« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月26日 (土)

春の雨降る由布院で

Tenjousajiki 仕事でお付き合いのある女性から、なんとも綺麗で愛くるしい鳥の写真が載った案内状をもらいました。

その鳥は、鳥は鳥でも漆でできた鳥。
見事な螺鈿細工でした。

沖縄で漆の作品を制作されている原田城二さんの漆芸展の案内状だったのです。

惹かれるものがあり、湯布院で開催された
「原田城二 漆芸展」(3/29~4/6)に行ったのは、春の雨が降る3月30日。

天井桟敷で個展の始まるまで、
しばしの間、コーヒーブレイクです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

静かなコーヒータイムで気持ちもゆったり。

亀の井別荘の敷地の奥にある雪安居(ゆきあんご)へ向かいました。

中に入ると案内状で見た鳥の作品が迎えてくれます。

記帳をしていると、原田さんと奥様がいらして、まずはご挨拶。

その後、説明をお聞きしながらの作品鑑賞です。

漆は、本来、暮らしの中で使っていくものだからと作品を手に取ることも自由。

そんな気取りのなさが嬉しく感じます。

写真も自由に撮ることができ、ブログでの紹介も快く承諾していただきました。

静かな室内で、今まで見知っていた漆を使った装飾品や器とは

ひと味違う作品が多く、とりわけ、自然への讃歌に満ちている気がします。

Shitugei

随分ゆっくりしてしまい、原田ご夫妻から「お昼にしましょう」と

おはぎをご馳走になってしまいました。(なんとも図々しいiharajaです(^^ゞ)

そんな具合にのんびりしていると

雪安居の庭に流れる小川にホシゴイ(ゴイサギの幼鳥)が飛んできました。

長い時間、小川に入りウロウロしていました。

ゴイサギは数年、この姿で過ごすらしく、

白い斑点が星のようなので、ホシゴイと呼ぶのだそうです。

Hoshigoi

その内に翡翠も飛んできました。なんと綺麗な鳥でしょう。

Kawasemi

なんだか満たされた気分に浸りつつ、

ご夫妻とお別れをし駐車場へ急いでいると、「あら、コサギ!」

Kosagi

小魚を狙っているらしく、そばで写真を撮っていても平気な様子。

とても間近にコサギを見ることができました。

漆芸展と野鳥の姿をスライドショーにしてみました。2分半程です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Mrjoujiharada

原田さんの南久留工房は、沖縄の本部にあります。

もっと早くに知っていたら、沖縄に行った時に寄ったのになぁ。

昨年行った美ら海水族館フクギ並木の備瀬から、すぐの場所でした。

機会があれば、いつか訪問したいものです。

原田さんのことを紹介したHPがありました。興味のある方は ↓
こちら(2001年7月の記事)こちら(沖縄・青砂工芸館の記事) で。

| | コメント (14)

2008年4月19日 (土)

猫探偵カルーソー

Carusosersterfall
猫探偵カルーソー

クリスティアーネ・マルティーニ
 ISBN:978-4-594-05553-0
 定価:700円(税込) 
 発売日:2007年12月26日
 文庫判
 扶桑社

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヴェネチア中でもっとも誇り高い雄猫、カルーソー。

恋人のカミッラ(美貌とは程遠いらしい)、そして、仲間の猫たちが水の都を

所狭しと大活躍する。しかも、殺人事件で。

カミッラの飼い主は刑事(カルーソー達の言いたいことがわかるいい刑事!)

ご多分にもれずヴェネチアでも凶悪な事件が増えて、

解決するのがなかなか難しいと憂えているらしい。

そのことをカミッラから聞いていたカルーソーが、ある殺人事件に遭遇する。

 

  ヴェネチアで謎めいた殺人事件が起きるという噂が広まる
    
  ヴェネチアにとって一大事
    
  我々(カルーソー達)にとって一大事

・・・というのも、

  観光客が減る
    
  人々は不安になり外出しなくなる
    
  ホテルが廃業、魚市場も活気がなくなる
    
  ごはんにありつける機会がめっきり減ってしまう。
    
  これは、我々(カルーソー達)にとっては死活問題!

 

そして、何より自分たちの愛する町ヴェネチアの誇りが汚される。

という、実に深い深い考えで、力を合わせて犯人探しをすることになるのです。

ま、そこは猫です。

偵察途中に美味しいご飯や美しい異性に出会うと、フラフラと寄り道したり、

対峙するグループといさかいを起こしたり、ネズミ軍団と対決したり。

「おいおい、そんなことをやってる場合ではないでしょ!」と言いたくもなる展開。

 

登場する猫たちはそれぞれに、模様もいろいろ、性格もいろいろ。

我が家の猫や見知っている猫達を思い浮かべたり、比較してみたりする。

何かの実験のために猫を生け捕りにする悪者まで登場してしまい、

最後まで、ハラハラ、ドキドキさせられっぱなし。

愛すべき猫たちに乾杯!

