« 置き薬 | トップページ | ちび平がキャリーの中にいる理由 »

2008年6月11日 (水)

季節はずれの野焼き〈日の尾牧野〉

7日(土)に阿蘇市の日の尾牧野で野焼きがありました。
12年ぶりということで、マスコミも取材に来ていました。

Tantoubasho

通常、野焼きは春先に行い、この時期に行うのは異例のことです。

野焼きを長い間止めていたことにより、ススキや灌木が生い茂り、
乾燥している時期に野焼きをすれと延焼の危険があります。
しかも急斜面が多く、一旦放たれた火がどのような結果を生むか・・・・

また、別荘や森林も近く、安全確保のために
火勢を弱める役目を果すススキ等の新芽が伸びるまで待ったという訳です。

途中まで軽トラックに分乗して現場へ。車を降りてからは急斜面を登ります。
尾根に立つと、目の前のカルデラ盆地をうっすら霧が包んでいます。

Gogo Shibashitatazumu

火入れまで、しばし景観を楽しむ。最初の写真の地点からの眺望です。

Asobonchi

長い火消し棒を持っての斜面の上り下りは大変。日頃の運動不足も感じます。

ひとつ谷を越えた別の班の作業の様子。
よその班の方がうまく進んでいるように見えます(笑)

Hiirego

上の方から焼いていき、その場所が防火帯となります。
もう、下から火を入れても延焼の恐れがないという時点で火消し棒部隊は下山。
あとは牧野の人が下りながら要所要所に火入れをします。

集合場所に戻り、牧野を見ると煙に包まれています。
今回の野焼きには牧野組合の人が約20名、ボランティアが約80人が参加。
事故もなく、皆で感慨深く牧野を見つめたものでした。

Hinoonoyaki

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

↓左の写真は、山を降りている途中で見つけたサルトリイバラ(山帰来)の枝。
手に持って歩いていると、誰かれなく、
実が秋には真っ赤になるとか、葉は柏餅に使ったりするとか、教えてくれます。

野焼きボランティアに参加している人は野山の動植物に詳しい人も多いのです。

きっと、枝の下の猫の模様が気になる人もいるだろうなぁと思い(笑)
全体像の写真も添えました。お弁当袋です。鎌倉で買ったものです。

Sarutoriibara Bentoubukuro

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Shisosan

野焼きの煙に包まれる「阿蘇山」を見ながら、「紫蘇山」を食らう。

なんちゃって、ハハハ、紫蘇入りおにぎりです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の話題とは全く関係はありませんが、マトンカレー作ってみました!

Muttoncurry

 

|

« 置き薬 | トップページ | ちび平がキャリーの中にいる理由 »

コメント

pen 鯉三さん
草も伸びていて、春先より火勢は弱いですが、その分、煙、煙の野焼きでした。
獣道を行くという具合できついのも確かですが、楽しさと達成感があります。

サルトリイバラの葉が柏餅のはというのは初めて知った次第。
おにぎりも、こういう場所で食べると美味しさアップです(*^^)v

今回のマトンカレー、自分好みの味にしたつもりですが、いまひとつ納得できなくて…
きっと、その材料にあったマサラの配合があるのでしょうね。
私も、美味しさのポイント聞いてみたいです♪

投稿: iharaja | 2008年6月20日 (金) 03時02分

野焼きボランティアに参加してみたくなりました。
燃え広がる火にちょっとした恐怖を覚えますが、ちゃんとプロの方がいるので、指示に従えば安心ですね。
ああ、柏餅の葉っぱですね。これ昔よく山で見かけたものです。雄大な景色を眺めながら食べた紫蘇入りおにぎりは、きっとおいしかったのでしょうね。

マトン・カレーを作られましたか!わたしも作ってみたいんですよ。最近よく行くチベット料理の店の向かいにあるインド・カレーの店(オーナーは同じチベット人)のマトン・マサラが絶品なので、ちょっとだけ作り方を教えてもらおうかなと思っています。

投稿: 鯉三 | 2008年6月18日 (水) 23時16分

pen union-jackさん
次の日、少し筋肉痛でしたが、無事に終わったなぁと思いました。
草が伸びていたとはいえ、近くに森林や別荘地があるので、やはり緊張しました。

そう、何故ゆえに外で食べる riceball は美味しいのか~。
実際、おかずもいらない位ですよね。
お弁当袋はようやく役に立ちました。通常は外食で弁当を作らないので・・・。
でもね、お醤油こぼれなどないように細心の注意を払っております(笑)

