« まったり、午(前中)睡 | トップページ | 画家と作品 »

2007年4月30日 (月)

ゆったり、温泉

Utopiahamawaki

数日前、今年から29日は「昭和の日」に
なったことを知りました。
その「昭和の日」、
GW前半にどこへも行かないなんて・・・・
ということで、別府温泉に行ってきました。
この日は、別府市営の「湯都ピア浜脇」へ。

かぶり湯・気泡浴・全身浴・圧注浴・うたせ湯や
運動浴・寝湯があります。
着いてから知ったのですが、利用料金の500円には、
トレーニングルーム利用料金も含んでいるとか。
次回行く機会があれば、こちらで汗を流してから入浴といきましょう。

Hamawakionsen_r

隣に、こちらも市営の公衆浴場「浜脇温泉」があります。
朝6時30分から午前1時まで。
入浴料は100円。

浜脇温泉は、浜から温泉が湧き出る様子から
「浜わき」の地名が生まれたそうです。
今は、もう少し上から引湯をしているそうです。

|

« まったり、午(前中)睡 | トップページ | 画家と作品 »

コメント

♪鯉三さん♪
別府の公衆浴場はほとんどが市営で100円くらいだと思います。大分市などは300円以上です。
友人(風呂嫌い)の別府の実家は風呂が温泉。うらやましい限りです。

投稿: iharaja | 2007年5月 8日 (火) 06時44分

温泉が身近にあるのは羨ましい限りです。入浴料が100円!信じられない!安いですね。湯量が豊富なんでしょうね。

投稿: 鯉三 | 2007年5月 8日 (火) 02時31分

♪かおこさん♪
湯都ピア、なかなかの名前です♪
そ、裸で┌(;・_・)┘┌(;・_・)┘┌(;・_・)┘
周りも裸だから恥ずかしがることもないんだけどね・・・
別府の温泉は元々高めの温度ですが、運動浴のほうは湯温はかなり低くしてました。

春にあった高校野球の解説で、選手全員が平成生まれになりました…というのを聞いて、へ~~と思いました。
お仕事ご苦労様です。
私はGW後半も予定ないわ~。ホームセンターに買出し行くくらいかな。ま、そのときにどこかに寄ろうかな。

投稿: iharaja | 2007年5月 3日 (木) 06時07分

湯都ピア♪(*^^)いいネーミングですねぇ(笑)。しかも、本当は「浜湧き」なんですね。
運動浴、初耳でしたぁ。歩くのですかぁ~。we(゜o゜)we 。湯の中で歩いたら体温が上がりすぎるのでは??ぬるいから大丈夫なのかな。裸であるくのかしら?(/。\)。
そういえば、市民プールに行っても、昼間だと中高年のご婦人がプールで歩いてます。でも、半分は立ち止まって温泉みたいにつかって、ずっとおしゃべり(^。^;)。あの~、泳ぎの邪魔ですぅ・・。それこそ運動浴の方へ行っていただけると、ありがたいですなっ!

昭和の日・・じゃぁ、大正とか明治とかもできるんかなぁ~(e .e)。て、きりがないか(笑)。GWも平常勤務で頑張ってマース♪みんなどっかへ行くのかしらぁ。

投稿: かおこ | 2007年5月 2日 (水) 22時04分

♪union-jackさん♪
そ~う、聞いてくださいよ~。私も運動浴って何さ?と思いましたの。
で、少しぬるめの浴槽の中にバーが付いていて・・・歩くのです。
ほよ~、歩くのか~~、歩行浴と書いてほしかったわね!でした。
私はちょっと気恥ずかしくて、母が歩くのを見てました(笑)

なんだか、ピンときません。「昭和の日」

投稿: iharaja | 2007年5月 1日 (火) 22時20分

iharajaさん、「運動浴」って何ですか? すっごい興味ある名前。
利用料500円で、トレーニングルームも使えるんですか?
すごーーーい、スーパーお得料金じゃないですか!

昭和の日、全然知られてないみたいです。
かわいそう・・・。(苦笑)

投稿: union-jack | 2007年5月 1日 (火) 12時37分

♪とんちゃん♪
なんだか、ピンときませんよね、昭和の日。昭和生まれとしては、昭和は遠くなりにけり~なんて言われている様でガックリです。
大分と言えば、温泉、椎茸です♪
別府は湯量も多く、排水溝の隙間からも湯気が出ています。

投稿: iharaja | 2007年5月 1日 (火) 04時07分

そうなんですよね、今年から29日は「昭和の日」。私は会社で4月のカレンダー開けた時に、思わず「聞いてないよー」と口を付いて言ってしまったのですが、なんか、知らなかったのがちょっと寂しかったです。大分と言えば私の印象は「温泉」iharajaさん、羨ましいですぅ。

投稿: とん | 2007年4月30日 (月) 22時56分

この記事へのコメントは終了しました。

« まったり、午(前中)睡 | トップページ | 画家と作品 »