« 視線の先3 | トップページ | 空ちゃん4歳になる♪ »

2007年6月30日 (土)

猫探偵 正太郎

猫好き、ミステリー好きを豪語(?)する私としては、
猫探偵の正太郎君を今まで知らなかったのは少々口惜しい。
でもまあ、こうして出会えて一気に読んで良しとしましょうかね。

柴田よしきさんの猫探偵正太郎の冒険の1冊を手にしたのは2週間前。
それから、立て続けに読んでしまいました。

●「ゆきの山荘の惨劇」(角川文庫)
●〔猫探偵正太郎の冒険シリーズ〕(光文社文庫)
  ・「猫は密室でジャンプする」〔1〕
  ・「猫は聖夜に推理する」〔2〕
  ・「猫はこたつで丸くなる」〔3〕
  ・「猫は引越しで顔あらう」〔4〕
   ※冒険シリーズ〔3〕まで琵琶湖畔の大津市に住み、
    〔4〕で東京の神楽坂に移り住む。

Shotaro

正太郎はとても魅力的な猫です。

そして、同居人の桜川ひとみさん(あまり売れていない推理作家)や、
名付け親の浅間寺の親父さん、幼馴染の犬のサスケ、近所の猫仲間…
登場する人物およびワンニャン諸君も実に愉快。

正太郎の語りで進むこともあれば、同居人とは違う人物の語りで
話が進むこともあります。

ニヤニヤしながら、読み進むことが多いのですが、
「猫は引越しで顔あらう」の中の「折鶴」には涙ぽろぽろ。

人間と直接話ができるわけではない正太郎が事件を解決に導き、
それが、ひとみさんや親父さんになんとなく伝わる。
伝わると言うより考えがシンクロする感じかな。この感覚がいいのです。

そうそう、「消える密室の殺人(猫探偵正太郎の上京)」(角川文庫)を
早く手に入れなければ・・・。


我が家の猫たち。本のタイトルを真似してみました。

空は何を待っているのかな(笑)

Kuuversion

霄の眠いところを邪魔したか・・・

Shouversion

ちびちゃん、ただいま~~

Chibiheiversion

|

« 視線の先3 | トップページ | 空ちゃん4歳になる♪ »

コメント

♪鯉三さん♪
このシリーズ、いきなりハマってしまいました。
我が家の3猫が登場したら、かえって話がややこしくなりそうです(笑)
うん、ラー君なら名探偵になりそう。ヒントをPCのキーを押して教えてくれそうです♪

投稿: iharaja | 2007年7月 8日 (日) 06時34分

猫探偵!
なんだかわくわくしますね。
一度読んでみたいです。
iharajaさんちの猫ちゃんたちにも出演してほしいですね。

投稿: 鯉三 | 2007年7月 7日 (土) 14時25分

♪空ママさん♪
許可だなんて、全然気にしないでくださいね。
私だって、空ママさんはじめ伺ったところで触発されて記事を書くこと結構あるんですもの。気遣いなしね♪
ブックカバーね、この記事で一緒に載せようと思ったのですが、長くなりそうなので次回にと思いました。
で、面白かったですか?ゆっくり伺いますね。

先週、今週初めと忙しくて、このところ、皆さんのところに伺ってもコメントすることなくZZZZ・・・と寝てしまっています。

投稿: iharaja | 2007年7月 5日 (木) 07時18分

♪なっちのママさん♪
もの悲しい話も猫たちは実に飄々としているのですよ。
哀しいのは人間のようです。猫たちからすると不思議なようです(笑)
一番下の写真はちび平です。車を止めて「帰ったよ~」というと
長く「ニャ~~~~」。結構嬉しいです。(^^ゞ

投稿: iharaja | 2007年7月 5日 (木) 07時09分

iharajaさん、本買いましたよ~♪
そして、許可をもらう前にブログに載せてしまいました。
ごめんね。。
写真のブックカバー、気になっていたのですよ。
優れものなの!?
今度ブックカバーも紹介してくださいね~~
またマネっこして買ったりして(^m^)
正太郎の冒険シリーズを教えてくれてありがとう!

投稿: 空ママ | 2007年7月 4日 (水) 21時42分

私は猫ものの「「涙ポロポロ」はダメなんですよ。
読む前に逃げてしまいます。こういう性格は
どうしたらいいだろう・・・
でもこの本は面白そうですね。覗いてみます。
この3枚の写真はミステリー調で面白いですね。
一番下のは笑えました。おかしい~^m^

投稿: なっちのママ | 2007年7月 4日 (水) 08時39分

♪mikumonさん♪
そう、段々あなたは読みたくなる、読みたくなる・・・・(笑)
さて、私の読書タイム。ほぼ、昼食のときです。だから、万一本を忘れて出勤すると「ギャー、困った」となります。
寝る前に読むと最近はすぐに寝てしまいます。(^^ゞ

