« ある病気についてのリレー | トップページ | 茶と猫、台湾にあり »

2007年9月17日 (月)

台湾NOW

我が家の猫たちの団扇を台湾に住む鯉三さんにお分けする機会がありました。
すると、申し訳ないくらいのお返しの品々が海を渡ってやってきました。

台湾から届いた本を読んだり、CDを聴いたり・・・
この場で紹介をしようと思いつつ、少々時間がたってしまいました。

私が台湾や大陸、そしてアジアの国々を考えるとき、
歴史・文化の遺産や自然に、ついつい目が行っていたように思います。

それが、鯉三さんからいただいたものには、台湾の「今」があったのです。

Taiwannow

陳建年、紀暁君のCDは、なんとも不思議な心地よさを感じました。
二人とも先住民族の出身だそうです。

台湾に漢民族が移り住む以前、先住の人たちがいたことも知らず、
また、深く考えたこともありませんでした。

先日、ラジオのニュースで、那覇空港で事故のあった中華航空のことを
取り上げていました。
その中で、この「中華」という言葉は双方の民族にとって微妙な関係を
示す言葉でもあると説明していました。
そんな話も、以前なら聞き逃していたかもしれません。

鯉三さんからの贈り物の中でも異彩を放っていたのが、
台湾在住の日本人女性、青木由香さんの「奇怪ね」という本。

鯉三さんの言葉をお借りすると・・・
台湾在住の日本人が共通して感じていることが面白く書かれていて、
観光指南にはならない本かもとありましたが、
どうしてどうして、そこに住む人を知ってこそ異国の地を旅する面白さが
ありそうと思える内容です。

Taiwanseibunbunseki

その中にあった「台湾人成分分析」は特に面白かった。

馴れ馴れしい、時間に適当、自分に甘い・・・・
今今今、今が重要、今を生きる・・・・

超アジア的!(笑) 実に愛すべき人たちではありませんか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

成分分析!?
なんだか最近、これに近い指令が我に下った気がしますが・・・

 

それは、台湾人成分分析ならなぬ、
猫友さんのmikumonさんよりご指名の「脳内メーカー」(初めて知りました!)

気になるiharajaの脳内成分の結果は、かなり怪しい(笑)

ちなみに、本名だと、ほとんど「遊」の文字ばかり・・・・(ーー;)

いろいろな分析タイプがあって、いろいろ試してみました。
その中で、面白画像分析というものがありました。
(これはリンクさせてません)

↓私は左、右は空です。二つともなんなんでしょうね(苦笑)

Iharaja Kuu

↓左側は霄。「止まれ」、「進入禁止」(笑)
右がちび平。てりやきの「り」がない。手焼き?手を焼く仔ってことかな(笑)

Shou Chibihei

|

« ある病気についてのリレー | トップページ | 茶と猫、台湾にあり »

コメント

genzoさん☆彡
「奇怪ね」はかなり面白い本です。とてもポップな仕上がりです。

海外旅行の経験は私もあまりないのですが、無謀な一人旅を2回ほどしました。いろいろ失敗も多いです。
今となっては笑い話ですが、そのときは~(>_<)状態。

投稿: iharaja | 2007年9月21日 (金) 03時05分

大変興味深い本ですね~。
(チラっ・・・と見える鯉三さんの直筆も、
とてもキレイな字ですね♪)
ワタクシ道外からあまり脱出した事が無いのですが、台湾に行ってみたくなりました~。
ああ、ワタクシとても鈍クサイので見知らぬ海外で、なんだかとんでも無いことをやってしまいそう(笑)♪

投稿: genzo | 2007年9月20日 (木) 10時50分

鯉三さん☆彡
手紙も勝手に撮ってごめんなさい。でも、鯉三さんの人柄をしのばせる文字だと思いますよ♪

青木さんは、おなかの中では何を考えているのか分からず、飾った言葉でお世辞を言う・・・というタイプではないですね(笑)
でも、きっと、台湾の人は笑い飛ばしてくれるような気がしているのですが。ゴミ出しのエピソードも笑えました。

投稿: iharaja | 2007年9月19日 (水) 06時42分

手紙の下手な字がちょっと見えるのが恥ずかしいです。
CDと本を気に入っていただけてよかったです。わたしはまだ読んでいないのですが、最近青木由香さんの新しい本が発行されました。時々台湾人がこれを読んで嫌な気持ちにならないのかなと思うこともありますが、成分分析にもあるように、きっとあまり気にしないような気がします(笑)。日本人だったら怒るだろうな。

投稿: 鯉三 | 2007年9月18日 (火) 23時19分

この記事へのコメントは終了しました。

« ある病気についてのリレー | トップページ | 茶と猫、台湾にあり »