« そのままで十分 | トップページ | 群発地震 »

2007年6月 9日 (土)

囃子の音が聞こえてきた

京都の八坂神社を総本社とする祇園社(素戔嗚尊を祀る神社)は
日本全国で2000社以上もあるそうです。

『京都の八坂神社の祇園祭を手本とした祇園祭が各地に存在する。
その多くは7月から8月にかけて、疫病退散を願い行われる夏祭りで
ある。』(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)より)

大分県にも中津、臼杵、日田の八坂神社でも祇園祭があります。
大分三大祇園といわれ、夏の風物詩となっています。

そのうちの一つ、臼杵の祇園祭りでは
6月1日から1ヶ月、祇園の囃子の練習が行われます。
祭りは7月の中旬ですが、練習は6月末まで。
7月に入ると囃子を打つことはせず、
祭りの道具を作ったり、整備をしたりするそうです。

丁度、その練習風景に出会いました。

Renshuu

毎日、練習する場所を変え、駐車場や店先を転々とするらしく、
町内への顔見世の意味があるように思います。

時折、囃子の仕上がり具合を聴きに来る年配の方もいて、
練習をしている若衆はそのたびに緊張するそうです。

写真にある「采(ざい)」は、山車に乗る若衆が振るものです。

|

« そのままで十分 | トップページ | 群発地震 »

コメント

♪空ママさん♪
臼杵の祇園祭は山車は2基ですが、行列の人数は多いのですよ。
中津の祇園祭は九州三大祇園と言われるようで、こちらも見たいです。
でも、何よりも本場京都の祇園祭り、行ってみたいですよね。

投稿: iharaja | 2007年6月12日 (火) 04時08分

こちらでも祇園祭があるのですね!
臼杵の祇園祭、見に行ってみたいです。
そして、いつかは、京都の祇園祭にも行ってみたいと思っています♪
しかし、いつ行けることやら・・(^▽^;)>゛

投稿: 空ママ | 2007年6月11日 (月) 18時07分

♪鯉三さん♪
大分の祇園祭では中津が一番古く、祭りの原型に近いらしいです。
日田は飾り山、臼杵は囃子の競い合いと特徴があります。
九州の他県でも祇園祭は色々とあるようです。
そう言えば博多の山笠も正式には博多祇園山笠だし、小倉には小倉祇園太鼓もあります。
各地に伝わり、土地の祭や気質なども相まって変化している気がします。
一度、暑い京都で本場の祇園祭を見たいものです。

投稿: iharaja | 2007年6月10日 (日) 06時43分

♪なっちのママさん♪
今年は臼杵が13~21日、日田が21・22日、中津が27~29日です。
臼杵の「祇園さん(ぎょんさん)」は山車行列の日は必ず晴れると言うジンクスがあるようですよ。
御旅所へ行き、1週間後に八坂に戻るのですが、山車とともに槍振、巫女、神輿などの行列もあります。

投稿: iharaja | 2007年6月10日 (日) 05時43分

九州にも祇園祭があるのですね。
暑い夏の到来を告げる祇園祭は、学生時代京都で何度も見物しました。こちらのはもっと素朴な感じなのでしょうか。そういうお祭りを見るのもいいなと思います。

投稿: 鯉三 | 2007年6月10日 (日) 02時51分

もう、そんな時期なんですね。
京都でもお稚児さんが決まったとニュースで
言ってましたね。
臼杵の祇園祭りも7月の中ごろですか。
こちらの本祭りも7月17日だから、同じ位に
やるのね。昨年は土砂降りでしたが、今年は
どうなるんでしょう。晴れるといいのですが。

投稿: なっちのママ | 2007年6月 9日 (土) 22時33分

♪りりあんさん♪
おけらまつり、いいですよね。一度行ってみたい。こちらではないのです。
お囃子は、京都のコンチキチン♪とは若干違っています。きっと楽譜などなくて、京都の囃子を耳で聞いたものが伝わったのではないでしょうか。
家の近くに松阪神社という小さな神社があるのですが、最近気付いてびっくりしたのは、そこも鳥居に「祇園社」とあるのですよ。

投稿: iharaja | 2007年6月 9日 (土) 19時15分

え~~~!? そうなん?
そんな話初めて聞きました(~_~;)
八坂神社もいっぱいあるんですね。
じゃやっぱり、八坂さんでは大晦日におけらまいりの火縄をぐるぐる回してるんでしょうか?
そのお囃子はやっぱり
「コンチキチン♪」なのでしょうか?

投稿: りりあん | 2007年6月 9日 (土) 14時18分

♪さり子さん♪
この囃子の音が聞こえると、ご近所から三々五々集まってくるようです。
小さい子が采を振って遊んだり、このおばあちゃんのように温かく見守っていたり。
古いものがこうやって若い人に伝わっていく町はうらやましい気がします。
ギャラリーが多いと、青年も張り切るみたいですよ~(笑)

投稿: iharaja | 2007年6月 9日 (土) 11時33分

後ろで、そっとお婆ちゃまが見守ってる姿・・・なんとも良いですね~!
きっと昔からの慣わしなんでしょうか?
懐かしんでおられるのでしょう!
今年も夏の風物詩が見られるのを楽しみにしているのでしょうね~!
張り切る青年?
の練習風景を見てるとワクワクしますね♪
本番が楽しみですね☆

投稿: さり子 | 2007年6月 9日 (土) 10時45分

この記事へのコメントは終了しました。

« そのままで十分 | トップページ | 群発地震 »