空は冷蔵庫、戸棚の前で待っているのは鰹節。ちなみに霄は冷蔵庫を開けると牛乳があると思うようです。

投稿: iharaja | 2007年7月 4日 (水) 04時33分

iharajaさんて、紹介上手ですよね~
私も読みたくなっちゃいました。
でも、iharajaさんはいつ読んでるのぉ~

空ちゃんの定位置は冷蔵庫なのね~(笑)

投稿: mikumon | 2007年7月 3日 (火) 09時52分

♪かおこさん♪
正太郎の冒険の方は短編集なのでアラヨっという間に読んでしまいました。ほかの本を探しているときに見つけたので掘り出し物って感じ。
ただ、ほかの方へのコメントにも書いたけど、正太郎君の語りバージョンと違う人物の語りバージョンはずいぶん雰囲気が違います。
同居人、桜川ひとみさんのずっこけぶりは可愛いです。

お、かおこさんもブックカバー派ね。私は持ち歩く派なので、本のサイズは文庫、そしてカバーが必須です。
このカバー、実は記事にしようかと思うくらい優れものです♪

ちび平は、私が車で道に入ってくるのをいち早く気付いたようです。
こういう時って嬉しくなるね。出かける時だと後ろ髪惹かれるけどね。

投稿: iharaja | 2007年7月 3日 (火) 06時46分

こんばんわー(^◇^)ノ!
正太郎くんシリーズ、気になってました。そっかーiharajaさんお薦めとなれば確実ですな♪これも読もうっと。でもまだバチスタが読み終わってにゃい(汗)。
猫本も色々あるので、全部読むわけにはいかないし、吟味しなければなりませんね。立ち読みから購入までいくのに結構じっくり考えてしまいます(^。^;)。
お、iharajaさんもブックカバー愛用者のようですね(=^エ^=) 。かおこもブックカバー大好きで何枚か持ってますヨー♪乱暴物の私には必需品です。すぐに本がぼろぼろになるの・・。

この写真もまた3つともナイスですなぁ。私はやっぱりちび平ちゃんかな(*^。^*)。窓から外を見てる、集中したお顔の「ヒゲ山」に一票♪

投稿: かおこ | 2007年7月 3日 (火) 01時24分

♪てるてるさん♪
久しぶりです。大丈夫ですか。
もう、すっかりいいの?
季節柄、体調崩すとつらいよね。
ゆっくりした方がいいと思う。無理しないでね。

てんてんちゃん、虎ちゃんに会いに行くね。

投稿: iharaja | 2007年7月 2日 (月) 23時04分

♪空ママさん♪
正太郎君は可愛いです。友達の犬や猫もいい味出してます。
同居人の思考や行動を正太郎君は文句言いつつ、愛しています。
我が家の猫はどんな風に私を見ているのか聞きたくなります(笑)
ほかの方へのコメントにも書きましたが、結構物悲しい話もあるので、
1冊でいろいろな感じ方ができる本だと思います。
私も、ひとまず、あと1冊探し出さないと~。

投稿: iharaja | 2007年7月 2日 (月) 22時57分

♪union-jackさん♪
正太郎シリーズは全部、前田マリさんという方のイラストです。少し長毛の黒白猫という触れ込みですが、白いのは左前足の先とお腹なんですって。
カバーだけでなく、短編集は短編のタイトルページごとに挿絵があって可愛いです。
霄は、負けてません(笑)カメラ壊すなよ~~。あ、この前、ノートPCを噛んでいたわ(ーー;)

投稿: iharaja | 2007年7月 2日 (月) 22時29分

♪星子さん♪
↑のさり子さんへのコメントにも書きましたが、冒険しリースの本は短編集です。
ユーモアたっぷりの話もあれば、涙を流してしまう話もあって、受ける印象がくるくる変わって猫の目という感じ。
印象の違いに惑いながらも引き込まれていきました。

霄とちび平はこの後再び猫団子でした(笑)
霄はそろそろ、ちび平をうるさがるようにはなっている気がします。
でもね、姿が見えないとウニャウニャ言って探しているのです。

投稿: iharaja | 2007年7月 2日 (月) 22時22分

♪さり子さん♪
私も2週間前に知ったばかりなんですが、すっかりはまりましたぁ~。
冒険シリーズの方は短編集です。
正太郎の語りのときは、もうこれはコメディそのもの。
でも、人生のボタンを掛け違ってしまった人物、掛け違いそうになっている人物の語り手の話もあって、これはどちらかと言うと物悲しいのですよ。

空たちのタイトル本は、本当に内容が見え見えね(笑)

投稿: iharaja | 2007年7月 2日 (月) 22時13分

♪マイキーさん♪
大津市のとあるマンションに住んでいたようですよ。夏は琵琶湖から涼しい風が吹くとありました。
正太郎君が同居人(=飼い主とは言わないの。お母さんとも言わない。)をいろいろと分析しているのが可笑しくてね。
空たちは私のことをどんな風に見ているのかななんて思っちゃいます。
空の写真ね、鰹節を待っています(笑)

