« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月25日 (木)

沖縄の味

20日(土)~22日(月)の2泊3日で沖縄に行ってきました。
観光というよりは、二人の友人との16年ぶりの再会が目的です。
沖縄在住の友人Sが大病を患うことがなければ、「今度、会おうね」と言いつつ、
実現しないままだったかも知れません。

友人Sと新潟の友人Tと那覇空港で合流。
「またね!」と昨日別れたばかりのような再会でした。

新潟からは直行便は1便のみ。
大分からは直行便が無くなり、一旦、JRで博多に行き、福岡空港から沖縄へという
不便さもあり、2泊3日と言っても沖縄にいるのは正味48時間。
それでも、少しは沖縄らしい景色も撮ってきました。
まだ整理中にて、そのうちに大公開(?)の予定です。

そこで、まずは食べ物の話題から・・・・・・。

初めて沖縄に行ったのは学生時代でした。(これは30年も前のこと)
そのとき、友人の家で食べて印象に残っていたものにも再会です♪

まずは、SPAM(スパム)。
Hormel Foods Corporation社(U.S.A)のランチョンミートの缶詰で、
今では、沖縄の家庭料理で欠かせない食材になっているようです。
自宅用にスーパーで3種類のSPAMを購入。

Spam Spam2

海ぶどう。
沖縄本島や宮古島の海に生息する海藻「クビレヅタ」です。
2ミリほどの球形のプチプチとした食感がたまりません。
市場のおじさんに「冷蔵庫に入れちゃ駄目だよ~」と言われました。

Umibudou

今や全国区のゴーヤーチャンプルー。
友人Sの知人が開いて沖縄の野菜をメインにした料理のレストランで、
ムラサキヅルやニガナなどの料理などと一緒にいただきました。
スターフルーツ入りシークァーサーのゼリーも美味でございま~す (*^^)v
こういう食事をしていると健康になるだろうなぁ。

Healthy

「もう、この雰囲気がアジアだ!」。大好きな牧志公設市場。

Makishi

そこで、島ラッキョウをお土産に購入。独特の辛味が最高です。

Shimarakkyou

そして、お土産から外せないのが、新垣の「ちんすこう」
いろいろな菓子のちんすこうがありますが、私は新垣菓子店一筋です。
(右は友人Sの自宅に実ったアセロラ。アップで撮ったらトマトみたい)

Arakakinochinsukou Acerola

 

沖縄は、日本や中国の影響を受けつつ、独特の文化を育みました。
すべてはチャンプルー。

それは、食文化についても同じなのでしょう。

琉球国最後の王子が「琉球料理は和三唐七」と言ったそうです。
ちんすこうの箱に入っていた栞に書いてありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、我が家の猫たち。
母によると、やっぱり、いつもと様子が違っていたとのこと。
でも、盗み食いはした模様です(笑)

| | コメント (26)

2007年10月16日 (火)

虫歯のチェシャ猫?

『夕方の西の空に浮かぶ月を見て「あっ、チェシャ猫!」と思いました。』
という記事を以前も書きました。

暗くなるのが早くなり、西の空の三日月もくっきり。
再びチェシャ猫をお供に帰宅する季節がめぐってきたわけです。

が、今日のチェシャ猫は虫歯かな。

Mushiba

おにぎり食べて焼き海苔がくっついた!というう解釈もありかな(笑)

たまたま、薄い雲が手前を横切っているだけのことなのですが、
虫歯かな?なんて思いながら、家路につくのも一興です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日で、夜を短パン姿で過ごすの止めました(笑)

ちび平も霄も、空に比べると寒さには強いようですが、
つい、布団をかけたくなりまして・・・・。

Chibi Shou

空には、昼間でも布団をかけたくなります。

Kuu

| | コメント (14)

2007年10月15日 (月)

私の勝ち!

あら~、ちび平も空の食べ残しを狙っている。
ちび平は、再びs/d生活ですから、食べては駄目です!

Kuunogohan

「熊が入っていたにゃ~」と言っております。対策済みです(*^^)v

Kumadatta

あ~~、今度は霄が・・・・(ーー;)

Kuunogohan2

しか~し、寸前で、霄の食べ残しと交換しております(*^^)v

「やっぱり、こっちの方が美味しいわ!」
って、それはいつも霄が食べているものなんだけどね(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、空が帰ってきました。

と言っても、脱走していたと言うことではないのですが。

霄とちび平と一緒だと寛げないので、暑い間、夜は1階で寝ていた空。

しかし、一番の寒がり。
布団の中に潜り込んで寝るようになりました。お帰り♪

Futon

空は寒さには勝てないのです。(寒さに私が勝ったのかな?)

| | コメント (13)

生き物のカタチ

Fukafuka

まるで、赤トラ猫の毛のようでしょう?