 

↓ 張り込み?姿が見えてるヨ        ↓ ウ~ン、その謎は・・・

Mihari Shianchuu

| | コメント (11)

ブランケット・キャッツ

Theblanketcats_2
ブランケット・キャッツ

 重松 清
 ISBN:9784022503978
 定価:1575円(税込)
 発売日:2008年2月7日
 四六判並製   332ページ
 朝日新聞社
 (ちらりと立ち読みは→ こちら で)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

書店の平積みは、出版社や書店の一押し、売れ筋などが多い。
その平積みに常連の作家はやはり人気があるのだろう。

そんな作家の中で、気になっている一人に重松清さんがいる。
今まで、彼の作品を何度か手に取っては、また元の位置に戻していました。

なんというか、匂いがするのです。この人の作品は、意識的にせよ、無意識にせよ、
心の襞に隠した感情を掘り起こされそうな気のする匂い。

意識的に隠したものなら、まだ対処のしようもありそうですが、
無意識に隠している感情がポッと出てくると、自分でも唖然としたりしてなんてと
考えたりもするわけです。

そこを敢えて、元の場所に戻すことなく、レジにそのまま持っていったのは、
やはり、本のタイトルと装丁のせいだったかもしれません。

正直なところ、帯のコピーには戸惑いました。
『2泊3日、毛布付き。我が家にレンタル猫がやってきた。』
読んでいても、レンタルという言葉はずっと頭の隅に引っかかったままでした。

それでも、7つの家庭に7匹のブランケット・キャッツがやって来る。
そこには、切なさや心の痛みをさらけ出す人々がいる。様々な事情が存在する。
そんな7つの短編に、私は7回、涙を流した気がします。

Kuuinabasket Shouinabasket

レンタル猫は実際にあるのか、小説の中だけなのか知りません。
いつもなら、気になると、その場で早速検索ということが多いのですが、
これは知らなくてもいいかなと思う。

だって、『傍らにいつも猫』がいるのだから。
そして、これって、きっと恵まれていることなのね。

ちなみに、本の表紙のイラストを見て「あ、霄だ!」と思った私です(笑)

| | コメント (14)

2008年4月18日 (金)

番宣です。 NHK「 新日本紀行ふたたび」

NHKのドキュメンタリー「新日本紀行」、随分ロングランの番組だった。
1963年から1982年まで、18年半続いたという。
抒情を掻き立てる冨田勲氏のテーマ曲で始まる、その番組をよく見ていました。

最近、 「新日本紀行ふたたび」 という番組があります。
以前、新日本紀行で取材した土地を再び訪れて、昔の映像も取り入れ、
今の様子を紹介しています。

今、何故そんな番組づくりをしているだろうか。

番組ホームページによると、
『「新日本紀行ふたたび」は、「新日本紀行」の取材地をふたたび訪れ、当時と
現在の映像を対比しながらその地域の風土や暮らしを見つめなおす番組です。』
とあります。

急激に変化している日本各地の様子を伝えつつ、
失くしたもの、そして、変わらないものを伝えようとしているのかも知れません。
いずれにしても、毎週土曜の昼前は放送を結構楽しみにしていますが、
景色が変わり、伝統産業が途絶え、地名も変わり…という時は切なくもあります。

さて、この番組で、阿蘇の野焼きが放送されるそうです。
今年の野焼き支援ボランティアの活動も紹介されるようです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新日本紀行ふたたび 「野焼きのころ~熊本県・阿蘇山麓」
●本放送:総合テレビ   4月19日(土)午前11:25~11:54
                 ※近畿地方は別番組を放送するようです。

●再放送:BS 2       4月21日(月)午後3:00~3:29
●再放送:総合テレビ    4月27日(日)午前4:15~4:44

【NHKの番組ホームページより引用(抜粋)】
阿蘇山麓の春の訪れは、野焼きから始まる。
5月になると焼かれた土地は、緑が萌え、阿蘇独特の景観である草原が広がる。
阿蘇の人々にとって、草原は大切な財産なのだ。
しかし、この草原を作るための野焼きを続けることが難しくなってきた。
阿蘇の草原を守るために、なんとか野焼きを続けていこうと奮闘する人々の姿を追う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
残念ながら、私が参加した牧野の野焼きにはNHK取材班が来なかったので、
勇姿(?)を披露できませんが(笑)、興味とお時間があればご覧になってください。

