« 兆し? | トップページ | 再び内成棚田へ »

2007年11月30日 (金)

幽霊人命救助隊

高野 和明 著「幽霊人命救助隊」(文春文庫)

(高野和明さんは「13階段」の作者です。読んでませんが (^^ゞ )

年齢も育った環境も違う自殺した4人の幽霊。
ものすごいパフォーマンスとともに出現した神様から大変な特命を受けます。

自殺しそうな人々を100人救うこと。実現したら天国に行けるという条件で。

背中にRESCUEの白抜き文字の入ったオレンジ色のジャンプスーツを
身にまとい、特殊なゴーグルで自殺のサインを見つけるのです。

Team_iharaja

救助対象者の心に触れ、様々な原因、心の葛藤が浮き彫りになります。

ともすれば悲壮感に包まれがちなテーマですが、
4人の会話や行動に笑い、救助できたときは胸が熱くなり、ほっとします。

いろいろな救助対象者のエピソードが書かれていますが、
日本という国は、どこへ行こうとしているのかと思うこともしばしばでした。

ところで、実は、まだ本を読み終えていません。
私の読書時間は主に平日の昼食時間。多分、明日には読み終わるでしょう。

どんな結末になるのか、現時点では予想できません。
ただ、結末がほっとできるものであればと思います。

4人は天国に行けるか。
同じ境遇を辿ろうとする人を救い、彼らの気持ちは満たされるのか・・・。

ちょっぴり落ち着かないときは、やっぱり彼らに登場してもらわねば!

Amaenbou

ちび平は、甘えん坊。

↓の写真は、ある方のリクエスト。ちび平幼少の頃の居眠り姿です。
(takaさんのリングブログでも紹介させてもらった写真です)

Chibihei060515

|

« 兆し? | トップページ | 再び内成棚田へ »

コメント

maple鯉三さん
いささか偏った読書ではありますが、出先で一人で過ごす時間がある場合は文庫本を持って出ないと忘れ物をした気分。
家でじっくりと言うより、そういう時間が読書時間になって久しいです。
思えば、私は音楽を聴く時間がめっきり少なくなってきた気がします。

ちび平、可愛いかったんですよ~。今はBIGになりました(笑)

投稿: iharaja | 2007年12月 6日 (木) 06時11分

時間がありすぎると読書に時間がまわせなくなるのが不思議です。日本にいた時は通勤時間、休み時間を惜しみながら本を読んでいたのに。ブログを始めたことも影響しているかなと思います。
ちび平くんの赤ちゃんの時の写真、たまりませんね。

投稿: 鯉三 | 2007年12月 6日 (木) 00時21分

mapleunion-jackさん
神様はなんと白いジャンプスーツ姿で真っ赤なパラシュートでやってきました。
しかも、そんな具合で神様って信じないものだから、
ライオンになったり恐竜になったりして、お茶目な神様でしたよ(笑)

居眠りちび平は、しばらくコックリコックリしてました。
倒れるかな~と思うと体制を持ち直し・・・という感じでした。
サビちゃんも子猫の頃はお母さんにいっぱい甘えて、
そして、いっぱい舐めてもらってたでしょうね。

投稿: iharaja | 2007年12月 3日 (月) 02時20分

mapleミモザさん
改めましてよろしくお願いします。

居眠りちび平は生後1ヶ月の写真です。
コックリコックリする姿は本当に可愛かったです。
このときは里親さんを探している時で、この仔が家の残り、しかも、“でか平”になるとは思ってもいませんでした。

この本の中に出てくる話はまさに今の日本の縮図、そんな気がします。皆、多かれ少なかれ持っている気持ちがきっかけ次第で出口がなくなる。そんな風に思ってしまいました。
この辛いテーマをサラリと読ませる作者には脱帽です。

投稿: iharaja | 2007年12月 3日 (月) 02時14分

mapleりりあんさん
仔猫の存在は特別の気がします。本当に、あっという間に大きくなっちゃいますねぇ。

テレビを見ていて、ちょっと感動という場面でも結構泣いている気がしますよ。年のせいもあるでしょうねぇ。
この本も昼ご飯食べながら、グスグス泣いてました(^^ゞ
私の読む本はほとんどが推理小説ですが、推理小説でも泣いちゃうものも意外にあります。そんなときはやっぱり泣きます。

投稿: iharaja | 2007年12月 3日 (月) 02時08分

mapleマイキーさん
「13階段」ご存知ですか?
私は読んでいないのですが、マイキーさんのおっしゃっている話だと思います。

我が家の3ニャンズも、この本の4人の幽霊のように衝突しながらも協力し合って仲良くなるってのは理想ですね。

ちび平の寝ている写真は生後一月たったところです。
小さかったなぁと改めて思います。
あの頃はtakaさんの所をよく利用させてもらい、マイキーさんはじめ皆さんに励ましの言葉をいただいたものです。懐かしい。

あら、もうクリスマスプレゼント!我が家はまだです。何にしようかな。
あ、今日、昨年もつけていたクリスマスバージョン首輪になりました。

投稿: iharaja | 2007年12月 3日 (月) 02時01分

maple珠琳さん
猫にもバイオリズムがあるのかしら。
“何でも許せちゃう”モードがあって、それが重なったのでしょうか。
偶然でもこういう光景は、何とも幸せな気分になります。