でも、この正体は・・・

Kususan2

蛾です。クスサンという種類のようです。図ってみると17センチ\(◎o◎)/

この羽根の形、大きさ、そして、びっしりと生えた毛。
生きるために必要なものなのでしょうねぇ。

Kususan

生き物のカタチはつくづく不思議。

 

夜の間に水飲みの容器に産み付けられた(けしからん!)蚊の卵も
久しぶりに見かけた(ヒェ~~と言いつつ撮影した)蛇も・・・

Kanotamago Aodaishou_kana

やはり、そのカタチにはそれなりの理由があるのだと思います。

| | コメント (14)

2007年10月 7日 (日)

内成棚田

4日に夏季休暇の最後の1日を取り、内成棚田に出かけました。

春に偶然に訪れて、ぜひ田植えの時期にと思っていたのですが、
時期を逸してしまい、それならば秋の稲刈りの頃に思っていたのでした。

車1台がやっとの道を進み、山の地形を巧みに田に変えた
内成の棚田が見えたときは、思わず歓声を上げてしまいました。

谷全体に、たわわに実った稲が輝いていたのです。

Tanada1

ちょうど、老夫婦が稲刈りをしていました。

Tanada2

多分に漏れず、ここも後継者不足と聞きます。

人手の無さは機械で補うとしても、
階段状の狭い田に機械を持ち込むのも大変な気もします。

人の手が入っていない田も、ところどころに見受けられます。
いつまで、この風景を見ることができるのでしょうか。


↑のカメラミャンをクリックすると「内成棚田スライドショー」です。
(MediaPlayerのビデオサイズ200%でもそこそこの画像だと思います。ファイルは少々重いかもしれません。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大分県内では「日本の棚田百選」(実際は117市町村、134か所)に
6市町6ヵ所が選ばれています。

その一つが、この別府市内成の棚田です。
その歴史は古く、鎌倉時代の古文書にも記述があるそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

本文とは全く関係はありませんが、我が家の「棚猫」 (笑)

Tananeko

 

| | コメント (20)

2007年10月 3日 (水)

城下町の猫 弐ノ弐

臼杵の平清水(ひらそうず)にある福良天満宮の近くの郷土玩具の店「俵屋」。

冷やかしにのぞいたつもりが、母はオリジナルの手ぬぐいを購入(笑)

昔は食堂だったそうで、その頃のサービスマッチがありました。 なんともモダンです。

手ぬぐいは、この赤猫のマークを使っているのだそうです。

Tawaraya1

 

Tawaraya2

 

壁に招き猫の絵葉書が色々あって
目移りします(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じく、天満宮の近くにある「人形工房 かじか」に入りました。
ここには、前から見たかったものがあるのです。

それは猫の雛人形。とても素敵♪(非売品かな?)

Kajika1

ここに並ぶ招き猫も欲しかったのですが、限定ものに弱い私 (^^ゞ
赤猫まつり期間限定という赤猫の絵を買いました。この紹介は、また後日。

Kajika2 Kajika3

さて、丁度お昼時、お腹もすいたところで食事処へ・・・

 

続きを読む "城下町の猫 弐ノ弐"

| | コメント (12)

城下町の猫 弐ノ壱

城下町の猫、「赤猫まつり」です。

29日(土)にちょっとした用事があり、
ついでに「赤猫まつり」に行こうということに・・・。(こちらがメインかも~(^^ゞ)

臼杵市平清水(ひらそうず)にある福良天満宮には、
予てから、母がお参りしたいと言っていた瑜伽(ゆうが)神社もあります。

お願いすれば失せ物が見つかるという神社らしいのです。

祭り中日の、しかも午前中とあって、特に行事もなく境内には母と私のみ。

手水舎(てみずや)に招き猫、本殿で赤猫もまったり。

社務所の中にも赤猫が鎮座していました。

Fukura1 Fukura2

Fukuraakaneko1 Fukuraakaneko2

本殿にお参りした後、母は本来の目的の本殿脇の瑜伽神社へ。

Fukura3 Fukura4

Fukuraakanekosha

私は赤猫社(比較的新しいようだ)へ。

町なかにも、
いろいろな所に赤猫がいました。

続きを読む "城下町の猫 弐ノ壱"

| | コメント (16)

2007年10月 1日 (月)

密着

一緒にいるのは嫌。通りすがりに猫パンチ。かたや、唸る。
今のところ、空と霄はそういう関係です。

なのに、こんなに身体をくっつけて・・・。

ちょこちょこ食べの空がフードを食べているところ、霄がピッタリと背後に。
ほかのごはんが気になるらいしいです。

Micchaku

ムッとした感じの空。「いえ、おかまいなく・・・」の霄。

Nanyanen

ちょこっと食べた空が行ってしまうと・・・。

Shimeshime

太るはずです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Poster

ちび平、オシッコ検査。

結晶は無いけれど
潜血反応++が2週間前。

今回もやっぱり潜血反応。

数値になるかならないかという
レベルにはなりましたが・・・・。

また、療法食のs/d生活です。

病院内の壁に里親募集と迷い猫のポスターがありました。
幸せになってほしいものです。

そのポスターの下に気になる貼り紙が・・・・
今月から、軒並みフードなどの値上げがあるようですね。(T_T)

| | コメント (16)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »