« ブランケット・キャッツ | トップページ | 春の雨降る由布院で »

2008年4月19日 (土)

猫探偵カルーソー

Carusosersterfall
猫探偵カルーソー

クリスティアーネ・マルティーニ
 ISBN:978-4-594-05553-0
 定価:700円(税込) 
 発売日:2007年12月26日
 文庫判
 扶桑社

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヴェネチア中でもっとも誇り高い雄猫、カルーソー。

恋人のカミッラ(美貌とは程遠いらしい)、そして、仲間の猫たちが水の都を

所狭しと大活躍する。しかも、殺人事件で。

カミッラの飼い主は刑事(カルーソー達の言いたいことがわかるいい刑事!)

ご多分にもれずヴェネチアでも凶悪な事件が増えて、

解決するのがなかなか難しいと憂えているらしい。

そのことをカミッラから聞いていたカルーソーが、ある殺人事件に遭遇する。

 

  ヴェネチアで謎めいた殺人事件が起きるという噂が広まる
    
  ヴェネチアにとって一大事
    
  我々(カルーソー達)にとって一大事

・・・というのも、

  観光客が減る
    
  人々は不安になり外出しなくなる
    
  ホテルが廃業、魚市場も活気がなくなる
    
  ごはんにありつける機会がめっきり減ってしまう。
    
  これは、我々(カルーソー達)にとっては死活問題!

 

そして、何より自分たちの愛する町ヴェネチアの誇りが汚される。

という、実に深い深い考えで、力を合わせて犯人探しをすることになるのです。

ま、そこは猫です。

偵察途中に美味しいご飯や美しい異性に出会うと、フラフラと寄り道したり、

対峙するグループといさかいを起こしたり、ネズミ軍団と対決したり。

「おいおい、そんなことをやってる場合ではないでしょ!」と言いたくもなる展開。

 

登場する猫たちはそれぞれに、模様もいろいろ、性格もいろいろ。

我が家の猫や見知っている猫達を思い浮かべたり、比較してみたりする。

何かの実験のために猫を生け捕りにする悪者まで登場してしまい、

最後まで、ハラハラ、ドキドキさせられっぱなし。

愛すべき猫たちに乾杯!

 

↓ 張り込み?姿が見えてるヨ        ↓ ウ~ン、その謎は・・・

Mihari Shianchuu

|

« ブランケット・キャッツ | トップページ | 春の雨降る由布院で »

コメント

pen 空ママさん
この本は楽しく読めます。猫たちも生き生きとしています。
カミッラの飼い主のカステッロ刑事もきっと素敵な男性に違いない(笑)

ミステリーを紹介する番組で見て、絶対読もう!と思いましたよ note

投稿: iharaja | 2008年4月26日 (土) 12時28分

追伸です。
前の本のコメントとあまりにも違いすぎて、すみません(;^_^A
ついつい猫ちゃんものミステリーとなると、うれしさを隠せない私ですsweat01

投稿: 空ママ | 2008年4月24日 (木) 18時50分

あっ、またまた猫ちゃんもののミステリーですか~~♪
ハラハラ、ドキドキしてみたいーーっhappy02
iharajaさん、またもや猫ちゃんもの教えてくれてありがとう。。
私、読みますよ!
本屋さんに行ってみまーすcardash

投稿: 空ママ | 2008年4月24日 (木) 18時43分

pen ミモザさん
猫にしろ、ほかの動物にしろ、あまりにも擬人化されると妙な感じですよね。
でも、動物が主人公の本は、肩の凝らないものも多いですよ note
この本も童話が小説に発展したようなものかなぁと思います。
時々脱線するのが、なんとも可笑しい猫たちです。

投稿: iharaja | 2008年4月24日 (木) 09時29分

おはようございます♪
正直言って、猫が主役の小説って想像が出来なくてねぇ。
読んでみたいと思いつつ手が。。。猫は大好きなんだけど。
でもiharajyaさんが面白いのだから、きっと面白いですね。
そうに違いないと確信してます^m^
どんどん読みたくなってきています(笑)

投稿: ミモザ | 2008年4月23日 (水) 07時51分

pen 鯉三さん
はい、「ただ今、張り込み中」は空とちび平です。

小説の中とはいえ、猫たちも、なんともイタリア~ンな感じです。
続編がすでに2冊あるようなのです。その2冊も翻訳されると嬉しいのですが。

投稿: iharaja | 2008年4月23日 (水) 06時08分

この本もおもしろそうですね。
興味を引かれます。

張り込み中の空ちゃんとちび平くん(?)、かわいいなあ。

投稿: 鯉三 | 2008年4月22日 (火) 23時39分

pen union-jackさん
これは、打って変わって、フフフと笑いながら読めます happy01
猫が大活躍という本は大体ドタバタしますね♪

イタリアの野良ちゃんはパスタも食べるの?さすがイタリアって感じねぇ(^^)

ただ今、考え中は、ちびデカ(大きいのと刑事をかけてみました(*^^)v)であります。推理しているうちに眠くなったようです(笑)

投稿: iharaja | 2008年4月21日 (月) 05時59分

う~ん、なんともイタリアンな名前です(笑)。
猫さんの登場する探偵ものって、なんだか微笑ましいものが多いような。
やっぱり、食事が一番大事ですもんね・・・私みたいだわ・・・。
作者もきっと、猫さん好きなんでしょうねー。
イタリアの野良さんって、やっぱりパスタの残りとか食べてるらしいですよ(笑)。
空ちゃんもちび平ちゃんも、それじゃ容疑者逃げちゃうよ~happy01
真剣に考え中なのは霄ちゃん? 左手がより一層「考え中」な雰囲気を出してますよ。で、謎は解けたかなぁ?

投稿: union-jack | 2008年4月20日 (日) 11時21分

pen マイキーさん
猫、いっぱい登場しますよ。はじめは誰が誰だかわかんなくて、
ページを何度もめくって確認したりしながら読みました happy01

カルーソーたちは外で暮らす猫なのですが、
そういう猫たちに、少なくとも小説の中のヴェネチアの人は優しい。
こういう感じ、いいなぁと思いました shine

そう、カミッラの飼い主は刑事なのですが、猫たちへの眼差しが
限りなく優しくて、しかも猫たちの能力を認めています。
だから、言いたいことがわかるんでしょう。私も羨ましいです。

そう、空ちゃんバレバレです。ちび平も顔半分出していてバレバレですニャ♪

投稿: iharaja | 2008年4月20日 (日) 02時20分

iharajaさん、こんにちは♪
「猫探偵カルーソー」、飼い主が刑事で、にゃん語がわかるんですね、私もわかれば教えて欲しいですhappy01
そっか、凶悪事件が続いて誰もよりつかなくなって、カルーソーちゃんにとっては、御飯や、おやつがもらえないから死活問題なんですね、それで犯人を逮捕するために、探偵をして、時にはネズミと戦い、色恋沙汰あり、捕まえられそうになったりと、ハラハラどきどきの物語なんですねhappy01
猫ちゃんは、複数出てくるんですねhappy01
空ちゃん、監視してるんですか、そこだとバレバレだよ~coldsweats01

投稿: マイキー | 2008年4月19日 (土) 21時25分

この記事へのコメントは終了しました。

« ブランケット・キャッツ | トップページ | 春の雨降る由布院で »