↓はトラちゃんに会った日に参加した慈門坊牧野(南小国町)の野焼きの様子。

Jimonboubokuya

【追記】

先ほど、番組を見ました。取材日は3月16日でした。
あの日、野焼きは18箇所。

放送の中で林に飛び火というシーンがありました。
私がいた牧野から彼方にかなり高い火の手が上がったのが見えましたが、
あれがそうだったのかと思いました。

30年前の映像では、牧野の人たちだけでも十分な人員がいたのです。
それが、今では農業に従事する人の減少、高齢化で難しくなっている現状。
参加を始めたばかりですが、そんな活動に携わることができ良かったと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話し変わって・・・・
桜の記事で、桐の木を紹介しました。2週間後に所用で再び寄る事ができました。
あいにくの小雨で暗い写真になりましたが、もう花が開き、葉もついていました。

Madatubumi2 ⇒ Hanamohamo

Madatubumi ⇒ Hanahiraku

| | コメント (10)

2008年4月15日 (火)

Happy Happy Birthday!

Chibihei080415

今日、4月15日は、
霄の子どもたち、源ちゃんちび平トラちゃん里羽ちゃんの4兄妹の誕生日。

今日で2歳!早いなぁ、もう、そんなになるんだ。
みんな、みんな、誕生日おめでとう \(^o^)/

トラちゃん には先月会えた。大きくなっているのにビックリ。
源ちゃんと里羽ちゃんにはブログを通じて会える。

これも、色々な場面で皆さんに応援をしていただいた賜物です。有難うございました。

特に、今も外で暮らす猫の救出に尽力しているmiemamaさんの援助なしでは
Fパパさん、とんちゃんという、これ以上望めない人に出会うこともできなかった。
改めて、miemamaさん、Fパパさん、とんちゃんに感謝です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、我が家には、空、霄、ちび平が一緒に住んでいるわけですが、
イーブンな気持ちで接しているかというと、微妙に違う気がしないでもない。

空は片目というハンディキャップもあるせいか、守ってあげなきゃという気持ちがあり、
霄に対しては、連れ帰った責任をしっかり果たしたいというところがあります。

 ↓空とぐっすり昼寝中のちび平       ↓霄とちび平(右)、仲良く

Withkuuchan Withkaachan

でも、ちび平については、理屈ではないんだなぁ。ただただ可愛いのだ。
源ちゃん、トラちゃん、里羽ちゃんのどの仔が手元に残ったとしても、
きっと同じ思いをしたのではないだろうか。

産声を聞き、へその緒を切って、身体を拭いた。日々の成長を見つめた。
そんなことが、『ただただ可愛い』ということになるのではないかと思う。

Iikimochi

Osanpo Tokinihakamokuni

続きを読む "Happy Happy Birthday!"

| | コメント (22)

2008年4月11日 (金)

連れ○○○を撮るはずが・・・

Sunakake1

珍しく、空と霄が隣り合わせてオシッコをしていたので(珍しくもないか)、
慌ててカメラを取りに行き、戻ったら、すでに、砂かけの動作になっています。
しかも、撮った写真はブレブレ。

空と霄が一点を見つめて(?)のオシッコ姿(レディに失礼かな)を撮りたかったな。

お、空ちゃんは、もう撤収ですかね?

Tesshuu

と、思ったら・・・

空は離れた場所のトイレで砂かけ。そして、霄は空が使ったトイレの砂かけ。

Sunakake_kuu Sunakake_shou2

どういう趣旨でこういう行動になるのか、聞いてみたいものです。

| | コメント (18)

この時期 やっぱり 桜かな

Sakura_saiki2

4月に入って、2月・3月の話題を書いていますが

やはり、桜の話題は今のほうがいいかなぁなんて思いまして・・・。

ただ、車で移動中だったので、駐車もなかなかできず、ビューポイントも逃しがちでした。

↓佐伯市で撮った桜(↑のアップも同じ場所で撮影です。)

Sakura_saiki1

↓佐伯から津久見市に向かう途中の山道で(道中はもっと桜があったのですが)

Sakura_tukumi

↓臼杵市の港で。

Sakura_usuki

↓別の日に、イベントに出かけた玖珠の酒造会社のそばで。

Sakura_kusu

 

続きを読む "この時期 やっぱり 桜かな"

| | コメント (12)

2008年4月 7日 (月)

阿蘇の外輪山

この1ヶ月半の間に阿蘇に何度か行きました。

今日はその話題の三連発。しかも、3月どころか2月の話。

まぁ、阿蘇を旅した気分になって下さい。

少しずつ春が近いことを感じます。突然、冬に戻ったりもしますが。

 

