« 密着 | トップページ | 城下町の猫 弐ノ弐 »

2007年10月 3日 (水)

城下町の猫 弐ノ壱

城下町の猫、「赤猫まつり」です。

29日(土)にちょっとした用事があり、
ついでに「赤猫まつり」に行こうということに・・・。(こちらがメインかも~(^^ゞ)

臼杵市平清水(ひらそうず)にある福良天満宮には、
予てから、母がお参りしたいと言っていた瑜伽(ゆうが)神社もあります。

お願いすれば失せ物が見つかるという神社らしいのです。

祭り中日の、しかも午前中とあって、特に行事もなく境内には母と私のみ。

手水舎(てみずや)に招き猫、本殿で赤猫もまったり。

社務所の中にも赤猫が鎮座していました。

Fukura1 Fukura2

Fukuraakaneko1 Fukuraakaneko2

本殿にお参りした後、母は本来の目的の本殿脇の瑜伽神社へ。

Fukura3 Fukura4

Fukuraakanekosha

私は赤猫社(比較的新しいようだ)へ。

町なかにも、
いろいろな所に赤猫がいました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

表情もいろいろ。面白い。

Akanekoishi1 Akanekoishi2

Akanekoishi12 Akanekoishi3 Akanekoishi22

大分には、あまりいい意味ではなく「赤猫」という言葉があります。

ずるいとか、人の足を引っ張るといった意味で使うようです。

Akanekoyurai2

猫のようにしたたかに商売を営み成功した・・・ということでしょうか。

成功を妬んで生まれた言葉のようにも思えるところ。

猫こそ、こんな言葉で表現されるのは、迷惑千万(笑)

|

« 密着 | トップページ | 城下町の猫 弐ノ弐 »

コメント

ネコ丸さん☆彡
お父様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
お寂しくなられたと思いますが、心穏やかになられますように。

伊豆旅行は雨だったようですね。
でも、気の合う友人と過ごす、そんな時間がいいのですよね。

投稿: iharaja | 2007年10月13日 (土) 16時00分

iharajaさん♪

そうですか~・・・
赤猫まつり以外に行っても、赤猫ちゃん達には逢えないのですね・・・残念・・・
伊豆の旅行は、楽しかったですよ!
でも歩きすぎて、膝が痛くなりましたが・・・。
それよりも、何よりも、その数日後、父が亡くなり大変でした・・・。まだしばらく、いろいろ忙しいです・・・。

投稿: ネコ丸 | 2007年10月12日 (金) 00時13分

ネコ丸さん☆彡
あ~、残念でした!7日で赤猫まつりは終わってしまいました。
もう、赤猫石も猫のぼんぼりも飾っていないようです。
お祭り自体は町おこしを考えて生まれたもので、規模は小さいのですよ。でも、ほのぼの~という感じです。
福岡から高速道路を通って3時間~3時間半くらいでしょうか。JRの特急で2時間ちょっとはかかるかもしれません。
膝の具合はどうですか?伊豆は楽しかったでしょうね。

投稿: iharaja | 2007年10月11日 (木) 07時56分

iharajaさん、こんばんは♪

赤猫まつり!ですって~!初めて聞きますが、すごく興味がわいて、臼杵市のHPも検索してしまいました!!
お祭り以外に行っても、いろいろな赤猫ちゃん達に会うことは出来るのですか?
猫グッツも興味があります・・・
福岡市内から、どのくらいの時間で行けますか?
近かったら、是非是非、行ってみたいです!!

投稿: ネコ丸 | 2007年10月10日 (水) 19時43分

空ママさん☆彡
明日までこの祭りです。地図を片手に赤猫を探せますよ。
「かじか」は年内で移転し、長湯のほうに引っ越すらしいです。

猫は昔から悪く言われることが多いですね。こんなに可愛いのにね。

母も私も、あれは何処?と右往左往することが多いので、いっそ、この神社の神様に家に住みついてもらいたいですよ~(笑)

投稿: iharaja | 2007年10月 6日 (土) 21時53分

おぉ!今、臼杵の町は赤猫がいたる所にいるのですね~~
行きたいなぁ。。
↑のお店は前に教えてくれたお店ですね。
行ってみたいと常々思っていました。
赤猫はあまり良い意味で使われていなかったようですが、町中にいる猫ちゃん達はさりげなく風景に溶け込んでいて、とっても可愛いね ^^♪