が、そういう時って、私は今から掃除したい!などというときが多くてね~、一時中断どころか、そのまま延期になってしまうことが度々です。

ちび平は今ではすっかり“でか平”ですが、こんな頃もありました~。

投稿: iharaja | 2007年12月 3日 (月) 01時53分

おっっ 空ちゃん・霄ちゃん・ちび平君の救助隊ですね! 可愛い~。
「ものすごいパフォーマンスとともに出現した神様」っていうのが気になりました。勝手に想像・・・・・どんな神様だよぉ~(笑)
面白そうな本ですね。探してみようかな。
真ん中で幸せそうなのはちび平君? 霄ちゃんと空ちゃんから毛繕いされて、気持ちよさそう。とても良い写真ですねコレ。
ちび平君の居眠りの写真、思わず「かわいー!」と絶叫でした(笑)。
この後、横に「コテッ」と行っちゃわなかったかしら・・・。
私も、サビちゃんの仔猫時代に出会いたかったです。

投稿: union-jack | 2007年12月 2日 (日) 11時42分

元・なっちのママです。宜しくお願いします
午前中にお伺いして記事は読ませていただいたのですが、
時間切れで失礼してしまいました。
ちびちゃん、可愛い~~\(^o^)/可愛すぎますよ。
離れたくないくらい可愛いですよね。とろけそうです。
この本、読みたいな。きっと天国へ行けるでしょう。
行ける人と行けない人が出たらイヤだなあ^_^;
>日本という国はどこへ行こうとしているのか・・同感です。

投稿: ミモザ | 2007年12月 1日 (土) 20時43分

ちび平ちゃんにもこんな時期があったんだねー(しみじみ)
あぁ。。仔猫欲しいっcatface(←慢性病)
でもすぐ大きくなっちゃうけどね。
最近、本を読むと目が疲れるんですよsad
PCで疲れ、本で疲れ、ゲームで疲れ・・・・
綺麗な景色見て目を大切にしなくちゃね~scissors
iaharajaさんは本読んで泣く人ですか?
私は最近はフツーに泣くようになったんだけど、これって年のせいかなcoldsweats02

投稿: りりあん | 2007年12月 1日 (土) 12時41分

iharajaさん、こんにちは♪
「13階段」と言うと、あの、死刑される時に、登る階段の事で、その間に色々と、今までやってきた人生や、悪い事を反省してっていう話かなhappy01
幽霊人命救急隊、面白そうな話ですね、結末はいかにと言う感じですね、私は多分、3人のニャンちゃんが、人を助けていく上で、友情が深まって、力を合わせて何かをするということを勉強して、最後に3人で人命を救助して、天国に行く事ができるという感じじゃないでしょうかsign02
あれ、3ニャンでクルーミングしあってる写真ですよね、これって珍しいんじゃないですかhappy01
仔猫ちゃんのときの、ちび平ちゃんの、寝てる写真可愛いですね、確かに、takaさんところで見た記憶がありますhappy01
今日、タマとベルに一足早いクリスマスプレゼントしました、ゲージかいました、GBというメーカーの、2段のゲージで、大きさが、横91cm、高さ110cm、奥行き64cmで、扉が2つついてます、棚板も2つで、広くて、タマとベルと一緒に入ってましたhappy01

投稿: マイキー | 2007年11月30日 (金) 22時34分

こんにちは =⌒ω⌒=
一番左やっぱり空ちゃんなのですね、他の猫さんかと思いました。
仲良しじゃなくても同じ屋根の下で暮らしてると稀にこんな場面に遭遇しますよね。
で、なんだか幸せな気分になります。
ちび平ちゃんのちっちゃい頃の写真食べちゃいたいぐらいかわいいですhappy01

投稿: 珠琳 | 2007年11月30日 (金) 11時41分

mapleかおこさん
ハイ、早速、ちび平のこっくりこっくり居眠り姿です。
これは日付を見るとちょうど生後1カ月でした。ちっこかったですね~。
あのペルシャニャンコほどではないですが、ちょっぴりイナバウワー状態でした(笑)
そう、3ニャンズの写真、珍しいでしょう。空は背後からちょびっと舐めることがあります。
ちび平は相変わらず霄から舐めてもらいます。

この本はテーマはずっしり重いです。その中に笑いや救いが散りばめられているから読み進むことができるかなぁ。途中、これでもかというほどの状況に辛く bearing なることもあったりするのですが・・・。
どういう結末になるのか、おっかなびっくり。今日の昼食時に読み終わるかなぁ。

投稿: iharaja | 2007年11月30日 (金) 06時47分

book一番のりぃ(*^^)v
すごい内容ですね!この本もまた面白そうですぅgood。でもテーマはすごく重いのに、レスキューのジャンプスーツって・・eye!読んだ感想聞かせて下さいwink

あれsign023にゃんの写真、空ちゃん、ちび平ちゃんを毛づくろいしてませんかsign03あれれぇ~。しょうちゃんも、しっかりお母さんモードだしheart04

これが、例のネムネムちび平ちゃんですねlovely!この写真なら知ってますぅshine。これって、ものすごく小さい時ですよねぇchick、あの動画のペルシャちゃんよりさらに幼い感じ♪あーかわええ、手のひらサイズhappy02。動いてる姿見たかったっす。
リクエストに答えて頂いて、ありがとうございますぅhappy01

投稿: かおこ | 2007年11月30日 (金) 01時44分

この記事へのコメントは終了しました。

« 兆し? | トップページ | 再び内成棚田へ »