今年、最初の阿蘇行きは、2月中旬の野焼きボランティア初心者講習会。

その模様は記事にしましたが、その行き帰りの道中で撮った写真をいくつか。

(これ以外にも、阿蘇の景色や話題はしばらく続くと思います。

お時間があれば、お付き合いください。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

阿蘇はカルデラです。

外輪山はカルデラの縁に当たるわけですが、 外輪山の形成は色々とあるそうです。

阿蘇の場合、外輪山は噴火の際の堆積物が起源とか。

そう思って、外輪山を見ると、やはり凄いと思います。

↓段々と引いたアングルになります。阿蘇山の中腹からの写真です。

Gairinzan1

Gairinzan2

最後は3枚を合成したので空の色が不自然になりましたが、

クリックして少し大きい画面にすると外輪山の広がりがわかりやすいと思います。

Gairinzanpanorama

合成した写真の右側の彼方に見えるのが久住連山↓です。

Kujuu

| | コメント (6)

肥後一の宮 阿蘇神社

講習会の朝、阿蘇に少々早く着いたので、

以前から訪ねてみたかった 阿蘇神社 に参拝しました。

神社で二層の楼門は珍しいそうです。

Roumon

その楼門を潜ると、なんとも色鮮やかな魔除けの龍が待っておりました。

Mayokenoryuu

境内には誰もいなくて、冷たい朝の空気の中、気持ちもシャキッ。

Asojinja1 Asojinja2

この境内に、高砂の松があり、縁結びの松だそうな。(ま、今さらねぇ)

さてさて、どんな松だろうと思うとあらぁ~、ひょろっとした若松ですよ。

後で調べたら、代々植え継いできた松とのこと。

ひょろっなどと高砂の松には失礼ですね(笑)

世阿弥の謡曲「高砂」に縁のある松だとか。良縁祈願。(誰の?

Takasago

女性は右に二回、男性は左に二回、この松を回るとご利益があるらしい。

Takasago2

| | コメント (8)

山の天気は・・・

2月16日の阿蘇の風景。 空気は冷たくても、降り注ぐ陽の光は春めいていました。

Harumeite1_2 Harumeite2

しかしながら、女心と山の天気は変わりやすいと言いますね。

翌17日は、未明から雪が降ったようです。

その朝の阿蘇山は雪雲に煙り、中腹も薄っすらと雪をかぶっていました。

昨日とは打って変わった風景になったなぁと眺めていますと、

視界をスーッと、1機の気球が横切っていきました。

こういう偶然に出くわすと、何だか得した気分になりますね。

Balloon

今は阿蘇山の中腹も野焼きの後で黒くなっています。

ゴールデンウィークの頃には草原の輝きを戻し始めるでしょう。

続きを読む "山の天気は・・・"

| | コメント (6)

2008年4月 3日 (木)

高原キャベツカレー

年度末だ、年度初めだと気持ちだけが落ち着かず、少々更新滞っています。
(わ、仕事人間的発言!?実は、夜寒くてコタツで転寝の生活です(^^ゞ)

書きたいことも色々あって、何でもかんでも盛り込もうとするからかな。
文も写真も整理ができないまま、溜まるばかりなのです。
しばらく、(4月になったのに)3月の出来事を書いていくかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まずは、カレーです。
阿蘇市波野の野焼きの際に、高菜漬けのほかにキャベツもいただいた。
キャベツ料理も色々ありますが、iharajaとしてはカレーは外せません(笑)

昨年、初めて出会ったキャベツのカレー。
それを真似て、自己流手順で作った記事を載せました。
あの時はブレンドしたマサラがありましたが、今回はそれが無し。
我が家のスパイス総動員となりました。

小皿にあるカルダモン(鷹の爪の手前です)、マスタードシード、カレーリーフは
union-jackさんに送ってもらったものです。

Spice Curry2

焦がさないように気長に炒めて煮込む…を手抜きしたので形が残ってますね。

Curry1 Curry3

初日はサラリのスープ。2日目になるとキャベツの形も崩れてきました。

Curry4 Curry5

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1~2年ぶりに映画館に行きました。しかも、数日の間に2本。
一つは「Wild Hogs」(邦題:団塊ボーイズ)。ロードトリップ・コメディ。
ストーリー展開も想像できるものでしたが、見ている間、ずっと笑っていた。
4人の中年男の家も仕事も忘れてのドタバタ旅。ちょっと憧れる。

もう一つは、「ライラの冒険 黄金の羅針盤」。どういう話か知らないのに観たかった。
その訳は、テレビの映画情報番組で観たある映像に釘付けになってしまったから。
と言うのも、その映画に登場する白熊の王、イオレクのお尻を見て、
「ワ~、まるで我が家の誰かさんみたいだ~!」と思ったのでありました。

Whitebear

白熊のイオレク・バーニソン役のオファーが、ちび平にあったかどうかは不明(笑)

| | コメント (18)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »