« 藤色の花は初夏を呼ぶ | トップページ | 猫的GWの過ごし方 »

2007年5月 6日 (日)

柞原神社から机張原へ

豊後一の宮の柞原(ゆすはら)八幡宮。
宇佐八幡宮の分霊が祀られています。

Yusuharajinnja1 Yusuharajinja2

 

記事が前後してしまいましたが、3日の朝、法事で大阪へ行く母を
大分駅まで送ったあとに寄り道をしました。

Kusunoki_r Horutonoki_r

左は南大門(別名:日暮らしの門)の傍らにそびえる御神木の楠。
国の天然記念物に指定されていて、樹幹囲18.5m、樹高30m。
樹齢は3000年とも言われています。
太古の時代、この辺りはイチイガシやクスノキの原生林だったそうです。

右は、ほるとの木。樹高25m、樹周4.8m、樹齢400年。
ポルトガル人が持ち込んだといわれ、このような名がついたそうです。

最近知った紅葉の花がいっぱい。丸葉空木は風に揺れてピンボケです。
(フフフ、追記です。紅葉は花の後の種でございました(^^ゞ)

Momijinohana_r Marubautugi_r

ここから、さらに県道696号線を登ります。
対向車が来たら、どうしようという道です。

Kendou696_r Yamafuji_r

林間を抜けると、人造の放生池が見えてきます。
この辺りは、机張原(きちょうばる)というところです。
気になるポスターがガードレールに貼られていました。

Houjouike_r Poster_r

以前に比べると開けてきましたが、まだまだのどかです。
小さなお堂の前にあるのは、机張原のバス停です。
ここの風景は大好きです。

Kichoubaru_r

Kichoubaru2_r

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「一の宮」は、平安時代から鎌倉時代初期にかけて整えられた
一種の神社の社格で、最上位にあるものが「一の宮」とされたようです。

豊後には二つ存在し、一つは↓の西寒多(ささむた)神社。
もう一つが柞原(ゆすはら)八幡宮です。

|

« 藤色の花は初夏を呼ぶ | トップページ | 猫的GWの過ごし方 »

コメント

♪空ママさん♪
本当かどうかはわからないのですが、昔、二つの神社で揉めたことが
あったとか、なかったとか・・・。
この辺りは、大分・別府・由布の3市を結ぶ山道(狭い道もありますが)が
いくつもあって、その周りの風景はのどかです。
大好きな場所で、以前はよく出かけていました。
荒れてしまった場所もあり、これ以上は開発しないで欲しいと思います。

投稿: iharaja | 2007年5月10日 (木) 07時12分

一の宮って、大分にはふたつあるのですか!
意外でした~~
ほかの所にも、ふたつあったりするのかなぁ?
それとも宇佐神宮のある大分は例外なのでしょうか・・。
ところで、ほるとの木って、こんな木だったのですね♪
お菓子にあるよね。。
でも、本当にある木の名前だったとは・・。
あぁ・・ここはいい所ですね~~
こちらにはいい所がいっぱいありますね。
まだ、行っていない所がたくさんあるので、これからぼつぼつ行きたいな。。
そう思うと楽しみです ^^

投稿: 空ママ | 2007年5月 9日 (水) 18時15分

♪鯉三さん♪

鯉三さんのおっしゃるとおりだなと思うのが、この八幡宮周辺の地名です。
八幡(やはた)といい、まさに神社と共に時を刻んでいるのでしょう。
夏には八幡宮のご神幸があり、海の近くの仮宮に下山します。
地元では、「ゆすはら」ではなく「いすはら」と呼ぶ人もいます。

投稿: iharaja | 2007年5月 8日 (火) 07時28分

神社の名前を見ると、漢字が当て字であることがすぐわかります。いかに、この地域が古い歴史をもっているかですね。
ご神木を大切に守っている土地の人々にも、綿々と古い歴史が受け継がれているのでしょうね。

投稿: 鯉三 | 2007年5月 8日 (火) 02時42分

♪なっちのママさん♪
母に代わりに、私が関西に出かけたかったです(笑)

クスノキの空洞は7~8畳くらいあるようです。
トトロが住んでいても不思議ではないような気がします。

バス停の雰囲気、気に入っていただけましか。
以前はもっと竹林も鬱蒼としていました。
道路を挟んで自動販売機などもあり、道も広くなりました。
これ以上変化なく・・・と願うのは身勝手でしょうか。