投稿: iharaja | 2007年7月 2日 (月) 22時11分

♪にゃーにゃさん♪
ハイ~、にゃーにゃさん大正解♪霄はブルーの目、ちび平は黄色です。
「消える密室の殺人」!これだけがどこの書店にもなかったのだ。
フフ、写真とタイトル、ピッタンコですか?嬉しいな♪

あ、先ほど、ちび平のオシッコを病院に持ち込みました。
結晶なし、潜血なし。長かった~。(ってこれかも気をつけなくちゃねぇ)

投稿: iharaja | 2007年7月 2日 (月) 22時10分

♪りりあんさん♪
「ゆきの山荘・・・」はもう7~8年前の作品のようですが、どの本もコンスタントに売れているのではないでしょうか。比較的、書店で揃いました。
白にゃんバージョン正解です♪
空は冷蔵庫からも引き出しからも鰹節が出てくると信じています(笑)

投稿: iharaja | 2007年7月 2日 (月) 21時46分

ご無沙汰してました。

先月体調を崩し22日から29日まで入院してました。

悩みもあって心労が重なったんだと思います。

悩みの事もかねて記事にしました。(野良の事です)
もしよければ覗いてください。

面白そうな本がたくさん紹介されてるので
すごく興味がわきました。

私も読んでみようかな~。

ニヤニヤしながらを想像したら
ちょっと不気味?^m^かな。

投稿: てるてる | 2007年7月 2日 (月) 21時29分

えっ、えっ!? 猫探偵正太郎シリーズ?
知らなかった\(◎o◎)/
そんな面白そうな本があるなんて!
読んでた本を、丁度(やっと・・?)読み終わったところなのですよ。
読みた~~い。
早速明日買いに行きます♪
iharajaさん、教えてくれてありがとう~~!
むむっ、いつも行くお店にあるかな。。

投稿: 空ママ | 2007年7月 2日 (月) 18時32分

挿し絵(?)が可愛いー!! 
人間の探偵もの(笑)ばっかり読んでいるので、こういうタイプのミステリーにも挑戦してみようかな♪

「猫はカメラにパンチする」には笑いました。
それぞれの個性出てますよね、このコピー(笑)。

投稿: union-jack | 2007年7月 2日 (月) 09時44分

最近、何かおもしろい小説がないものかと思っていたところでした。私もミステリー大好き!ちょっぴりミーハーなので、赤川次郎さんの「三毛猫ホームズ」シリーズは、おそらく全部読んだと思います。柴田よしきさんの本、さっそく本屋さんで探してみます♪
↓小競り合いの写真、いいですね~。当たり前ですが、人間と猫の親子関係は、ずい分違いますね。人間の親子は“小競り合い”したあとに、ベッタリ仲良くとはいきませんものね(笑)

投稿: 三日月星子 | 2007年7月 1日 (日) 21時44分

なんですと~!!
三毛猫ホームズは知ってるけど(赤川次郎)
探偵猫 正太郎ですか~!
なにやら面白そうですね~!ニャンコが事件を解決に導くなんてネコ好きなら現実にありそうだから想像が膨らみますますよね~♪
私も読んでみたいな~最近はネコ漫画ばっかりで小説的なものと縁がなかったので早速、読んでみたいです!
3ニャンズのタイトルもピッタリで可愛い~♪
このタイトルだったら絶対、本編も面白いはず!
内容は想像できるけどね~☆

投稿: さり子 | 2007年7月 1日 (日) 18時24分

iharajaさん、こんにちは♪
猫ちゃんの、出てる、ミステリー小説があるんですね、面白そうです♪
写真の本の、猫ちゃんの絵、親しみがあって良いですね♪
それと、冒険シリーズでは、大津市に住んでるんですね、私が住んでる、滋賀県長浜市と同じ県なので、親近感があります、でも、大津は京都府よりですね♪
本のタイトル、どのニャンちゃんにもピッタリですね♪(笑)
チョコンと大人しく、座ってる、空ちゃん可愛いです♪(けなげに、ごはん待ってるのかな)

投稿: マイキー | 2007年7月 1日 (日) 09時50分

写真とタイトルがぴったりでおもしろいです♪
私も霄ちゃんとちび平くん分かりますよ!だって目の色が違うも~ん(簡単)♪
さっそく図書館検索したら「消える密室の殺人」だけ図書館にあるみたい~
シリーズものだったら〔1〕から順に読みたいよね。

投稿: にゃーにゃ | 2007年7月 1日 (日) 07時25分

面白そうですね、新しいんでしょうか?
ブックオフにないかなぁ?(笑)
空ちゃん、やっぱ可愛いな(〃∇〃)
パンチが霄ちゃんで窓から覗いてるのがちび平ちゃんでしょ?
顔見たら分かるんだけどね・・・
って合ってるよね? ヾ(;´▽`A``

投稿: りりあん | 2007年7月 1日 (日) 00時11分

この記事へのコメントは終了しました。

« 視線の先3 | トップページ | 空ちゃん4歳になる♪ »