車がいつもより多かったそうです。携帯のカメラで撮った海岸の写真を見せてもらいました。

投稿: iharaja | 2008年7月21日 (月) 18時20分

素晴らしい色ですね。こんな夕焼け見たことないですよ。
百選なの?十選でも十分いけますよね。一位だったりして。。
大きくして見せてもらったらスゴク良かったです。
今日は珍しいものを見せてもらって得した気分です(^^)v

投稿: ミモザ | 2008年7月21日 (月) 15時33分

すごい空の色、素敵~shine
タヒチとか、南の国の夕暮れの色だーshine
やはり九州は南のくになのですなぁ~pisces

空ちゃんも、iharajaさんも一緒に、それぞれに、楽しめた良い旅行でしたね~happy01
この旅行の間の白親子のお留守番の様子は如何だったのか?
こちらの話題も興味津々~happy02

投稿: ジェミー | 2008年7月20日 (日) 23時36分

pen 空ママさん
もう、燃えているというような色でした。
部屋から外を見ると周囲が真っ赤だったのですよ~。ビックリしました。
2枚目の写真はズームで撮ったのですが、なんだか異様な色ですよね。

あ、こちらこそご迷惑掛けました。ここのブログのサーバートラブルのようでした。

投稿: iharaja | 2008年7月20日 (日) 07時47分

私、真っ赤な夕焼けってすっごい好きなんです。
コテージの窓からこんな空が見られるなんて、素敵~~!!
それにしてもiharajaさんは、さすがに撮影が上手です。
空ちゃんと真っ赤な空を眺めて、何を思ったのかしら(ロマンチック~)。

瀬口さんて、本当に優しい方なのですね。
あの笑顔だもんなぁ~、カレーもスパイシーな中に優しさがありそう。
真玉海岸で夕陽を見るのは、次回の楽しみに取っておきましょうね、
iharajaさん。フフフ

投稿: union-jack | 2008年7月19日 (土) 23時15分

わぁ、すごい!
幻想的ですね。
自然の美しさに鳥肌が立ちます。
どうしてこんな色に空が染まるのでしょうか・・。ほんと、なんだか怖くなりますね・・。
あっ、この前のコメント2重投稿になってたのですね!
投稿をぽちっとしても、ずっと変化がないからどうしたのだろう・・と思っていたのですよ。
お手数をおかけしました ^^/

投稿: 空ママ | 2008年7月19日 (土) 22時44分

pen マイキーさん
怖さを感じるほどの夕焼けの色でした。

近くに温泉もあるので紹介してくれていたのですが、
空のことが気になるし、何よりも『空と過ごそう旅行』 happy01 ですから、
そういう心遣いが本当に嬉しかったです shine

ちなみに、サールナートのご主人の家にも白い cat ニャンコがいて、
ここのコテージに泊まったことがあるそうですが、
夜中もずっと落ち着かなかった dash そうです。

投稿: iharaja | 2008年7月18日 (金) 11時06分

pen りりあんさん
ユーミンの「晩夏(ひとりの季節)」ってご存知ですか?
(ずいぶん昔の歌です・・・(^^ゞ)
その歌詞にあるような夕景でした note
『空色は水色に、茜は紅に…』
『藍色は群青に、薄暮は紫に、ふるさとは深いしじまに輝きだす』

デジカメに「夕焼け」モードがありまして、それに助けられたかも coldsweats01

投稿: iharaja | 2008年7月18日 (金) 11時01分

iharajaさん、こんにちは♪
これは夕焼けですよね、凄く幻想的な色ですね、カメラに撮ろうとされるのわかりますよhappy01
サルナートのご主人様の、iharajaさんと、空ちゃんとのお心遣い嬉しいですね、ただ薦めるだけじゃなくてちゃんと気持ちを汲んでくださるのはホントに素敵な人柄だというのが伝わってきますhappy01
家の母が、小さいときに、空が真っ赤になって、その後、どこかで大きな地震があったって言ってましたcoldsweats01

投稿: マイキー | 2008年7月17日 (木) 18時12分

写真を見ても鳥肌が立ちましたcoldsweats02
すごく神秘的、幻想的? なんてゆーんだろ?
この真っ赤な空を夜の色が追いかけてくる瞬間も大好きですheart01
最近は夕焼けの色がちょっと変わってきたように思います。
先日もうちから見た夕焼けがピンクと赤紫の間みたいな
はじめて見る様な不思議な色でしたよ。
きっとオゾン層と何らかの関係があるんだわ!(←知らんけど)
陽が落ちてしばらくしたときのあずき色も好き。
写真、綺麗に撮れてますね~scissors

投稿: りりあん | 2008年7月17日 (木) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大半の荷物は空ちゃん用! | トップページ | 灯台下暗し »