送ってもらった香辛料、マトンの臭みを抑えるのに大活躍ですよ~。
マトンやラム肉が手に入りにくく、今回はジンギスカン用の薄切り(冷凍肉の解凍もの)だったので、お肉自体がちょっとパサパサした感があり、それがちょっと残念でした。
やっぱりラムの厚切りにすればよかったかな~。って高かった dollar の~(笑)

投稿: iharaja | 2008年6月15日 (日) 17時22分

ご無沙汰しておりました・・・
野焼きボランティア、お疲れ様でした。
ただ火をつければいいってわけではないでしょうから、
なかなか難しいのでしょうね。
一仕事(笑)終えて食べる紫蘇おにぎり。お味も格別でしょ~。
おにぎりというのは、やはり「そとで食べる」のが一番だと思います。
お弁当袋、可愛いです。
でも、私としては、最後の写真がとっても魅力的aries(笑)

投稿: union-jack | 2008年6月15日 (日) 12時01分

pen 空ママさん
今年初めての参加ですが、10数年ぶりに再開した野焼きに参加ができて、なんともいえない感慨がありました。

そう、野焼きはもうないのですが、実は夏の終わりごろから、今度は草を刈って防火帯をつくる輪地切りという作業があります。これにも参加する予定です happy01
時にはマムシが出現なんてこともあるらしくですが・・・ bearing

郊外で食べるおにぎりて、どんなものより美味しく思います。
私にとっては紫蘇入りおにぎりが定番で紫蘇は1年を通じて欠かせません。

お弁当袋、このなんともいえない猫たちの表情に lovely 魅せられてしまいました。こういうものに出会うと、これは私を待っていた sign03 と思います(笑)

投稿: iharaja | 2008年6月13日 (金) 06時02分

今の季節に野焼きがあるのですね。。
たくさんの人達が参加されての野焼きは迫力がありますね!
みなさん慣れているとはいえ、なにかあったらあったら大変です。
iharajaさん、これからも気をつけてくださいね~~!
あっ、今度はもう来年ですね・・sweat01
阿蘇の雄大な眺めの中でのおにぎり♪
とっても美味しそうですhappy01
あのお弁当袋、猫ちゃん柄が可愛い~~cat
物にも出会いってありますね!

投稿: 空ママ | 2008年6月12日 (木) 10時16分

pen ミモザさん
野焼きボランティアは中高年の山歩き愛好者の集まりという雰囲気なのですよ。
けっこう登山の話が出て楽しいです。
また、ぼちぼち山歩きを使用かなぁと思い始めています。

この弁当袋は霄の子どもを東京につれて行った時に
鎌倉の大仏さんの近くの店で買いました。一目ぼれしたのです(笑)

マトンの肉は独特のクセがあり、苦手な人もいますが、香辛料でそれをカバーします。
まぁ、結局は辛さで勝負!というところでしょうか(笑)

投稿: iharaja | 2008年6月12日 (木) 07時50分

pen マイキーさん
そういえば、なぞった形が琵琶湖みたいです happy01
日の尾牧野には4月に輪地切り(防火帯つくり)に行ったのですが、そのときは小さな沢でスッテンコロリンと転んだりしました bearing けっこう急な斜面が多いんですよ。

新しい草も伸びているので、燃えるのかしらと心配していましたが、どうにか野焼きができました。
でも、今年伸びた草や潅木のせいですごい煙。
ゴーグルをしていても目がショボショボで涙が出ました weep

お弁当袋、野焼きに行くようになって大活躍です scissors
マトンカレーはお肉に独特のクセがありますが、その分、香辛料をドバドバです happy02

投稿: iharaja | 2008年6月12日 (木) 07時38分

また野焼きに参加されたのですね。ご苦労様でした。
私もこういうのがあったら是非とも参加してみたいです。
おっしゃるようにあの袋が気になった1人です(笑)
鎌倉で購入されたなんて、これまた羨ましいこと。。
マトンカレーですか。どんな感じでしたか?

投稿: ミモザ | 2008年6月11日 (水) 20時22分

iharajaさん、こんにちは♪
野焼きされたんですね、ご苦労様でしたhappy01
1枚目の写真の、iharajaさんの持ち場、形が琵琶湖と似てますねcoldsweats02
野焼きは上手くいったんですね、煙らが凄く高くまで上がってますねhappy01
ニャンコちゃんの、お弁当袋可愛いですねhappy01
その場で食べる、おにぎりも美味しそうですねhappy01
マトンカレー作られたんですね、これもおいしそうですねhappy01

投稿: マイキー | 2008年6月11日 (水) 03時01分

この記事へのコメントは終了しました。

« 置き薬 | トップページ | ちび平がキャリーの中にいる理由 »