失くし物が見つかるなんて、ありがたいことですね~!
私も見つけたい時は、ここに行ってお願いしようと思います(^_^)v

投稿: 空ママ | 2007年10月 6日 (土) 20時57分

鯉三さん☆彡
何故か猫が出てくる昔話や諺にはいい話が少ないですね。
ストレートな生き様を人は羨ましいのかもしれません。

投稿: iharaja | 2007年10月 6日 (土) 20時56分

猫の賢さが妬みになったのでしょうか。
でも猫は裏表なしに本能ともいうべき知恵だけで生き延びてきた動物なのだから、人もそこを忘れずに儲けだけを考えないようにしていきたいものですね。

投稿: 鯉三 | 2007年10月 6日 (土) 19時17分

genzoさん☆彡
お~、ご利益がありましたか。
よかった、よかった。
もし、行く機会があったら、
genzoさんが喜んでいたと報告しますにゃ~♪

投稿: iharaja | 2007年10月 5日 (金) 06時02分

iharajaさん!願いが叶いました~^^♪
昨日紛失したと思った伝票が見つかりましたにゃ~♪
ありがたや~♪(嬉)
思わずPCの画面を感謝の気持ちをこめて拝みましたにゃ^^

投稿: genzo | 2007年10月 4日 (木) 20時21分

マイキーさん☆彡
私も赤い猫の招き猫はあまり見たことないです。この祭りは今年で4回目で新しい祭りです。祭りの間、町の中に置いている赤猫石などはすべて神社で祈祷しているそうです。

崇められたり、恐れられたりの猫ですが、一緒にいれば愛くるしいのが分かるのにね♪
スコちゃんも考えているって本当ですか~?

投稿: iharaja | 2007年10月 4日 (木) 18時08分

りりあんさん☆彡
母は何かを以前に失くしたようです。でも、大分の自宅からこの神社の方向に向かってお願いしたら、なんと出てきた!らしい。そこで、今日はお礼参りなのだとか。

赤猫石は玄関先にまったりとしていました。
よく来たにゃ~、眠いから邪魔しないでにゃ~。

そうそう、猫の賢さを日々思い知るばかりです(*^^)v

投稿: iharaja | 2007年10月 4日 (木) 18時04分

genzoさん☆彡
それぞれの猫に物語がありそうでしょ。
瑜伽神社の前にはお願い事を入れる箱もありましたよ。中には「伝票出て来い」ってのもあったかもね(笑)

何故、黒猫でも白猫でもなく、赤猫なのかは分からないのですが、「あの人は赤猫や」という話は昔はちらほらあった気がします。そんな話を聞いても意味も分からなかったのですが、悪く言ってるのだなぁというのは感じましたね。今は、使われていないし、若い人などは知らないでしょう。

投稿: iharaja | 2007年10月 4日 (木) 18時00分

iharajaさん、こんにちは♪
そちらでは、猫祭りってあるんですね、こちらはないので羨ましいです♪
赤猫ちゃんの、招き猫見るの始めてかもです♪
赤猫って言うのは、ずるいとか、人の足を引っ張るとかの意味があるんですね。
日本では、昔から、猫ちゃん特に黒猫ちゃんは、不吉な事が怒る前兆だと言われていますよね。
それに、猫化けとか、これって、昔の人は、猫ちゃんの目が光ったり、夜行動したり、夜目がきいたりしたことから、気味が悪かったんでしょうね。
でもエジプトや、タイでは、神様として崇められたり、目の色の違う、オッドアイ(白と青)の猫ちゃんは、航海に連れて行くと、船の事故がなくなるといった、守り神として、崇められたりもしてたんですよ♪
それと、猫ちゃんて、幽霊が見えるらしいです、魔物を払う力もあるそうですよ♪

投稿: マイキー | 2007年10月 3日 (水) 21時26分

お母様、なにか失くされたのかしらん?
猫って何かしら悪く言われがちですけど
ようは“賢い”ってことなんですよね~(*^^)v
赤猫を探してぶらぶら歩いてみたいです。

投稿: りりあん | 2007年10月 3日 (水) 10時08分

たくさん色んな表情の赤猫ちゃんが居ますね。
リアルな感じやら、ほのぼのした感じ。
なんだかずっと見入ってしまいそう^^
あ、失せモノが見つかるんですか~!
(この間紛失した伝票をお願いしたい←ダメ人間)
赤猫ちゃん♪って可愛い感じがしたのですが、
そんな意味があったとは、ちょっと驚きですよね!
商才があって成功した方を、ちょっと皮肉ってしまうなんて、昔の人は名前を付けるのが上手というか、なんと言うか・・・・。
そんな複雑な思いはともかく、赤猫ちゃん可愛いです。赤猫ちゃん、たくさん福招いてね~♪

投稿: genzo | 2007年10月 3日 (水) 09時03分

この記事へのコメントは終了しました。

« 密着 | トップページ | 城下町の猫 弐ノ弐 »