投稿: iharaja | 2007年5月 8日 (火) 00時17分

♪union-jackさん♪
私も桐の花を間近に見るのは初めてでした。
山沿いの道を行くと今の季節、山藤も見かけます。

机張原のバス停、いいでしょ♪
私のとっておきの風景のひとつです。
初めて、ここに来たときは昔話の中に入り込んだような気がしました。

右サイドにお気に入りの欄を設けたのですが、
K'sBookshelf「花の名前小辞典」を先ほどリンクしたばかり。
花の名前を知りたいときに超便利ですヨ。

投稿: iharaja | 2007年5月 8日 (火) 00時16分

お母さまはGWにお出掛けされたのね。
それにしても、こちらにはいいとこが沢山あるよね。すごくゆっくり出来そうです。
私も大木を見てトトロを思い出しました。
ちょっと離れているようですが、バス停もいい味だしてるしね^m^ 
描いて見たいようないい風情です。

投稿: なっちのママ | 2007年5月 7日 (月) 21時29分

お花の写真からず~っと拝見させて頂きました。
桐の花って、見た事なかったです。
藤の花でさえ、遠巻きにしか見た事なかった私・・・。
ビューテホーですね、こうして見ると。
最近は、道ばたにちょこんと咲く花にも目が行くように
なりました・・・って、遅いですね~(笑)
猫を飼い始めてからですね、花に目が行くようになったの。
我ながら不思議です。
お堂の前にバス停? なんだか絵本の中の景色みたい。
私もこの風景、気に入っちゃいましたぁ~。
iharajaさん、素敵な写真をアリガトウ★

投稿: union-jack | 2007年5月 7日 (月) 16時40分

♪マイキーさん♪
そうですね、大分には、結構、大木などあります。でも、段々傷んできている木も多いようです。
それに道路拡張とやらで、家に近いところにあった雰囲気のいい木々の場所がなくなっているのを見て悲しくなりました。

スズランお好きですか?阿蘇の近くにスズランの自生地があるのですよ。スズランは初夏の花という感じがします。
花も動物たちも愛情にきちんと応えてくれますよね。
私たちが心しなくてはと思うことがあります。

投稿: iharaja | 2007年5月 6日 (日) 23時40分

♪りりあんさん♪
トトロ、いるかも~。
この木には空洞があり20人くらいは入れるそうですにゃ。
キャー、花のあとの紅葉の種ですのね~~。

放生池は遊魚券を買って釣ることができるらしいです。
何がいるかは知らないですが、水面に波紋が出たので撮ろうと思ったけど間に合いませんでした~。

こういうポスターがあるってことは・・・と周囲を見回しましたが、この日は犬も猫もいませんでした。

投稿: iharaja | 2007年5月 6日 (日) 23時32分

iharajaさん、こんにちは♪
↓の木も樹齢300年、この木は樹齢3000年、それで、国の天然記念物凄く貴重な木なんですね、大分って、凄く、昔の木々が、たくさんある、自然の多い場所なんですね♪(凄いです)
神社も、立派で、お花もたくさん咲いてるんですね♪
iharajaさんのお庭にも、たくさんの、お花が咲いてるんですね、どのお花も綺麗ですね、私は、スズランが好きかな♪
この前、江原さんと美輪さんの番組で、「オーラの泉」と言う番組を見ていたら、お花や、植物は、天国にしか咲かないもので、愛情こめて接すると、それに答えてくるし、尽くしてくれるらしいです♪
お花や、植物には、裏切りや、憎しみなどといった感情(マイナスの考え)は、一切持たないそうです♪(なので、花や植物には、黒系の色は無いそうです)

投稿: マイキー | 2007年5月 6日 (日) 22時49分

樹齢3000年\(◎o◎)/!
トトロが寝てませんでしたか^^?
紅葉の花~(笑)、もう全部種になってたでしょ?
人造の放生池も、ブラックバスとかいそうな色してますね(~_~;)
釣り人とかいるんでしょうか?
捨て犬、猫・・・て・・・ほんと悲しいね。

投稿: りりあん | 2007年5月 6日 (日) 21時22分

この記事へのコメントは終了しました。

« 藤色の花は初夏を呼ぶ | トップページ | 猫的GWの過ごし方 »